ダイハツ・MAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイハツ・MAX
L950/952/960/962S型
後期型(2003年8月 - 2005年12月)
2003-2005 Daihatsu Max.jpg
2003-2005 Daihatsu Max rear.jpg
販売期間 2001年11月 - 2005年12月
設計統括 越田幸男
デザイン 才脇卓也
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア 軽セミトールワゴン
エンジン EF-VE型 直3 659cc 58PS 6.5kg・m
EF-DET型 直3 659cc 64PS 10.5kg・m
JB-DET型 直4 659cc 64PS 10.2kg・m
駆動方式 FF/4WD
変速機 5MT/4AT/CVT
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2360mm
車両重量 800kg - 870kg
生産台数 12万7470台
-自動車のスペック表-

MAX(マックス)はダイハツ工業が生産していた5ドアボディの軽自動車である。

概要[編集]

2001年軽トールワゴンムーヴ)とハッチバックミラ)の間を埋める車種として、全高を抑え、機械式駐車場に対応のパッケージングとしたセミトールワゴンとして登場した。主要コンポーネンツは2代目ムーヴとほぼ共通である。

軽自動車規格変更後から3年を経過し、新しい車種として高級、スポーティ路線を打ち出しており、サイバー4WDシステムや4気筒ターボエンジン[1]による高い運動性能、動きのあるダイナミックなデザインが特徴。AT車にはインパネ中央設置のゲート式セレクターが採用された[2]。上級かつスポーティー路線で、パーソナルユースの若者がメインターゲットであった[3]

メカニズム・機構[編集]

エンジンはすべて659ccのDOHCである。愛称はTOPAZ(トパーズ)。

トランスミッションは5MT、ESAT(イーサット)と呼ばれる4AT、ecoCVTの3種類である。最上位グレード「RS」にはフロントLSDが装備されており、さらに4WD車にはサイバー4WDと呼ばれた電子制御4WDを採用している。全グレードにステアリングのチルト・テレスコ機構が標準装備であった。

デザイン[編集]

初期のデザイン案はイギリス人デザイナーが「草原を駈ける動物」をイメージして描いたものであった。全体的なフォルムはウエッジの効いたショートノーズ・ロングキャビンである。フロントガラスは2代目ムーヴより100mm前進しているが、Aピラーはムーヴよりも傾斜している。Cピラーは骨太感を強調した逆台形。フロントマスクには特徴的な縦長のヘッドライトと楕円形のフォグライト[4]を採用。テールライトは横長。しばしばテールライトの形状がアルファロメオの模倣であると指摘されるが、デザイナー側はそれを否定している。

販売[編集]

登場時の月販目標は6,000台。

販売面においては成功したとはいえず、2005年12月に、1代限りで販売を終了した。ミラとムーヴに挟まれた中途半端な位置づけや知名度の低さ、同時期に登場したスズキ・MRワゴン三菱・eKより割高な値段設定となってしまい弱点となり、当初MAXと同じく割高であったホンダ・ザッツの大幅値下げにも押されていた。ただしこのクラスではekの後期モデル以外存在しなかったMTがMAXには搭載されていたため下位グレード同士で比較すれば安価ではあった。

歴史[編集]

初代L950S/952S/960S/962S型(2001年-2005年)[編集]

  • 2001年10月10日-発表。
    • 11月1日 - 販売開始。当初はEF-VE型自然吸気エンジン搭載の「L」・「Lリミテッド」・「X」・「Xリミテッド」、EF-DET型ターボエンジン搭載の「R」、JB-DET型ターボエンジン搭載の「RS」の6グレード体系。トランスミッションは4AT・5MT・CVTが用意されるが、CVT車は「L」と「Lリミテッド」に、5MT車は「L」・「Lリミテッド」及び「X」・「Xリミテッド」・「R」の4WD車に設定される。また、4AT車に関しては「L」・「Lリミテッド」はフロア。「X」以上のグレードはインパネシフトとなる。(インパネシフト車以外は全てフロアシフト)
  • 2002年5月20日 - 「Lリミテッド」・「Xリミテッド」・「R」と入れ替えで装備を充実した「Li」・「Xi」・「Ri」及び最上級グレードの「RSリミテッド」を新設。全ての追加グレードは4AT(インパネ)が基本となるが、「Xi」・「Ri」の4WD車には5MTも設定される。
    • 7月24日 - 特別仕様車「Lセレクション」・「Liセレクション」を発売。前者は「L」をベースにスモークドガラスとカラードドアアウターハンドルを装備。AT車はさらにゲート式インパネセンターシフト&足踏式パーキングブレーキとセンターアームレスト付フロントベンチシートを追加で装備しながらもベース車よりも3万円値下げしたお買い得仕様。後者は「Li」をベースにエアロパーツ(フロントロアスカート、リヤロアスカート、サイドストーンガード)を追加した仕様である。
  • 2003年5月7日 - 特別仕様車「Lスーパーセレクション」・「Liスーパーセレクション」を発売。以前発売されていた「Lセレクション」・「Liセレクション」のバージョンアップ仕様で、フルホイールキャップ(「Lスーパーセレクション」)・アルミホイール(「Liスーパーセレクション」)及びシート表皮のデザインを変更し、価格を引き下げた。特に「Lスーパーセレクション」に関しては2WD・5MT車と2WD・4AT車で80万円台の価格設定となった。
    • 8月26日 - マイナーチェンジ。外観をリファインし、「RS」はさらにディスチャージヘッドランプを標準装備。メーターをホワイトに変更したほか、明るめの内装色に変更した。グレード体系もベーシックグレード「L」、上級グレード「Li」、EF-DET型ターボエンジン搭載スポーツグレード「Ri」、JB-DET型ターボエンジン搭載最上級スポーツグレード「RS」の4グレードに整理され、CVT車を廃止、5MT車も「L」のみに縮小された。
  • 2004年4月 - 仕様変更。車両本体価格を消費税込の価格に改訂。
    • 6月 - 仕様変更。「L」と「Li」の2WD車が「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得。
  • 2005年12月 - 販売終了。

後継車[編集]

  • 2006年6月19日に発売されたソニカはMAXと同じく上級かつスポーティー路線であるが、ダイハツ側はMAXの後継車であることを否定している。

車名の由来[編集]

香港向けは「VMAX」の車名であった

参考文献[編集]

  • モーターファン別冊『2002年軽自動車のすべて』 三栄書房 2002年2月発行(2001年12月発売) ISBN4-87904-484-9

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サイバー4WD、4気筒ターボエンジンはいずれもRSグレードのみ
  2. ^ 廉価グレードを除く
  3. ^ 同じ若年層向け車種でもミニバンライクでドレスアップ志向のムーヴ・カスタム/RSとは位置づけが異なる
  4. ^ 楕円形フォグライトは2003年のマイナーチェンジまで