憂歌団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
憂歌団
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル ブルースフォーク歌謡曲
活動期間 1970年 - 1998年2013年 - 現在
レーベル SHOW BOATレコード
フォーライフレコード
ワーナーミュージック
メンバー 木村充揮 (vo., guitar)
内田勘太郎 (guitar, vo.)
花岡献治 (bass, vo.)
新井田耕造 (drums)
旧メンバー 島田和夫 (drums)

憂歌団(ゆうかだん)は、日本ブルースバンド木村充揮内田勘太郎・花岡献治・島田和夫の4人のメンバーは、1975年のデビュー当時から20年以上に渡り不動であった。

略歴[編集]

1970年、木村と内田の二人で結成。初ステージは花岡以外の3人が在籍していた大阪市立工芸高等学校の文化祭のステージだった。バンド名は「ブルース・バンド」の邦訳で、内田が考えた[1]。高校卒業後、阿倍野の喫茶店で定期的にライブを行う。

1974年、ベースに花岡、ドラムに島田が加入。

1975年10月1日、トリオレコードのショーボートレーベルからシングル「おそうじオバチャン」でデビュー。同曲は彼らの代表曲として知られているが、一週間後に「掃除婦に対して差別的な歌である」との理由により、放送禁止処分を受けた[2]

1976年12月、スリーピー・ジョン・エスティスの来日公演の前座とバック・バンドを務める。このときの模様は「Blues Is A Live」と題されたライヴ盤となっている。

1980年5月、マディ・ウォーターズと東京、大阪でジョイントする。

1982年2月28日、NHK-FM特番「Blues Made In Japan」でRCサクセションとジョイントする。5月、日比谷野音にて仲井戸麗市をゲストにコンサートを行う。

1983年フォーライフレコードへ移籍し「リラックス・デラックス」をリリースする。

1986年7月、日比谷野外音楽堂で開催されたジャパン・ブルース・カーニバルに出演。以後、活動停止まで、同カーニバルには毎年出演した。

1988年6月、アメリカイリノイ州シカゴのシカゴ・ブルーズ・フェスティバルに日本人として初めて出演。プロデューサーに康珍化を迎えたアルバム「BLUE'S」が結成以来のビッグヒットとなる。

1990年、それまでの所属会社であるユニオンシャッフル(奥村ひでまろ社長)解散に伴い、憂歌団オフィスを設立。ジャンケンにより花岡が初代社長に就任。木村が木村充揮へ改名。続いて花岡も花岡献治へ改名。

1993年、フォーライフを離れ、ワーナーミュージックへ移籍。アルバム「GON-TA」をリリースする。

1996年、テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の4作目において、オープニングとエンディングのテーマ曲を担当する。また、その第33話では妖怪さら小僧の歌を盗用するバンドとして、全員が本人役で特別出演した。

1998年、バンドの冬眠を宣言し、同年12月に名古屋、大阪、東京で最後のコンサートを行った[3]

2012年10月2日、島田が神戸市中央区の自宅マンションの階段付近で遺体となって発見され、その後自殺と断定された[4]

2013年5月、再結成を発表。

8月3日、『情熱大陸 SPECIAL LIVE
SUMMER TIME BONANZA'13』大阪公演に出演。8月10日、東京公演に出演。

9月7日・8日、なんばHatchにて復活ライブ『憂歌団からの便り。〜島田和夫祭り〜』を開催。オリジナルメンバー3人とゲストドラマー4人による「ドラマーズ」(新井田耕造〈ex.RCサクセション〉・梶原徹也〈ex.THE BLUE HEARTS〉・小林雅之JUN SKY WALKER(S)〉・杉山章二丸〈MOJO CLUB〉)という編成だった。

12月1日、ドラムに新井田耕造が加入。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

ライヴアルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

  • 「SUMMER DOZE ~for lovers only~」(フォーライフ、1986年7月21日)

カバーアルバム[編集]

  • 「Blues 1973-1975」(SHOW BOAT、1978年11月)
  • 「知ってるかい!?」(ワーナーミュージック、1994年9月25日)

編集盤[編集]

未発表音源集[編集]

BOX[編集]

シングル[編集]

  • おそうじオバチャン(1975年10月1日)
    • c/w:ひとり暮し
  • たくわん(1976年3月)
    • c/w:どてらい女
  • パチンコ(1976年9月)
    • c/w:10$の恋
  • 夜明けのララバイ(1978年3月)
    • c/w:四面楚歌
  • カントリー・ガール(1979年3月)
    • c/w:嫌んなった
  • 夢(1981年8月)
    • c/w:Whoo Baby
  • オナカ・イ・タ・イ(1983年9月21日)
    • c/w:恥ずかしい
  • ザ・エン歌(1984年7月21日)
    • c/w:夜明けまで
  • スッポンポン(1985年10月21日)
    • c/w:オモロイナ
  • You are my Angel(1986年11月21日)
    • c/w:夢の印度
  • 大阪ビッグ・リバー・ブルース(1988年5月21日)
    • c/w:オンリー・ロンリー・ジャマイカ
  • かぞえきれない雨(1988年10月21日)
    • c/w:ちっちゃなダイヤモンド
  • 胸が痛い(1989年9月21日)
    • c/w:想い出の街
  • わかれのうた(1990年7月25日、神谷玄次郎捕物控主題歌)
    • c/w:キスに願いを
  • 胸が痛い('91 New Version)(1991年9月21日)
    • c/w:わたしの星
  • 胸が痛い('91 New Version)(1992年8月21日)
    • c/w:Good time's rollin',bad time's rollin'
  • 純愛だけど朝帰り(1993年7月25日)
    • c/w:TEARS IN HEAVEN
  • WOO CHILD(1993年10月25日)
    • c/w:君といつまでも
  • ファンキー・モンキー・ベイビー(1994年9月25日)
    • c/w:あれからゾンビ
  • 風を追いかけて~CHASIN' THE WIND~(1994年11月30日、筑紫哲也 NEWS23エンディングテーマ)
  • HAPPY GO LUCKEY(1994年12月21日、大遊協イメージソング)
    • c/w:パチンコ~ランラン・ブルース、ゲーム・イズ・オーヴァー
  • フワ・フワ~もう一杯おネエチャン(1995年10月25日)
    • c/w:みんな急げ
  • ゲゲゲの鬼太郎(1996年2月25日、ゲゲゲの鬼太郎(4作目)オープニングテーマ)
    • c/w:カランコロンの歌(ゲゲゲの鬼太郎(4作目)前期エンディングテーマ)
  • イヤンなっちゃう節(1997年8月10日、ゲゲゲの鬼太郎(4作目)後期エンディングテーマ)
    • c/w:ぺったらぺたらこ(ゲゲゲの鬼太郎(4作目)第33話「逆襲!妖怪さら小僧」挿入歌)
  • ゲゲゲの鬼太郎(2013年9月18日)
    • CD:1. ゲゲゲの鬼太郎/2. カランコロンの歌/3. イヤンなっちゃう節/4. ぺったらぺたらこ
    • DVD:ゲゲゲの鬼太郎(4作目)第33話「逆襲!妖怪さら小僧」

映像作品[編集]

  • 「憂歌団LIVE ATサーカス サーカス」(1976年4月)
  • 「憂歌団LIVE アナログ」(フォーライフ、1989年12月21日)
  • 「憂風 ~GON-TA TOUR '93 LIVE~ 」(ワーナーミュージック、1994年3月25日)
  • 「ライブ帝国 憂歌団」(ドリームタイムエンタテインメント、2005年9月23日)
  • 「SPACE SHOWER ARCHIVE 憂歌団 LIVE 9212」(デジタルサイト、2007年3月23日)
  • 「憂歌団からの便り。~島田和夫祭り~」(SPACE SHOWER MUSIC、2014年5月28日)
    • 2枚組

CD-ROM[編集]

CMソング[編集]

ほか

参考書籍[編集]

  • 憂歌団DELUXE (白夜書房、1988年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]