トリビュート・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トリビュート・アルバム: tribute album)は、功績のある人物、グループに対して称賛するために作られるアルバムのこと。複数のミュージシャンによって対象となるミュージシャンの曲をカバーしたコンピレーション・アルバムのような形式になることが多い。

概要[編集]

トリビュートとは「称賛・賛辞・貢物」といった意味であり[1]、自分自身に大きく影響を与えたり、尊敬していたり、あこがれの存在であったりするアーティストに対して敬意を表すアルバムであることを示唆する呼称である。ミュージシャン以外では手塚治虫ATOM KIDS[2])やアイルトン・セナのトリビュート・アルバムが製作されたこともあった (A Tribute To Ayrton Senna[3])。

歴史[編集]

日本で「トリビュート・アルバム」という言葉が、マスメディアで取り上げられるようになったのは1997年頃[4]。1997年8月16日の日本経済新聞に「トリビュート・アルバムー古い音源への興味高まる(ヒット直送便) 」と記事が掲載される[4]。内容は「いま、CD店の推奨盤コーナーには、若いアーティストの最新作とともに往年の大スターのアルバムが積まれている。例えば若大将『加山雄三』、ロック歌謡の草分け『西城秀樹』、日本のロックギタリストの重鎮『Char(チャー)』…。と言っても、これらのCDで実は本人たちは一曲も歌っていない。帯を見れば、「トリビュート・アルバム」とある。『トリビュート』。英語で『尊敬の辞』『ささげ物』などという意味だ。こうしたCDはみな、そのスターのファン、つまりそれを聴いて育った世代のミュージシャンたちが、オリジナルを新たに編曲し、吹き込み直したカバーバージョン集なのだ。槇原敬之が加山雄三の『お嫁においで』を、サンプラザ中野が西城秀樹の『ちぎれた愛』をアバンギャルドなアレンジで絶唱し、藤井フミヤがCharの『気絶するほど悩ましい』をパンク風にシャウトしている。それぞれのミュージシャンがオリジナルを自分流に消化して、そこから新たな魅力を醸し出す。トリビュートはそもそも、洋楽で盛んに作られてきた。レコード会社の枠を超えてアーティストが集まり、自分たちの音楽に影響を与えたスーパースターに捧げるアルバムを作る企画だ。しかし今、日本の音楽業界は「今後は和製トリビュートの波が来る」と予測している。若い音楽ファンの間で古い音源への興味が高まっていることがこの背景にある。レコード会社側にも『次の時代に受け継がれていくもの』として、日本のスタンダードナンバーを作ろうという機運があるようだ。大手CD店は「トリビュートものはタイトル数で増えており、積極的にプロモートしている」(山野楽器)と話す。かつての時代をそのスターと共有した者にとっては懐かしき再会の歌、そこに新しい息吹を与える若者にとっては新鮮な過去との出会い…。どうやらマーケットの二重性がトリビュート・アルバムのムーブメントを推し進めているようだ」と書かれている[4]

主な作品[編集]

ミュージシャンを取り上げたトリビュート盤[編集]

あ〜お[編集]

か〜こ[編集]

さ〜そ[編集]

た〜と[編集]

な〜の[編集]

は〜ほ[編集]

ま〜も[編集]

や〜よ[編集]

ら〜ろ[編集]

わ〜ん[編集]

  • 和田アキ子
    • アッコがおまかせ ~和田アキ子 50周年記念 トリビュート・アルバム~ (2018年)[59]

作品を取り上げたトリビュート盤[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 英辞郎 on the WEB tributeとは”. アルク. 2020年9月3日閲覧。
  2. ^ Various – Atom Kids - Tribute To The King "O.T." - Discogs
  3. ^ Various – A Tribute To Ayrton Senna - Discogs (発売一覧)
  4. ^ a b c “トリビュート・アルバムー古い音源への興味高まる(ヒット直送便)”. 日本経済新聞 (東京: 日本経済新聞社): p. 31. (1997年8月16日) 
  5. ^ AKG TRIBUTE [デジパック仕様]”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  6. ^ THE YELLOW MONKEY結成20周年を祝う豪華トリビュート盤”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  7. ^ 読売新聞・東京夕刊: p. 8. (2016年8月3日). "いとう  トリビュート盤「再建設的」で、RHYMESTERが「噂だけの世紀末」のカバーをやってくれているんだけど、"  - ヨミダス歴史館にて閲覧:引用は、宇多丸との対談におけるいとうせいこうの発言の一部。
  8. ^ “林原めぐみ新作 岡崎律子にささげる 時空にとらわれない豊かさ”. 読売新聞・東京夕刊: p. 8. (2017年7月6日). "声優で歌手の林原めぐみが、アルバム「with you」(キング)を出した。2004年に44歳で死去したシンガー・ソングライター、岡崎律子にささげるトリビュート盤だ。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  9. ^ 「井上陽水トリビュート」、参加アーティストのカバー曲目を公開”. 音楽ナタリー. 2019年10月28日閲覧。
  10. ^ ウルフルズ25周年トリビュートにUA、片平里菜、カエラ、チャット、JUJUら”. 音楽ナタリー. 2019年7月16日閲覧。
  11. ^ HY、トリビュートアルバム&セルフカバーベストアルバムの発売が決定”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月16日閲覧。
  12. ^ エレファントカシマシ トリビュートアルバム第3弾、3月21日発売”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月21日閲覧。
  13. ^ “BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  14. ^ GREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様 [CCCD] [廃盤]]”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  15. ^ “カーペンターズ人気再び 名曲集80万枚のヒット テレビ、雑誌で相次ぐ特集”. 読売新聞・東京夕刊: p. 7. (1995年12月27日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  16. ^ ガーリック・ボーイズのトリビュート盤が登場!”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  17. ^ 鶴田裕介 (2017年4月13日). “80歳になっても若大将 加山雄三 企画盤や記念公演”. 読売新聞・東京夕刊: p. 8. "「Respect KAYAMA YUZO」は、忌野清志郎や高橋真梨子らによるカバー曲を集めたトリビュート盤。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  18. ^ 銀杏BOYZトリビュートに麻生久美子、クリープ、サンボ、YUKI、YO-KINGら13組”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  19. ^ Why not Clammbon!? クラムボン・トリビュート”. CDJournal. 2019年7月16日閲覧。
  20. ^ くるりトリビュートの詳細が明らかに (2009/10/01) 邦楽ニュース”. 音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). 2019年7月16日閲覧。
  21. ^ GO!GO!7188トリビュートにポリ、フラカン、所ジョージら”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  22. ^ ゴスペラーズトリビュートで港カヲルが「ひとり」歌う、Creepy Nutsも参加”. 音楽ナタリー. 2020年7月25日閲覧。
  23. ^ 4月22日発売、坂本真綾トリビュートアルバム『REQUEST』全参加アーティスト発表!参加アーティストからのコメントも到着!”. リスアニ!WEB (2015年2月23日). 2019年7月21日閲覧。
  24. ^ “[サウンズBOX]ポピュラー クレール・エルジエールほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 8. (2018年5月31日). "デビュー20周年を迎えた椎名林檎のトリビュート盤。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  25. ^ 1996年第38回日本レコード大賞において、企画賞を受賞した。:第38回 日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2018年1月10日閲覧。
  26. ^ 12月5日にリリースされるSCAFULL KINGのトリビュート・アルバム『GIFT(TRIBUTE TO SCAFULL KING)』の詳細が判明”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月21日閲覧。
  27. ^ トリビュート盤『PAUSE』が改めて示す、ストレイテナーというロックの奇跡について (2017/10/18) 邦楽ニュース”. 音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). 2019年7月15日閲覧。
  28. ^ SNUFFのトリビュート盤にKen Yokoyamaほか豪華アーティストが参加! (2008/08/25) 邦楽ニュース”. 音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). 2019年7月17日閲覧。
  29. ^ スピッツの名盤「ハチミツ」トリビュート・アルバム発売決定 豪華12組が参加”. Musicman-net. 2019年7月16日閲覧。
  30. ^ “[サウンズBOX]ポピュラー brainchild’sほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 6. (2018年4月12日). "7月に解散するチャットモンチーのトリビュート盤。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  31. ^ We are DISCO!!!~tribute to the telephones~ [紙ジャケット仕様 [限定]]”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  32. ^ スカパラ初のトリビュート盤にBiSH、04LS、ユニゾンら参加!スカフェスライブ盤も”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  33. ^ NIRVANA名盤を9mm、ワンオクら猛者12組がトリビュート”. 音楽ナタリー. 2019年7月16日閲覧。
  34. ^ G4Nら国内バンドのNO USE FOR A NAMEトリビュート盤”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  35. ^ ハスキング・ビー トリビュート アルバム / ハスキング・ビー”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  36. ^ LIV-ING HUSKING BEE-ING~tribute to HUSKING BEE~”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  37. ^ BACK DROP BOMBトリビュートにDragon Ash、BRAHMANら豪華メンツが大集結”. Musicman-net. 2019年7月21日閲覧。
  38. ^ “[サウンズBOX]ポピュラー キャサリン・ジェンキンス「デイドリーム」ほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 6. (2012年1月12日). "ロックンロールの英雄の生誕75周年を記念するトリビュート盤。... (ビクター)"  - ヨミダス歴史館
  39. ^ the band apart、トリビュートアルバム『tribute to the band apart』の収録内容が明らかに”. スパイス. 2019年7月16日閲覧。
  40. ^ シンクロナイズド・ロッカーズ~ザ・ピロウズ トリビュートアルバム”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  41. ^ ROCK AND SYMPATHY-Tribute to the pillows”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  42. ^ VA / ウィ・ラヴ・ブッチャーズ~ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュート・アルバム”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  43. ^ VA / ウィ・ラヴ・ブッチャーズ~ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュート・アルバム”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  44. ^ Yes、We Love butchers~Tribute to bloodthirsty butchers~Mumps”. CDJournal. 2019年7月21日閲覧。
  45. ^ フラカントリビュートにクリープら13組参加”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  46. ^ VA / THE BLUE HEARTS 2002 TRIBUTE”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  47. ^ VA / THE BLUE HEARTS SUPER TRIBUTE”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  48. ^ (オムニバス)「リスペクト!!!ザ・ブルーハーツ -ア・レゲエ・トリビュート・トゥ・ザ・ブルーハーツ-」”. Billboard JAPAN. 2019年7月21日閲覧。
  49. ^ 『ザ・ブルーハーツ トリビュート 25th. Anniversary TRIBUTE』発売中”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月21日閲覧。
  50. ^ 人気ボカロP大集合、THE BLUE HEARTSトリビュート”. 音楽ナタリー. 2019年7月21日閲覧。
  51. ^ ブルーハーツヒップホップトリビュートにNORIKIYO、PUNPEE、やけのはら、田我流”. 音楽ナタリー. 2019年7月21日閲覧。
  52. ^ “[ディスク]アルバム フロンティア/小比類巻かほるほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 12. (1992年10月31日). "ユーミンの曲を、他の歌手が採り上げたものを集めた企画盤。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  53. ^ 大野宏. “[トピック]トリビュート盤、花盛り”. 読売新聞・東京夕刊: p. 7. "豪華な顔ぶれが集い、この冬の話題を集めているのが、十一日に出たアルバム「Queen's Fellows:yuming 30th anniversary cover album」(東芝EMI)だ。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  54. ^ 美空ひばりのトリビュートアルバムに、原由子、吉井和哉、河村隆一、NICO Touches the Wallsら (2019/04/24) 邦楽ニュース”. 音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). 2019年7月16日閲覧。
  55. ^ モンパチトリビュートに民生、怒髪天、RIPら”. 音楽ナタリー. 2019年7月16日閲覧。
  56. ^ YUIの名曲をSCANDAL、ねごと、中川翔子らがカバー
  57. ^ LAGWAGONの名作パンクを日本人バンドがトリビュート”. 音楽ナタリー. 2019年7月17日閲覧。
  58. ^ ラルクのトリビュート盤にポリ、シド、TOTALFATら参加! ベストDVD詳細も”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月21日閲覧。
  59. ^ アッコがおまかせ ~和田アキ子 50周年記念 トリビュート・アルバム~”. CDJournal. 2019年7月15日閲覧。
  60. ^ ガンダム×ランティス「ガンダムトリビュート from Lantis」ジャケット完成&全曲試聴スタート! | GUNDAM.INFO” (日本語). GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト. 2020年5月13日閲覧。
  61. ^ 『キングダム ハーツ』のトリビュートアルバムが発売決定、10組のアーティストが新たに奏でるシリーズの人気楽曲”. ファミ通.com. 2019年7月21日閲覧。
  62. ^ 「セーラームーン」トリビュートでLiSA、BiSH、サイサイ、女王蜂が歌うのは”. 音楽ナタリー. 2019年7月21日閲覧。
  63. ^ スカパラ、グッドラックヘイワら参加「FF」トリビュート”. 音楽ナタリー. 2019年7月21日閲覧。

関連項目[編集]