Tops (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOPS
別名 THE TOPS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ファンク
活動期間 1986年 - 1991年
レーベル ビクターレコード
メンバー 山際祥子 (ボーカルコーラス
館野江里子 (ボーカル、コーラス)
熊丸久徳 (ドラムス
橋本基 (ベース
福場潤 (ギター
山際築 (キーボード)
川嵜淳一 (トランペット
寺内茂 (トランペット)
工藤隆 (トロンボーン
旧メンバー 三井雅弘 (ボーカル、コーラス)
宅間顕 (ギター)
和佐田達彦 (ベース)
堀尾哲二 (ドラムス)

TOPS(トップス)は日本のバンドである。1986年に結成し、1991年に解散した。強力なホーンセクションと3名体制のボーカルで、迫力ある演奏を聴かせるファンク系バンドであった。

概要・来歴[編集]

1980年三井雅弘を中心に京都で結成されたファンクバンドITACHI!!(イタチ)が前身で、京阪神のライブハウスを中心に活躍。人気を集めて憂歌団の所属事務所のユニオンシャッフルに所属しながら、嘉門達夫のバックバンドを勤めていた。

前事務所退社直後に上京。女性ボーカル2名を加え、元スペクトラム新田一郎のプロデュースにより10名体制のTOPSとして1986年にデビューした。

京都時代の『汗臭くて泥臭くて男臭いファンク』と正反対の『近未来を意識し過ぎた』コンセプトはプロデューサーで後に所属事務所の社長となった新田一郎がかつて在籍していたスペクトラムを彷彿とする物であった。

尚、デビューアルバムの全曲の作詞を主要メンバーと同世代の作詞家でテクノバンドハルメンズのボーカリストでもあった佐伯健三が手がけていて、汗臭さは影をひそめてうかがえなくなった。

翌1987年のシングル「黒い炎」(チェイスの日本語詞によるカヴァー)がスマッシュ・ヒットし多くの音楽番組に出演、全国区にその名が知られるようになる。

また同曲発表時からリードボーカルが三井雅弘から山際祥子に交代し、同時に洋楽のカヴァーも数多く取り入れるようになった。

1989年には大幅なメンバーチェンジが行われ、正式名称も『THE TOPS』となっている。

このTOPSという名称は『東京・大阪・パーでんねんスペシャル[1]の略で付けられたと言われる。

なお、OVAザ・超女のサントラ版には『山際祥子 with TOPS』と言う名で参加している。

1991年解散後、三井と和佐田はITACHI!!の名を回復し「一夜限り」など限定期間で1993年3月、2006年11月、2012年に公演、「MOTTO〜イヤなものはイヤといえ」などその一部を動画サイトユーチューブに三井によって公開している。
山際祥子は現在(2016年)歌手・音楽活動と東京自由が丘整体治療院を営む。

メンバー[編集]

TOPS(第1期)[編集]

THE TOPS(第2期)[編集]

  • 山際祥子 (ボーカル・コーラス)
  • 館野江里子 (ボーカル・コーラス)
  • 熊丸久徳 (ドラムス)
    • 加入前はZIG ZAGのドラマーとして活躍していた
  • 橋本基 (ベース)
  • 福場潤 (ギター)
  • 山際築 (キーボード)
  • 川嵜淳一 (トランペット)
    • この時期、爆風スランプのファンであった池沢理美と爆風スランプのファンキー末吉が参加していたBBS上で知り合いになり、漫画のモデルにされる。(『かっとびニューヨーカー』(2)に「川崎」という名で登場する。)
  • 寺内茂 (トランペット)
  • 工藤隆 (トロンボーン)

作品[編集]

シングル[編集]

  • それ行けBOYS!(1986年6月21日、SV-9136)
    • A面 それ行けBOYS!
    • B面 世界の天気屋
  • アンモナイトな夜(1986年10月21日、SV-9178)
    • A面 アンモナイトな夜
    • B面 そーしまっか
  • 黒い炎 (1987年4月21日、SV-9236)
    • A面 黒い炎 GET IT ON
    • B面 黒い炎 MODERN VERSION
  • VEHICLE(1987年7月21日、SV-9263)
    • A面 VEHICLE
    • B面 はるかなる想い(When I Need You)
  • She's A Lady (1987年11月21日、SV-9298)
    • A面 She's A Lady(Another Version)
    • B面 Sugar Baby Love
  • LOVING YOU (1988年7月1日、SV-9365)
    • A面 LOVING YOU
    • B面 LOVING YOU(English Version)
  • ロマンのChampion (1988年10月5日、SV-9379)
    • A面 ロマンのChampion
    • B面 ダンスホール
  • タイムマシンにおねがい(1989年4月6日、VDR-15002)
    1. タイムマシンにおねがい
    2. タイムマシンにおねがい (Instrumental)
    3. Burning Love
    4. HOLD ON! I AM COMIN'
  • I, My, Mine(1989年10月21日、VDRS-10005)
    1. I, My, Mine
    2. Merry X'mas&A Happy New Year
    3. I, My, Mine (Instrumental)
    4. Merry X'mas&A Happy New Year (Instrumental)

アルバム[編集]

  • 「ヤ」なものは「ヤ」 (1986年2月21日)
    1. ジャッキーくん
    2. 世界の天気屋
    3. ジーナは女神
    4. ジュエリー ラバー
    5. それ行け Boys!
    6. Do Yo Funk (ドー ヨー ファンク)
    7. マシンファイター 〜ビジネス戦士にささぐ〜
    8. 秘境にナイトライフ
    9. 「ヤ」なものは「ヤ」
  • LUCKY HORROR SHOW (1986年10月21日)
    1. そーしまっか
    2. プリプリベイビー
    3. アンモナイトな夜
    4. くじけた瞳のDreamer
    5. 舞踏会の人魚
    6. Vitamin Lover
    7. ごはんができた
    8. N.G.
    9. Gotandaララバイ
    10. Motto!
    11. Good Bye 茶っきり娘
    12. 気分は地平線
  • VEHICLE (1987年8月5日)
    1. Hold On! I'm Comin'
    2. Get Back
    3. She's A Lady
    4. Gimme Dat Ding
    5. Vehicle
    6. Sugar Baby Love
    7. Move Over
    8. 黒い炎 (Get It On)
    9. Take Me In Your Arms
    10. 星に願いを
  • Romanesque Champion (1988年10月21日、SJX-30371、VDR-1559)
    1. クロコダイル・ロック
    2. 胸いっぱいの愛を
    3. Loving You
    4. プラタナス
    5. One More Chance
    6. タイムマシンにおねがい
    7. ダンスホール
    8. ロマンのChampion
    9. It's Japanese Radio Days
    10. I'm A Man
  • SOUL CHILDREN (1989年11月21日、VDR-1642)
    1. SOUL CHILDREN
    2. I, My, Mine
    3. 雨が降る
    4. 20世紀
    5. Let's Groove -ちっぽけな地球の夜を止めないで-
    6. Merry X'mas & Happy New Year
    7. Lonely cry, Blue!
    8. 日曜日の夜
    9. あと1cm
    10. Da! Da! Da! Dancin'!!
    11. SOUL CHILDREN (reprise)

ベストアルバム[編集]

  • TOPS THE BEST (1991年2月21日、VICL120)
    1. 世界の天気屋
    2. 「ヤ」なものは「ヤ」
    3. そーしまっか
    4. プリプリベイビー
    5. 黒い炎 (Get it On)
    6. Vehicle
    7. She's A Lady
    8. Move Over
    9. タイムマシンにおねがい
    10. 胸いっぱいの愛を
    11. Loving You
    12. ロマンのChampion
    13. SOUL CHILDREN
    14. I, My, Mine
    15. FRIENDS
    16. はるかなる想い

脚注[編集]

  1. ^ 「パーでんねん」のギャグの創造者とされる明石家さんまの了承を嘉門達夫ルートで取った。この事が機縁となりTOPSの曲が『さんまのまんま』のエンディングテーマとなった。