ダイハツ・タフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイハツ・タフト
F10/20/50/60型
タフト 2.5D デラックス
Daihatsu Taft.jpg
タフト 2.8D デラックス フロント(最終型)
Daihatsu taft 1st f.jpg
タフト 2.8D デラックス リア(最終型)
Daihatsu taft 1st r.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1974年8月-1984年4月
乗車定員 2人
2/4人
ボディタイプ 幌/幌ドア
幌/メタルドア
メタルドア/レジントップ
バン
エンジン FE型 1.0 L 直4 OHV
12R-J型 1.6 L 直4 OHV
DG型 2.5 L 直4 OHV
DL型 2.8 L 直4 OHV
駆動方式 4WD
変速機 4速MT
サスペンション 前:リーフ式リジット
後:リーフ式リジット
全長 3,320mm
※国外仕様は3,320 - 3,485mm
全幅 1,460mm
全高 1,860mm
ホイールベース 2,025mm
車両重量 985kg - 1,255kg
姉妹車 トヨタ・ブリザード
後継 ダイハツ・ラガー
-自動車のスペック表-

タフト(TAFT)とは、ダイハツ工業が生産・販売していたジープタイプの自動車である。

解説[編集]

タフト登場以前の四輪駆動車市場には、トヨタ・ランドクルーザー日産・パトロール三菱・ジープといった普通車と、軽自動車スズキ・ジムニーがあり、その中間を埋める車種として1974年昭和49年)に販売が開始された。

1998年平成10年)改定の軽規格より若干小さいボディサイズに、ラダーフレームと、4輪リーフリジッドアクスルのサスペンションのシャーシを備えた本格的四輪駆動車である。

エンジンは当初排気量1,000 cc のガソリンエンジンのみであったが、後に自社製の2.500 cc ディーゼルエンジンと、トヨタとの業務提携により、トヨタ製1,600 cc ガソリンエンジンを追加、さらに最終モデルではディーゼルエンジンの排気量が2,800 cc まで拡大された。

軽いボディと相まってパワフルな走りをみせた。トランスミッションフロアシフトの4速MTのみ。トランスファー副変速機付で、リアセンタースルータイプのパートタイム4WDである。

ホイールベースは1種類、ボディは2ドアのみで、幌タイプに鉄板ドアと幌ドアの2タイプ、バンタイプ、そして幌の代わりにFRPハードトップを装備したレジントップの4タイプの設定。

1980年(昭和55年)にはトヨタ自動車ブリザードの名前でOEM供給を開始。OEMではあるがエンジンの設定が異なっており、ブリザードは2.2 Lのトヨタ製L型ディーゼルのみで、ガソリンエンジンやダイハツ製エンジンは無い。

1984年(昭和59年)にフルモデルチェンジされ、車名もラガーに変更される(海外向けは、アジアなどはタフトを継続使用、欧州はロッキーへと変更)。

車名の由来[編集]

Tough & Almighty Four-wheel Touring vehicle (粘り強く、あらゆる用途に使用出来る四輪駆動車の意味)の頭文字を取ったもの

歴史[編集]

  • 1974年8月(昭和49年) 発売開始
  • 1978年9月(昭和53年) マイナーチェンジ。2,500 cc ディーゼルエンジン、1,600 cc ガソリンエンジンを追加。ガソリン車の名称をタフト・グランに変更。
  • 1981年10月(昭和56年) レジントップ追加。ガソリンエンジンが廃止され、ディーゼルのみに。
  • 1982年11月(昭和57年) ディーゼルエンジンを2,500 cc から2,800 cc へ変更。フロントグリル樹脂製の一体成型となる。
  • 1984年4月(昭和59年) フルモデルチェンジでラガーに車名変更。 

エンジン[編集]

関連項目[編集]