ダイハツ・パイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイハツ・パイザー
G301G/303G/311G/313G型
1996年8月発売型
1996 Daihatsu Pyzar 01.jpg
1998年7月改良型
CLエアロバージョン
Daihatsu pyzar g301g claeroversion 1 f.jpg
Daihatsu pyzar g301g claeroversion 1 r.jpg
販売期間 1996年8月2002年8月
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
エンジン HE-EG型 直列4気筒 1.5L
HD-EP型 直列4気筒 1.6L
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
最高出力 1.5L 100ps
1.6L 115ps
変速機 4速AT/5速MT
全長 4,050mm
全幅 1,640mm
全高 1,595mm
ホイールベース 2,395mm
販売期間中の新車登録台数の累計 4万6448台[1]
同車台 ダイハツ・シャレードソシアル(2代目)
先代 ダイハツ・コンパーノワゴン
(事実上)
後継 YRVに統合[2]
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

パイザーPYZAR)は、ダイハツ工業がかつて生産・販売していたトールワゴン小型乗用車である。

概要[編集]

2代目シャレードソシアルをベースに開発された車である。1996年8月発売とコンパクトトールワゴンとしては早い時期の登場で、ダイハツの自社製小型ボンネットワゴンとしても1969年にコンパーノワゴンが生産中止(販売終了)されて以来27年振りである。広大な室内と当時大衆車に設定されることの少なかったフルオートエアコン、木目調パネル、本皮シートなど装備が充実していたということもあり登場からしばらくはそこそこ売れたものの、同年に先行して大ヒットしていたマツダ・デミオを筆頭に多くの類似車が登場してきた事、さらに世間の「ダイハツ=軽自動車」というイメージが強い事もあって次第に販売が低迷。YRV登場後も販売を継続し、少数生産されたものの2002年6月に生産中止となり、その2か月後に販売終了となった。

性能[編集]

初代 G301G/303G/311G/313G型(1996年-2002年)[編集]

  • 1996年8月 - 新発売。CM出演者はアグネス・ラム
  • 1997年9月 - マイナーチェンジ。内外装変更。4WD車のエンジンを1,600ccに変更。十字グリルなどを装備したスポーティグレードのエアロカスタム(1,600cc)追加。
  • 1998年7月 - マイナーチェンジ。内外装変更。ベースグレードをCLからCLリミテッドに変更。
  • 1999年9月 - マイナーチェンジ。エアロカスタムからエアロダウンカスタムに内外装とグレード名を変更。CLエアロバージョン追加。上級グレードのCX廃止。
  • 2000年9月 - 一部改良。車体色変更。
  • 2002年7月[3] - 生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
  • 2002年8月 - 在庫対応分が完売し販売終了。旧フォントの「DAIHATSU」の文字ロゴが最後まで採用された車種[4]となった。総販売台数は4万6,447台。
  • 2012年5月 - リコール発表。エアバッグ制御装置の防水性が悪く、装置の上にある暖房機器の冷却水が漏れてきた場合、勝手にエアバッグが開いてしまうなどの恐れによる。

販売台数[編集]

  • 1996年:1万1,243台
  • 1997年:1万5,108台
  • 1998年:1万1,629台
  • 1999年:4,503台
  • 2000年:2,427台
  • 2001年:1,087台
  • 2002年:450台

車名の由来[編集]

パイザーの名の由来はモンゴル帝国時代のシルクロード通行許可証牌子(Paizah)からとった造語である。海外ではGRAN MOVE(グランムーヴ)の名で売られた。

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第61号20ページより。
  2. ^ ただし、純粋なトールワゴンに限定した場合ではクーが事実上の後継車種となる(登場までの間、およそ4年間の空白期間あり)。
  3. ^ パイザー”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月6日). 2020年1月6日閲覧。
  4. ^ 同社の軽自動車の場合、旧フォントの「DAIHATSU」の文字ロゴが最後まで採用されたのはミゼットIIだった。

関連項目[編集]