トヨタカローラ店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ自動車 > トヨタカローラ店
Toyota-Dealer-Corolla.png
トヨタカローラ店ディーラーの一例 (トヨタカローラ長野 長野店)

トヨタカローラ店(トヨタカローラてん、Toyota Corolla Store)は、トヨタ自動車ディーラーのひとつ。「カローラ店」の通称で親しまれている。

概要[編集]

1961年にトヨタパブリカ店として創立、1969年に現在の名称になる。ミニバンや実用型セダンハッチバック、果てはリッターカーダイハツ製の軽自動車など、幅広いエントリー〜ファミリー層向けの車種を中心に扱っている。

ディーラー名は「トヨタカローラ○○」のところが多いが、東京都のみは「トヨタ東京カローラ」「トヨタ西東京カローラ」である。○○のところには大抵、道府県名が入っている。ただし、同じ都道府県で二つ以上のカローラ店が存在する場合は、その地域にちなんだ名前が入っている。トヨタ自動車のお膝元である愛知県では中京、愛知、名古屋、愛豊の4社(4社とも本社は名古屋市)が愛知県全域で展開している。

2007年よりトヨタの各販売店系列のデザイン刷新が行われ、順次オレンジをテーマカラーとしたデザインに改装された。

日本でレクサスが発足された2005年以降、ウィンダムESへモデルチェンジされずに廃止(ならびにカムリと統合)されたため、カローラ店からレクサス店へ移行された車種は1車種も存在していない[1]

キャッチコピーは「うれしいこと、全力で。あなたの街のカローラ店」。

宣伝・広報活動[編集]

主な取扱車種[編集]

(2017年7月現在) ※ 太字の車種は海外生産車種

カローラアクシオ
セダン(5ドアファストバック含む)
クーペ/スポーツ
  • 86(全てのトヨタ取扱販売店で取扱う。富士重工業との共同開発車だが、製造者の名義は富士重工業である)
ステーションワゴン
2BOXトールワゴン含む)
SUV
  • C-HR(全てのトヨタ取扱販売店で取扱う)
ミニバン
商用車
軽自動車
全て、ネッツ店と一部のトヨペット店/トヨタ店でも取り扱う。ちなみに後述の通り、OEM元の車種も一部の店舗で取り扱っている。

ダイハツ車[編集]

現在、一部の店舗ではダイハツの車種を取扱っている(軽自動車のみ)。

2017年5月現在

過去の取扱車種[編集]

※ 太字の車種は海外生産車種

セダン
ステーションワゴン
トールワゴン
ハッチバック(2BOX)
SUV
ミニバン/1BOXワゴン
クーペ/スポーツ
軽自動車
全て、ネッツ店と一部のトヨペット店/トヨタ店でも取り扱っていた。また、後述するOEM元の車種も一部の店舗で取り扱っていた。
商用車
ダイハツ車(一部の店舗・軽自動車のみ)

ディーラー一覧[編集]

地域区分は公式サイトによる。[5]

※は2016年現在、トヨタ自動車が70%以上出資しているディーラー。

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

脚注[編集]

  1. ^ LSSCへモデルチェンジされたセルシオソアラトヨタ店トヨペット店GSへモデルチェンジされたアリストネッツ店(旧オート店、旧ビスタ店)での販売であった。
  2. ^ 東京都ではトヨタ店(東京トヨタ自動車)でも取り扱われる。
  3. ^ 2010年11月に一旦製造・販売を終了したが、ユーザー側の要望により、2011年5月に製造・販売を再開した。
  4. ^ 既に販売終了した車種に限定した場合では、事実上の後継でもある。ただし、本来の後継はシエンタ(カローラ店)である。
  5. ^ カローラ全国販売店一覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]