トヨタ・ガイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・ガイア
SXM1#G/ACM1#G型
前期型(1998年5月 - 2001年4月)
Toyota Gaia 1998.jpg
Toyota Gaia rear.jpg
後期型(2001年4月 - 2004年9月)
2001 Toyota Gaia 01.jpg
販売期間 1998年5月 - 2004年9月
乗車定員 6/7人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン ガソリン
3S-FE型 2.0L 直4 135PS
1AZ-FSE型 2.0L 直4 152PS
ディーゼル
3C-TE型 2.2L 直4 94PS
駆動方式 FF/4WD
変速機 4速AT
全長 4,620mm
全幅 1,695mm
全高 1,640mm
ホイールベース 2,735mm
車両重量 1,420kg
新車登録台数の累計 15万1416台[1]
後継 トヨタ・アイシス
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ガイアGAIA)は、かつてトヨタ自動車製造販売していたミニバン型の自動車である。

概要[編集]

初代イプサム姉妹車である。イプサムから全長を90mm、全高を20mm伸ばし、大ヒットしていたホンダ・オデッセイの対抗馬として急遽開発された。 ベース車のイプサム同様、コロナプレミオプラットフォームを用いる関係上5ナンバーサイズであり、取り回しの良さも健在であった。 なお2代目イプサムは全長・全幅が共にガイアを上回り、位置付けが逆転することとなる。

エンジンは当初3S-FE型 直4 DOHC 2,000ccのガソリンエンジンと、3C-TE型 直4 SOHC 2,200ccのターボ付ディーゼルエンジン。後のマイナーチェンジで1AZ-FSEに換装。駆動方式はFFおよび4WD。4WDはガソリンエンジンのみの設定で、トランスミッションは全車コラム式4速ATが搭載された。

イプサムの上級仕様でもあり、イプサムにはない2列目キャプテンシート仕様(6人乗り)が設定され、ルーフを車両後端まで延長して切り落としたデザインとした為3列目の居住性も改善されていた。

取り扱いディーラートヨタ店[2]

初代 M1G型 (1998年-2004年)[編集]

  • 1998年5月 - 発売を開始。
  • 2000年4月 - エアロパッケージが追加され、ワイドマルチAVステーションIIが1999年モデルに変更された。
  • 2001年4月 - マイナーチェンジが施され、フェイスリフト並びにディスクホイールの15インチ化とナビのDVD化。ワイヤレスドアロックにハザードアンサーバックを追加。ガソリン2WD車のエンジンが筒内直噴D-4)の1AZ-FSEに換装された。
  • 2002年8月 - ガソリン4WD車のエンジンも1AZ-FSEに換装。同時にディーゼルターボ車を廃止。
  • 2004年8月[3] ー生産終了。
  • 2004年9月 - 販売終了。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第37号13ページより。
  2. ^ 大阪府のみ、当時の大阪トヨペットで取り扱っていた。なお、本車種が登場するまでは大阪トヨタ・大阪トヨペットの両方でイプサムを取り扱っていた。
  3. ^ ガイア(トヨタ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]