天知茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あまち しげる
天知 茂
天知 茂
本名 臼井 登
別名 宇寿木 純ペンネーム
臼井 暢浩
生年月日 1931年3月4日
没年月日 1985年7月27日(満54歳没)
出生地 愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1951年 - 1985年
主な作品
映画
憲兵と幽霊』/『女吸血鬼
東海道四谷怪談』/『地獄
座頭市物語』/『犬シリーズ
眠狂四郎 無頼剣』/『君は海を見たか
白昼の死角
テレビドラマ
孤独の賭け』/『ローンウルフ 一匹狼
非情のライセンス』シリーズ
江戸川乱歩の美女シリーズ』(全25作)
雲霧仁左衛門』/『江戸の牙
闇を斬れ
地獄の左門十手無頼帖』(全4作)
大岡越前』(1~4部)
演劇
黒蜥蜴』/ 『名探偵・明智小五郎

天知 茂(あまち しげる、1931年昭和6年〉3月4日 - 1985年〈昭和60年〉7月27日)は、日本俳優歌手愛知県名古屋市出身。東邦商業学校卒業。本名は臼井 登(うすい のぼる)。別名はペンネーム宇寿木 純臼井 暢浩。芸名はファンである中日ドラゴンズ天知俊一監督と杉下茂投手が由来。

来歴[編集]

旗本水野十郎左衛門の子孫で、高校卒業後、1949年(昭和24年)に松竹へ。大部屋俳優以下の仕出し扱いであった。2年間、通行人などをこなしたが解雇される。

1951年(昭和26年)、第一期新東宝スターレットに選ばれ入社。同期には左幸子久保菜穂子高島忠夫三原葉子松本朝夫小笠原弘らがいた。同期の新人が次々と主演に抜擢される中、ここでもほとんど仕出し扱いで、最初の2年間は給料わずか5千円、兄からの仕送りがなければ暮らせなかった。仕出しやちょい役が続いたが、1954年(昭和29年)、蟻プロ制作の低予算映画『恐怖のカービン銃』で初主演。その後も脇役ばかりであったが、大蔵貢が社長に就任すると、経費削減の為、給料の高いスター級の俳優とは契約を打ち切り、脇役俳優に役が回ってきた。1957年(昭和32年)、『暁の非常線』で2度目の主演。悪役俳優として注目されるようになったが、当人は二枚目役を望んでいたので不満だった。1959年(昭和34年)、中川信夫監督作品『東海道四谷怪談』で民谷伊右衛門役に抜擢され、迫真の演技力により注目される。以後、1961年(昭和36年)まで多くの主演作が作られるようになる。労働組合委員長として新東宝倒産まで在籍した。

1961年(昭和36年)、大映と本数契約。時代劇を中心に準主演級で1971年(昭和46年)の大映倒産まで活躍。『座頭市物語』の平手造酒役での個性的な演技で頭角をあらわし、田宮二郎主演の犬シリーズではコミカルなショボクレ刑事役をこなした。伊藤大輔脚本・三隅研次監督・伊福部昭音楽の『眠狂四郎 無頼剣』(シリーズ第8作)では、狂四郎の敵役として対等の存在感を見せた。原作者の柴田錬三郎は試写を見て「これは(自分の)眠狂四郎ではない」と語り、主演の市川雷蔵からも「どっちが主役だが分からない」と不興を買った。

1964年(昭和39年)以降は兄貴分の鶴田浩二のいる東映任侠映画でも準主演級で活躍。次第に役域を広げる機会に恵まれ、1968年(昭和43年)には三島由紀夫の依頼により、美輪明宏主演舞台『黒蜥蜴』(原作は江戸川乱歩、脚色は三島)で明智小五郎役を演じ、これが当たり役となる。

1966年に「A&Aプロダクション」を設立し独立(後にアマチプロゼに改称)。池田駿介堀之紀などの俳優が所属していた。ニヒルな渋さを漂わせた個性派俳優として地位を確立。ハードボイルドの代表的スターの一人となり、かつてとは逆に、刑事など社会正義派的な役どころがはまり役となっていく。テレビ朝日系で放送された『非情のライセンス』や、土曜ワイド劇場で連続放映された『江戸川乱歩の美女シリーズ』は人気のシリーズとなり、明智小五郎は天知でなくては務まらないほどになった。また、『非情のライセンス』では主題歌「昭和ブルース」を持ち前の渋い低音で歌ってヒットさせた。

テレビ時代劇においても、映画界時代以来培ってきた安定感のある演技力で主演および主要脇役として活躍。『雲霧仁左衛門』、『無宿侍』、『江戸の牙』、『闇を斬れ』、『地獄の左門十手無頼帖』など連続ドラマやシリーズ物の主演多数、TBS系高視聴率番組『大岡越前』では与力・神山左門役で存在感を示した。

俳優以外の活動としてアマチフィルムを設立。自らも宇寿木純というペンネームでメガホンをとった。明智シリーズも25作目を数え、時代劇コメディドラマでも味を見せ、新たな映画製作の企画を進めていた矢先の1985年(昭和60年)7月27日クモ膜下出血により渋谷区の日赤医療センターにて急逝。満54歳没。没した直後に明智シリーズ第25作『黒真珠の美女』が追悼放映された。

人物[編集]

ニヒルの代表格で、当時の代名詞的存在であった。孤独なヒーロー役や悪役が多く、今日のようにバラエティで露出させられるような時代ではなかったことも影響しているが、関係者は一様に真面目で気さくな素顔を語っている。

独特の美貌と眉間のしわはマダムキラーの異名を持ったが、私生活では浮ついたところがなく、よき家庭人だった。夫婦喧嘩など一回もしたことがなかったと葬儀の際、純代夫人(第一期新東宝スターレットの元女優で、当時の芸名は森悠子)が証言している。また、宮口二郎奥田瑛二宅麻伸が天知の付き人であった。宮口が『非情のライセンス』のレギュラーに起用されたり、宮口や宅間が『江戸川乱歩の美女シリーズ』に再々脇役で招かれたように、弟子や後輩の面倒見は非常に良かった。

逸話[編集]

作家澁澤龍彦は天知のファンで、『地獄』(中川信夫監督)その他の作品における彼の存在感と演技力を高く評価していた。同様に、三島由紀夫も『東海道四谷怪談』における天知を高く評価していた。また元角川書店社長の角川春樹は、テレビドラマ『孤独の賭け』で天知が演じた六本木バーの経営者に憧れて、大学卒業後に新宿でバーを経営していたことがある。

若山富三郎は後輩を壁際に立たせ、若山得意の手裏剣を投げつけるということをしていたが、天知は手裏剣を投げつけられても瞬きひとつせず、若山を感心させた[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 歌の山脈 (1952年、新東宝
  • もぐら横丁 (1953年、新東宝) - 光田文雄
  • 明日はどっちだ (1953年、新東宝)
  • 青春ジャズ娘 (1953年、新東宝) - 石川
  • 若き日の啄木 雲は天才である (1954年、新東宝)
  • 潜水艦ろ号 未だ浮上せず (1954年、新東宝)
  • 悲恋まむろ川 (1954年、新東宝) - 三条の新三郎
  • 恐怖のカービン銃 (1954年、新東宝) - 大津
  • トラン・ブーラン 月の光 (1954年、新東宝) - ゲリラ隊長
  • 悲恋まむろ川 (1954年、新東宝) - 三条の新三郎
  • 神州天馬侠 (1955年、新東宝) - 木隠龍太郎
  • 爆笑青春列車 (1955年、新東宝) - 渋谷正夫
  • 悪魔の囁き (1955年、新東宝) - 黒眼鏡の男
  • 森繁のデマカセ紳士 (1955年、新東宝) - 画家
  • 君ひとすじに (1956年、新東宝) - 大原英次
  • 女真珠王の復讐 (1956年、新東宝) - 山内雄三
  • 空飛ぶ円盤 恐怖の襲撃 (1956年、新東宝) - 大杉助手
  • 剣豪相馬武勇伝 檜山大騒動 (1956年、新東宝) - 弥太郎
  • 人形佐七捕物帖 妖艶六死美人 (1956年、新東宝) - 浅香啓之助
  • 桂小五郎と近藤勇 龍虎の決戦 (1957年、新東宝) - 永倉新八
  • 警察官 (1957年、新東宝) - 吉田
  • 明治天皇と日露大戦争 (1957年、新東宝) - 代議士
  • 憲兵とバラバラ死美人 (1957年、新東宝) - 恒吉軍曹
  • 暁の非常線 (1957年、新東宝) - 馬島政吉
  • 五人の犯罪者 (1957年、新東宝) - 天野
  • 飛竜鉄仮面 (1957年、新東宝) - 坂本竜馬
  • 稲妻奉行 (1958年、新東宝) - 秋月典膳
  • 女王蜂 (1958年、新東宝) - 真崎
  • 勝利者の復讐 (1958年、新東宝) - 深沢正夫
  • スター毒殺事件 (1958年、新東宝) - 上原城二
  • 憲兵と幽霊 (1958年、新東宝) - 波島憲兵中尉
  • 白線秘密地帯 (1958年、新東宝) - 久保木
  • 毒蛇のお蘭 (1958年、新東宝) - ザンギリ源次
  • 女王蜂の怒り (1958年、新東宝) - 剛田昇
  • 女間諜 暁の挑戦 (1959年、新東宝) - 岸井隆
  • 女吸血鬼 (1959年、新東宝) - 竹中信敬
  • 無警察 (1959年、新東宝) - 北村浩一
  • 日本ロマンス旅行 (1959年、新東宝) - 明智光秀
  • 東海道四谷怪談 (1959年、新東宝) - 民谷伊右衛門
  • 黒線地帯 (1960年、新東宝) - 町田広二
  • 女体渦巻島 (1960年、新東宝) - 陳雲竜
  • 太平洋戦争 謎の戦艦陸奥 (1960年、新東宝) - 伏見少佐
  • 黄線地帯 イエローライン (1960年、新東宝) - 衆木一広
  • 皇室と戦争とわが民族 (1960年、新東宝) - 椎崎少佐
  • 地獄 (1960年、新東宝) - 清水四郎
  • 女王蜂と大学の竜 (1960年、新東宝) - 駒形金竜
  • トップ屋を殺せ (1960年、新東宝) - 島木浩
  • 怒号する巨弾 (1960年、新東宝) - 天田公一
  • 女王蜂の復讐 (1961年、新東宝) - 田代政一郎(無鉄砲の政)
  • 恋愛ズバリ講座 (1961年、新東宝) - リッチマン社・富田社長
  • 地平線がぎらぎらっ(1961年、新東宝) - 教授
  • 南郷次郎探偵帳 影なき殺人者 (1961年、新東宝) - 南郷次郎
  • 火線地帯 (1961年、新東宝) - 黒岩
  • 黒と赤の花びら (1962年、大宝) - 田代雄二
  • 俺が裁くんだ (1962年、新東宝 / 日活) - 興津
  • 座頭市物語 (1962年、大映) - 平手造酒
  • 斬る (1962年、大映) - 多田草司
  • 長脇差忠臣蔵 (1962年、大映) - 小松伊織
  • 青葉城の鬼 (1962年、大映) - 柿崎六郎兵衛
  • 剣に賭ける (1962年、大映) - 寺田七郎太
  • 新選組始末記 (1963年、大映) - 土方歳三
  • 破れ傘長庵 (1963年、大映) - 藤掛道十郎
  • 続・忍びの者 (1963年、大映) - 服部半蔵
  • 第三の影武者 (1963年、大映) - 三木定光
  • 江戸無情 (1963年、大映) - 進藤辰之助
  • 犬シリーズ (1964年 - 1967年、大映) - 木村準太(ショボクレ刑事)
    • 宿無し犬 (1964年)
    • ごろつき犬 (1965年)
    • 鉄砲犬 (1965年)
    • 続・鉄砲犬 (1966年)
    • 早射ち犬 (1967年)
    • 勝負犬 (1967年)
  • 駿河遊侠伝 賭場荒し (1964年、大映) - 岩村の七蔵
  • 博徒 (1964年、東映) - 藤松米太郎
  • 竜虎一代 (1964年、東映) - 縄手清治
  • 顔役 (1965年、東映) - 花岡章
  • いも侍 抜打ち御免 (1965年、松竹) - 所俊二郎
  • 孤独の賭け (1965年、東映) - 千種梯二郎
  • 主水之介三番勝負 (1965年、東映) - 大塚玄蕃
  • 獣の剣 (1965年、松竹) - 星野頼母
  • 黒幕 (1966年、松竹) - 利根五郎
  • 座頭市の歌が聞える (1966年、大映) - 黒部玄八郎
  • 関東やくざ嵐 (1966年、東映) - 柳五郎
  • 男の勝負 (1966年、東映) - 奥田弁次郎
  • 「空の起点」より 女は復讐する (1966年、松竹) - 新田純一
  • 眠狂四郎 無頼剣 (1966年、大映) - 愛染
  • 雪の喪章 (1967年、大映) - 日下群太郎
  • 東京博徒 (1967年、大映) - 志村
  • 男の勝負 仁王の刺青 (1967年、東映) - 滝井伊三郎
  • 侠客道 (1967年、東映) - 中上啓介
  • あゝ同期の桜 (1967年、東映) - 間宮軍医長
  • 恐喝こそわが人生 (1968年、松竹) - 殺し屋
  • 殺すまで追え 新宿25時 (1969年、松竹) - 檜健作
  • 女賭博師 花の切り札 (1969年、大映) - 素走りの浅吉
  • あぶく銭 (1970年、大映) - さむらい政
  • 君は海を見たか (1971年、大映) - 増子一郎
  • 藤圭子 わが歌のある限り (1971年、松竹) - 作曲家・石中
  • 女番長ブルース 牝蜂の逆襲 (1971年、東映) - 土居正也
  • 傷だらけの人生 古い奴でござんす (1972年、東映) - 神田良吉
  • まむしの兄弟 懲役十三回 (1972年、東映) - 観音の弥之助
  • 昭和おんな博徒 (1972年、東映) - 島崎勇三
  • 賞金首 一瞬八人斬り (1972年、東映) - 薊弥十郎
  • 白昼の死角 (1979年、東映) - 福永検事
  • 二百三高地 (1980年、東映) - 金子堅太郎
  • 女帝 (1983年、ヴァンフィル) - 杉浦
  • 修羅の群れ (1984年、東映) - 大島英五郎
  • 狼男とサムライ (1984年、アマチフィルム) - 貴庵

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

関連・参考書籍[編集]

  • 天知茂 (1999年、ワイズ出版 / 臼井薫・円尾敏郎編) ISBN 489830012X
  • ニヒル天知茂 日本映画スチール集 (2001年、ワイズ出版 / 臼井純代監修 石割平・円尾敏郎編) ISBN 4898301045
  • 波瀾ばんじょう君 向かい風に向かって-天知茂先生に誘われて (2008年、文芸社 / 平松幸於著) ISBN 4286042731 ※付き人の回想録

脚注[編集]

  1. ^ 若山騎一郎 『不器用に生きた男 わが父若山富三郎』 172 - 173頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]