パッパラー河合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パッパラー河合
Papala Kawaii.jpg
基本情報
出生名 河合 靖夫
別名 女王様
P.KAWAI
ぱっぱらーハワイ
パンティ河合
生誕 (1960-09-14) 1960年9月14日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県柏市
学歴 獨協大学中退
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1980年 -
レーベル CBSソニー
1984年 - 1991年
Sony Records
1991年 - 1999年
事務所 アミューズ
共同作業者 爆風スランプ
SUPER SLUMP
The花びら
ポケットビスケッツ
公式サイト パッパラー河合HP
著名使用楽器
YAMAHA MG-K、MG-KⅡ(パッパラー河合モデル)
YAMAHA CPX-15A COMPASS SERIES
YAMAHA SG-3000
YAMAHA PACIFICA904

パッパラー河合(パッパラーかわい、1960年9月14日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー。本名は河合 靖夫(かわい やすお)。千葉県柏市出身。アミューズ所属。既婚。

来歴[編集]

くるみ幼稚園、柏市立柏第一小学校柏市立柏中学校千葉県立東葛飾高等学校卒業後、同窓のサンプラザ中野らと共にスーパースランプに参加。獨協大学中退[1]

1981年にリードギター担当として爆風スランプに参加、ラジオ番組企画の一環としてフォークユニットThe花びらを結成するなど、長期にわたり中野と音楽活動を共にしている。1988年にはヤマハより、パッパラー河合・シグニチャー・モデル「ヤマハ・MG-K、MG-K II」が一般に発売される。1999年爆風スランプが活動を休止したのちも、中野と共にユニット・SUPER SLUMPを結成した。

1989年に発表された爆風スランプの6枚目のアルバム『I.B.W.』に収録された曲「KASHIWAマイ・ラブ〜ユーミンを聞きながら〜」は、河合がボーカルを担当した珍しい楽曲であるとともに、故郷・柏市の風景を叙情豊かに表現した佳作として根強い人気を保っている。

また、飯田譲治監督・脚本の映画『バトルヒーター』に主演する(その他の爆風メンバーはエキストラとして出演。飯田はHPで「興業は大コケだった」と話している)。

ソロ活動としては、ディープ・パープルの歌詞を直訳して人気になった王様にあやかり、クイーンの歌詞を和訳した曲を女王様(じょおうさま)という芸名でリリースした。

1990年代後半には、ポケットビスケッツの大半の楽曲を作曲プロデュースした。また、中野とともに女性デュオ・YURIMARIの全曲の楽曲提供をした。

2002年、当時まだ広島限定のローカルアイドルだったぱふゅ〜む (Perfume) のデビュー曲「OMAJINAI★ペロリ」と2曲目「彼氏募集中」をプロデュース。

2008年頃からフルマラソン大会に挑戦し、2019ホノルルマラソン[2] 、2022東京マラソンを含め2022年現在まで52回出場。2010年からは月刊のランニング雑誌クリールに「パッパラー河合のフルマラソンをぶっとばせ!」というコラムを長期連載している。[3]

2012年、柏市発のアイドルユニットコズミック☆倶楽部をプロデュース。

2012年、柏市に新設された柏市立柏の葉小学校の校歌を手掛け、本名の河合靖夫名義で発表した。[4]

2013年4月22日から河合の生まれ育った柏市HP内にて「パッパラー河合のとことん!KASHIWA マイ・ラブ」というタイトルで柏市への愛が溢れるコラムを毎週公開している。[5][6]

2018年、母校の柏市立柏第一小学校創立110周年記念式典に出席、河合が作詞作曲した創立100周年記念ソング「柏いっしょうけんめい」がご当地アイドルユニットコズミック☆倶楽部によって披露された。

地元柏に本拠を置く柏レイソルJリーグ)のサポーターでもあり、同チームの公式ウェブサイト上でコラムを執筆している。

2020年5月14日、公式YouTubeチャンネル「パッパラー河合 PapplaPersonalProject」でほぼ毎週金曜23時から2時間ほどの生配信ライブを開始。アーカイブ視聴可能。また、所有するギターの弦を替えながらそのギターの解説をする動画も公開している。スケジュールの都合上、正確な開始時間は配信当日に本人Twitterにて告知される。

2020年春、新型コロナウイルスの流行による緊急事態宣言・外出自粛要請下において、緊急事態宣言の解除まで、InstagramLIVEやLINE LIVEなどの配信チャンネルから毎晩休むことなくギター弾き語りやトークを配信していた。この配信は2020年5月25日緊急事態宣言が解除された後、現在までほぼ毎週月曜23時にLINE LIVEで生配信されている。スケジュールの都合上、正確な開始時間は配信当日に本人Twitterにて告知される。

2022年1月の舞台「ナビゲーション」で舞台音楽だけではなく、全7公演に俳優として初出演した。それまではゲストとしての出演のみだった。この舞台「ナビゲーション」にて河合は2022年「劇場都市TOKYO演劇祭」優秀音楽賞を受賞した。

2022年6月、ポケットビスケッツのボーカルだった千秋に24年ぶりに新曲「GREEN FLASH」を作曲プロデュースし、共にラジオテレビなど各メディアにて精力的にプロモーションを行っている。

近年は作曲、TVラジオ出演の他、舞台、ドラマの音楽制作も手がけている。

エピソード[編集]

爆風スランプとしてブレイク時の1989年に同時期にブレイクしたWinkのファンであることをたびたび音楽番組等で公言していた。

乃木坂46のファンでもあり、乃木坂46の「命は美しい」の新曲キャンペーンで地下鉄の駅に貼られたポスターの写真を撮りに行った事を2021年6月22日放送の『乃木坂スター誕生!』で発言している[要出典]

中学生の頃からフォークソングプログレッシブロック松任谷由実(当時は荒井由実)を愛聴し、バンド活動を始めた。自身の作品にも独自のセンスが随所に表現されている。[7][8]

サンプラザ中野くんとのユニット名「PIKKARI*BROTHERS」と名乗る事もあった。

カラフルな水玉や星柄、パンダ柄の服とベレー帽にボンボンを付けているいでたちが主なステージ衣装となっている(当初は白いベレー帽に緑色のボンボンで自身の出身地である柏市名産の野菜、小かぶを表現していたが年々色のバリエーションも増えている)[9]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. これが青春だ」(1991年9月1日ソニー・ミュージックレコーズ、SRDL-3361) - サンプラザ中野と組んだ「The 花びら」名義。布施明のカバー。エースコック「スーパーカップ」CMソング C/W「たにしの留守番」
  2. Let's try again」(2011年5月25日アミューズソフトエンタテインメント、ASCM-6092) - 「チーム・アミューズ!!」名義。

作詞作曲[編集]

  • 南野陽子「誘惑のサタデーナイト」作詞:パッパラー河合、作曲:パッパラー河合・編曲:難波正司(1991年アルバム「Gather」)
  • 佐藤千晶「un-Balance」作詞:佐藤千晶・パッパラー河合、作曲・編曲:パッパラー河合(1999年、ゲーム「pop'n music 3」)
  • ケロロ小隊「よきにはからえ!」作詞・作曲:パッパラー河合(2007年、アニメ映画「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!」サウンドトラック)
  • 千葉県柏市立第一小学校100周年記念歌「柏いっしょうけんめい」(2008年、作詞・作曲:パッパラー河合)
  • ケロロ小隊「なんて素敵な土曜日」作詞・作曲:パッパラー河合(2008年、TVアニメ「ケロロ軍曹」 5thシーズン主題歌 第206話2008年4月5日 - 第231話 2008年9月27日)
  • 福田綾乃「どん尻ビリ子の唄」作詞・作曲:パッパラー河合(2009年、映画「キラー・ヴァージンロード」公式応援ソング)
  • コズミック☆倶楽部 - 全曲作詞作曲プロデュース(2012年-2021年、千葉県ローカルアイドル)
  • 千葉県柏市立柏の葉小学校「柏の葉小学校校歌」(2012年、作詞・作曲:河合靖夫名義)
  • おSET隊「おSET隊ブギ」他、ほぼ全曲(活動期間2018年-2021年劇団SET内ユニット、作詞・作曲:パッパラー河合)
  • ホッケー応援団「SAKURA侍」(2019年、日本ホッケー協会公認ソング、作詞・作曲:パッパラー河合)
  • 千葉県歯科医師会「8029ソング~80歳でもお肉が大好き~」(2021年、作詞・作曲:パッパラー河合)

作詞[編集]

  • 千葉県柏市立土中学校「友達のしるし」作詞:パッパラー河合、作曲:田嶋勉(2008年、卒業記念歌)

作曲[編集]

編曲[編集]

演奏参加作品[編集]

  • 七曲署捜査一係’98オリジナルサウンドトラック」[10] 大野克夫 - M6.サスペンスM2'98」、M12.「追跡ハイウェイ'98」、M13「サスペンスM2-Btype」(1998年、PolyGram)

現在の出演・コラム[編集]

ラジオ[編集]

  • Evening Station「ぺろりたいむ」(2020年10月15日 - 、レインボータウンFM・毎月第3木曜日20時-21時、MCとして生放送中)

インターネットTV[編集]

  • 午前10時の耳たぶ[11](2021年9月1日 - 、鳥越アズーリFM・毎月第1水曜日10時-10時50分、MCとして生放送中)

雑誌[編集]

WEBコラム[編集]

  • パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ」(柏市、毎週月曜日更新。年末年始や祝日の場合は翌平日)[13]2014年4月〜長期連載中
  • パッパラー河合の檄!レイソル日記[14]2005年6月〜長期連載中

過去の出演[編集]

音楽番組[編集]

バラエティ番組[編集]

※ともに日本テレビ系。1995年10月2000年3月ポケットビスケッツ関係の企画にはほとんど出演した。

教養・情報番組[編集]

  • ヤング・シネマ・パラダイス[22]- ゲスト -(1990年11月30日、NHK-BS2)
  • 天才てれびくん - ゲスト - エンドテーマ完成(1997年10月13日、NHK教育テレビ
  • BSエンターテインメント 「詩のボクシング5」- 立て!熱き言葉の冒険者たち -(2002年2月10日、NHK-BS2)
  • BS熱中夜話 「QUEENナイト(前編・後編)」 ゲスト出演(2008年9月18日・9月25日、NHK-BS)
  • イブアイしずおか エンタ (2017年9月〜2019年9月、SBS静岡放送、火曜木曜レギュラーコメンテーター)
  • 情報番組マチコミ(2022年6月14日、テレビ埼玉)

ドキュメンタリー[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

インターネットTV[編集]

  • 「午前10時の耳たぶ」(2021年9月1日 - 、鳥越アズーリFM・毎月第1水曜日10時-10時50分、生放送)

映画[編集]

ドラマ[編集]

ライブ[編集]

  • サンプラザ中野くん Style #0(2017年10月19日、SHIBUYA RUIDO K2)
  • サンプラザ中野くん Style #1(2018年2月24日、SHIBUYA RUIDO K2)
  • サンプラザ中野くん Style #2(2018年5月14日、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE)
  • サンプラザ中野くん Style #3(2018年10月16日〜23日、東名阪ツアー)
  • 「オカモトラバーズ研究所 presents サンプラザ中野くん Style #4」(2019年8月31日、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE)
  • コヤブソニック2019(2019年9月14〜16日、出演は15日のみ、インテックス大阪)
  • サンプラザ中野くん Style #5『突撃!チェルシーホテル’19』(2019年12月13日(金) 渋谷CHELSEA HOTEL)
  • 『祝・初公演だぜ!爆夢の中野サンプラザワンマンライブ!「感謝還暦」サンプラザ中野くん&パッパラー河合 supported by オカモトラバーズ研究所』[23]2020年9月26日)出演(WOWOW同時生中継)
  • 音街かしわ2020[24]2020年10月4日J:COM東関東で生配信出演
  • 爆夢サンちゃんライブS&Pスペシャル2021(2021年11月26日〜12月10日、札幌、名古屋、大阪、東京)出演
  • 小倉久寛PRESENTS「テケテケな夏」2022[25]ゲスト出演(2022年8月7日、Grand Maison ORENO)
  • 「NO!RED 日本武道館への道!~J-ROCK REUNION~」VOL.2 ゲスト出演(2022年9月22日、多摩市民館大ホール)
  • 「PATi-PATi×GB『THE GREATEST HITS』supported by Live TOMATO」(2022年10月10日、パシフィコ横浜 国立大ホール)
  • 「Emily Styler Live at Club333 Part2」スペシャルゲスト出演(2023年2月5日、東京タワー Club333)

舞台 [編集]

  • シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜(初演)(2020年8月、築地ブディストホール、舞台音楽担当およびゲスト出演)
  • シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜(再演)(2021年8月、築地ブディストホール、舞台音楽担当およびゲスト出演)
  • ナビゲーション(2022年1月13-16日、サンモールスタジオ、舞台音楽担当および建設会社社長役で出演)※「劇場都市TOKYO演劇祭」優秀音楽賞受賞
  • シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜2022(再々演)(2022年8月、築地ブディストホール および2022年9月16日、長崎市民会館文化ホール、舞台音楽担当およびナウマン教授役で出演)

イベント [編集]

  • アミューズ第40期定時株主総会後イベント(2018年6月24日、両国国技館[26]
  • 東北風土マラソン&フェスティバル2019(2019年3月23日・24日、長沼フートピア公園)
  • 長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2020[27](2020年10月10日、東山ファミリーランド) - コロナ禍のため、現地観覧は新潟県民限定、生配信もされた。
  • ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020[28](2020年6月20日・6月21日、ニコニコ生放送) - コロナ禍のため、無観客での演奏。ニコニコ生放送にて生配信された。
  • ONEASIA FESTIVAL2021 (2021年4月12日、池袋西口公園野外劇場 グローバルリング シアター)YouTube生配信もされた。
  • 昭和フェスVol.2 (2021年10月13日、新 新宿アルタKeyStudio)生配信もされた。
  • 不撓の長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2021[29](2021年12月17日〜19日) - 延期により屋内会場・アオーレ長岡にて開催。PIA LIVE STREAM、WOWOWオンデマンドで生配信もされた。
  • TOKATSUうたフェス2022 in 流山おおたかの森 (2022年3月21日、流山おおたかの森S.C. 森のまち広場)
  • Oneasia fes 2022 〜日中文化交流フェスティバル〜 (2022年4月9日・10日、池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター)※サンプラザ中野くんと河合自身の出演は10日のみ
  • 東北風土マラソン&フェスティバル2022(2022年4月24日〜5月8日、オンライン開催)※スペシャルライブ出演は24日のみ
  • 第11回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(2022年4月24日、岐阜メモリアルセンター)
  • 音街かしわ2022(2022年5月3日、柏駅東口ダブルデッキ)
  • ベトナムフェスティバル2022(2022年6月4日、代々木公園イベント広場)
  • クリール創刊20周年記念企画第6弾「パッパラー河合さんと行く軽井沢散策ラン」(2022年9月3日、軽井沢)
  • 北ガスグループ 6時間リレーマラソン in 札幌ドーム 2022(2022年9月10日、札幌ドーム)
  • 日中交流フェスティバル2022(2022年9月25日、代々木公園イベントスペース)
  • おおいた夢色音楽祭2022(2022年10月9日、大分市 祝祭の広場)
  • サッカーJ2 大分トリニータ ホーム戦 来場ゲスト(2022年10月16日、昭和電工ドーム大分)
  • 明日香音魂祭2022(2022年10月22日、国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区)
  • ちばアクアラインマラソン2022 (2022年11月6日、木更津市)
  • Act Against Anything VOL.2「THE VARIETY 28」(2022年11月26日、パシフィコ横浜 国立大ホール)

雑誌・書籍・新聞[編集]

  • ヤング・ギター10月増刊号 東京ロックマップ'89 (オリジナルコラムとイラスト多数掲載、1989年、シンコーミュージック)
  • ギター・マガジン 2019年11月号 特別対談/千秋 × パッパラー河合(リットーミュージック)
  • かしわカレー図鑑(VOL.3〜コラムを掲載、フリーペーパー、柏カレーPRESS発行、不定期刊)
  • ROCK DAD 2007 Vol.1(2006年12月8日、実業之日本社)対談:高嶋政宏×パッパラー河合
  • 週刊SPA! 2020.09.22/29号 (2020年9月15日、扶桑社)サンプラザ中野くん、パッパラー河合インタビュー
  • BRUTUS(ブルータス)No.939 続・花と花束 人間関係 654 写真/篠山紀信『あの時よりも。あの時のまま』中村ゆり、パッパラー河合、2021年6月1日号
  • 50代・60代からのランニングBOOK [31] (B.B.MOOK1572) (ベースボール・マガジン社、2022年5月)
  • 「ディスカバー・クイーン THE BOOK」シンコー・ミュージック〔2022年9月24日発売(NHK-FM『ディスカバー・クイーン』制作班(編)メイン・パーソナリティ:サンプラザ中野くん、解説:西脇辰弥、レギュラー:パッパラー河合、朝日順子 ゲスト:ROLLY、浦沢直樹、剛(中川家)、渡部陽一、東郷かおる子、東儀秀樹、東郷かおる子、デーモン閣下、佐藤竹善、世良公則、高見沢俊彦、錦織健(出演順)〕
  • 「ぐるっと東日本 母校をたずねる」千葉県立東葛飾高編 第一回(2023年2月1日、毎日新聞首都圏版20面)

出典[編集]

  1. ^ 東関東人図鑑 第2回 パッパラー河合さん(ミュージシャン) | 東関東人図鑑 J:COM
  2. ^ [サンプラザ中野くん、パッパラー河合さんが JAL ホノルルマラソン 2019 オフィシャルアーティストに決定! https://www.honolulumarathon.jp/2019/office_news/artists/ 2019JALホノルルマラソン | ホノルルマラソン]
  3. ^ 「ランニングマガジン クリール」ランニングマガジンクリール
  4. ^ 柏の葉小学校 概要”. 柏市立柏の葉小学校. 2022年7月18日閲覧。
  5. ^ 「広報かしわ」平成25年4月1日号広報かしわ
  6. ^ パッパラー河合のとことん!KASHIWA マイ・ラブパッパラー河合のとことん!KASHIWA マイ・ラブ
  7. ^ クレタパブリッシング「昭和50年男」2021年7月号
  8. ^ NHK-FM「夜のプレイリスト」2021年12月7日〜11日放送
  9. ^ [1]パッパラー河合公式HP 2017.12.28付コラム
  10. ^ https://iss.ndl.go.jp/sp/show/R100000002-I000009015726-00/ 「七曲署捜査一係'98 オリジナルサウンドトラック」大野克夫 POCX-1107(『国立国会図書館サーチ』2022年11月16日閲覧。)
  11. ^ 鳥越アズーリFM 午前10時の耳たぶ予告動画”. 鳥越アズーリFM. 2022年7月18日閲覧。
  12. ^ ランニングマガジン クリール”. ベースボール・マガジン社. 2022年7月18日閲覧。
  13. ^ パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ”. 柏市役所. 2023年1月28日閲覧。
  14. ^ パッパラー河合の檄!レイソル日記”. 柏レイソルオフィシャルウェブサイト. 2023年1月28日閲覧。
  15. ^ パッパラー河合”. www.fujitv.co.jp. 2022年1月29日閲覧。
  16. ^ ヘビメタさん”. www.fujitv.co.jp. 2022年11月14日閲覧。
  17. ^ 第53回年忘れにっぽんの歌”. テレビ東京. 2022年7月18日閲覧。
  18. ^ https://www.bsfuji.tv/shimofuri80s/archive/ep06.html「霜降り明星のゴールデン80'S #06 サンプラザ中野くん パッパラー河合」(『BSフジ』2022年11月13日20:00)、2022年11月18日閲覧。
  19. ^ パッパラー河合、中森明菜から言われた“忘れられない一言” 粗品ツッコミ「みんなに言うやろ!」”. テスポニチアネックス. 2022年11月14日閲覧。
  20. ^ 第55回年忘れにっぽんの歌”. テレビ東京. 2023年1月1日閲覧。
  21. ^ パッパラー河合がサンプラザ中野くんになりすましていることを反省”. 音楽ナタリー. 2020年12月12日閲覧。
  22. ^ ヤング・シネマ・パラダイス”. NHKクロニクル. 2022年8月23日閲覧。
  23. ^ サンプラザ中野くん“祝・初公演だぜ!爆夢の中野サンプラザワンマンライブ! 「感謝還暦」サンプラザ中野くん&パッパラー河合”
  24. ^ https://c.myjcom.jp/jch/p/otomachikashiwa/
  25. ^ https://amuseplus.jp/mob/news/ticketShw.php?site=A&cd=2032
  26. ^ 安田顕、アミューズ株主総会でパジャマトーク”. ORICON NEWS. 2022年1月24日閲覧。
  27. ^ 長岡米百俵フェス
  28. ^ ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020
  29. ^ 不撓の長岡米百俵フェス
  30. ^ 昭和50年男 Vol.011 記事「バラエティ番組から生まれた推し文化の源流 ポケットビスケッツ」”. クレタパブリッシング 昭和50年男 バックナンバー. 2022年8月10日閲覧。
  31. ^ “[https://www.bbm-japan.com/amp/article/detail/32593 -SPECIAL ESSAY パッパラー河合 みんなも、今日から歩く&走るを始めよう!- 「別冊増刊MOOK 50代・60代からのランニングBOOK」(B.B.MOOK 1572)]”. 株式会社ベースボール・マガジン社. 2022年8月10日閲覧。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]