ホンダ・ザッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・ザッツ
JD1/2型
Honda That's 2002.jpg
前期型(2002年2月-2006年3月)
Honda-Thats-1st-rear.jpg
Honda That's 2006.jpg
後期型(2006年3月-2007年11月)
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2002年2月 - 2007年11月
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア 軽トールワゴン
駆動方式 FF/4WD
パワートレイン
エンジン E07Z型:直3 SOHC 0.66L
最高出力 52PS/7,200rpm(NA)
64PS/6,000rpm(T/C)
変速機 コラムシフト式3速AT
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
車両寸法
ホイールベース 2,360mm
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,620mm
車両重量 820 - 920kg
その他
生産台数 不明
プラットフォーム共有車種 ホンダ・ライフ(3代目)
系譜
先代 なし
後継 ホンダ・ゼスト
テンプレートを表示

ザッツThat's)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたトールワゴン型の軽自動車である。

概要[編集]

3代目ライフプラットフォームに、“モノ感覚”を狙ったという『角の丸い直方体』スタイルのボディを被せて構成されていた。発売当初は、前後バンパーなどをいくつかの色違いにした仕様である「ポップカラー・コンポーネント」も存在した。インテリアはライフと差別化すべく、シートに車名の付いたタグをあしらうなど、趣味性を強めていた。

機構も3代目ライフと共通のE07Z型NAターボ)と3速ATのみのラインナップだった。

発売当初こそ同クラスのライフと共に人気を伸ばしたが、押しの強いデザインが好まれるジャンルの中では次第に存在が希薄化していった[1]。トランスミッションが3ATのみであったため、他社のライバル車と比較して販売面では苦戦を強いられる結果となった。

搭載エンジン[編集]

E07Z型
  • エンジン種類:水冷直列3気筒横置き
  • 弁機構:SOHCベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:656cc
  • 内径×行程:66.0mm×64.0mm
  • 圧縮比:10.5
  • 最高出力:38kW(52PS)/7,200rpm
  • 最大トルク:61N·m(6.2kgf·m)/4,500rpm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:31L
E07Z型空冷式ICターボ
  • エンジン種類:水冷直列3気筒横置き
  • 弁機構:SOHCベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:656cc
  • 内径×行程:66.0mm×64.0mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
  • 最大トルク:93N·m(9.5kgf·m)/4,000rpm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:E07Z型を参照

初代 JD1/2型(2002-2007年)[編集]

車名の由来[編集]

  • 英語That isの短縮形。「あれだっ」と思わず言ってしまうような、親しみの持てる存在のクルマになれば、ということから。ただし英語としてはThat'sであとになにもないという表現は意味をなさない。「あれだっ」に近い意味にするにはThat's it!とする必要がある。

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第39号17ページより。
  2. ^ ザッツ(ホンダ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  3. ^ ザッツ”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  4. ^ ホンダ ザッツの価格・新型情報・グレード諸元” (2021年10月28日). 2021年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]