トヨタビスタ店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トヨタビスタ店(トヨタビスタてん)は、過去に存在したトヨタ自動車ディーラーの一つ。2004年4月に旧ネッツトヨタ店(←トヨタオート店)と統合し消滅、新生ネッツ店となった。新生ネッツ店となるまでは、日本国内のトヨタブランドディーラーとしては最新であった[1]

歴史[編集]

過去の取り扱い車種[編集]

ビスタ店専売車種[編集]

他系列店との併売車種[編集]

沖縄地区での取扱い[編集]

沖縄県には、トヨタビスタ店が設けられなかったため、ビスタ店専売車種については、下記のような取扱いとなっていた。ネッツトヨタ店との統合以降も発売が継続された車種は、統合と同時にネッツトヨタ沖縄での取り扱いとなった。

  • 沖縄トヨタ:クレスタ・ヴェロッサ・ブリザード
  • 沖縄トヨペット:レジアス・プロナード・レジアスエース
※同社は、ハイエース、レジアスシリーズの兄弟車であるグランドハイエースツーリングハイエースを扱っていた他、プロナードの前身であるアバロンも扱っていた。なお、アルファードVは沖縄県では取り扱われておらず、ビスタ店とネッツトヨタ店の統合により取り扱いが開始された。
  • トヨタカローラ沖縄:WiLL Vi・WiLL VS・クルーガーV[3]
  • ネッツトヨタ沖縄(旧トヨタオート沖縄):ビスタ・アベンシス・ターセル・カレン・スパーキー

その他[編集]

  • 当初、今では当たり前のショールーム主体の販売(これまでの自動車ディーラーは訪問販売が主体だった)や日曜営業をするなど、実験的な要素が強かった。
  • 経営破綻したディーラーとしては2003年1月28日に民事再生手続きを申請した、北海道旭川市のトヨタビスタ旭川があるが、これは親会社(繊維卸業とホテルを営んでいた東栄)の経営破綻が原因である(自動車販売事業そのものは好調だったが、親会社への債務保証があったため)。同社は100%減資のうえトヨタ自動車の完全子会社として再生し、現在はネッツトヨタたいせつ(旭川トヨペットグループ)として営業している。
  • ビスタ店のない沖縄県において、本来ビスタ店扱い車種のテレビCMや新聞広告はビスタ店のアイキャッチやロゴ・チャネル名の記載が消されていたが、各トヨタディーラーに置かれるカタログのビスタ店ロゴはそのまま記載されていた。
  • 北海道札幌市の「トヨタビスタ札幌」(現・ネッツトヨタ道都)は、ビスタ店の発足までは「トヨタカローラ北海」で、発足時にビスタ店に鞍替えしている。以前は「札幌トヨタディーゼル」であり、国内の自動車ディーラーでは珍しく、販売系列を3度鞍替えしている(ディーゼル→カローラ→ビスタ→ネッツ)。
  • 統合直前まで存在したビスタ店専売車種のうち、2019年現在も継続して発売されているのはレジアスエースのみとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 2番目が旧オート店→旧ネッツトヨタ店。最も新しい旧ビスタ店と2番目に新しい旧オート店(→旧ネッツトヨタ店)が統合したディーラーが現ネッツ店のため、旧オート店・旧ビスタ店・旧ネッツトヨタ店のいずれの歴史をもってしてもネッツ店が最新になる。
  2. ^ 白基調の統一デザインで、真中に車名ロゴと写真、右下にトヨタビスタ店の新ロゴ、最下段に取扱い車種の一覧が紺色で、カタログ記載の車種はオレンジで表記されている。
  3. ^ カローラ店向けの「クルーガーL」が2003年のマイナーチェンジで追加されても、沖縄県ではカローラ店で「L」と「V」の両方を取り扱っていた。その後、ビスタ店とネッツトヨタ店の統合を機に、「V」はネッツ店での取り扱いに移行した。

関連項目[編集]