flumpool

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
flumpool
Flumpool in May 2013 (1).jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府松原市
ジャンル ポップ・ロック
ロック
J-POP
活動期間 2007年 - 2017年
2019年 -
レーベル sonic form
(2007年)
antwork
(2008年)
A-Sketch
(2008年 - )
相信音樂(台灣)
(2013年 - )
事務所 sonic form
(2007年)
アミューズ
(2008年 - )
共同作業者 玉井健二
百田留衣
公式サイト flumpool(フランプール) オフィシャル ウェブサイト
メンバー 山村隆太ボーカルギター
阪井一生(ギター)
尼川元気ベース
小倉誠司ドラムス

flumpool(フランプール)は、日本の4人組ロックバンド。所属レーベルA-Sketch、所属事務所アミューズ

概要[編集]

  • 同じアミューズに所属している三浦春馬主演作品の主題歌を担当する事が多い。(ブラッディ・マンディ君に届け
  • ミニアルバム『Unreal』以降のシングルやアルバム曲はほぼ、作詞を山村、作曲を阪井が手掛けている。また、インディーズ時代の頃は、よく、山村、阪井、尼川の3人で作曲していた。
  • 最近のアーティスト写真やジャケット写真では山村のみの場合や山村をメインにした形が増えてきている。
  • Fantasia of Life Stripe』までのフルアルバムの初回限定盤には、必ず「Red Dracul Scar Tissue」名義のリミックスアルバムが入っている。収録曲はそのアルバムの収録曲のリミックス版。


メンバー[編集]

過去のサポートメンバー[編集]

来歴[編集]

  • 2002年
    • 幼稚園からの幼馴染みの山村、阪井、尼川の3人で、前身となるアコースティックギター弾き語りユニットである309を結成。後にcubeと改名し、4枚の自主制作CD-Rを発表する。
  • 2007年
  • 2008年
    • 7月、収録曲「labo」のミュージックビデオを制作。ミュージックビデオは同サイトのアクセスランキングで1位を記録する。
    • 8月27日タワーレコードおよびTSUTAYAにて初回5,000枚完全限定生産で、トライアルシングルと銘打ったインディーズシングル「labo」を発売。
    • 9月1日よりau KDDILISMO』キャンペーンアーティストに起用。9月20日より楽曲「花になれ」が起用。同キャンペーンがデビュー前の新人をタイアップに起用するのは2006年のサービス開始以来初めてのこと。
    • 9月5日フジテレビ系全国ネット『めざましテレビ』にて特集が組まれ、テレビ初出演する。
    • 10月1日、配信限定でシングル「花になれ」を発表。所属するアミューズが、KDDIとの合弁会社として新設したA-Sketchレーベルの第1号アーティストとしてのデビューとなる。同日より11月30日までの期間限定で、TSUTAYAにて特別盤CD「花になれ TSUTAYA CDレンタル ショートバージョン」の無料レンタルが開始される。
    • 10月26日、デビュー後初となるフリーライブ『PAINT IT MUSIC 〜音楽で毎日を塗り替えよう。〜 LISMO Reccomend flumpoolライブ@KDDIデザイニングスタジオ』をKDDI デザイニングスタジオで行う。
    • 11月19日、メジャー初のCD作品となるミニアルバム『Unreal』を発売。発売に合わせ、公式サイト上に特設ページ『怖乱風流 〜Red Dracul Scar Tissue〜』を開設。オリコン週間アルバムチャートで初登場2位を記録。
  • 2009年
    • 2月18日、モバイル専用の無料プレファンクラブサイト『Pre-Birth』を開設。
    • 2月19日から3月7日まで、全国6ヶ所7公演で、初のワンマンライブツアー「flumpool tour 2009『Unreal』」を開催。
    • 2月25日、初のCDシングル「星に願いを」を発売。オリコン初登場2位を記録。
    • 7月1日、初の両A面シングル「MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜/夏Dive」と、初のDVD『『How did we feel then?』 〜flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibuya Club Quattro〜』を同時発売。DVDはオリコン週間音楽DVDチャートで初登場1位を記録し、自身初の首位獲得となる。
    • 7月8日から9月5日まで、全国18ヶ所19公演で、ホールツアーとしては初となる2度目のワンマンライブツアー「flumpool 2nd tour2009 『Unclose』」を開催。
    • 10月1日、モバイルファンクラブサイト『flumpool mobile club "POOLSIDE"』を開設。
    • 10月22日23日、2月に行われたライブツアーの追加公演「flumpool 2nd tour2009 『Unclose』Special!!」を日本武道館で2日に渡り開催。即日SOLDOUT[要出典]
    • 11月30日から12月7日まで、モバイルファンクラブサイトの開設を記念した会員限定スペシャルライブを開催。
    • 12月23日、1stフルアルバム『What's flumpool!?』を発売。
    • 12月31日第60回NHK紅白歌合戦』へ初出場。『星に願いを』を歌唱。
  • 2010年
  • 2011年
    • 1月26日、2ndフルアルバム『Fantasia of Life Stripe』をリリース。
    • 同年度の「第78回NHK全国学校音楽コンクール」の中学校の部の課題曲に、書き下ろしの楽曲『』を提供。同曲はこれまでとは違い、編曲者が加藤昌則である。また、同年8月・9月期のNHKみんなのうたに起用されることが決定している。
    • 6月よりオンエアのMobageの新TV-CM「どんな未来にも愛はある編」に山村がソロで出演。
    • 7月27日、シングル「どんな未来にも愛はある/Touch」をリリース。
    • シングル「証」に収録される「覚醒アイデンティティ」が9月9日にニュージーランドで開催される「ラグビーワールドカップ」のイメージソングに起用される。
    • 12月にはシングル『Present』をリリースし、さいたまスーパーアリーナで『Special Live 2011「Present ~ありがとう祭り!今宵は歌おう!踊り尽くそう!~」』を開催。3万2千人を沸かせ。
    • 12月31日、『第62回NHK紅白歌合戦』に3年連続3回目の出場。『証』を歌唱。
  • 2012年
    • 3月31日から9月8日まで、全国42ヶ所52公演で、ワンマンライブツアー「flumpool 5th tour 2012『Because... I am』」を開催。9月までの約半年間に渡り、延べ10万人を動員した。
    • 7月11日、シングル『Because... I am』をリリース。
    • 11月7日、シングル『Answer』リリース。
    • 11月にTBS系ドラマ「レジデント~5人の研修医」の主題歌としても注目を集めた『Answer』をシングルリリースし。
    • 12月12日、アルバム『experience』リリース。
  • 2013年
    • 1月には、横浜アリーナ・大阪城ホールでのアリーナ公演4Daysを開催。圧倒的なパフォーマンスで4万人を魅了。
    • 3月には、台湾・シンガポール・香港でのCDリリース、そして初の台湾単独公演も開催。ライブパフォーマンスに加え、全編中国語でのMCでも大きな反響を呼んだ。
    • 4月26日、阪井がダイエットに専念するため、当分の間ビジュアル面での活動を休止することを発表[2]
    • 5月12日、阪井に代わるビジュアル面でのサポートメンバーとして、井上裕介NON STYLE)を起用することを発表[3]
    • 6月30日、「Judgment Day!」で、阪井が目標体重の64kgを上回る62.5kgへの減量に成功。ビジュアル面での活動を再開し、ダイエット成功のご褒美としてサブリーダーに就任。同時に井上のサポートメンバーとしての活動が終了[1]
    • 7月3日にはDouble A Side Single「大切なものは君以外に見当たらなくて / 微熱リフレイン」をリリース。
    • さらに、デビュー5周年記念日の10月1日・2日には、日本武道館での『5th Anniversary Special 2Days Live「For our 1,826 days & your 43,824hours」』を開催し、デビュー5周年イヤーに突入。
    • 同日には台湾でのライブ共演以降、親交を深めてきた中華圏で絶大な人気を誇るロックバンド“Mayday”との初のコラボレーション・ソングを含む、Double A Side Single「強く儚く / Belief ~春を待つ君へ~(映画「おしん」主題歌)」をリリース。
  • 2014年
    • 5月21日、初のDVDシングル「ビリーバーズ・ハイ」を発売。
    • デビュー5周年イヤーの中、2014年4月からは6度目の全国ツアー『5th Anniversary tour 2014「MOMENT」』をスタートさせ、5月にはデビューからの5年間を凝縮した初のベストアルバム『The Best 2008-2014「MONUMENT」』をリリース。
    • 全国ツアー「MOMENT」では、追加公演として行った台湾・シンガポール公演や、横浜アリーナと大阪城ホールで行った計4日間のアリーナスペシャルを含め計10万人を魅了し、5周年のアニバーサリーツアーを大成功におさめた。
    • デビュー5周年イヤーを終えた2014年10月から11月にかけて初の学園祭ツアー「Just My Broken'roll Tour」、そして12月にはこちらも初となるファンクラブ会員限定ツアー「INTERROBANGだョ!全員集合 ~会員さんいらっしゃい!~」を開催した。
  • 2015年
    • 5月13日、コンセプトディスク「FOUR ROOMS」を発売。
    • 8月5日、シングル『夏よ止めないで 〜You're Romantic〜』リリース。
    • 8月8日・9日には地元大阪・大泉緑地にて初となる単独野外LIVE『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」 ~オオサカ・フィールズ・フォーエバー~』を開催。2日間で3万5000人を動員し、大成功を収めた。
    • 最終日の9日に、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の“限定5都市”で「flumpool LIMITED TOUR 2015 R→LOOF PLAN ~大人の屋根裏計画~」を開催することを発表。
    • そして年末には、横浜アリーナにて初の単独カウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」』を開催した。
  • 2016年
    • 2016年に入り、映画&TVシリーズ「亜人」の主題歌「夜は眠れるかい?」を含むシングルを2月にリリース。
    • 3月には、およそ3年半ぶりのオリジナルフルアルバム「EGG」をリリース。
    • 4月から約2年ぶりとなる14都市22公演の全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』を開催。
    • 7月9日には追加公演として台湾・シンガポールでの単独公演も行った。
    • 11月2日に約9か月ぶりのシングル「FREE YOUR MIND」をリリース。
    • 同月、ライブハウス公演「INTERROBANGだョ! 全員集合 ~もしもflumpoolが高校生だったら~」、舞浜アンフィシアターでのホール公演「INTERROBANGだョ! 全員集合 ~もしもクリスマスの夜だったら~」で構成されるファンクラブ会員限定ツアーを開催。
  • 2017年
    • 3月に映画サクラダリセットの主題歌「ラストコール」のリリース。
    • 5月には3度目日本武道館公演となる「flumpool 8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」at NIPPON BUDOKAN」を開催。
    • 9月からは全国ツアー「flumpool 8th tour 2017「Re:image」」を開催。
    • そして単独カウントダウンライブ「flumpool COUNTDOWN LIVE2017→2018」の開催も発表。
    • しかし、ボーカルである山村が、12月3日の神奈川公演のコンサートツアー終了後、医師の診断で機能性発声障害を患っていたことを明かした。これにより、開催中であったツアーの残りの4公演及び、カウントダウンライブの開催を中止し、本人の治療に専念するため、活動の休止も合わせて発表された[4]
    • 12月26日には、全国ツアーで生まれ、オーディエンスと育てた楽曲「とうとい」をリリース。
  • 2019年
    • 1月13日、「バンド結成日にあたる1月13日に、原点に戻って地元大阪でストリートライブやりたいな」という思いから大阪・天王寺公園にてゲリラライブを敢行し、バンド活動の再開を宣言。
    • 2月末からはファンクラブツアー「flumpool FAN MEETING ~FM SAKAI 2019~」を開催した。
    • 5月22日、活動再開後初のシングル『HELP』を発売[5]
    • また、5月からは全国ホールツアー「⌘⇧Z」を開催し、セミファイナルにて「flumpool年末ライブ『FOR ROOTS』〜シロテン・フィールズ・ワンスモア〜」の開催及び、ニューアルバムの発売を発表した。
    • 9月14日には同ツアーのスペシャル公演として初の香港単独公演も行い、大盛況のうちに全公演を終了。
    • 10月4日 5月より続いていた全国ツアーflumpool 9th tour 「Command Shift Z」最終日東京公演の模様をLINE LIVEで緊急生中継も決定!
    • 12月11日人気アニメ「あひるの空」のOPに書き下ろし楽曲を提供。新曲「ネバーマインド」が人気アニメ「あひるの空」の新オープニングテーマを担当することが発表。
  • 2020年
    • 2月26日には、日本テレビ系水曜ドラマ「知らなくていいコト」主題歌 ニューシングル『素晴らしき嘘』をリリース。
    • 4月2日アニメタイアップ楽曲「ちいさな日々」配信スタート!flumpoolの新曲「ちいさな日々」の配信がスタート。この楽曲は、本日より放送開始のTVアニメ「かくしごと」のオープニングテーマとして使用されている。
    • 5月20日 にはおよそ4年ぶりとなるオリジナルニューアルバム『Real』をリリース。12年前にリリースされてflumpoolメンバーの全裸姿のジャケット写真が話題となった「Unreal」から、挫折や葛藤を経験した12年を経て、現在の「等身大の生き方」を詰め込んだと本人たちが語るアルバム「Real」。なんと、12年前と同じスタジオ、同じカメラマン同じ構図で挑んだ撮影となり、まさに今のflumpoolの”Real”を表現したアートワークが完成し解禁となった。
    • 8月15日に故郷大阪での特別なライブにつけられる「FOR ROOTS」というタイトルを冠した一夜限りのスペシャルなストリーミングライブflumpool「FOR ROOTS」 ~半Real~を行う。
    • 10月からはデビュー以来10回目となる大型ツアー『flumpool 10th Tour「Real」』(全国31都市36公演)を開催する。
    • 10月 flumpool 10th Tour「Real」と並行して行う、INTERROBANG会員限定のオンラインツアー「flumpool FAN MEETING~裏Real~」の開催が決定。

ディスコグラフィ[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

すでに終了したもの[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2009年(平成21年)/第60回 星に願いを 02/25 AKB48
2010年(平成22年)/第61回 2 君に届け 04/22 中村美律子
2011年(平成23年)/第62回 3 02/25 アンジェラ・アキ
* 出演順は「出演順/出場者数」を表す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]