この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ダイハツ・タフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダイハツ・タフト
販売期間 1974年-1984年
2020年-
製造国 日本の旗 日本
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
先代 ダイハツ・キャストアクティバ(2代目)
後継 ダイハツ・ラガー
別名 ダイハツ・ワイルドキャット
テンプレートを表示

タフトTAFT)とは、ダイハツ工業が生産・販売しているクロスオーバーSUV (CUV) タイプの軽自動車(2代目)及び、過去に生産・販売していたジープ(ヘビーデューティー)タイプの普通商用車(初代)である。

解説

タフト登場以前の四輪駆動車市場には、トヨタ・ランドクルーザー日産・パトロール三菱・ジープといった普通車と、軽自動車スズキ・ジムニーがあり、その中間を埋める車種として1974年昭和49年)に販売が開始された。

1998年平成10年)改定の軽規格より若干小さいボディサイズ(ただし1974年7月から1976年7月末まで生産された前期型のみ)に、ラダーフレームと、4輪リーフリジッドアクスルのサスペンションというシャシを備えた、本格的オフロード車である。

エンジンは当初排気量1,000 ccのガソリンエンジンのみであったが、後に自社製の2.500 ccディーゼルエンジンと、トヨタとの業務提携により、トヨタ製1,600 ccガソリンエンジンを追加、さらに最終モデルではディーゼルエンジンの排気量が2,800 ccまで拡大された。

軽いボディと相まってパワフルな走りをみせた。トランスミッションフロアシフトの4速MTのみ。トランスファー副変速機付で、リアセンタースルータイプのパートタイム4WDである。

ホイールベースは1種類、ボディは2ドアのみで、幌タイプに鉄板ドアとドアの2タイプ、バンタイプ、後にFRPハードトップを装備したレジントップが加わった。海外にはピックアップトラックもあった。

1980年(昭和55年)にはトヨタ自動車ブリザードの名前でOEM供給を開始。OEMではあるがエンジンの設定が異なっており、ブリザードは2.2 Lのトヨタ製L型ディーゼルのみで、ガソリンエンジンやダイハツ製エンジンは無い。

1984年(昭和59年)にフルモデルチェンジされ、車名もラガーに変更される(海外向けは、アジアなどはタフトを継続使用、欧州はロッキーへと変更、英国ではフォートラックを継続使用)。

2020年令和2年)に開催された東京オートサロン2020内で発表された軽クロスオーバーSUVのコンセプトモデルの名称としてタフトの名前が復活、その後、同年6月10日から販売が開始された。

初代(F10/20/50/60型 1974年-1984年)

ダイハツ・タフト(初代)
F10/20/50/60型
2.8D レジントップ デラックス(最終型)
純正PTOウインチ付き
Daihatsu taft 1st f.jpg
Daihatsu taft 1st r.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1974年8月 - 1984年4月
乗車定員 2名
2/4名
6名
ボディタイプ 幌/幌ドア
幌/メタルドア
メタルドア/レジントップ
バン
エンジン FE型 1.0 L 直列4気筒 OHV
12R-J型 1.6 L 直列4気筒 OHV
DG型 2.5 L 直列4気筒 OHV
DL型 2.8 L 直列4気筒 OHV
駆動方式 パートタイム式四輪駆動
変速機 4速MT+2速副変速機
サスペンション 前:リーフスプリング+リジッド
後:リーフスプリング+リジッド
全長 3,320 - 3,485 mm
全幅 1,460 mm
全高 1,855 - 1,870 mm
ホイールベース 2,025 mm
車両重量 985 - 1,255 kg
姉妹車 トヨタ・ブリザード(初代)
生産台数 12万6930台[1]
後継 ダイハツ・ラガー
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示


2代目(LA900S/LA910S型 2020年-)

ダイハツ・タフト(2代目)
LA900S/LA910S型
Gターボ
The frontview of Daihatsu TAFT G Turbo 2WD (5BA-LA900S-GBGZ).jpg
The rearview of Daihatsu TAFT G Turbo 2WD (5BA-LA900S-GBGZ).jpg
G メッキパック装着車
The frontview of Daihatsu TAFT G 2WD (6BA-LA900S-GBGF) with plating package.jpg
販売期間 2020年6月10日 -
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン KF-DE型 0.66L 直列3気筒 DOHC 自然吸気
KF-DET型 0.66L 直列3気筒 DOHC ICターボ
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
変速機 無段変速機
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
全長 3,395 mm
全幅 1,475 mm
全高 1,630 mm
ホイールベース 2,460 mm
車両重量 830 - 890 kg
先代 ダイハツ・キャストアクティバ
プラットフォーム DNGA-Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 2019年令和元年)10月24日 - 第46回東京モーターショーコンセプトカーWakuWaku(ワクワク)」を参考出品[2]
  • 2020年(令和2年)
    • 1月10日 - 東京オートサロン2020にて「WakuWaku」をベースにした市販化に向けたコンセプトカー「TAFTコンセプト」を世界初出展[3]。"TAFT"の名は約36年ぶりの復活となる。先代がジープタイプの商用車であったのに対し、2代目はクロスオーバーSUVで、軽自動車規格の乗用車となる。
    • 4月1日 - 発売を6月予定とアナウンスし、先行予約を開始したことを発表[4]
    • 4月20日 - 関連情報をホームページに追加公開したことを発表した[5]
    • 6月10日 - 公式発表され、発売が開始された[6]。キャッチフレーズは「ジブン、オープン。青空SUV」で、CMキャラクターは中川大志、キャラクター「タフトン」の声は千鳥大悟が担当。CMソングはflumpoolの「NEW DAY DREAMER」。
    外観はスクエアボディとしており、水平基調をベースに分厚いボディ、薄いキャビン、太いセンターピラーで構成される。ヘッドランプやリアコンビネーションランプもスクエア形状で、ヘッドランプはフルLED仕様となる。また、2つのガーニッシュ(フード・バックドア)で構成された「メッキパック」や「ダークメッキパック」がディーラーオプションとして設定される[注釈 1]。ボディカラーは「アースカラー」と呼ばれる「レイクブルーメタリック」、「フォレストグリーンメタリック」、「サンドベージュメタリック」の3色を含む9色を設定。なお、2代目ロッキー設定色である「コンパーノレッド(メーカーオプション)」や「レモンスカッシュクリスタルメタリック」、「スプラッシュブルーメタリック」、「ブラックマイカメタリック」の4色に関してはグレード別設定となる。内装はブラックを基調に、オレンジの差し色[注釈 2]を配し、シートにはカモフラージュ柄もあしなわれた。一部グレードではメーカーオプションで「スタイルパック」も設定されており、ブラック塗装の樹脂パーツ(ドアミラーとドアハンドル)とガンメタリック塗装のアルミホイールを組み合わせた「ブラックパック」、ドアアウターハンドルをメッキ、アルミホイールをシルバー塗装とした「クロムパック」、ドアミラーカバー・ドアアウターハンドル・スチールホイールをホワイト塗装とした「ホワイトパック」の3種類が設定される。
    前席上には「スカイフィールトップ」と呼ばれる大型ガラスルーフが全車標準装備されており、スーパーUV&IRカットガラスを採用。開閉式のシェードも備えている。リアシートに前後スライド機能はないが、前倒する際にシートバックと荷室が段差なくつながり、小物を落としてしまいがちなドアとの隙間も無くした完全なフラットスペースが現われる。荷室の床は取り外し式のフレキシブルボードと呼ばれ、この使い方を変えることで背が高いものや大きなものも積載可能となる。リアシートバックボードとデッキボード表面には立体形状パターンが施される。
    DNGA[注釈 3]」によるプラットフォームや軽量高剛性ボディ「Dモノコック」も採用。
  • 外径サイズがFF(前輪駆動)軽乗用車最大となる165/65R15の大径タイヤ(外径約595 mm)を採用し、最低地上高を高めの190 mmに設定、アプローチアングルを27°、ディパーチャーアングルを58°とした。トランスミッションは、ターボ車はベルト式に高速域用のスプリットギアを追加した同社独自のD-CVT、自然吸気車は重量とコストを考慮して副変速機付きベルト式CVTとなっている[7]。4WDシステムはFFベースの軽自動車で一般的な、後輪への駆動力をロータリーブレードカップリングで制御するスタンバイ式である。ぬかるんだ道や凹凸の多い路面でタイヤが空転したとき、空転した車輪に個別でブレーキを掛けて空転を抑制し、グリップしている他の車輪に駆動力を伝えることで発進や加速をサポートする「グリップサポート制御」が採用され、悪路操作性にも対応した。同社のキャストにも搭載されていたこの機能は従来4WDモデルのみの装備であったが、タフトではFFを含む全車に標準装備となった。
    予防安全機能「スマートアシスト」は強化され、約3年半ぶりに一新された新型のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知に対応。路側逸脱警報機能やふらつき警報機能の追加、標識認識に最高速度一時停止を追加したほか、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)には停車保持機能が追加された。
    ダイハツ車では初となる電動パーキングブレーキが全車に標準装備されており、センターコンソールトレイ手前にあるスイッチの操作やセレクトレバーをPレンジにする[注釈 4]ことでパーキングブレーキが作動し、アクセルを踏むと自動的に解除される。また、「HOLD」スイッチを押し、システムONの状態にすることで渋滞信号待ちでブレーキを踏んで停車している時にブレーキペダルから足を離してもブレーキを保持するオートブレーキホールド機能も備えている。
    「つないでサポート」・「見えるドライブ」・「見えるマイカー」・「つないでケア」で構成された「ダイハツコネクトサービス」、車内Wi-Fiサービス「ダイハツWi-Fi」、スマホアプリ連携の3つのサービスで構成された「ダイハツコネクト」に対応[注釈 5]。メーカーオプションのスマホ連携ディスプレイオーディオは9インチに加え、TV機能(フルセグ+ワンセグ)非搭載の6.8インチも設定され、Apple CarPlayに加えてAndroid Autoにも対応した。
    全車WLTCモードによる排出ガスや燃料消費率に対応(2WD車はJC08モードによる燃料消費率も併記)しており、NA車は「平成30年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆☆)」、ターボ車は「同50%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得。さらに、2WD車はNA車・ターボ車問わず2020年度燃費基準を達成している。
    グレード体系は「X」「G」「Gターボ」の3グレードで、「X」はUVカットガラス(フロントドア)、マルチインフォメーションディスプレイ、AHB(オートハイビーム)、15インチスチールホイール(ブラック塗装・センターキャップ付)などを装備した普及グレード。「G」はルーフレール、LEDフォグランプ、運転席/助手席シートヒーター、タコメーター、リバース連動リアワイパー、ウェルカムドアロック解除[注釈 6]、D assist切替ステアリングスイッチ、15インチアルミホイールなどが追加され、フロントドアガラスがスーパーUV&IRカットに、ステアリングホイール(メッキオーナメント・シルバー加飾付)が革巻に、インパネセンターシフトが本革(メッキボタン/メッキ加飾付)に、マルチインフォメーションディスプレイがTFTカラーに、AHBがADB(アダプティブドライビングビーム)にグレードアップした上級グレード。「Gターボ」はパックオプションの「スマートクルーズパック」が標準装備となり、15インチアルミホイールをガンメタリック塗装としたターボエンジン及び「D-CVT」搭載の最上級グレードとなる。
    • 7月10日 - 発売後1ヶ月の累計受注台数が月販目標台数(4,000台)の4.5倍となる約18,000台となったことが発表された[8]

エンジン

初代

2代目

  • KF-DE型 ダイハツ製 直列3気筒DOHC 660ccガソリンエンジン
  • KF-DET型 ダイハツ製 直列3気筒DOHCインタークーラー付 660ccターボエンジン

車名の由来

Tough & Almighty Four-wheel Touring vehicle (粘り強く、あらゆる用途に使用出来る四輪駆動車の意味)の頭文字を取ったもの。 2代目はTough & Almighty Fun Toolの頭文字を取ったもの。

海外名は「ワイルドキャット」。(WILDCAT

脚注

注釈

[脚注の使い方]
  1. ^ 「メッキパック」「ダークメッキパック」を装着した場合、フロントフェイスのエンブレム類(「TAFT」アルファベットやDマーク)は省かれる。
  2. ^ シートに採用しているが、一部のグレードではパネルの一部(メーター/エアコンレジスター)やインパネセンターシフトベゼルにオレンジメタリック加飾(オレンジインテリアアクセント)も施される。
  3. ^ トヨタ自動車が開発した車両作りシステムの総称「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」をベースにダイハツ工業主導による軽自動車・小型車を対象とした事業構造としたもの。5代目タント、2代目ロッキーに次いで3車種目の採用となる
  4. ^ シフトチェンジ操作によるパーキングブレーキ作動はオートモード(EPBシフト連動機能ON)にした場合に有効
  5. ^ サービスを利用するには、メーカーオプションのスマホ連携ディスプレイオーディオ(Wi-Fiルーターセット)又はディーラーオプションのメモリーナビ(Wi-Fiルーターセット)を装着する必要があり、「ダイハツWi-Fi」は申込も必要。スマホアプリ連携はSmartDeviceLinkのみ対応
  6. ^ 工場出荷時はOFF設定。解錠後にドア操作を行わない場合、約15秒後に再施錠される

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第25号19ページより。
  2. ^ “第46回 東京モーターショーでは「つどい」をテーマにコンセプトカーや演出を通じて「あたたかな未来の暮らし」を表現” (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2019年10月8日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2019/20191008-3.html 2020年4月28日閲覧。 
  3. ^ “東京オートサロン2020に軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展” (PDF) (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2019年10月8日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2019/20191223-1.pdf 2020年4月28日閲覧。 
  4. ^ “新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」先行予約を開始” (PDF) (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2020年4月1日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200401-1.pdf 2020年4月28日閲覧。 
  5. ^ “新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」をホームページで追加公開” (PDF) (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2020年4月20日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200420-1.pdf 2020年4月28日閲覧。 
  6. ^ “DNGA第3弾となる、新型軽クロスオーバー「タフト」を発売~日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒~” (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2020年6月10日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200610-1.html 2020年6月10日閲覧。 
  7. ^ 深田昌之 (2020年6月10日). “ダイハツの新型「タフト」オンライン説明会レポート。チーフエンジニア&デザイナーが解説 「自分達が乗りたいクルマはどんなものだろう」をデザインで具現化”. Car Watch. 2020年7月22日閲覧。
  8. ^ “新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」月販目標台数の4.5倍となる約18,000台を受注” (PDF) (プレスリリース), ダイハツ工業株式会社, (2020年7月10日), https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200710-1.pdf 2020年7月14日閲覧。 

関連項目

外部リンク