トヨタ・WiLL Vi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・WiLL Vi
NCP19型
ノーマルルーフ仕様
Toyota WiLL Vi.jpg
Toyota WiLL Vi 002.JPG
キャンバストップ仕様
Toyota WiLL Vi Canvastop.jpg
製造国 日本の旗 日本神奈川県
販売期間 2000年1月-2001年12月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 2NZ-FE型 直4 DOHC 1.3L
駆動方式 FF
変速機 コラム式4速AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
全長 3,760mm
全幅 1,660mm
全高 1,575-1,600mm
ホイールベース 2,370mm
車両重量 940-950kg
プラットフォーム トヨタ・NBCプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

WiLL Vi (ウィル ブイアイ)とは、トヨタ自動車WiLLブランド第1弾として2000年1月に登場し、2001年12月まで販売していた乗用車である。製造はセントラル自動車(現・トヨタ自動車東日本)が担当していた。

WiLLブランドとしての製品であるため、TOYOTAのロゴやエンブレムは冠していない。

機構・スタイル[編集]

ヴィッツプラットフォームを元にしたラウンドノッチバックの4ドアセダンであるが、かぼちゃの馬車をモチーフとしたスタイリングを特徴とする。特にリヤウインドウは初代マツダ・キャロルを彷彿とさせるクリフカットと呼ばれる、切り落とされ、伏角のついた形となっている(このため、後部のドアを開けたり、乗り込んだりする際に頭を打つ危険があるので注意が必要)。

内装も丸みを持ち、かつ温かみのある色調が特徴で、インパネフランスパンのイメージである。プレスドアの採用と外板(鉄板)むき出しの内装が社内基準を満たすことが出来なかったため、衝突安全ボディ「GOA」の名称は使用されなかった(ただし、車体設計そのものはGOA基準で作られている)。ノーマルルーフのほかにキャンバストップも用意されていた。

型式のNCP19が表すように、初代ヴィッツの系譜(派生車)であり、多くのコンポーネントを共用する。その一方で、ドアミラーにL300型ダイハツ・オプティのドアミラー[1]、サイドウインカーにユーノス・ロードスター純正を流用するなど、メーカーの枠を超え、デザイン重視でパーツをセレクトしている。

エンジンはヴィッツの1.3リッター車と同じ2NZ-FE型を採用し、サスペンションもフロントはマクファーソンストラット、リヤがトーションビームである。タイヤ・ホイールも雰囲気を壊さない様、初代プリウス用の165/65R15 81Sの細身・大径のものが流用されている(ホイールはプリウスのスタッドレスタイヤ用スチールホイールで、ホイールカバーのみ専用デザインで生物スカシカシパンに似た意匠を用いている。この15インチスチールホイールおよび165/65R15 81Sラジアルタイヤは後にマイナーチェンジ後のプラッツの1.5リッターモデルにも流用される。これもまたホイールカバーのみ専用デザイン)。ATセレクトレバーベンチシートとの兼ね合いから、コラムシフトとなっている[2]。 初代ヴィッツをベースとした車両の中では唯一、本車は全車2WDで、4WD車の設定はなかった。

クリフカットデザインが自動洗車機の動作に対応しておらず、トラブルが起こるケースもあった。ただし車種選択スイッチがある洗車機に関しては、「リアスポイラー付き1BOX」か「ウイング付きミニバン」等を選択する事によってこのトラブルは解決することが可能であった[3]

販売[編集]

販売期間はおよそ2年と短かったが、WiLLブランド第1弾として、季節ごとに限定色を用意したりなどの斬新な販売策がとられた。84万5千円から買えるヴィッツに対して130万円からと割高だったため、月に数百台という販売成績であった。

取扱ディーラーはトヨタビスタ店(現ネッツ店)。沖縄県ではトヨタカローラ店にて販売。

脚注[編集]

  1. ^ 電動リモコンミラー調整・格納機構なし
  2. ^ 本車の販売終了後暫くしてベース車のヴィッツにベンチシート+コラムAT車が追加された。
  3. ^ [1] Response.、2012年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]