徳大寺有恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳大寺 有恒
生誕 1939年昭和14年)11月14日
日本の旗 日本東京府(現:東京都
死没 2014年平成26年)11月7日(満74歳没)
職業 自動車評論家

徳大寺 有恒(とくだいじ ありつね、下はゆうこうとも読む)、1939年(昭和14年)11月14日[1] - 2014年(平成26年)11月7日)は、日本自動車評論家。元・レーシングドライバー。本名・旧ペンネーム杉江 博愛(すぎえ ひろよし)。

人物[編集]

名前は「できるだけ偉そうにしよう」と決定したペンネームであり[2]公家徳大寺家と姻戚関係はない。

「間違いだらけのクルマ選び」を出版する前は、本名・杉江 博愛(すぎえ ひろよし)として活動していた。なお、徳大寺がわせだ書房の編集者だった頃に名刺を渡した豊田有恒は「有恒という名前が記憶に残っていたため、ペンネームに採用したのかもしれない」と述べている[3]

日本を代表するクルマの第一人者的評論家として高い評価と知名度を得ていた。他の評論家と比べると、車の乗り方から、男の生き方、経済批評まで間口を広げているのも特徴であった。

NAVI」(二玄社)や「ベストカー」(三推社)、「ENGINE」(新潮社)などの自動車専門誌や「MEN'S EX」(世界文化社)などの男性ファッション誌、テレビ新聞、各種講演などを中心に幅広いジャンルで活躍していた。カーグラフィック(二玄社)創刊編集長の小林彰太郎や、「教授」の異名を取る[独自研究?]岡崎宏司、27年間続いたTV番組新車情報の司会を務めた三本和彦などともに日本を代表する自動車評論家の一人であった。

かつては日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の選考委員を務めていたが、COTYの運営方針やメーカーの接待攻勢等に疑問を持つようになり、1990年代前半に退任した。

カーメーカー・ブランドなど外国語日本語表記について、原語に近い発音に拘ることで知られていた。

※表記の例
  • メルセデス→「メルツェデス」
  • ジャガー→「ジャグァー」
  • ベントレー→「ベントリィ」
  • シトロエン→「シトローエン」
  • 2CV→「ドゥシヴォ」
  • マセラッティ→「マゼラーティ」
  • ツインカム→「ツウィンカム」
  • ミニバン→「ミニヴァン」

来歴[編集]

幼少時代~大学時代[編集]

杉江の父親は栃木県農家の出身で、足利市運輸業を営んでいた。後に東京に移り自動車販売やタクシー会社を経営していた1939年(昭和14年)、杉江が誕生した[2]

第二次世界大戦に伴い一家は茨城県水戸市疎開、そのまま定住する。杉江は茨城大学教育学部附属中学校水戸第一高等学校を経て成城大学経済学部に進学した。

レーシングドライバー[編集]

大学卒業後、1960年代初頭の日本モータースポーツの黎明期にトヨタ自動車ワークス・チームの専属レーシングドライバーとして契約。同じトヨタチームの式場壮吉浮谷東次郎福澤幸雄、プリンスチームの生沢徹などとは、古くからの友人。ホンダの創設者本田宗一郎の息子で、エンジンチューンやアフターマーケットパーツ製造販売で知られる「無限」(現M-TEC)の創設者である本田博俊とも親交が深かった。しかし、レーサー時代は長続きせず、成績不振から引退を余儀なくされてしまう。

自動車評論家・徳大寺有恒へ[編集]

レース界を引退後には自動車用品会社「レーシングメイト」を東京都文京区に設立、一時は従業員40名を擁し、連夜銀座で豪遊できる繁盛ぶりだったという[2]。しかしながら1969年(昭和44年)、同社は倒産。

その後は、タクシー運転手などで生計を立てた後、フリーランスとして文筆業を開始した[2]ファッション雑誌チェックメイト」(講談社)のライターを経て自動車評論家に転身、1976年(昭和51年)「徳大寺有恒」の筆名で自動車批評本『間違いだらけのクルマ選び - 良いクルマを買うための57章+全車種徹底批評』(草思社)を出版した。一冊目(1976年(昭和51年)版)には老舗誌「モーターマガジン」のテスターとして「杉江博愛」の名も登場。さりげなく同誌やテスター陣を褒めるかのような表現がなされている。

一方で、匿名を用いて本を出版したことに対し、当時の自動車業界からの反発は大きかった。「徳大寺有恒」という人物が誰なのかは当初秘密で、各方面でその正体が話題になっており、名前が似ていることから豊田有恒の変名と疑われたこともあったが[4]、文体や諸事情から「杉江博愛だろう」と囁かれていた。そして、「この杉江をAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)から追放しよう」という声があがった。杉江はAJAJを脱退。記者会見を開き、自身が「徳大寺有恒」であることを公にした。

間違いだらけのクルマ選び[編集]

急激なモータリゼーションを経て大型消費財へと変貌していた当時の自動車を批判的に評論した『間違いだらけのクルマ選び』は1976年(昭和51年)に77万部が販売され[2]、「間違いだらけの○○」というフレーズは自動車の世界に留まらない流行語となった。その後も毎年版を重ね、毎年ベストセラーの上位にランクインした。

イラストは創刊から穂積和夫が担当。内容はユーザー側の視点で評論することを基本としていたが、日本の自動車メーカーに対してアドバイスするような内容が多くみられた。

車種別のタイトルは筆者ではなく編集部が付けたものである。そのため、ときとして筆者の本意とは違う印象を与えることがあった [注釈 1]。巻末にはジャンル別に採点表が掲載され、これは筆者の主観に基づいた内容であるとの断りを入れている。5点満点評価や0.5点刻みによる10点満点評価の時代もあった。

全メーカー全車種を掲載することを原則としていたが、運転席が最前部にある商用車ベースのワンボックスカーは、衝突安全をクリアすることが困難なため「危険な車種である」として1980年代後半以降は載せないようにしていた。また、商用車そのものを登場させることも皆無なため実際に売れていた軽ボンネットバンは出さずクオーレやセルボといった軽セダンを掲載させていたが、2012年版では特別にサンバーバンの説明が掲載された。

末期は年2回刊行となり、その多忙さゆえ、一部の車種しか載せないようになっていた。筆者の急病のため2005年(平成17年)版は休刊となり、2006年(平成18年)1月にそれまでの総集編である最終版を出版。30年間の歴史にピリオドを打つ。

晩年[編集]

一度は『間違いだらけのクルマ選び』の執筆を止めたものの、2011年(平成23年)に復刊を果たした[注釈 2]。 『ベストカー』、『NAVI』、『ENGINE』などに定期、もしくは不定期の連載を行う傍ら、年に数冊のペースで自動車批評本も発刊していた。

2014年11月7日、急性硬膜下血腫のため死去[5]。 74歳没[注釈 3]

私生活[編集]

自動車評論家という職業柄、膨大な台数の車を購入しては手放した。外国車を中心に常時5~6台を所有していた。小型スポーツ車から大型セダンまで旧い英国車が好みで、1990年代にはDaimler double sixを始め、Jaguer Mk-ⅡやBentley、Aston Martin DBなど、旧車を中心に数台を所有した。最近ではロンドン郊外の旧車専門店の話や、1950年代のアルヴィスやMG、トライアンフなどに言及した。SUVではミドルサイズのダッジダコタを導入したり、またドイツ車はメルツェデスのSLなどを所有したりと嗜好の幅が広く、多くの読者を生んでいる。フランス車では特にシトロエンを好み、最近の愛車はシトロエン・DS3であった。かつて、夫人の足代わりに軽自動車(数台乗り継がれている)のスズキ・ワゴンRを購入した過去もあるが、最近はミニであった。

自動車以外の嗜好は喫煙で、特に葉巻を好み、酒好きでもある [注釈 4]。「助手席には女性以外は乗せない」ことを信条とし、ファッションなどでも英国風のダンディズムを標榜していた。

重度の糖尿病に罹患していた。これは著書[2][注釈 4]などで自ら述べている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『間違いだらけのクルマ選び』草思社 1976年 - 2006年
  • 『ポルシェ911偏愛学 : シャレたクルマの見分け方、つき合い方』三推社(ベストカーブックス)1983年1月
  • 『いい女のカーライフ』新潮社(新潮文庫)1987年3月
  • 『間違いだらけの運転テクニック』講談社(ベストカーバックス)1987年7月
  • 『自動車会社・生き残るのはどこか』草思社 1988年8月
  • 『ダンディー・トーク』自動車週報社 1989年4月 のち草思社(草思社文庫)2016年4月
  • 『ドアを開けると世界が見える : 偏愛的ラジカル・カーライフ論「こんなクルマはいらない」』小学館(GORO BOOKS)1989年12月
  • 『ニューヨークを楽しんだあと、私はポルシェ959の試乗に向かった』草思社 1991年6月
  • 『徳大寺有恒のクルマ運転術』草思社 1991年10月
  • 『新・クルマ選びの基礎知識』草思社 1991年12月
  • 『ダンディー・トークⅡ : イギリス車の精神』みずうみ書房 1992年3月 のち草思社(草思社文庫)2016年6月
  • 『ああ、人生グランド・ツーリング』二玄社(NAVI BOOKS)1992年5月
  • 『新・間違いだらけの外国車選び : 全車種徹底批評』草思社 1992年7月
  • 『ぼくの日本自動車史』草思社 1993年12月 のち同社(草思社文庫)2011年6月
  • 『クルマの掟 : 僕の自動車文化論 』二玄社(NAVI BOOKS)1994年8月
  • 『最新・間違いだらけの外国車選び』草思社 1994年9月
  • 『徳大寺有恒のクルマ選び77の法則』草思社 1995年10月
  • 『日本のクルマ社会を斬る! : 『間違いだらけのクルマ選び』20年ベスト評論集』草思社 1996年11月
  • 『大生活グルマ大テスト : ニッポンを走る乗用車115車種の実力』二玄社(NAVI BOOKS)1997年4月
  • 『今夜はノータイで決めよう : モテる男のダンディズム考』世界文化社 1998年7月
  • 『58歳からの楽々運転術』草思社 1999年9月
  • 『日産自動車の逆襲 : 世界再編成と四百万台クラブの真実』光文社(カッパ・ブックス) 1999年10月
  • 『ぶ男に生まれて』飛鳥新社 1999年12月 のち集英社集英社文庫)2004年11月
  • 『男は男らしく生きろ! : 自分の「スタイル」を極める。』大和書房 2000年4月
  • 『自動車産業進化論 : 日産革命が変えたメーカーたちの世界戦略』光文社 2001年11月
  • 『一台のクルマがあれば人生を変えるのに充分だ』平凡社 2003年1月
  • 『決定版 女性のための運転術』草思社 2003年10月
  • 『徳大寺有恒のオトコの心得』金沢倶楽部 2004年7月
  • 『間違いだらけの中古車選び』講談社(講談社文庫)2004年11月
  • 『大人のためのブランド・カー講座』新潮社 2004年12月
  • 『眼が見えない猫のきもち』平凡社 2005年8月
  • 『ぶ男の遺言』講談社 2006年1月
  • 『女性のためのクルマ選び』扶桑社 2006年1月
  • 『中高年のためのらくらく安心運転術』草思社 2006年12月
  • 『徳大寺有恒からの伝言 : そろそろ、クルマの黄金時代の話をしておきましょうか』二玄社 2008年11月
  • 『間違いじゃなかったクルマ選び : 古車巡礼』二玄社 2009年10月
  • 『間違いだらけのエコカー選び』海竜社 2009年12月
  • 『指さして言うTOYOTAへ : 誰のためのクルマづくりか』有峰書店新社 2010年6月
  • 『駆け抜けてきた : 我が人生と14台のクルマたち』東京書籍 2013年8月
  • 『新・女性のための運転術』草思社 2014年2月
  • 『俺と疾れ!! 自動車評論30年史 激動の20世紀編』講談社 2015年1月
  • 『俺と疾れ!! 自動車評論30年史 変革の21世紀編』講談社 2015年3月
  • 『徳大寺有恒 ベストエッセイ』草思社 2015年10月

共著[編集]

  • 梶原一明と共著『自動車産業亡国論 : トヨタ・日産の「正義」は日本の罪』光文社〈カッパ・ビジネス〉1992年3月
  • 大川悠舘内端と共著『ベスト・オブ・ナビ・トーク〈1984‐1992〉日本自動車評論の地平を革新する。』二玄社〈Navi books〉1992年12月
  • 梶原一明と共著『目先の利益主義 改革論 : ニッポン企業 醜さからの出発』光文社〈カッパ・ビジネス〉1993年11月
  • 岡崎宏司と共著『もっとマトモなクルマに乗りなさい』小学館 1996年10月
  • 北本かつらと共著『宇宙一せまい授業! : ディープなプロだけが知っている取り扱い注意な知識』 東邦出版 2008年5月
  • 島下泰久と共著『間違いだらけのクルマ選び』草思社 2011年 - 2015年

出典[編集]

  1. ^ 自動車評論家 徳大寺有恒氏が死去 webCG 2014年11月8日閲覧
  2. ^ a b c d e f 「(現代の肖像) 徳大寺有恒」 『AERA』 1999年(平成11年)9月27日号 (朝日新聞社
  3. ^ 豊田有恒『日本SFアニメ創世記 虫プロ、そしてTBS漫画ルーム』TBSブリタニカ、2000年(平成12年)、p.195。
  4. ^ 豊田有恒『日本SFアニメ創世記 虫プロ、そしてTBS漫画ルーム』TBSブリタニカ、2000年(平成12年)、p.194。
  5. ^ 徳大寺有恒氏が死去 「間違いだらけのクルマ選び」著者”. 日本経済新聞 (2014年11月8日). 2016年7月12日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ベストカー」連載 「俺と疾れ!! '86」で読者からの指摘で釈明している。
  2. ^ この復刊以後のものは、モータージャーナリスト島下泰久との共著である。
  3. ^ なお、『間違いだらけのクルマ選び』シリーズについては、2015年12月10日に発売された2016年版より、島下の単独著書となった。
  4. ^ a b 自著「ぶ男に生まれて」(飛鳥新社)などに詳しい。

関連項目[編集]