ダイハツ・シャルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャルマンCharmant )はかつてダイハツ工業が販売していた乗用車である。販売当時、同社のフラグシップモデルであった。

概要[編集]

プラットフォームやエンジン、足回りを親会社であるトヨタ自動車カローラをベースにしている。カローラよりも高級感を打ち出したことから、初代モデルはそこそこの売れ行きを見せた。ただし、カローラほど頻繁にモデルチェンジを行わなかったことから、モデル末期の陳腐化は著しく、営業面で成功したとは言いがたい。1987年7月をもって生産を終了した。車名のシャルマンは、フランス語で「素敵な」「魅力的な」を意味する。

ダイハツが『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系列)のスポンサーだった関係で、特に『江戸川乱歩の美女シリーズ』では天知茂演ずる明智小五郎の愛車として劇中活躍した(他にマツダルーチェカペラも用いられている)。

シャルマンのモータースポーツ活動は、高田良二岩井照宣によりD1グランプリシリーズに出場していた。

歴史[編集]

初代 A10/20/30/40型(1974年-1981年)[編集]

ダイハツ・シャルマン(初代)
A10/20/30/40型
後期型 1300ラグジュアリーカスタム
Daihatsu Charmant 1300.JPG
中期型 5ドアワゴン輸出仕様
Daihatsu Charmant 1600 Wagon 1977 (11941006496).jpg
後期型 5ドアワゴン輸出仕様
Daihatsu Charmant 1600 Wagon 1980.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1974年11月 - 1981年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ノッチバックセダン
5ドア ライトバン
5ドア ステーションワゴン
(輸出仕様のみ)
エンジン 3K型1.2L
T型1.4L
4K-U型1.3L
T-J型1.6L
駆動方式 FR
最高出力 68ps/6,000rpm
最大トルク 9.5kg·m/3,800rpm
変速機 4MT
サスペンション 前:ストラット
後:リーフリジット
全長 4,005mm
全幅 1,520mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,335mm
車両重量 885kg
データモデル 前期型
先代 ダイハツ・コンソルテ4ドアセダン
-自動車のスペック表-
  • 1974年11月 - 発売。ダイハツ初の上級車としてデビュー。同年12月にバンを発売。プラットフォームE20型カローラをベースにしていた。フロントドアアウターパネルはカローラ(4ドアセダン、5ドアバン(輸出仕様は5ドアステーションワゴン))と全く共通。ヘッドランプはカローラの丸型2灯に対してシャルマンは丸型4灯を採用、高級感をアピールしている。デビュー当初は1.2L(トヨタ製3K型OHV)、1.4L(同T型OHV)のエンジンを搭載していた。1969年にコンパーノバンが生産中止以来久々に復活したダイハツのライトバンの設定もあった。こちらもエンジンは1.2L(トヨタ製3K-J型OHV)と1.4L(同T-J型OHV)が用意される。シャルマンとしては最初で最後の5ドアライトバン(ただし輸出仕様はステーションワゴン)でもあった。
  • 1975年11月 - 一部改良。セダン全車が昭和50年度排出ガス規制に適合。
  • 1976年11月 - マイナーチェンジでフロントグリルが変更される/スポーツカスタムとグランドカスタムを追加と同時にAT車がカタログ落ちする。セダン全車が昭和51年度排出ガス規制に適合。
  • 1978年3月 - マイナーチェンジでフロントノーズをスラント化と同時にグランドカスタムの後席には肘掛が標準装備。エンジンを1.2L、1.4Lからそれぞれ1.3L(トヨタ製4K-U型(セダン用)/4K-J型(バン用)OHV)、1.6L(同2T-U型(セダン用)/2T-J型(バン用)OHV)へとスイッチ。同年7月、1.6L車にATが復活。これに伴いセダン全車が昭和53年度排出ガス規制に適合。

2代目 A35/A55型(1981年-1988年)[編集]

ダイハツ・シャルマン(2代目)
A35/55型
フロント(A35型・輸出仕様)
Daihatsu Charmant 1300 LC Altair front.jpg
リア(A35型・輸出仕様)
Daihatsu Charmant 1300 LC Altair rear.jpg
リア(A55型・輸出仕様)
Daihatsu Charmant rear, Feb 2014.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1981年10月 - 1988年3月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ノッチバックセダン
エンジン 4K-U型1.3L
3A-U型1.5L
駆動方式 FR
最高出力 74ps/5,600rpm
最大トルク 10.5kg·m/3,600rpm
変速機 4MT/5MT/3AT
サスペンション 前:ストラット式コイルサスペンション
後:4リンクコイル式サスペンション
全長 4,200mm
全幅 1,625mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 905kg
後継 ダイハツ・アプローズ
-自動車のスペック表-
  • 1981年10月 - フルモデルチェンジでひとまわり大きくなる。型式は1.3L車がA35型、1.5L車がA55型となる。外板プレスとインテリアはダイハツが独自にデザインし、外観は6ライトウインドを採用、エンジンとトランスミッションは先代同様にカローラの流用。プラットフォームはE70型カローラをベースにしていた。初代にあった5ドアのライトバン(輸出仕様はステーションワゴン)は廃止された。1.3L(トヨタ製4K-U型OHV)、1.5L(同3A-U型SOHC)のエンジンを搭載していた。ステアリング型式は1.3Lがラック・アンド・ピニオン、1.5Lがリサーキュレーティング・ボール。このクラスでは異例の高級感ある内外装が特徴で、最上級グレードとしてわし座の恒星・アルタイルを英語読みした「アルティア」が設定されていた。
  • 1983年8月 - マイナーチェンジで1.5Lはドアミラーが採用されフロントグリルの変更と同時にメーターは水平指針型に、ステアリング形式はラック&ピニオンにそれぞれ変更、最上級グレード車は「アルティアL」に改称と同時にカラード大型バンパーと4速ATを採用/60扁平タイヤ&14インチアルミをオプション化。
  • 1984年9月 - 一部改良。1.5Lエンジン車は全車バンパーを大型化。
  • 1987年7月 - ベースとなったカローラセダンがFF化された後もシャルマンはFR方式で生産されたものの、結局は生産終了(同年にFR方式で生産されていたカローラレビン/バンがFF方式の新型にフルモデルチェンジされ、ダイハツ向けへのシャシーの供給ができなくなったため)。それ以降は在庫対応分のみの販売となる。
  • 1988年3月 - 販売終了。これにより、1989年3月にシャレードソシアル、および同年7月に事実上の後継車であるアプローズがデビューするまで1年間、ダイハツからセダンのラインナップがなくなる。

シャルマンのモータースポーツ活動(2012年-2014年)[編集]

A35型[編集]

出場した履歴(Team H.D.O QUICK STYLE & RS WATANABE)
2012年 D1 GRAND PRIX シリーズ ※エキシビジョンを含む。
2013年 D1 GRAND PRIX シリーズ ※エキシビジョンを含む。
2014年 D1 GRAND PRIX シリーズ ※エキシビジョンを含む。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]