日野・レンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レンジャーRANGER )は、日野自動車が製造する中型クラスのトラックである。GVW(車両総重量)8トンクラスからGVW20トンクラスの6x4低床車まで幅広いバリエーションを揃えている。日本国外では500シリーズとして販売されている。

歴史[編集]

初代(1964年-1984年)[編集]

  • 1964年(昭和39年)7月、KM300型として登場。発売当初は3.5t積であった。ハイ・ロー共用点灯式の2灯ヘッドランプを採用。
  • 1964年(昭和39年)12月、ロングホイールベースのKM340系を追加。
  • 1967年(昭和42年)11月、マイナーチェンジ。コーナーランプを移設し、フロントグリルのデザインを変更(コーナーランプ・ヘッドランプのベゼルと一体化)。
  • 1968年(昭和43年)、キャブドアを後ろヒンジの前開きから、前ヒンジの後ろ開きに変更。
  • 1969年(昭和44年)11月、ビッグマイナーチェンジ。フロントグリル・コーナーランプのデザインを変更。ヘッドランプが4灯化される。
  • 1978年(昭和53年)11月、マイナーチェンジ。エンジンを110psのDQ100型に変更し、ハイバックシートやサイドミラーの大型化など安全性を高めた。
  • 1980年(昭和55年)昭和54年排ガス規制に適合する形でK-KM系に変更。ネーミングがレンジャーKMからレンジャー3Mに変更される。これは同年の3代目レンジャー登場の際にレンジャーKLからレンジャー4Dに変更されたのに合わせたためである。
  • 1982年(昭和57年)グリルにシルバーの縁取りとRANGER 3Mのエンブレムが取り付けられ、同時期の3代目レンジャーに似せたデザインになる。

3.5t積の初代レンジャーは2代目KL型の登場後も継続生産され、デーキャブレンジャー(後述)の登場まで20年にわたって生産された。

2代目(1969年-1980年)[編集]

  • 1969年(昭和44年)1月、ジョヴァンニ・ミケロッティデザインの大型トラック・ZM系と同じテイストのデザインとなる。エンジンは新開発の直6・EC100型(120 ps)を搭載。
  • 1970年(昭和45年)6月、ワイパーが対向式になる。またウィングマークのデザインを変更。
  • 1972年(昭和47年)6月、145psのEH100型エンジンを搭載したKL-S登場。
  • 1972年(昭和47年)12月、マイナーチェンジ。フロントグリルが変更されたほか、ウインカーランプにスモールライトが追加される。6t積の大型仕様車「レンジャー6」(KR360型)が追加された。
  • 1974年(昭和49年)7月、155psのEH300型エンジンを搭載した高出力車KL-SSが登場。
  • 1975年(昭和50年)9月、マイナーチェンジ。フロントグリルが変更。この2段式のグリルはSDグリルと呼ばれている。
  • 1977年(昭和52年)1月、165psのEH700型エンジンを搭載したKL-SDを追加。内装備のデザインを変更し「悠々キャビン」と命名して発売。
  • 1978年 (昭和53年)6月、EH700型を170psにパワーアップ。
  • 1979年 (昭和52年)9月、昭和54年排ガス規制適合。


3代目(1980年-1989年)[編集]

  • 1980年2月登場。通称風のレンジャー。昭和54年排出ガス規制適合。それまでのレンジャーKLシリーズに変わりレンジャー4L、4S、4Dのシリーズ名がつけられる。キャッチコピーは「新しい時代はいつも日野から始まる」。
  • 1982年6月、マイナーチェンジ、フロントグリル、バンパー、運転席側サイドミラーの形状が変更される。
  • 1982年11月、レンジャーターボU(4E)登場。
  • 1984年1月、マイナーチェンジ。昭和58年排出ガス規制適合、ヘッドライトを丸型4灯から角型4灯に変更、助手席セーフティウインドウが標準装備された。キャッチコピーは「先進が走る」。
  • 1986年4月、マイナーチェンジ。通称レンジャー+5(プラスファイブ)。エンジンワンキー操作が標準装備された。キャッチコピーは「きめて乗る、今度の新型」。
  • 1988年6月、マイナーチェンジ。通称ONE UP レンジャー+5(プラスファイブ)。グリル周りを白系統に変更。

アジアなどの海外仕様車では1995年まで「エコノ・ディーゼル(Econo Diesel)」として継続生産されていた。


4代目(1989年-2001年)[編集]

クルージングレンジャー
教習車
  • 1989年7月登場。通称クルージングレンジャー。コマーシャルにはアメリカの女優ダイアン・レインが出演した。エンジンは平成元年排出ガス規制適合のH07Dを搭載。ヘッドライトは異型2灯を採用した(一部の輸出向けは角型4灯を継続)。キャッチコピーは「人と街に響きあう」。
  • 1989年9月、7t積「FF」を追加。
  • 1989年10月、インタークーラーターボエンジン車を追加。
  • 1990年5月、4t積「FD」にリヤエアサスペンション車、8t積「FG」、3軸低床「GK」(6×4)、高床パートタイム4WD車「FT」を追加。
  • 1992年12月、マイナーチェンジ。カーゴ系全車にチューブレスラジアルタイヤを標準装備。ABS、車間距離警報装置、代替フロンガス使用のエアコンをオプション設定。
  • 1993年3月、低床フルタイム4WD車「FX」(4t積)が登場。OHC、24バルブのJ08Cエンジンを追加。
  • 1994年10月、マイナーチェンジ。通称ライジングレンジャー。エンジンをJ05C、J07C、J08Cに変更して中型トラックでは最も早く平成6年排出ガス規制(KC‐)に適合し、ウイングマークを廃しHを模したCIが初めて採用された。キャッチコピーは「トラックを好きになってください」。
  • 1995年2月、ベッドレス車「FC」を追加。デーキャブレンジャー生産終了。
  • 1995年5月、3.5t積モデル「FB」をトヨタOEM供給開始(1999年まで)。ダイナ・グランキャブ/トヨエース・グランキャブとして発売される。
  • 1996年、J08Cエンジンにコモンレール噴射システムを採用。
  • 1997年8月、5.5t積車に低床フルタイム4WD「GX」を追加。
  • 1999年3月、マイナーチェンジ。通称スペースレンジャー。運転席エアバッグが標準装備され、ドアハンドルが金属製から樹脂製に変更された。平成10年排出ガス規制適合。キャッチコピーは「21世紀のスタンダードへ」。

フロントバンパーもデザインが新調され、ウインカー/フォグのコンビランプはいすゞ・ギガいすゞ・フォワード用のフロントウインカーを元にフォグランプを足したものである。そのため外形は同じである。 翌2000年に登場する初代プロフィア最終型、通称テラヴィにもこのランプが装備される。


5代目(2001年-2017年)[編集]

レンジャーFG
  • 2001年12月、フルモデルチェンジにより、レンジャープロとなる。中型トラックでは、初めてバンパー埋め込み型のロアヘッドランプが採用された。また、キャブに規格型の角型ハロゲンライトを装備するアッパーヘッドランプのキットも特装車用としてレンタカー向けに用意される。この場合、フロントバンパーはスペースレンジャーの流用となる。当時放映されたCMは、オールCGで描かれロボットが時空を越えてレンジャープロに変形するというものだった。ヘッドライトの外形は後に登場するグランドプロフィア、2代目セレガとも共通である。ただし大型用のプロジェクターライトは純正では設定されていない。キャッチコピーは「トラックの進化は未来からやってきた」。
  • 2002年 9月、低公害車LEタイプ車の設定、グッドデザイン賞を受賞。
  • 2003年 4月、エアサス車の拡大、超低PM車の設定。
  • 2004年、マイナーチェンジ。サブネームを使わずに日野・レンジャーと名乗る。グリルの色を黒からグレーに変更。エンジンは直噴コモンレール式インタークーラーターボを全車に搭載。J05D、J07E、J08Eに変更され、超低PM排出85%に認定。FC(ショートキャブ)にハイブリッド車、4WD車に高床仕様の「FT」(消防車仕様のみ)をそれぞれ追加。
  • 2005年 5月、新長期排出ガス規制に適合、CNG車の設定。
  • 2006年 10月、全車低排出ガス重量車(排ガス記号BDG-)に認定。
  • 2007年2月、積載性のある中型免許対応車を新規設定、重量車燃費基準達成車を追加、全車にエンジンイモビライザーとマルチ・インフォメーション・システムを標準装備。
  • 2008年 9月、ハイブリッド車が新長期排出ガス規制に適合、機械式AT(Pro Shift 6)搭載車を追加。
  • 2010年、GVW12トン超車が平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合。同時にクリーンディーゼルシステム「AIR LOOP」を採用。
  • 2011年、GVW8t-11t車が平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合。同時に「AIR LOOP」システムを採用。又、フロントアンダーランプロテクター(4WD車はオプション)が採用され、運転席側サイドミラーをドアミラーに変更し、運転席側アンダーミラーを標準装備とした。同時にGVW8t車のトレッドを拡大。
  • 2014年、キャブライト車のヘッドランプを同社の既存の2代目ポンチョ用とほぼ同サイズのマルチリフレクタータイプの丸型2灯式に、ヘッドランプカウル部分の塗装を車体色からガンメタリックにそれぞれ変更。


6代目(国外仕様:2015年- 、国内仕様:2017年 - )[編集]

レンジャー(FD)
  • 2015年1月15日、世界に先駆けてインドネシアで新型500シリーズ (NEW GENERATION RANGER) が発表された[1][2]
  • 2017年4月5日、国内仕様を約16年ぶりにフルモデルチェンジ。日野レンジャーとなる。なお、標準幅キャブ仕様のダンプミキサー等の各特装車にはヘッドランプ内蔵の標準フロントバンパーのほか、既存のデュトロ2t以下車用と共通のヘッドランプが用いられたヘッドランプ移設標準フロントバンパーのメーカーオプション設定が存在する。トランスミッションはカーゴ系の一部車種に、セレクターがダイヤル式のAMTPro Shift6またはPro Shift7)を設定。プロフィア同様に安全装備の充実が図られ、 プリクラッシュセーフティ、車線逸脱警報装置、VSC(車両安定制御装置)が全車に、スキャニングクルーズⅡが260psエンジン搭載車と240psエンジン搭載車に(210psエンジン搭載車と190psエンジン搭載車はオプション設定)、ドライバーモニターがカーゴ系(ダンプ・ミキサーはオプション設定)にそれぞれ標準装備された。通信により車両情報を日野に送るICTサービス機能を装備している[3]。このフルモデルチェンジに伴い、先代に存在していたGVW12t超車はレンジャーと同日にフルモデルチェンジを実施した大型トラックの3代目プロフィアに統合される形で廃止された。

ラインナップ[編集]

初代・2代目(1964年-1984年)[編集]

  • KM(駆動2-4D、積載4tクラス、ショートキャブ)
  • KQ(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • KL(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • KL-S(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • KL-SS(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • KL-SD(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • KR(駆動2-4D、積載6tクラス、フルキャブ)
  • KJ(駆動2-4D、コンテナ専用、積載6tクラス、フルキャブ)
  • KU(駆動2-4D、車両運搬用、積載6tクラス、フルキャブ)
  • WB(駆動2D-4D、パートタイム4WD、積載4t〜5tクラス、フルキャブ)

3代目以降(1980年-)[編集]

  • FB(駆動2-4D、積載3.5tクラス、ショートキャブ)
  • FC(駆動2-4D、積載4tクラス、ショートキャブ)
  • FD(駆動2-4D、積載4tクラス、フルキャブ)
  • GC(駆動2-4D、積載6tクラス、ショートキャブ)
  • GD(駆動2-4D、積載6tクラス、フルキャブ)
  • FJ(駆動2-4D、積載8.5tクラス、ショートキャブ)
  • FE(駆動2-4D、積載8.5tクラス、フルキャブ)
  • FG(駆動2-4D、積載9tクラス、フルキャブ)
  • KK(駆動2-4D・4D、積載8.5tクラス、フルキャブ、3代目)
  • GK(駆動2-4D・4D、積載11.5tクラス、フルキャブ、4代目-)
  • FX(駆動2D-4D、フルタイム4WD、積載4tクラス、フルキャブ)
  • GX(駆動2D-4D、フルタイム4WD、積載6tクラス、フルキャブ)
  • FT(駆動2D-4D、パートタイム4WD、積載量4tクラス、フルキャブ)
    日本国外向けにはセミトラクタの設定もあり、日本仕様にはないP11Cエンジンを搭載している。
  • SG(駆動2-4D)
  • FM(駆動2-4D・4D)

デーキャブレンジャー(1984年〜1999年)[編集]

デーキャブレンジャー後期型
  • 1984年6月レンジャー3M(KM・初代レンジャー)を20年振りにフルモデルチェンジして登場したショートキャブ仕様。3.5t積のFB(3B)と4t積のFC(4C)がある。ライバル車[4]が小型トラックのキャブを流用したのに対し、日野は当時小型トラックの自社生産を行っていなかったためキャブは中型ショートキャブ専用設計になっているのが特徴である。キャッチコピーは「でっかい、いち日」。

通常のレンジャーとは異なる外観であり、簡単に区別できるよう縦型のアウタードアハンドル、角目4灯ヘッドライトを採用し差別化を図っていた。エンジンはW04D型、W06D型、H07C型の3種類。

  • 1987年4月マイナーチェンジ。フロントグリルや内装のデザインを変更。
  • 1988年11月マイナーチェンジ。フロントグリルを変更。
  • 1989年2月 4Cダンプに特別仕様車「イエローバージョン」発売。
  • 1990年5月 ビッグマイナーチェンジ。フロントグリル、キャブドアのデザインを変更。平成元年排出ガス規制適合。
  • 1991年デーキャブレンジャーをベースにディーゼルハイブリッドのHIMR塵芥車を開発。
  • 1995年2月ライジングレンジャーに統合される形で生産終了。但し、HIMR仕様は、その後も1999年まで生産が継続された。


レンジャーとダカール・ラリー[編集]

ダカール・ラリー参戦車両(2007年)
ダカール・ラリー参戦車両(1996年)

特記事項としてダカール・ラリーへの参戦が挙げられる。

日野自動車創立50周年記念の社内提案[5]がきっかけで1991年の第13回大会に参戦、以降日本車で唯一カミオン(トラック)部門に連続して参戦しており、カマズ(ロシア)やタトラ(チェコ)、ダフ(オランダ)、メルセデス・ベンツウニモグ(ドイツ)等の欧州勢を相手に部門トップ争いを繰り広げ、リトルモンスターの異名を持つ。

ダカール・ラリー仕様のレンジャーは消防車仕様の四輪駆動車「FT」をベースとしており、2013年バージョンで長さ6.15m×幅2.4m×高さ3.05m、ホイールベース3.75m、J08Cエンジンの最高出力はチューニングが施されているとはいえ485PSと数値的には小柄だが、取り回しの良さと総重量6-7tの軽さを武器に大排気量・高出力エンジンを搭載するライバルを脅かすことも多い。2014年バージョンでは1号車のエンジンがプロフィアに搭載されているA09C換装され、こちらは600PSを発揮する[6]。2015年バージョンからは2号車のエンジンもA09Cに換装された。 1991年大会の選手の負傷、2010年大会の車両故障によるリタイヤがあるものの、排気量10リットル未満や市販車ベースのグループでは上位に入賞することが多く、1997年の第19回大会ではカミオン部門総合トップ3を独占する快挙を達成した。参戦初期は『エキップ・カミオン・ヒノ』というチーム名で日野自動車本体がワークスチームを編成して参戦していたが、現在は菅原義正率いるチームスガワラが実質的ワークスチームとして活動している。

レンジャーでダカール・ラリーに参戦する日本レーシングマネジメント・チームスガワラの菅原義正は1983年の第5回大会から参戦しているベテランで、当初は二輪部門で参戦、四輪部門を経て参戦10回目となる1992年の第14回大会でカミオンに転向、2009年大会までは毎回完走を果たしている(四輪部門を含めると1988年の第10回大会から通算18年連続)。2005年の第27回大会からはコ・ドライバーメカニックとしてダカール・ラリーに参加していた息子の菅原照仁もチームスガワラ2号車のドライバーを務め、大会そのものが中止になった2008年と父・義正のリタイヤした2010年を除いて親子揃って完走している。 なお1995年の第17回大会からは、全国の日野自動車販売会社からチームのメカニックを選抜してダカール・ラリーに参戦する体制を取っている。

  • ダカール・ラリー(カミオン部門総合)におけるレンジャーの成績
大会 ドライバー 順位
1991年 13 J-P.ジョッソー(フランス)
J-P.ライフ(オーストリア)
J.プティ(ベルギー)
J-C.シュマラン(フランス)
7
10
14
リタイヤ(負傷)
1992年 14 J-P.ライフ(オーストリア)
J-P.ジョッソー(フランス)
菅原義正
J.プティ(ベルギー)
4
5
6
10
1993年 15 菅原義正 6
1994年 16 菅原義正 2
1995年 17 菅原義正 2
1996年 18 菅原義正
柴田英樹
6
11
1997年 19 J-P.ライフ(オーストリア)
菅原義正
J.プティ(ベルギー)
1
2
3
1998年 20 菅原義正 2
1999年 21 菅原義正 4
2000年 22 菅原義正 5
2001年 23 菅原義正 2
2002年 24 菅原義正 3
2003年 25 菅原義正 5
2004年 26 菅原義正 5
2005年 27 菅原義正
菅原照仁
2
6
2006年 28 菅原義正
菅原照仁
5
7
2007年 29 菅原照仁
菅原義正
9
13
2008年 30 菅原照仁
菅原義正
レース中止
2009年 31 菅原照仁
菅原義正
14
25
2010年 32 菅原照仁
菅原義正
7
リタイヤ(失格)
2011年 33 菅原照仁
菅原義正
9
13
2012年 34 菅原照仁
菅原義正
9
24
2013年 35 菅原照仁
菅原義正
19
31
2014年 36 菅原照仁
菅原義正
12
32
2015年 37 菅原照仁
菅原義正
16
32
2016年 38 菅原照仁
菅原義正
13
31
2017年 39 菅原照仁
菅原義正
8
29

車名の由来[編集]

RANGER(レンジャー)

常に進化し、お客様の期待に応え利益をお約束するプロフェッショナルのためのトラックの意である。1964年のレンジャー発売時に、一般公募にて選考された。

SPACE RANGER(スペースレンジャー)

SPACE(スペース)には、安全・快適空間、積載効率の高い。宇宙-先進的。仕事の領域を拡大する。これらを意味することから名が付けられた。

RANGER-PRO(レンジャープロ)

PRO(プロ)には、PROceed、PROgress(常に進化し)、PROspect(お客様の期待に応える)、PROmise(お客様の利益をお約束する)、PROfessional(プロフェッショナルのためのトラック)という思いが込められている。

主なCM出演者[編集]

普通型トラックとしては珍しく芸能人や著名人を起用し、特にクルージングレンジャーのCMでは、ダイアン・レインを起用してそれまでのトラックの武骨なイメージを払拭させる事に貢献している。

これらの他にも、積載量の異なる6台のレンジャーを用意し、子供のナレーションで「1レンジャー!2レンジャー!3レンジャー!4レンジャー!5レンジャー! もう1つあるんじゃー。6レンジャー!! 日野レンジャーどんなもんじゃー」と『秘密戦隊ゴレンジャー』(NET系列)のパロディをやるCMが存在していた。

ジャンボ鶴田が所属した全日本プロレスも、鶴田がCM出演したのがきっかけで、選手の移動バスは日野だった。

生産拠点[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日野自、次世代中型トラックを世界初投入[車両]”. エヌ・エヌ・エー (2015年1月16日). 2015年1月16日閲覧。
  2. ^ Yongki Sanjaya (2015年1月15日). “Hino Luncurkan Truk Hino 500 Series New Generation Ranger” (インドネシア語). Liputan6. 2015年1月16日閲覧。
  3. ^ 日野自動車、大型トラック「日野プロフィア」、 中型トラック「日野レンジャー」をモデルチェンジして新発売日野自動車 2017年4月5日(同年4月9日閲覧)
  4. ^ 三菱ふそう ファイターミニヨン、いすゞ フォワードジャストン、日産ディーゼル コンドルSなど
  5. ^ 『砂塵を駆ける夢―HINO』JAF出版社 1997年、72ページ ISBN 4788680424
  6. ^ [ダカールラリー > HINO Team SUGAWARA > レーシングトラック http://www.hino.co.jp/dakar/team_sugawara/racing_trucks.html] 日野自動車公式サイト、2014年1月19日閲覧

外部リンク[編集]