マグナ・シュタイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マグナ・シュタイア
Magna Steyr Fahrzeugtechnik AG & Co KG
種類 合資会社(AG & KG)
本社所在地  オーストリア
 オーストリア オーバーヴァルタースドルフ(Oberwaltersdorf
設立 2001年
業種 製造業
事業内容 自動車及び自動車部品の委託製造
従業員数 9,347名(2005年)
主要株主 マグナ・インターナショナル
関係する人物 フランク・シュトロナハ(Frank Stronach
外部リンク MagnaSteyr.com
テンプレートを表示

マグナ・シュタイアMagna Steyr Fahrzeugtechnik AG & Co KG )は、オーストリア、オーバーヴァルタースドルフ(Oberwaltersdorf)に本社を置き、グラーツに主生産工場を持つ自動車製造業者である。この企業は、カナダを拠点とするマグナ・インターナショナル社の子会社であり、以前はシュタイア・ダイムラー・プフ社の一部門であった。

マグナ・シュタイアは、他社からの委託に基づき自動車の開発、組み立てといった技術を提供しており、「マグナ・シュタイア」自体が自動車のブランドとはなっていない。2002年にはダイムラー・クライスラー社の「ユーロスター」(Eurostar)車両製造施設を買い取った。年間の生産台数は20万台に及び、この数値は世界中の自動車委託生産会社の中でも最大のものであり[1]、オーストリアのグラーツに所在する主生産工場とその他数箇所の生産拠点を有している。

また、メルセデス・ベンツ車の「4MATIC」(四輪駆動)方式を開発し、メルセデス・ベンツ・Eクラス・4MATIC (W210/211)の全数を組み立てている。

また、BMW・X3の開発について相当部分を担当し、全てのX3を生産している。さらにアウディ・TTフィアット・ブラーヴォ(Fiat Bravo)、プジョー・RCZ、BMW・Z4およびトヨタGRスープラといった幾種類かの車の開発や製造を行っている。

歴史[編集]

マグナ・シュタイアは、マグナ・インターナショナル社がシュタイア・ダイムラー・プフ社の株式の多数を取得した3年後の2001年に設立された[2]

生産車両[編集]

現行の生産車[編集]


以前の主な生産車[編集]

部分架装[編集]

破棄された契約[編集]

2008年6月にポルシェは、ボクスターケイマンの生産を2012年からマグナ・シュタイアへ移すと発表したがこの契約は2009年12月に破棄され、近年ポルシェの親会社であるフォルクスワーゲンにより買収されたドイツコーチビルダーであるカルマンで生産されることになった[8]

ミラ[編集]

ミラ アルピン コンセプト

マグナ・シュタイアは、自社の技術力と研究能力を分化させた「ミラ」(Mila - Magna Innovation Lightweight Auto)ブランドを創出した。いくつかのコンセプトカーが様々なモーターショーで披露された。

ミラ EV[編集]

ミラ EV(Mila EV)は、2008年のジュネーヴ・モーターショーで発表された[9]モジュール式軽量プラットフォームを使用したプラグイン(plug-in電気自動車方式のコンセプトカーである[10]

ミラ アルピン[編集]

ミラ アルピン(Mila Alpin)は、2008年のジュネーヴ・モーターショーで発表された3+1の座席配置を持つ4人乗り小型、軽量のオフロード車である[11]。この車は通常とは異なるミッドシップ配置の車であり、低価格で生産することをコンセプトとしている[12]。全長3,540mm、全幅1,703mm、全高1,750mmで、1.0 L (999cc) 3気筒エンジンを搭載している。使用可能な燃料はCNGガスガソリンの2種類があり、ガソリン燃料版は重量906 kgと非常に軽量である。

ミラ エアロライト MILA Aerolight[編集]

2011年のジュネーヴ・モーターショーで発表

ミラ クーピック MILA Coupic[編集]

2012年のジュネーヴ・モーターショーで発表

ミラ ブルー MILA Blue[編集]

ミラ プラス MILA Plus[編集]

2015年のジュネーヴ・モーターショーで発表

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]