マツダ・ルーチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マツダ・ルーチェ
販売期間 1966年-1995年
ボディタイプ 2ドア/4ドアセダン
ハードトップ
先代 なし
後継 マツダ・センティア
別名 マツダ・929
マツダ・RX-4
テンプレートを表示

ルーチェ:LUCE )は、マツダから製造・発売された乗用車。マツダの高級車として長年生産され、一時はロータリーエンジン搭載車も設定された。2代目以降の日本国外モデルは「マツダ・929」として販売され、また2・3代目のロータリーエンジン搭載モデルは「マツダ・RX-4」の名で販売された。

歴史[編集]

初代(1966年-1972年)[編集]

マツダ・ルーチェ(初代)
1500DX 1968年-1972年モデル
Mazda-LUCE-1st-generation01.JPG
リア
1st generation Mazda Luce rear.jpg
販売期間 1966年-1972年
ボディタイプ 2/4ドアセダン
ハードトップ
5ドアバン
5ドアステーションワゴン
(日本未発売)
-自動車のスペック表-
  • 1966年8月発売。
  • ファミリアに続くマツダの普通車第二弾として、デザインをベルトーネ(ジウジアーロ)に依頼して発売された。
  • 1,500ccクラスとしては珍しい、フロント3人掛けの6人乗りセダンであった。
  • 後年、ボンネット中央に大きなエアスクープがついた1800が追加された。

【沿革】

  • 1966年8月 ルーチェ発売。エンジンは、クロスフローと多球型燃焼室を採用したUB型SOHC(78PS、最高速150KM)。グレードは、スーパードライブ(AT車)、デラックス、スタンダードの3種。
  • 1967年6月 ツインキャブで86PSに武装した4ドアセダンSS(5人乗りフロアシフト、最高速160KM)、および5ドアバンを追加。
  • 同年10月26日 派生モデルとして、第14回東京モーターショーに出品された「RX87」をベースとした「ルーチェロータリークーペ」が発売された。なお、ルーチェを名乗るものの、FF方式を採用したセダンとは全く別のモデル。
  • 1968年9月 マイナーチェンジを実施。
  • 同年12月 1800が追加される。搭載されるエンジンは、VB型SOHC(100PS、最高速165KM)。グレードはスーパーデラックス、デラックスA、デラックスB。


2代目(1972年-1978年)[編集]

マツダ・ルーチェ(2代目)
前期型 カスタム
Mazda-LUCE-2nd-generation01.JPG
前期型 2ドアハードトップGSII
Mazda-Lucehardtop.jpg
販売期間 1972年-1978年
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアバン
5ドアステーションワゴン
-自動車のスペック表-
  • 1972年11月発売。
  • 「大鷲」をテーマに、一転してアメリカ風のアクの強いデザインとなった。
  • ボディタイプは4ドアセダン、2ドアHTのほかにカスタム(4ドアセダンに2ドアHTのフロントマスクを装着)の3種。また、後にバンやワゴンも追加された。
  • フルライン・ロータリーを標榜した当時のマツダらしく、発売当初は12A型RE搭載車のみであった。
  • 発売当初はユーザーにも好評であったが、第一次石油危機が発生すると、ロータリーエンジンの燃費の悪さ等が問題となり、販売は徐々に下降線を辿った。

【沿革】

  • 1972年11月 2代目ルーチェ発売。エンジンは12A型RE(573cc×2)で、AP仕様が115PSと125PS、標準タイプが120PSと130PSの4種のバリエーションを持ち、これに4速、5速、REマチックが組み合わされた。グレードは、2ドアHTが標準車、SX、GS、GSⅡ、セダンが標準車、RX、GR、カスタムがGR、GRⅡ。
  • 1973年4月 レシプロエンジン搭載の1800(VC型、110PS)を追加。ミッションは4速とATで、バリエーションは全9タイプ。
  • 同年5月 昭和50年自動車排出ガス規制に適応した新AP仕様車発売。ミッションはREマチックのみ。
  • 同年12月 新型のロータリー(13B)を搭載するラグジュアリーグレードのグランツーリスモ(2ドアHT、カスタム)、ワゴン発売(当初は前述の5速のみ)。また、REマチックのみだったロータリー(12A)APにも、4速及び5速を追加。この時点で、レシプロにもマツダCEAPSを搭載し、昭和50年排ガス規制に適合したAP仕様を追加(100PS)。
  • 1974年4月 グランツーリスモ系にもREマチックを追加。
  • 同年11月 ロータリー(12A、13B)に、燃費を改善したREAPS4エンジンを搭載(REAPS3比で20%改善)
  • 1975年10月 フロント及びリヤのデザインを一新し、フロントバンパーを大型化してノーズを延長するなどのマイナーチェンジを実施。また、これを機にセダンをカスタムに統合した。エンジンは、RE・レシプロとも、新たに昭和51年排ガス規制に適合したREAPS5(REAPS3比で燃費を40%改善)、CEAPS2(CEAPS比で燃費を15%改善)を搭載。
  • 1976年6月 1800APのカスタムGL及びGLⅡにAT車を追加するなど、最後の小変更を受ける。
  • 1978年7月 3代目ルーチェ発売後も併売していたが、この時点で販売を終了。


3代目(1977年-1988年)[編集]

マツダ・ルーチェレガート
マツダ・ルーチェ(3代目)
前期型
1978 Mazda Luce Legato (18005460879).jpg
後期型
※画像はマツダ929ハードトップ
Mazda 929 2.0 Hardtop 1981 (15908675432).jpg
販売期間 1977年-1988年
ボディタイプ 4ドアハードトップ
4ドアセダン
5ドアバン
5ドアステーションワゴン
(日本未発売)
-自動車のスペック表-
  • 1977年10月発売。
  • ルーチェの上級モデルとして、ルーチェレガートが先代と併売する形で発売されるが、実質的には従来型のモデルチェンジであった。
  • ダッジ・モナコのような角型4灯式ヘッドライトを採用したのが特徴で、ボディは4ドアピラードHT(以下、4ドアHT)と4ドアセダンの2種、後にはバンも追加された。
  • モデル途中から、ルーチェへと車名表記を戻した。この理由は運輸省への型式認定申請を「ルーチェレガート」でなく「ルーチェ」で行っていたため。

【沿革】

  • 1977年10月 ルーチェレガート発売。グレードは、リミテッド、スーパーカスタム、カスタム、カスタムスペシャルの4種。これに、グレードにより4速、5速、ATが組み合わされた。
  • 1978年7月 昭和53年排ガス規制適合に併せて小変更。REは4ドアHTの13B型車のみへとグレードを縮小、4ドアHTのレシプロエンジン車に、装備を充実させた2000SEスーパーカスタムが追加された。これにより、REが6車種、2000が8車種、1800が2車種となった。また、この時点で2代目の販売を終了した。
  • 同年9月 タクシー仕様車(2000LPG)追加。グレードはスーパーカスタムとカスタムスぺシャル。
  • 1979年2月 バン(1,800cc)をフルモデルチェンジ。
  • 同年10月 マイナーチェンジ。外観は、大型グリルと角型異形2灯式ヘッドライト、サイドに回り込んだウインカーを持つタイプに変更され、衝撃吸収バンパーを装着。REは改良を加え140PSにパワーアップ。グレード名も見直され、レシプロ系はSG-Xなど、カペラと呼称を統一した。
  • 1980年9月 セダンに2200ディーゼル、4ドアHTに2000EGI(120PS)を追加。
  • 1981年10月 セダンと4ドアHTのフルモデルチェンジに伴い販売終了。バンはマイナーチェンジのうえ生産継続され、カペラカーゴが登場する1988年3月まで販売された。


4代目(1981年-1986年)[編集]

マツダ・ルーチェ(4代目)
前期型 ハードトップ
※画像はマツダ929ハードトップ
1982 Mazda 929 (16822456767).jpg
後期型 ハードトップ
1985 Mazda Luce Genteel Limited Version.jpg
後期型 ハードトップ(リア)
1985 Mazda Luce Genteel Limited Version rear.jpg
販売期間 1981年-1986年
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアハードトップ
-自動車のスペック表-
  • 1981年10月発売。
  • このフルモデルチェンジで、コスモと双子車になる。従来同様、4ドアHTと、今回のみサルーンと呼ぶ4ドアセダンを設定。
  • 4ドアHTは、アストンマーチン・ラゴンダのような、特異なマスクを採用した斬新なスタイルとなった。
  • 内装も斬新で、特に4ドアHTではメーターフードの左にエアコンとワイパーが、右にライトスイッチを装備したサテライトスイッチが特徴。

【沿革】

  • 1981年10月 4代目ルーチェ発売(レシプロのガソリンシリーズのみ)
  • 同年11月 省燃費対策を施した6PI(6ポート・インダクション)の12A型RE、2.2Lディーゼルを追加。
  • 1982年3月 LPGエンジンのタクシー仕様もフルモデルチェンジ。エンジンは、従来型と同じLPG仕様の2.0L直4のMA型で、グレードはDX、SG-L、SG-Sの3種類。
  • 同年10月 世界初のロータリーターボ(12A)搭載車を追加。また、2.0LのEGI車のATを4速化し、サルーンにも同EGI車を設定。
  • 1983年10月 マイナーチェンジ。前期型の4ドアHTで不評だったフロントマスクを変更し、比較的オーソドックスなマスクへと変更。エンジンには、世界初の共鳴過給システムを採用したハイパワーのRE13B-スーパーインジェクション(SI)を搭載するリミテッドが追加された(ミッションは4ATのみ)。また、ロータリーターボにも4AT車が追加。なお、リミテッド系には電子制御サスペンションAASが装備された。レシプロエンジン車は、新開発の2.0L直4のFE型マグナムエンジン(EGI及びキャブレター)に換装され、1.8Lは廃止。タクシー仕様もマグナム直4のLPG仕様に変更された。
  • 1985年5月 レシプロ車のSG-XをGENTEEL(ジェンティール)-Xに、SG-SをGENTEELに変更。GENTEEL-Xは、リミテッドに準じた装備を持つレシプロ車の最上級グレード。また、この時点で唯一3速のままだったFE型キャブ車のATも4速化(但し、このタイプのみロックアップ機構はなし)。
  • 1986年9月 ルーチェのみフルモデルチェンジ。姉妹車のコスモは2ドアHTのみに縮小し、1990年3月のユーノス・コスモ登場まで継続販売。LPG仕様のセダンは1989年5月にカスタムキャブとして再登場。


5代目(1986年-1995年)[編集]

マツダ・ルーチェ(5代目)
4ドアハードトップ
Mazda HC Luce 001.jpg
海外仕様車929
1988-1991 Mazda 929.jpg
キア・ポテンシャ
20100728 kia potentia 01.jpg
販売期間 自家用向けモデル:1986年-1991年
タクシー向けモデル1986年-1995年
ボディタイプ 4ドアセダン
ハードトップ
後継 マツダ・センティア
マツダ・アンフィニMS-9
-自動車のスペック表-
  • 1986年9月発売。
  • REに代わる待望の6気筒(V6)エンジンを搭載した「本格的高級サルーン」としてモデルチェンジ。
  • 「しっかりとした走り」を実現するために、新開発のE型マルチリンク式リヤサスペンションを採用するとともに、ボディ剛性を大幅に向上させた。
  • 韓国では起亜自動車でセダンのみ『ポテンシャ』の車名で生産・販売していた。
  • ルーチェ及びマツダのセダンタイプのRE車は、このモデルが最後となった。

【沿革】

  • 1986年9月 5代目ルーチェ発売。搭載されるエンジン及びグレードは、FE型2.0L直4キャブ(82馬力)を積んだSG-X、JF型V6 2.0L EGI・110馬力(XV-X及びリミテッド)、V6 2.0L EGI-TURBO・145馬力(リミテッド及びロイヤルクラシック)、また、4ドアHTにのみ654cc×2ロータリーターボ・180馬力(リミテッド及びロイヤルクラシック)となった。
  • 1987年8月 V6 3.0L SOHCのJE型を搭載する「V6-3000ロイヤルクラシック」を追加。
  • 1988年9月 マイナーチェンジで後期型となる。外観上の変更点は少ないが、V6 3.0LはDOHC化され、200馬力にパワーアップ。V6 2.0Lも同時にロッカーアームとAT制御の変更が行われ燃費が向上された。新規グレードとして、4ドアHTに欧州仕様929と同じユーロチューンドサスペンションを持つV6-3000リミテッドが追加された。一方、V6の廉価版XV-X及びV6-2000ターボ ロイヤルクラシックは廃止された。
  • 1990年2月 小変更。各グレードでシート生地の変更、ボディカラー、内装色の見直しが図られた。また、4ドアHTに、専用のメッシュタイプフロントグリル、溶湯鍛造(高圧凝固鋳造)製のメッシュタイプアルミホイール、ビスカスLSD、専用オーナメントを装備したV6・3000リミテッド・グランツーリスモが追加される。また、ロイヤルクラシックにも、本革内装仕様が追加された。
  • 1991年5月 センティア登場に伴い一般向け販売を終了。営業車(教習車・タクシー向け4ドアセダン)のみ継続販売となる。なお、後継車であるセンティアMS-91994年にはMS-9がセンティアに集約)も、2000年3月に販売終了した。
  • 1992年4月 教習車に、2.2L・F4型(4気筒)ガソリンエンジン車を追加。
  • 1993年7月 タクシーを一部改良。DXにも5人乗りが追加され、布地シートが標準仕様となった。
  • 1995年12月 前面・側面衝突時の安全基準強化に適合しない等の理由で、タクシー・教習車向け4ドアセダンの販売を終了[1]


車名の由来[編集]

  • イタリア語で「」「輝き」。
    • 象徴的意味合いと共に、細身のピラーによって広いグラスエリアを実現した初代モデルの特徴をも表現している。先例として、1950年代後期のフィアット・1200のマイナーチェンジでピラーやドアサッシュを細くしてグラスエリアを拡大した上級モデルに「グラン・ルーチェ」のサブネームが与えられた例がある。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 他では、コスモAPの13B型搭載車、また、他社では三菱の2代目ギャラン/エテルナΣ(2.0ロイヤル及び2.3ディーゼル車)にも採用例がある。