トラッククレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレーン > 移動式クレーン > トラッククレーン
トラッククレーン

トラッククレーン(Truck crane)は、市販のトラッククレーンを架装させたトラック。陸上自衛隊のトラッククレーンについても本稿で述べる。

歴史と遷移[編集]

1955年、国産初の油圧式トラッククレーンOC-2型が完成。初期は、汎用トラックシャシにクレーン部を架装した5-10t吊りクレーンが主流。1960年代後半からは、車両メーカーと共同開発したクレーン専用シャシにクレーン部を架装して、大型化が進んだ。[1]

解説[編集]

トラッククレーンは、トラックシャシ運転席クレーンブームおよび制御部、荷台を持つものと、シャシと運転席、クレーンブーム・運転台および旋回部を持ち荷台を持たないものに分けられる。荷台を持たないトラックにクレーン装置を組み付けたものを「汎用クレーン」とも呼ぶ。他のトラックと同様の走行性能があり、走行条件などの制約は他のホイールクレーンに比べて少ない。また、荷台と運転席の間に組み付けるタイプのクレーンは「キャブバッククレーン」と呼び、代表的なメーカーのブランドから「ユニック」と呼ぶことが多い。汎用クレーンとトラック搭載クレーンは操作免許の関係上、2.9t吊と4.9t吊が多いが、汎用クレーンには20t吊りのものもわずかだが販売されている。

上記の他に、車体強度を上げた専用シャーシの後部にクレーンを架装したものもある。こちらも「トラッククレーン」だが、日本国内では以下に述べる「ラフテレーンクレーン」と「オールテレーンクレーン」に置き換わりつつある。

ラフテレーンクレーンは、その名が示す通り、もともとは不整地の走行にも対応できるホイールクレーン。車両の走行とクレーンの操作を一つの運転席で行う。日本では2軸(4輪)駆動が多い。走行速度は49km/hに制限されている。

オールテレーンクレーンは、3軸(6輪)以上の台車にクレーン装置を組み付けたもので、走行とクレーン操作は別の運転席で行う。その名の通り全地形の走行に対応できる。安定性に優れ、高所への荷物の吊り上げに適している。

総重量8t以上の大型自動車に該当する車両で荷台を有する車両は90km/hリミッターの装着が義務化されているため、最高速度は90km/hに規制されている。

現在はトラッククレーンの需要は減りつつあり、専用シャーシを生産していた各社は事実上生産を中止している。しかし、ラフテレーンクレーンやオールテレーンクレーンと異なり、高速道路を走行できることや、走行中のキャビンの居住性が高いことなどから、市販のトラックをベース車とするトラッククレーンの製造は継続している。また、車格が4トントラックに相当するラフテレーンクレーンよりもさらに小回りの利く2トントラックベースのトラッククレーンも製造されている。


陸上自衛隊のトラッククレーン[編集]

陸上自衛隊のトラッククレーン

陸上自衛隊の装備。主に施設科に配備される。運転席と操作室が同じであり、作業時に乗り換える必要がない。災害派遣だけでなく、築城作業などに使用される。民間ではラフテレーンクレーンなどと呼ばれる。 ただし、建築業界ではトラッククレーンという場合、運転席と操作室が別の物(トラックフレーム上に操作室を含むクレーン機構を架装した車両)を指すので注意が必要。

諸元[編集]

  • 全長:10,520mm
  • 全高:3,420mm
  • 全幅:2,490mm
  • 総重量:23,540kg
  • 陸上自衛隊のトラッククレーン(ラフテレンクレーン型)
    最小回転半径:4.7m
  • 最高速度:49km/h
  • 登坂能力:30°
  • クレーン移動範囲:8.5m-30.6m(ブーム)、7.4m-12.0m(ジブ)

※諸元は一例。多数のバリエーションあり。

特徴[編集]

くい打ち、吊り上げなどなんでもこなす。機械式クレーンに代わり、施設科などで活躍している。最小回転半径が5m未満という、重機にしては小回りがきくことも特徴のひとつであるが、これは四輪操舵によるところが大きい。

製作[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 土井一三、石田定文「ラフテレーン、オールテレーンの技術動向」、『建設機械』1996年12月、 13-19頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]