ダイハツ・ムーヴラテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイハツ・ムーヴ > ダイハツ・ムーヴラテ
ダイハツ・ムーヴラテ
L550S/560S型
Daihatsu Move Latte 001.JPG
COOL
Daihatsu Move Latte 003.JPG
販売期間 2004年8月-2009年3月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア 軽トールワゴン
エンジン EF-VE型 0.659L 直3 DOHC DVVT 43kW(58ps)/64Nm(6.5kgm)
EF-DET型 0.659L 直3 DOHC ターボ 47kW(64ps)/103Nm(10.5kgm)
駆動方式 4WD / FF
変速機 4速AT
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング

4WD:3リンク式コイルスプリング
FF:トーションビーム式コイルスプリング
ホイールベース 2,390mm
車両重量 820-920kg
燃料消費率
10・15モード走行
18.0-19.4km/L
価格帯(税込み) 1,008,000-1,590,750円
後継 ダイハツ・ミラココア又はダイハツ・ムーヴコンテに統合
-自動車のスペック表-

ムーヴ ラテMOVE LATTE)は、かつてダイハツ工業が生産していた、ムーヴシリーズの軽トールワゴンである。

概要[編集]

2004年8月、ダイハツの主力車種である3代目ムーヴの派生モデルとしてデビュー。女性を主なターゲットにしていた。ムーヴの4代目モデルやその派生モデルであるコンテの発売後も販売されていたが、2009年3月をもって販売を終了した。その後2016年9月に同車両と同じく女性をメインターゲットにした「ムーヴキャンバス」が発売された。

歴史[編集]

初代 L550S/560S型(2004年-2009年)[編集]

2004年8月23日
3代目ムーヴの派生車として、ムーヴラテを発売。
若い女性を意識し、ベースとなった3代目ムーヴに対し、“丸と曲面”を基調とした外観に、内装は女性的な肌触りの素材が使われている。
また、3代目ムーヴとはシャーシを共有せず、ムーヴ ラテ専用シャーシが与えられていること、車体が丸くなっているため車体剛性が向上していることから、乗り心地や走りや質感が3代目ムーヴよりも向上している。また、リヤウィング、フォグランプを標準装備したX-LIMITEDもある。
2004年12月
ディスチャージヘッドライト、MOMOステアリング付の「RS Limited」を追加発売。
2005年6月2日
エアロパーツ付きの「COOL」、「COOL TURBO」追加。なお、「COOL TURBO」追加に伴い、最上級グレード「RS Limited」を廃止。
2006年1月10日
「X」をベースに、専用シート表皮&生地織込み成型ドアトリム、マット調インパネクラスター、アロマヒーリング(ディフューザー+アロマオイル2種類)、運転席シートリフターを装備した特別仕様車「MOYU(モユ)」を発売。
2007年6月4日
キーフリーシステム(イモビライザー機能付)&電子カードキー、オートエアコン、デオドラントシートなどを装備した充実仕様の「VS」と「VS」にエアロパーツ・フロントメッキグリル・アルミホイールなどを装備したスポーティ仕様の「COOL VS」を追加。併せて、仕様変更を行いリアシートの形状を変更・スライド量を増加。グレード体系を整理し、「X」・「X Limited」・「COOL」を廃止した。
2009年2月
オーダーストップ、ならびに生産終了。以後、在庫のみの対応となる。
2009年3月
販売終了。同年8月に発売を開始したミラココアが事実上の後継車種となるが、トールワゴンとしての要素は2008年8月25日より販売されたコンテに統合された。

車名の由来[編集]

カフェラテの略。latteはイタリア語で「ミルク」(乳)を意味する。

関連項目[編集]