ダイハツ・リーザスパイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイハツ・リーザスパイダー
Daihatsu Leeza SPIDER.jpg
販売期間 1991年 - 1993年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアカブリオレ
エンジン EF-JL型水冷直3 SOHC 659cc
最高出力 64PS/7,500rpm
最大トルク 9.4kgf·m/4,000rpm
変速機 3AT/5MT
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,140mm
車両重量 740kg
-自動車のスペック表-

リーザスパイダーLeeza spider )は、ダイハツ工業がかつて生産・販売していた軽自動車である。

概要[編集]

ベースモデルであるリーザのルーフをカットオフして生まれたオープンカーである。第28回東京モーターショーに参考出品された後[1]、1991年11月に販売された。

東京モーターショーでは550ccエンジンであったが、市販化までの間に軽自動車が新規格化されたため、市販モデルは660ccで発売された。オープン化に伴いボディを補強したためベースモデルより車重が90kg増加している。搭載エンジンはターボ仕様のみである。

モーターショーに参考出品された当初は4シーターだったが、市販化の際に2シーターに変更された。ルーフを切り取ってそのまま幌を付けた形だったこともあって、オリジナルに比べデザインが崩れたことは否めない。実用上も展開時に幌がバタつくなどの問題点があり、ボディの剛性不足と見た目の悪さで売り上げは伸びず、1993年に生産中止となった。総生産台数は380台。

その後ダイハツの軽オープンカーは2002年のコペンの登場まで存在しなかった。

備考[編集]

  • 改造車扱いのため、新車登録は検査場への持込となっていた。
  • ダイハツチャレンジカップには安全性の問題からか、(ロールケージをつけても)参加は認められていない。
    • リーザおよび、6点式ロールケージを取り付けたコペンは参加可能。

脚注[編集]

  1. ^ 東京モーターショーで展示された車はその後、ナンバーを取得して公道を走れる仕様にしていた。ベース車両は商用モデルのTR-ZZであったため4ナンバーで登録されていた。

関連項目[編集]