菅原義正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2013年ダカール・ラリーにて。写真左側の運転席が菅原。

菅原 義正(すがわら よしまさ、1941年5月31日 - )は日本のラリードライバー。北海道小樽市出身[1]

概要[編集]

日本レーシングマネージメント株式会社取締役会長・チームスガワラ前代表。GKダイナミクス株式会社代表取締役の菅原善治は長男、ラリードライバーで現チームスガワラ代表の菅原照仁は次男。

学生時代は自動車部でラリーに参加。1965年10月のモーターファン・コンバインドラリーにホンダ・S600でサーキットデビューを果たす。翌々年からMINI・クーパーSで全日本レーシングドライバー選手権に参入。昭和40年代は主に国内レースで活躍し、1965年1981年の17年間で国内59レースに参戦。ときにはワークスチームを食う活躍を見せたが、主催者のワークスチーム寄りの姿勢に嫌気が差し、菅原はサーキットレースから距離を置くようになった[2]。なおこの間の1969年にレーサーのマネージメント業務を行う日本レーシングマネージメントを設立している。

1970年代に生沢徹らとともに『チーム子連れ狼』を結成して、二輪やオフロードをメインに活動を行うようになった。ホンダアクティ3台とアコード1台でカラチリスボン間(20,000km/14カ国通過)を走破し、1982年にはスズキジムニー1000でサハラ砂漠アルジェアビジャン間5,000km/5カ国)を横断。1983年ダカール・ラリーにデビューし、以降ファラオラリーパリ・モスクワ・北京ラリーラリーレイド・モンゴル等の海外ラリーレイドに出場するとともに、国内でもツールドブルーアイランド・ラリー(通称TBI)や北海道4デイズ等のラリーレイドに精力的に出場している。

ダカール・ラリーにはデビューから一度も途切れることなく連続で出場しており、日本人で唯一モト(オートバイ)・オート(乗用車)・カミオン(トラック)3部門で出場した経歴を持つ。また1989年の第11回大会から2009年の第31回大会までダカール・ラリー連続完走を達成している。2005年の第27回ダカール・ラリーからは次男の菅原照仁とともに日野・レンジャー2台体制で出場。日本人初の親子ダカール・ラリードライバーとなった。2007年の第29回ダカール・ラリーで主催者のASOより25回連続出場の表彰を受ける。ダカール・ラリーのカミオン部門において、中型車ベースの車両ながらも大型車のモンスターカミオンと熾烈な戦いを繰り広げる菅原のレンジャーは、「リトルモンスター」の名称で恐れられている。レンジャーに取り付けられた鯉のぼりは菅原のトレードマークとして有名である。

2008年1月ギネス・ワールド・レコーズにダカール・ラリーの最多連続出場(25回)記録保持者として認定された。

2019年4月23日にダカール・ラリーからの引退並びにチームスガワラ代表を退く事を発表。記録は最多連続出場(36回)並びに最多連続完走(20回)。チームスガワラの後任代表には、次男の照仁が就任した[3]。しかしレーシングドライバーとして引退したわけではなく、2020年からは『Equip SUGAWARA』を設立して、ヤマハのSSVであるYXZ 1000Rでアフリカのエコレースに参戦するとしている[4]

略歴[編集]

  • 1965年10月 - モーターファン・コンバインドラリーにホンダ・S600でモータースポーツデビュー。
  • 1969年1月 - 日本レーシングマネージメント株式会社を設立。
  • 1982年2月 - スズキ・ジムニーとオートバイでサハラ砂漠(アルジェ~アビジャン)横断。
  • 1983年1月 - 第5回パリ・アルジェ・ダカール・ラリーの二輪部門にホンダXL400で出場。
  • 1984年10月 - ファラオラリーにホンダ・アクティで出場、四輪車部門の最小排気量で完走。
  • 1991年1月 - 第14回パリ・トリポリ・ダカール・ラリーのカミオン部門に日野・レンジャーで参戦、日本人初のカミオン部門での完走者となる。
  • 1992年2月 - 1991年度ラリーアート・ドライバー・オブ・ザ・イヤーのラリーレイド部門に選ばれる。
  • 1992年7月 - 第16回参議院議員通常選挙(比例代表区)にモーター新党公認にて出馬。
  • 2005年 - 拓殖大学客員教授に招かれる。
  • 2008年1月 - ダカールラリーの最多連続出場(25回)記録がギネス・ワールド・レコーズに認定される。
  • 2012年1月 - ギネス・ワールド・レコーズの本人が持つダカールラリーの最多連続出場(30回)記録を更新する。
  • 2019年4月 - ダカール・ラリーを引退する事を発表。

エピソード[編集]

トヨタのドライバーであった見崎清志は1971年のマカオGPに出場するにあたり、菅原からホンダ・AC7を借りた。決勝ではガスケットが抜けるトラブルに見舞われながらも3位表彰台を獲得した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「現代日本人名録2002」日外アソシエーツ
  2. ^ ストーリー 菅原義正日野自動車株式会社
  3. ^ "ダカールの鉄人"菅原義正のダカール・ラリー引退について日本レーシングマネージメント・日野自動車 2019年4月23日
  4. ^ ”鉄人”菅原義正の挑戦は続く。モナコからダカール目指す、アフリカエコレースに参戦
  5. ^ [レーシングオン No.482 「童夢とトムスのC」 (NEWS mook) 2016年4月1日 三栄書房刊]

公式サイト[編集]