[Alexandros]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[ALEXANDROS]から転送)
[Alexandros]
Alexandros spaceshower.jpg
「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2016」にて。左から庄村聡泰(2021年勇退)、磯部寛之、川上洋平 、白井眞輝。
基本情報
別名
  • [Champagne](旧称)[1]
  • [ALEXANDROS](旧称)[2]
出身地 日本の旗 日本神奈川県 相模原市
ジャンル
活動期間 2001年 -
レーベル
事務所 UKPM [8]
公式サイト
メンバー
旧メンバー
  • 石川博基(ドラムス)
  • 庄村聡泰(ドラムス)
[Alexandros]
YouTube
チャンネル
活動期間 2014年 5月25日 -
ジャンル 音楽
登録者数 50.3万人
総再生回数 3億9202万268回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年9月10日時点。
テンプレートを表示

[Alexandros](アレキサンドロス)は、日本ロックバンド 。所属事務所はUKプロジェクト [8]。所属レーベルUNIVERSAL J / RX-RECORDS 。2014年3月までの旧バンド名は、[Champagne](シャンペイン)[1]

概要[編集]

2001年川上洋平が中心となり「[Champagne]」を結成。結成当時の初期のメンバーから磯部は参加していた。その後何度かメンバー編成をし、2010年に川上、白井、磯部、石川(当時のドラマー)でRX-RECORDSからデビューし、2014年に「[Alexandros]」に改名した(詳細は後述 )。2015年3月17日、シングル『 ワタリドリ/Dracula La 』でユニバーサルJよりメジャーデビュー。

旧バンド名の[Champagne]には「そこに居るお客さん、スタッフさん、自分達、全ての人達に音のアルコール分が行き渡り、"音"に酔って欲しい」という思いが込められている。しかし、これは後付けであり、元々の由来はOasisの「Champagne Supernova」から拝借している[9]。一方川上のブログでは、小学5年生の時に「なんだかわからないけどカッコイイ」という軽い気持ちで名付けたと語っている[10]。川上がシリア在住時代に組んだバンド名は既に[Champagne]であった[9][要ページ番号]

略称は「ドロス」、「アレキ」[11]。本人達は改名時に[Alexandros]に入っている"Alex"からアレックスと略されることを期待していたが、実際アレックスと言っているのは少数派である[要出典]

略歴[編集]

2001年 、川上洋平が青山学院大学にてバンドを結成。このころから磯部と共にバンド活動を続けてきた。

2010年1月20日、1stアルバム『 Where's My Potato? 』をRX-RECORDSからリリースしデビュー[12]

2014年3月25日、EX THEATER ROPPONGIにて開催されたPremium V.I.P. Partyで、バンド名[Champagne]を改名することを発表した。理由はシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)日本支局からの要請を受けたことによる[13]。新バンド名は3月28日、初の日本武道館公演で[Alexandros]と発表された[1]。また、これまで[Champagne]名義で販売されていた作品も全て[Alexandros]名義に変更されて再発売されている。

2014年11月28日、 ユニバーサルミュージックとグローバル契約を締結し、パートナーシップを結んだことを発表[6]

2015年3月17日、映画『明烏 』の主題歌「ワタリドリ」が収録されているシングル『 ワタリドリ/Dracula La 』をユニバーサルJよりリリースし、メジャーデビュー。また、「ワタリドリ」のミュージック・ビデオは、2019年8月7日にYouTube再生数1億回再生を突破[14]

2016年11月9日、6枚目のオリジナルアルバム『EXIST! 』で初のオリコンチャート1位を獲得[15]

2018年3月14日、同年5月23日にニューシングル後の16thシングル『KABUTO 』だが、当時はまだタイトルは発表していなかった。の発売を発表すると同時に、バンド名表記をすべて大文字の[ALEXANDROS]に変更したことも発表した[2] 。前述の改名とは異なり、「気分で大文字にした」と川上は自身がレギュラー出演するラジオ番組で語っている[16]

2018年8月16日、千葉県 千葉市にあるZOZOマリンスタジアムにて初の野外ワンマンライブ『V.I.P. PARTY 2018』を敢行。

2019年6月19日、庄村聡泰(Dr.)が局所性ジストニアのためライブ活動を休止することを発表。サポートはBIGMAMAリアド偉武が務めることとなった。

2020年1月1日、新しいバンドロゴの発表と同時に表記が[ALEXANDROS]から[Alexandros]の小文字名義に戻された。

2020年1月24日、前年6月19日より局所性ジストニアのため活動を休止していた庄村聡泰(Dr.)が、5月にリリース予定のベスト・アルバムを最後にバンドから"勇退"することが発表された[17]。なお、同日の21:00にYouTube公式チャンネルにおいて、庄村の勇退についてのメンバーからの報告の模様が生配信された[17]。しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言のため、アルバム発売が2021年1月に延期されたことにより、庄村の勇退も延期。さらに、2021年1月から緊急事態宣言が再発令されたため、アルバム発売も庄村の勇退も同年3月に再延期となった[18]

2021年4月10日、庄村勇退後、新メンバーとして、サポートを務めていたリアド偉武の加入を発表[19]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

※特記がない限り、公式サイトの「BIOGRAPHY」に準拠[20]

元メンバー[編集]

  • 石川 博基(いしかわ ひろき) - ドラムス
    2010年3月1日に脱退。川上達と苦楽を共にしている。

「For Freedom」などの初期のMVに出演。 1stアルバム「Where's My Potato?」の裏ジャケットに写っている。

  • 庄村 聡泰(しょうむら さとやす) - ドラムス
    2010年4月1日に正式メンバーとして加入[27]
    2019年6月より局所性ジストニアによりライブ活動を休止し、2020年1月24日に同年5月のベスト・アルバムの発売をもって勇退することを発表[27]。2021年3月20日と21日に幕張メッセ国際展示場9-11ホールで開催されたデビュー10周年記念ライブがラストライブとなった[28][18]
    2021年、ファッションスタイリストやバイヤーらとともに、ファッションプロジェクト「スナック NGL」を始動[29]。同年、ぴあのウェブサイトおよびアプリにて庄村がライターを担当するインタビューシリーズ「キキミミ」が始動[30]

サポート[編集]

  • ROSE(ロゼ) - キーボード
    THE LED SNAILのメンバーで、同バンドでもキーボードを担当[31][32]
  • MULLON(マロン) - ギター
    THE LED SNAILのメンバーで、同バンドではボーカルとギターを担当[31][32]

ディスコグラフィ[編集]

CDシングル[編集]

  1. city
  2. You're So Sweet & I Love You
  3. 言え
  4. spy
  5. Kill Me If You Can
  6. Starrrrrrr/涙がこぼれそう
  7. Forever Young
  8. Run Away/Oblivion
  9. Adventure/Droshky!
  10. ワタリドリ/Dracula La
  11. Girl A
  12. NEW WALL/I want u to love me
  13. Swan
  14. SNOW SOUND/今まで君が泣いた分取り戻そう
  15. 明日、また
  16. KABUTO
  17. Mosquito Bite
  18. Beast
  19. 閃光
  20. Rock The World/日々、織々

配信限定シングル[編集]

  1. Pray
  2. 月色ホライズン
  3. あまりにも素敵な夜だから
  4. Philosophy (18祭 Mix)

配信アルバム[編集]

  1. (ライブ音源)THIS SUMMER FESTIVAL 2022(Live at.東京国際フォーラムホールA)

スタジオアルバム[編集]

  1. Where's My Potato?
  2. I Wanna Go To Hawaii.
  3. Schwarzenegger
  4. Me No Do Karate.
  5. ALXD
  6. EXIST!
  7. Sleepless in Brooklyn
  8. But wait. Cats?

ベストアルバム[編集]

  1. Where's My History?

コンセプトアルバム[編集]

  1. Bedroom Joule

サウンドトラックアルバム[編集]

  1. テレビ朝日系木曜ドラマ「六本木クラス」オリジナル・サウンドトラック

参加作品[編集]

タイアップ[編集]

書き下ろしや既存曲の使用など決まりはない。

曲名 タイアップ
Busy Dragon Playing TOKYO FMRADIO DRAGON 』オープニングテーマ
starrrrrrr ゲロルシュタイナーGEROCK 」コラボ曲
Run Away NIKE+FUELBAND SE タイアップ曲
Oblivion LITHIUM HOMME 2013 AWコレクションテーマ
Adventure スカパー! 「世界で活躍する日本人篇」全国TVCMソング
Droshky! スカパー! 「小野加入!コンサドーレ札幌篇」北海道地区TVCMソング
ワタリドリ ショウゲート配給映画『明烏 』主題歌 [33]
アサヒビール 「アサヒ ザ・ドリーム」CMソング [34]
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンハリウッド・ドリーム・ザ・ライド 』2016年4月期 BGM [35]
SUBARU (自動車)「 XV 」 CMソング
プラネタリウム「スターサファリ アフリカ・星降る動物の楽園 with [Alexandros] 」オープニング曲[36]
Dracula La MBSTBS系ドラマ『女くどき飯 』主題歌 [37]
アルバム『ALXD 』収録曲ほか
フジテレビ系ドラマ『 She 』劇中音楽全編[38][39]
Girl A 関西テレビ/フジテレビ系ドラマ『 サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 』オープニングテーマ[40]
NEW WALL バンダイナムコスマホゲーム『 テイルズ オブ ザ レイズ 』テーマソング
I want u to love me 毎日放送 MBS/TBS系ドラマ『女くどき飯 Season2』主題歌 [37]
NECLAVIE 』TV-CMソング
KKBOX 』TV-CMソング
Swan フジテレビ系ドラマ『 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 』主題歌[41]
Nawe, Nawe ワーナー・ブラザース映画配給映画『ターザン:REBORN 』日本語吹替版主題歌[42]
ムーンソング ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」BGM [35]
三井住友カード Apple Pay CMソング [43]
Feel like GLOBAL WORK 2016年秋冬CMソング[44]
Aoyama オーディオテクニカ Sound Reality seriesワイヤレスヘッドホンコラボムービー曲
Buzz Off! NTTドコモ 「ドコモの学割『アヤノサンドロス?』篇」CMソング[45]
今まで君が泣いた分取り戻そう ショウゲート配給映画『きょうのキラ君 』主題歌[46]
SNOW SOUND JR東日本JR SKISKI 」CMソング[47]
明日、また クロレッツ 『「スッキリと、前へ。」篇 』 CMソング[48]
I Don't Believe In You MINI SOUTHWARK」CMソング[49]
ハナウタ 東京メトロ 「Find my Tokyo」CMソング[50]
プラネタリウム「スターサファリ アフリカ・星降る動物の楽園 with[ALEXANDROS] 」挿入歌[51]
Follow Me 国際工科専門職大学CMソング[52]
Mosquito Bite ワーナー・ブラザース ジャパン配給映画『 BLEACH 死神代行篇 』主題歌[53]
MILK ワーナー・ブラザース配給映画『BLEACH 死神代行篇』挿入歌[53]
アルペジオ PlayStation 4用ゲームソフト『 JUDGE EYES:死神の遺言 』主題歌[54]
Your Song PlayStation 4用ゲームソフト『 JUDGE EYES:死神の遺言 』挿入歌[55]
FISH TACOS PARTY AbemaTV 将棋「第2回AbemaTVトーナメント」OPテーマ
Pray 東宝配給映画『 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 』日本語吹替版主題歌[56]
月色ホライズン 日本コカ・コーラアクエリアス 」『全力って、おいしい。』篇 CMソング[57]
あまりにも素敵な夜だから NHK ドラマ10ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜 』主題歌
Philosophy NHK[Alexandros] 18祭 』制作曲
Beast ワーナー・ブラザース配給映画『 ドクター・デスの遺産-BLACK FILE- 』主題歌[58]
風になって SUBARU 「XV」CMソング[59]
rooftop LINE NEWS VISION ショートムービー『夢で会えても』テーマソング[60]
閃光 松竹配給劇場アニメ『 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 』主題歌[61][62]
閃光 (English ver.) 松竹配給劇場アニメ『 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 』海外版主題歌 [63]
Rock The World KADOKAWA配給劇場アニメ『グッバイ、ドン・グリーズ! 』主題歌[64]
イフイング 『TOKIOインカラミ』「トップアスリート篇」CMソング[65]
日々、織々 Panasonic × Kao#センタクプロジェクト』テーマソング[66]
無心拍数 NHK Eテレテレビアニメ『アオアシ 』第1クールオープニングテーマ[67]
Baby's Alright テレビ朝日木曜ドラマ六本木クラス 』主題歌[68]
クラッシュ ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給映画『バイオレンスアクション 』主題歌[69]
どーでもいいから YouTubeYouTube Premium 』「2022年夏のキャンペーン」CMソング[70]

ミュージックビデオ[編集]

一部を除くが、各ミュージックビデオの最後には30秒程度のオマケ映像が付けられている。

監督 曲名
かとうみさと 「Feel like」「Kaiju」「SNOW SOUND」 (SNOW SOUNDのクリエイティブディレクターは東市篤憲)
五十嵐耕平 「Swan」
板垣洋好 「Stimulator」
大喜多正毅 「NEW WALL」
大久保拓朗 「Girl A」「Pray」
菊池久志 「ワタリドリ」「Dracula La」
木本健太 「Forever Young」
清家崇人 「Cat 2」「Waitress, Waitress! from「I thought it was only one day」」
瀬里義治 「Kids」「Kick & Spin 」「Run Away」「Droshky! 」「Famous Day」「Dog3」
千田一騎 「For Freedom」「city」「言え」「spy」「You're So Sweet & I Love You」「 Rocknrolla !」「 Rocknrolla ! (サーモグラフィ Ver.) 」「Kids」「Waitress, Waitress! 」「涙がこぼれそう」「閃光」「Rock The World」
千田一騎 feat . Y . A 「Kill Me If You Can」
田辺秀伸 「Adventure」「Philosophy」
藤安広人 「Oblivion (feat.LITHIUM HOMME) 」
ムラカミタツヤ 「 starrrrrrr feat . GEROCK 」
tatsuaki 「ムーンソング」
飯島和良 「Boo! from「live at Makuhari Messe 2015.12.19」」「ワタリドリ (Premium V.I.P. Party 2017)」
Toru Nomura 「NEW WALL from「live at Makuhari Messe 2017」」
bait 「明日、また」
野村徹 「I Don’t Believe In You (Lyric Video )」
フカツマサカズ 「KABUTO」
Ryan Valdez 「Mosquito Bite」
白石剛浩 「アルペジオ」
新保拓人 「月色ホライズン」「あまりにも素敵な夜だから」
Nasty Men$ah 「Beast」
中澤太 「風になって」
村岡一誠 「日々、織々」

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

  • FIND OUT (2013年4月 - 2014年3月、ZIP-FM )※磯部のみ
  • "SBS PopAsia"「J-Rock Sessions」(2015年9月 - 2016年6月、オーストラリアの公共放送局SBS )※川上、磯部による全編英語での放送
  • Panasonic presents 「 おと、をかし 」(2021年4月3日〜 、TokyoFM )※川上洋平のみ
  • Panasonic presents 「 GORILLA RADIO ! 」(2021年4月25日〜 、ZIP-FM)※磯部寛之のみ[71]

CM[編集]

  • ドコモの学割「アヤノサンドロス?」篇(2017年、NTTドコモ[45]
  • 浅草 ワクワクする遊びが生まれ続ける篇(2018年、東京メトロ[72]
  • Panasonic × Kao 共同プロジェクト「#センタク」プロジェクト 「#センタク」CM(2021年10月19日~)

連載[編集]

  • 月刊「CLASSY 」- (2022年7月号より開始)※川上のみ
  • 3年[A]組 ウーハイ先生(2016年6月 - 、GiGS )※白井のみ
  • おとなの週末(2022年9月号 - 、おとなの週末|講談社 )(2022年8月16日発売)※磯部のみ

出版[編集]

  • (2022年7月29日発売)第1版『3年[A]組 ウーハイ先生 GiGS Presents [Alexandros]白井眞輝』※白井のみ
  • (2022年9月28日発売)第1版『[Alexandros]川上洋平エッセイ「余拍」』- ※川上のみ

ライブツアー[編集]

登場SEBurger Queen

ツアー[編集]

  • 主催ツアーについて記載
日程 タイトル 公演規模・会場(対バン) 備考
2010年
3月19日-3月22日 Where's My Potato? release TOUR GLORY HILLとの対バンツアー
9月10日-10月14日 city Release Tour「ひとつ屋根の下のcity~ほんの小さな出来心に~」 東名阪はワンマン公演
2011年
3月3日-6月19日 tour 2011 「I Wanna Go To Hawaii.」 〜いや、総長マジで〜 東日本大震災の影響で2公演が延期となった。
東名阪はワンマン公演。
10月4日-10月17日 Me Against The World tour 2011 ~やっぱ沖縄じゃね?~ 初の全公演ワンマンライブ
2012年
4月11日-6月30日 TOUR Schwarzenegger 2012 6月30日 SHIBUYA-AXは追加公演
11月3日-12月15日 RX-RECORDS presents 星の屑ども作戦~STAR-DU-STARS MEMORY~ BIGMAMAとのスプリットツアー。
各公演にサブタイトルが付けられている。
台湾公演は追加公演。
2013年
4月8日-4月27日 TOUR 2013 Venga Venga! ~四人暮らしを解消すれば君も…Perfect Body!!~
9月13日-12月1日 We Don't Learn Anything Tour 2013-2014
2014年
3月28日-7月11日 We Don't Learn Anything Tour 2013-2014 初の武道館公演を行う。
04月10日〜13日の大阪、福岡公演は庄村のインフルエンザ発症により公演延期となった。
2015年
10月9日-12月19日 TOUR 2015 ご馳走にありつかせて頂きます 仙台公演は川上の声帯結節および急性声帯炎発症のため、公演延期となった。
2016年
1月7日-1月8日 TOUR 2015 ご馳走にありつかせて頂きます
11月16日-12月18日 Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~
2017年
1月7日-4月23日 Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~
12月4日-12月20日 Tour 2017 “NO MEANING”
2018年
10月14日-10月23日 USA Tour 2018 Dallas公演、Houston公演、Oklahoma City公演は、ビザ取得が困難な状況となり、中止となった。
12月4日-12月21日 Sleepless in Japan Tour
2019年
1月11日-6月16日 Sleepless in Japan Tour 初のアリーナツアーを含む、自身最大規模の全国ツアー。

岡山公演2日目は川上の急性声帯炎発症のため、公演延期となった。 また、庄村の筋筋膜性腰痛症によりマリンメッセ福岡公演はSATOKO、 ポートメッセなごや公演・岡山振替公演はリアド偉武がサポートに加わった。 庄村はさいたまスーパーアリーナ公演から復帰。 さらに、マリンメッセ福岡公演において磯部がステージ上で転倒し膝を骨折したが、ポートメッセなごや公演以降も予定通りに出演した。

6月21日-7月21日 Sleepless in Asia Tour 初のアジアツアー

各公演のタイトルは「Sleepless in 〇〇(例:Shanghai)」

11月30日-12月13日 VIPツアー九州 〜九周年だから九州ツアー〜
2020年
1月10日-1月19日 VIPツアー九州 〜九周年だから九州ツアー〜
6月24日-8月15日 Where's My Tomato? Tour 当初2020年夏頃発売予定であったベストアルバムのリリースツアー。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、全公演中止となった。

2021年
6月17日-7月31日 ALEATORIC TOMATO Tour 2021 Dr.リアド偉武加入後、初の全国ツアー。

大阪公演最終日では有料生配信が行われ、その一部はYoutubeでも生配信された。

10月12日-10月27日 ALEATORIC ARENA 4 DAYS
2022年
07月16日-09月17日 But wait,Tour? 2022 沖縄公演会場は当初「那覇文化芸術劇場なはーと」であったが、「沖縄コンベンションセンター劇場棟」へ変更された。
08月30日〜31日の相模女子大学グリーンホール公演は磯部のコロナ感染により公演延期となった。
10月15日-12月08日 But wait,Arena? 2022
2023年
1月16日-1月17日 But wait,Arena? 2022 磯部コロナ発症で延期公演の初ライブ振替公演です。

自主企画・その他のライブ[編集]

V.I.P. PARTY

  • リリース時やバンドの節目に行われる、ファン感謝祭的スペシャルライブ。
  • 2017年までの名称は"Premium V.I.P. Party"だったが、川上曰く「Premiumは言いにくいから」との理由により、現在の名称となった。
日程 会場 備考
2012年4月4日 渋谷 CLUB QUATTRO Schwarzenegger 』リリース記念
2012年4月6日 心斎橋 Music Club JANUS
2013年7月15日 Zepp DiverCity Me No Do Karate. 』リリース記念
2014年3月25日 EX THEATER ROPPONGI 3月28日の日本武道館公演での改名を発表
2015年7月17日 日本武道館
2016年6月26日 大阪城ホール
2017年7月2日 日本ガイシホール
2018年8月16日 ZOZOマリンスタジアム 初の野外ワンマンライブ
2019年11月30日〜2020年1月19日 長崎 DRUM Be-7ほか VIPツアー九州 〜九周年だから九州ツアー〜

This summer festival

  • 「This summer festival」というタイトルであるが、主にに開催されている。キャッチコピーは「日本一遅い夏フェス」。
日程 会場 出演 備考
2010年12月16日 渋谷 CLUB QUATTRO TRICERATOPS/OCEANLANE
2011年12月16日 赤坂BLITZ Nothing's Carved In Stone/ a flood of circle
2012年12月09日 新木場STUDIO COAST ストレイテナー/アルカラ
2014年12月16日 Zepp Nagoya KANA-BOON/ゲスの極み乙女。 初の東名阪ツアー形式での開催となる
2014年12月19日 Zepp Tokyo ORANGE RANGE/キュウソネコカミ
2014年12月20日 9mm Parabellum Bullet/クリープハイプ
2014年12月22日 湊町リバープレイス内なんばHatch ACIDMAN/androp
2020年08月14日 Zepp Haneda [Champe]/[Alexandros] 新型コロナウイルスの影響で中止となったWhere's My Tomato Tour最終公演に代わり、政府の感染防止ガイドラインに基づき有観客・生配信との形で開催された。
2020年08月15日 [Alexandros]
2022年4月28日 東京国際フォーラムホールA sumika sumika初の対バン

ファンクラブ限定ライブ

  • ファンクラブ[ALEXANDROS]CREW会員限定ライブ。
日程 会場 備考
2016年04月18日 梅田 CLUB QUATTRO 東名阪ツアー形式
2016年04月19日 名古屋 CLUB QUATTRO
2016年04月23日 渋谷 CLUB QUATTRO
2016年11月14日 TSUTAYA O-EAST 全国ツアー・V.I.P. Partyに先駆けての公演 (公開ゲネプロ)
2017年06月30日 川崎CLUB CITTA'
2017年11月30日 新宿 BLAZE
2018年08月13日 横浜 BAYHALL
2018年11月28日 新木場STUDIO COAST
2018年11月29日
2019年09月03日 大阪 BIGCAT 名阪ツアー形式
2019年11月25日 名古屋 DIAMOND HALL
2019年12月26日 Billboard Live TOKYO 12/26以降の年末パーティー
2021年03月16日 LINE CUBE SHIBUYA
2021年10月08日 川崎CLUB CITTA'
2021年12月24日 天王洲・寺田倉庫E‐HALL Yoohei Kawakami's #room665 at Warehouse TERRADA supported by Panasonic 川上洋平初ソロライブ
2021年12月25日

その他

日程 会場 備考
2012年5月19日 沖縄 桜坂セントラル BIGMAMAとのツーマンライブ
2013年7月2日 TOWER RECORDS渋谷 B1 CUTUP STUDIO インストアミニライブ
2014年12月5日 THE WALL TAIPEI (台湾) 台湾での初のワンマンライブ
2015年6月17日 代々木公園野外ステージ 「[Alexandros] free live Back in Yoyogi Park! 」

アルバム「ALXD」発売記念のフリーライブ

2016年8月23日 新木場STUDIO COAST 「[Alexandros] &Blossoms」

イギリスのバンドBlossomsとのツーマンライブ

2016年11月10日 六本木ヒルズアリーナ 「[Alexandros] EXIST! Launch Party」

アルバム「EXIST!」発売記念のフリーライブ

2018年9月22日 KL Live 「[ALEXANDROS] Live in Kuala Lumpur 2018」

マレーシアでの初のワンマンライブ

2020年3月17日 青山学院記念館 「[Alexandros] 10th Anniv.Live at Aoyama Gakuin University 〜Back In School! 〜」(中止)

デビュー10周年企画の第1弾として、母校・青山学院大学での凱旋ライブ

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、公演中止となった。

2020年3月18日
2020年6月20日 オンライン生配信 「Party in ur Bedroom」

初の無観客生配信ライブ(2日目はファンクラブ限定)

2020年6月21日
2021年3月20日 *幕張メッセ国際展示場9~11ホール『「[Alexandros] 10th ANNIVERSARY LIVE at 国立代々木競技場 第一体育館 "Where's My Yoyogi?"」』|ダイジェスト映像あり[73] 「[Alexandros] 10th ANNIVERSARY LIVE at 国立代々木競技場 第一体育館 "Where's My Yoyogi?"」

デビュー10周年の締めくくりと、Dr.庄村の勇退ライブとして、当初は2021年1月19,20日に開催予定であった。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令により、会場を幕張メッセへと移し延期開催となった。 奇しくも3月21日は庄村の誕生日であり、終演後にはオンラインでの送別会兼誕生日会が行われた。 このライブをもって、2020年1月の勇退発表から約1年2ヶ月越しに庄村は正式にバンドを勇退した。

2021年3月21日

Welcome ![Champagne]・Welcome ![Alexandros]LIVE

  • レギュラー番組『Welcome![Champagne]』、『 Welcome  ! [Alexandros]』にゲスト出演したアーティストを招いたイベント。

Welcome ![Champagne]LIVE

日程 会場 ゲスト
2014年1月13日 川崎CLUB CITTA'

ホリエアツシ(ストレイテナー)/金井政人(BIGMAMA)/志磨遼平(ドレスコーズ )/斎藤宏介( UNISON SQUARE GARDEN

Welcome![Alexandros]LIVE

日程 会場 ゲスト
2015年2月10日 湊町リバープレイス内なんばHatch 稲村太佑(アルカラ)/ハヤシ(POLYSICS )/Masato(coldrain )/光村龍哉( NICO Touches the Walls
2015年2月12日 新木場STUDIO COAST 稲村太佑(アルカラ)/ハヤシ(POLYSICS)/Masato(coldrain)/川谷絵音( indigo la End/ゲスの極み乙女。)
2016年3月7日 湊町リバープレイス内なんばHatch 内澤崇仁(androp)/ 金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)/ 高橋優
2016年3月8日 Zepp Nagoya 内澤崇仁(androp)/ 金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)/ 大木伸夫(ACIDMAN)
2016年3月10日 新木場STUDIO COAST 内澤崇仁(androp)/ 金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)/ 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)

出演イベント[編集]














受賞歴[編集]

  • 第30回日本ゴールドディスク大賞 (2016年) - ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽部門) [83]
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS(2016年) - BEST ROCK ARTIST(もっとも優れたロックアーティストに授与される賞)[84]
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS(2017年) - PEOPLE’S CHOICE(一般投票によって決定し授与される優秀アーティスト賞)[85]
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS(2019年) - BEST GROUP ARTIST(最も活躍したグループアーティストに授与される賞)[86]
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS(2022年)ノミネートアーティスト - BEST ROCK ARTIST(ロックシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞)[87]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 発売会社はユニバーサルミュージックであり、レーベルは従前から所属していたRX-RECORDSとUNIVERSAL Jの共同名義となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c “[Champagne]改名、新バンド名は[Alexandros]”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年3月28日). https://natalie.mu/music/news/113198 2022年7月16日閲覧。 
  2. ^ a b “[ALEXANDROS]5・23半年ぶりシングル”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2107477/full/ 2022年7月16日閲覧。 
  3. ^ “[Alexandros]、王道J-POPに向かっても「全然あり」「むしろあり」な理由”. WHAT's IN? tokyo (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2017年2月14日). https://tokyo.whatsin.jp/66510 2020年4月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d “人気の4人組ロックバンド、[ALEXANDROS]は楽曲もメンバーも魅力的!”. block.fm (株式会社 block.fm). (2020年3月5日). https://block.fm/news/about_alexandros 
  5. ^ “金子ノブアキ(RIZE)& 川上洋平([Alexandros]) 、アパレル・ブランド"glamb"の新コレクション・モデルに決定!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント). (2015年11月6日). https://gekirock.com/news/2015/11/kaneko-kawakami_glamb.php 2020年4月7日閲覧。 
  6. ^ a b [Champagne]、ユニバーサル ミュージックとパートナーシップを結び、新作をリリースへ”. ユニバーサルミュージック. 2015年12月8日閲覧。
  7. ^ (CDバックインレイ). 「ワタリドリ/Dracula La」. [Alexandros]. UNIVERSAL J / RX-RECORDS. (2015年). UPCH-5834. 
  8. ^ a b vol.66 株式会社UK.PROJECT 株式会社UKPM 千田一騎さん”. 音楽主義 (2016年3月9日). 2017年2月2日閲覧。
  9. ^ a b 「ROCKIN' ON JAPAN」2015年10月号
  10. ^ 川上洋平『第85話:[Alexandros]』” (日本語). 川上洋平オフィシャルブログ「あれきさんどろす日記」Powered by Ameba. 2020年5月5日閲覧。
  11. ^ 安藤康之 (2018年7月5日). “[ALEXANDROS]のスタジアムライブにかける意気込みに注目!”. HOMINIS. スカパーJSATホールディングス. 2021年12月8日閲覧。
  12. ^ BIOGRAPHY”. [Alexandros] Official Site. 2022年7月16日閲覧。
  13. ^ “[Champagne]が改名、武道館公演で新バンド名発表へ”. 音楽ナタリー. (2014年3月25日). https://natalie.mu/music/news/112947 2022年7月16日閲覧。 
  14. ^ “[ALEXANDROS]の「ワタリドリ」、YouTube再生数1億回突破”. BARKS. (2019年8月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000170395 2022年7月16日閲覧。 
  15. ^ “【オリコン】[Alexandros]デビュー7年目で初首位”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2081436/full/ 2022年2月19日閲覧。 
  16. ^ NEW SINGLE!”. アレキサンドLOCKS!. TOKYO FM (2018年4月17日). 2022年7月16日閲覧。
  17. ^ a b “ [Alexandros] 庄村聡泰が5月で勇退、今夜生配信でメンバーから報告”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年1月24日). https://natalie.mu/music/news/364435 2020年1月24日閲覧。 
  18. ^ a b [Alexandros]の10年間を凝縮した幕張の夜、庄村聡泰の門出に4人で鳴らした曲は”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年3月22日). 2021年3月23日閲覧。
  19. ^ a b c “[Alexandros]にドラマー・リアド偉武が加入、新アー写も公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年4月10日). https://natalie.mu/music/news/423983 2022年2月19日閲覧。 
  20. ^ BIOGRAPHY”. [Alexandros]Official Site. 2022年2月19日閲覧。
  21. ^ a b /posts/1085483308460989 青山学院校友会の投稿 - Facebook 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "profile"が異なる内容で複数回定義されています
  22. ^ 水田静子 (2020年11月22日). “川上洋平の音楽魂──ロックしているから"ブレまくる"”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン. 2022年2月19日閲覧。
  23. ^ “シリア育ちのバイリンガルVo擁する4人組[Champagne]、3rdアルバムをリリース”. CINRA. (2012年2月9日). https://www.cinra.net/news/2012-02-09-135038-php?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+Cinracinranet+%28CINRA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%9ACINRA.NET%29 2022年2月19日閲覧。 
  24. ^ BASSIST FILE―磯部寛之(イソベ・ヒロユキ)”. BASS MAGAZINE. リットーミュージック (2020年8月11日). 2022年2月19日閲覧。
  25. ^ 【卒業生の活躍】プロミュージシャン学科卒業生の白井眞輝さんが所属する[Alexandrosが初のコンセプトアルバム『Bedroom Joule』をリリースしました!]”. shobi.ac.jp. 尚美ミュージックカレッジ (2020年7月7日). 2022年2月19日閲覧。
  26. ^ “[Alexandros]白井眞輝のYouTubeチャンネル開設に喜びの声 機材紹介や演奏も”. SPICE (イープラス). (2020年4月22日). https://spice.eplus.jp/articles/268316 2022年2月19日閲覧。 
  27. ^ a b ドラムス庄村聡泰についてのご報告”. [Alexandros]Official Site (2020年1月24日). 2022年2月19日閲覧。
  28. ^ 蜂須賀ちなみ (2021年3月26日). “[Alexandros]の歴史が浮き彫りになった10周年記念ライブ 記憶に刻まれた庄村聡泰ラストのステージ”. Real Sound. blueprint. 2022年2月19日閲覧。
  29. ^ 小倉冬美香 (2021年5月3日). 元[Alexandrosの庄村聡泰が新ファッションプロジェクトで心機一転 絶望から救ってくれた「服とスナック」]. (インタビュー). INFASパブリケーションズ. WWDJAPAN.. https://www.wwdjapan.com/articles/1207360 2022年2月19日閲覧。 
  30. ^ “庄村聡泰がライターに挑戦!アーティストへのインタビュー企画がぴあでスタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年4月25日). https://natalie.mu/music/news/425908 2022年2月19日閲覧。 
  31. ^ a b こんなチャラいところは初めて![Alexandros]六本木フリーライブに3000人”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年11月10日). 2022年2月19日閲覧。
  32. ^ a b Profile”. THE LED SNAIL Official Site. 2022年2月19日閲覧。
  33. ^ “ [Alexandros] 、「明烏」上映前に福田雄一監督と爆笑トーク”. 音楽ナタリー. (2015年5月26日). https://natalie.mu/music/news/148493 2016年5月26日閲覧。 
  34. ^ “ [Alexandros] 「ワタリドリ」が五郎丸出演アサヒビールCMソングに”. 音楽ナタリー. (2016年5月14日). http://natalie.mu/music/news/18715 2016年5月25日閲覧。 
  35. ^ a b “[Alexandros]、USJのジェットコースターに新曲搭載”. 音楽ナタリー. (2016年11月9日). https://natalie.mu/music/news/208516 2016年11月9日閲覧。 
  36. ^ “プラネタリウム×[Alexandros]のコラボが実現『スターサファリ アフリカ・星降る動物の楽園 with [Alexandros]』” (プレスリリース), コニカミノルタプラネタリウム株式会社, (2018年8月2日), https://planetarium.konicaminolta.jp/press/2018/2018_08_02_01.pdf 2022年2月22日閲覧。 
  37. ^ a b “[Alexandros]新曲を「女くどき飯」予告編で初公開”. 音楽ナタリー. (2016年1月8日). https://natalie.mu/music/news/171911 2016年5月25日閲覧。 
  38. ^ “[Alexandros]、フジテレビ連続学園ドラマで劇中音楽を担当”. 音楽ナタリー. (2015年4月10日). https://natalie.mu/music/news/143655 2017年10月11日閲覧。 
  39. ^ MUSIC - [Alexandros]プロフィール”. 「She」公式サイト. フジテレビ. 2017年10月11日閲覧。
  40. ^ “[Alexandros]、松坂桃李主演ドラマ「サイレーン」にOP曲提供”. 音楽ナタリー. (2015年10月4日). https://natalie.mu/music/news/161853 2016年5月25日閲覧。 
  41. ^ “[Alexandros]が波瑠主演ドラマ主題歌を書き下ろし、8月にシングル化”. 音楽ナタリー. (2016年6月23日). https://natalie.mu/music/news/191882 2016年6月23日閲覧。 
  42. ^ “[Alexandros]が「ターザン:REBORN」日本版主題歌を書き下ろし、監督も絶賛”. 音楽ナタリー. (2016年7月1日). https://natalie.mu/eiga/news/192840 2016年7月1日閲覧。 
  43. ^ “[Alexandros]、水原希子&千葉雄大出演のCMソングを担当”. 音楽ナタリー. (2016年11月30日). https://natalie.mu/music/news/211325 2016年11月30日閲覧。 
  44. ^ “[Alexandros]、秋冬もGLOBAL WORKのCMソング担当”. 音楽ナタリー. (2016年9月16日). https://natalie.mu/music/news/202067 2016年9月16日閲覧。 
  45. ^ a b “今キテるバンドはアヤノサンドロス? [Alexandros]ドコモCMで綾野剛と共演”. 音楽ナタリー. (2017年2月10日). https://natalie.mu/music/news/220146 2017年2月12日閲覧。 
  46. ^ “「きょうのキラ君」主題歌は[Alexandros] “史上最高の曲にする自信””. 映画ナタリー. (2016年9月28日). https://natalie.mu/eiga/news/203338 2016年9月29日閲覧。 
  47. ^ “『JR SKISKI』今年の“ゲレンデ美女”は桜井日奈子に決定”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2082326/full/ 2016年12月1日閲覧。 
  48. ^ “[Alexandros]新曲「明日、また」岡田将生出演クロレッツ新CMソングに”. 音楽ナタリー. (2017年9月4日). https://natalie.mu/music/news/247336 2018年1月8日閲覧。 
  49. ^ 「I Don't Believe In You」が MINI SOUTHWARK TVCMソングに決定
  50. ^ “[ALEXANDROS]新曲で最果タヒとコラボ、東京メトロCMで石原さとみに瓦割り勧める”. 音楽ナタリー. (2018年3月30日). https://natalie.mu/music/news/275807 2018年5月8日閲覧。 
  51. ^ “[Alexandros]作詞:最果タヒ、編曲:小林武史が手掛けたコラボ曲”. OKMUSIC. (2018年3月30日). https://okmusic.jp/news/282719 2022年2月17日閲覧。 
  52. ^ “[ALEXANDROS]、国際工科専門職大学のCMソング担当”. 音楽ナタリー. (2018年4月24日). https://natalie.mu/music/news/279536 2018年6月25日閲覧。 
  53. ^ a b “[ALEXANDROS]が実写版「BLEACH」主題歌&挿入歌を担当”. 音楽ナタリー. (2018年4月20日). https://natalie.mu/music/news/278886 2018年6月25日閲覧。 
  54. ^ “[ALEXANDROS]、キムタク主演の新作ゲームに書き下ろし曲「これはヤバいことになる」”. 音楽ナタリー. (2018年9月10日). https://natalie.mu/music/news/299077 2018年9月10日閲覧。 
  55. ^ “木村拓哉の初主演ゲーム「JUDGE EYES」発売、感想は「驚きの連発」”. 映画ナタリー. (2018年9月10日). https://natalie.mu/eiga/news/299095 2018年9月10日閲覧。 
  56. ^ “[ALEXANDROS]がハリウッド版「ゴジラ」に主題歌提供「身に余る光栄です」”. 音楽ナタリー. (2019年4月12日). https://natalie.mu/music/news/327628 2019年4月12日閲覧。 
  57. ^ “[ALEXANDROS]「アクエリアス」CMに新曲提供、出演は大谷翔平選手”. 音楽ナタリー. (2019年4月22日). https://natalie.mu/music/news/328884 2019年4月22日閲覧。 
  58. ^ [Alexandros]、綾野剛×北川景子のサスペンス映画「ドクター・デスの遺産」主題歌書き下ろし
  59. ^ [Alexandros]が「SUBARU XV」新CMソング書き下ろし提供
  60. ^ [Alexandros]×岩井俊二のコラボ実現、全8話のオリジナルムービー公開
  61. ^ “[Alexandros]、劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」主題歌担当”. 音楽ナタリー. (2020年3月24日). https://natalie.mu/music/news/372598 2021年10月28日閲覧。 
  62. ^ “[Alexandros] 、劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」主題歌をシングルリリース”. 音楽ナタリー. (2021年3月20日). https://natalie.mu/music/news/421022 2021年10月28日閲覧。 
  63. ^ 全編ガンダムアニメーションでディレクションされたコラボMV「閃光 (English ver.) - Animation MV」が本日21時YouTubeプレミア公開”. [Alexandros] Official Site (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。
  64. ^ “[Alexandros]が劇場アニメ「グッバイ、ドン・グリーズ!」の主題歌担当”. 音楽ナタリー. (2021年10月27日). https://natalie.mu/music/news/451140 2021年10月27日閲覧。 
  65. ^ “平野歩夢ら一流アスリート出演! [Alexandros]、「Rock The World」が"TOKIOインカラミ"新CM曲に”. THE FIRST TIMES. (2022年7月20日). https://www.thefirsttimes.jp/news/0000153425/ 2022年7月20日閲覧。 
  66. ^ “[Alexandros]がパナソニックと花王アタックの新プロジェクトに楽曲提供、川上洋平はCMにも出演”. 音楽ナタリー. (2021年10月19日). https://natalie.mu/music/news/449899 2021年10月19日閲覧。 
  67. ^ “[Alexandros]が7月にオリジナルアルバム発売&ツアー開催、新曲がアニメ「アオアシ」OPテーマに”. 音楽ナタリー. (2022年3月14日). https://natalie.mu/music/news/469468 2022年3月14日閲覧。 
  68. ^ “[Alexandros]、竹内涼真主演『六本木クラス』主題歌 4年ぶりアルバム詳細&新ビジュアルも公開”. ORICON NEWS. (2022年6月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2238579/full/ 2022年6月14日閲覧。 
  69. ^ “[Alexandros]、橋本環奈主演の映画「バイオレンスアクション」主題歌担当”. 音楽ナタリー. (2022年6月3日). https://natalie.mu/music/news/480075 2022年6月3日閲覧。 
  70. ^ 「But wait. Cats? 」収録曲「どーでもいいから」 「YouTube Premium 2022年夏のキャンペーンCMソング」に決定 さらに、7/28(木)20:00にMVをプレミア公開”. [Alexandros] Official Site (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  71. ^ [Alexandros] Ba.磯部寛之がレギュラー出演するZIP-FM『GORILLA RADIO! 』がスタート | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年4月10日閲覧。
  72. ^ “広告ギャラリー | Find my Tokyo. | 東京メトロ” (日本語). Find my Tokyo.. http://findmy.tokyo/gallery 2018年5月12日閲覧。 
  73. ^ “7月31日 Zepp Osaka Baysideを放映”. ALEXANDROS channel. (2021 /3/20). https://youtube.com/user/ALEXANDROSchannel 2022年2月28日閲覧。 
  74. ^ 福岡からエンタメを発信「福フェス」にアレキ、クリーピー、ビーバー、マイヘア、WANIMA”. 音楽ナタリー (2021年11月5日). 2022年9月4日閲覧。
  75. ^ 仮面ライダー&スーパー戦隊感謝祭にスカパラ×川上洋平、Da-iCE×木村昴ら登場”. 音楽ナタリー (2021年12月5日). 2022年9月4日閲覧。
  76. ^ Alexandros主催ライブイベント『THIS SUMMER FESTIVAL』、対バン相手はsumika(コメントあり)”. spice (2022年2月21日). 2022年9月4日閲覧。
  77. ^ 「ネコフェス」に洋平とリアド、cinema staff、パノパナら追加!出演アーティスト全20組出そろう”. 音楽ナタリー (2022年5月22日). 2022年9月4日閲覧。
  78. ^ ロッキング・オン・ジャパン主催フェス初日でモンパチ、ホルモン、アレキ、10-FEET、INI、マイファスと競演”. 音楽ナタリー (2022年9月3日). 2022年9月4日閲覧。
  79. ^ 「ラブシャ」第1弾にオーラル、マイヘア、ホルモン、スカパラ、BiSH、YOASOBI、レキシら27組”. 音楽ナタリー (2022年9月3日). 2022年9月4日閲覧。
  80. ^ 「ラブシャ」コロナ感染でMWAM出演キャンセル、ハンブレと[Alexandrosは編成変更]”. 音楽ナタリー (2022年8月25日). 2022年9月4日閲覧。
  81. ^ WANIMA初主催フェス初日でモンパチ、ホルモン、アレキ、10-FEET、INI、マイファスと競演”. 音楽ナタリー (2022年5月25日). 2022年9月4日閲覧。
  82. ^ 「ドリフェス」にHey! Say! JUMP、Creepy Nuts、BiSH、アレキ、Vaundy、マカえんら12組追加”. 音楽ナタリー (2022年8月26日). 2022年9月4日閲覧。
  83. ^ ゴールドディスク大賞は嵐が2年連続4回目、アレキ・AKB48らも各賞受賞”. 音楽ナタリー (2016年2月27日). 2016年2月29日閲覧。
  84. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  85. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」最優秀アーティストはRADWIMPS、アレキは投票1位の快挙”. 音楽ナタリー (2017年3月8日). 2017年3月8日閲覧。
  86. ^ 星野源がスペシャアワード史上初の4冠!あいみょん、RAD、米津らも受賞”. 音楽ナタリー (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  87. ^ 「スペシャアワード」9部門ノミネートアーティスト発表、授賞式は3月に”. 音楽ナタリー (2022年2月2日). 2022年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]