ポルシェ・904

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルシェ・904
Flickr - wbaiv - Silver Porsche 904 ^12 DSC 0118.jpg
コンストラクター ポルシェ
デザイナー フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ
後継 ポルシェ・906
主要諸元
シャシー プレス鋼板フレーム
サスペンション(前) ウィッシュボーン コイル
サスペンション(後) ウィッシュボーン コイル
全長 4,090 mm
全幅 1,540 mm
全高 1,065 mm
トレッド 前:1,316 mm / 後:1,312 mm
ホイールベース 2,300 mm
エンジン 587/3 (587/3S 1965年) 1,966 cc F4 NA ミッドシップ
トランスミッション ポルシェ 5速 MT
重量 650 kg
主要成績
テンプレートを表示

ポルシェ・904Porsche 904 )はFIAのGT2クラスに合わせて作られ1964年春にレースデビュー[1]したポルシェレーシングカーである。正式名称はポルシェカレラGTSPorsche Carrera GTS [注釈 1])である。ホモロゲーションを取得するため100台以上が生産され、市販もされた。

概要[編集]

ポルシェのレース活動がF1からスポーツカーへと移行する過程で生まれた本格的レーシングモデルである。しかし完全な競技専用車ではなく、生産性や日常的な扱いやすさも考慮されている。「アマチュアレーサーがレースコースへ自走していけるスポーツカー」として、サーキットから公道ラリーまでオールラウンドに活躍した。

1963年[2]末の発表後半年あまりで110台[1]を生産し、1964年4月にGT2クラスのホモロゲーションを取得。さらに20台が追加生産された。4気筒エンジンの量産型のほか、10台は6気筒バージョンの904/6[注釈 2]、6台は8気筒バージョンの904/8とされ、ワークスマシンとして使用された。

エンジン[編集]

ポルシェ・587/3型エンジン
ポルシェ・771型エンジン

当初は911用の6気筒を積む予定だったが、実績と信頼性を考慮し、356の2000GS-GT(カレラ2)に搭載していた587/2型エンジンを高回転型に変更してミッドシップ[2]にて搭載した。この名残としてエンジンルームには余裕がある。

DOHC[2]水平対向4気筒[2]1,966ccエンジン587/3型は180PS[1]/7,200rpm、20.5kgm/5,000rpmを発生し、最高速度は260-262km/h[1]である。また、消音器付きエキゾーストのロードバージョン(155馬力/6,900rpm、17.2kmg/5,000rpm)を選択することもできた。ギア比の設定はファスト・レーシング/ニュルブルクリンク/エアポート・レーシング/ヒルクライムの4種類がある。ファスト・レーシング(ル・マン仕様)での最高速値はレース用エキゾースト(セブリングタイプ)だと263km/h、ロードバージョンでは250km/h。キャブレターウェーバー製ツインチョークを基本とし、ロードバージョンにはソレックス製を装着したモデルもあった。

904/6に搭載された901/20型エンジンは、ポルシェ・911の1991cc水平対向6気筒の901/01型エンジンを210馬力/8,000rpm、20kgm/6,000rpmにチューンしたもので、その後ポルシェ・906でも使用された。

その後901/20型エンジンは燃料供給装置をキャブレターから燃料噴射装置に変更し901/21型エンジンとなり、ポルシェ・906、ポルシェ・910ポルシェ・907で使用された。また901/20型エンジンを改良した901/22型エンジンが製作され、ポルシェ・911Rに搭載された。さらにレースによって開発された901/20型エンジンの技術は901/02型エンジンとして市販車に還元され、911の高性能仕様車911Sに搭載された。[3]

904/8に搭載された771型エンジンは、1962年のF1用1・5Lエンジンをベースとした1,981cc水平対向8気筒エンジン。ル・マン24時間には1964年に2台(29、30号車)[4]、1965年に1台(33号車)[5]の計3台の904/8が出場したが、いずれもクラッチトラブルでリタイアしている。

シャーシ[編集]

ポルシェの慣例とは異なりチューブラーフレームを用いず、生産性の面から箱型断面の鋼板プレス製ラダーフレームを採用した。

シートは車体強度メンバーの一部に用いられたため動かすことができなかった。このためステアリングコラムは可動テレスコピック式であり、ペダル類は位置を前後3段階に調節できるようになっていた。

ボディー[編集]

FRP[1]ボディをシャーシに接着する方式を採用した。デザインはフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ[1]が担当し、その最初の大仕事となった[1]。航空機メーカーのハインケルが製造[1]した。空気抵抗の減少と軽量化を目指し、Cd値は0.34[1]、車輌重量は650kgに抑えた。ボディ高は105cm[1]

レース戦績[編集]

1964年[編集]

Porsche 904, Baujahr 1964 (2009-08-07 Sp).JPG

デビュー戦のセブリング12時間レースでクラス優勝。

タルガ・フローリオでは総合優勝と2位[2]

スパ500kmでクラス優勝。

ル・マン24時間レースでクラス優勝、総合7位。ニュルブルクリンク1000kmでクラス優勝。

国際マニュファクチャラーズ選手権GT2クラスチャンピオンを獲得[1]した。

日本では第2回日本グランプリGT-IIクラスで式場壮吉が優勝。プリンス・スカイラインGTに乗る生沢徹との名勝負が知られる。この個体(シャシーNo.904070)は数人のオーナーを渡り歩いた後、レストアが施されて現存する。

1965年[編集]

904/6や904/8がワークスの主力となり、プライベーターの904がバックアップする体制となった。904/6、904/8はプロトタイプクラスからエントリーした。

タルガ・フローリオではギュンター・クラス/アントーニオ・プッチ組[1]がGTクラス優勝[1]した。この時ポルシェから出場した車両は全部完走し総合2-5位を占めている[1]

ル・マン24時間レースで出力約212PS[1]の6気筒[1]2リットルを搭載したプロトタイプ[1]に乗るヘルベルト・リンゲ/ペーター・ネッカー組[1]が平均速度187.8km/hで総合4位[1]、性能指数賞を獲得、量産車[1]に乗るゲルハルト・コッホ/トニー・フィッシュハーバー組[1]が平均速度181.9km/h[1]で総合5位[1]、クラス優勝[1]、燃費が4.24km/リットル[1]であったことから新たに設定されたエネルギー指数賞獲得[1]を果たした。

前年に続いてGT2クラスチャンピオンを獲得[1]

ラリー・モンテカルロでオイゲン・ベーリンガー[1]がロルフ・ヴュッターリッヒ[1]を助手とし2位入賞した[2][1]

注釈[編集]

  1. ^ 904は開発コードであり、901が911に改名されたのと同様の理由で改名された。
  2. ^ 正式には906だが、のちのポルシェ・906との混同を避けるため904/6と呼ばれる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 『F.ポルシェ その生涯と作品』pp.200-209「904型・911型 若きポルシェたち」。
  2. ^ a b c d e f 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』pp.125-168「栄光のレース物語」。
  3. ^ 福田明夫、『ALL THAT FLAT6』、「ポルシェ」<NEKO ヒストリックカーブックス2>、企画室ネコ、1985年。
  4. ^ ドミニク・パスカル、『ル・マンのポルシェ』、p.28、企画室ネコ、1989年。
  5. ^ ドミニク・パスカル、『ル・マンのポルシェ』、p.30、企画室ネコ、1989年。

参考文献[編集]

  • ポール・フレール『レーシングポルシェ 904から917まで』二玄社、1981年。
  • 『ポルシェ II』 企画室ネコ<NEKO ヒストリーカーブックス6>、1989年
  • 新井勉『カーグラフィック2009年7月号 蘇る銀狼 45年の時を経て ポルシェカレラGTSタイプ904』二玄社
  • 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』講談社
  • R.V.フランケンベルク著、中原義浩訳『F.ポルシェ その生涯と作品』二玄社

関連項目[編集]