カバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カバーカヴァー: cover)は、ポピュラー音楽の分野で、過去に他人が発表した曲を歌唱編曲演奏して発表することである。元は代役を意味する言葉である。聞き手に新たな解釈を提示したもの。本人が発表した曲の場合はセルフカバーという。

概要[編集]

カバーとはある楽曲が複数の歌手共有される現象である。動機としては、カバーしようとする歌手がその楽曲を純粋に好んで歌うため・持ち歌不足を補うため・他人への提供楽曲をファンや音楽会社の要望で録音を行うため・有名な曲をカバーすることで宣伝効果が得られるため、等々がある。そのため、歌詞やタイトルが変更されることもある。 これに対し、コード進行や一部の歌詞・旋律を引用することをサンプリング[1]と言い、カバーとは区別する。

著作権との関係[編集]

日本では法的には日本音楽著作権協会(JASRAC)など[要検証]の音楽著作権管理団体の管理楽曲であれば、その団体に申請し所定の著作権使用料を支払う事でカバーできる。ただし、原曲に新たに編曲(アレンジ)を加えて使用する場合は注意を要する。楽曲を編曲する権利(翻案権)は著作権者が専有しており(著作権法27条)、著作者は自身の「意に反する」改変を禁じる権利(同一性保持権)を有している(著作権法20条)。これらのJASRACが管理していない権利(著作者人格権、楽曲の翻案権など)については、それぞれの権利者に許諾を得る必要がある。そのため、PE'Zの「大地讃頌」のように、編曲に対して著作者である佐藤眞から同一性保持権の侵害が申し立てられた結果、CDの販売停止と同曲の演奏禁止という事態に発展した事例もある(大地讃頌事件を参照)。また、ORANGE RANGEの一部作品に見られるように、当事者への申し入れが一切ないままにサンプリングを行い、後日の話し合いでカバー曲として認知に至ったケースもある。(ORANGE RANGE#盗作問題を参照。)

歴史[編集]

日本[編集]

日本では、1936年のポリドールの正月新譜として『名曲玉手箱』が発表されている。これは当時のポリドールの花形歌手が他の歌手のヒット曲を一番ずつ歌うという企画であった[2]

1955年、日本の童謡である「証城寺の狸囃子」(1929年の平井英子版が著名)を、米国のアーサー・キットが『Sho-Jo-Ji (The Hungry Raccoon) 』として歌唱し、日本国内で20万枚近くを売り上げるヒットとなった。また同曲は、朝鮮民主主義人民共和国でもその旋律が流用されており、『北岳山の歌(북악산의 노래)』という童謡に改編されている。[3]

1960年、小林旭の「ズンドコ節」、井上ひろしの「雨に咲く花」(関種子のカバー)など、過去のヒット曲のカバー・リメイク曲が次々とヒットし[4]、1960年〜61年頃にかけて日本の歌謡界にリバイバルブームが起こった[5]

1960年代にはシャンソンブームが到来し、フランス由来の楽曲の日本語カバーで越路吹雪による「愛の讃歌」、「サン・トワ・マミー」が著名となった。「ラストダンスは私に」、「オー・シャンゼリゼ」など米英由来の楽曲でもシャンソンとして認知されている場合もある。

1970年代以降、多くの日本歌謡曲が香港や台湾でカバーされ人気を博した。(後半の項に詳述。)複数の歌詞で、あるいは複数の歌手が同じ曲を競作でカバーすることもある。逆にアジア由来のメロディとしては、韓国トロットを源流とする「釜山港へ帰れ」や、中国歌謡から戦後輸入カバーされ、中華圏のビジネスマン接待等カラオケで人気となった「夜来香」があり、認知度の高い楽曲である。

1971年、尾崎紀世彦は全曲洋楽のカバーアルバム『尾崎紀世彦ファースト・アルバム』を発売、オリコンチャート2位、年間10位のヒットとなる。シャンソンの「雪が降る」(サルヴァトール・アダモ)のカバーでも人気を博した。

1975年、かぐや姫の「なごり雪」をイルカがカバーし、大ヒットする。

1977年、吉田拓郎のカバーアルバム『ぷらいべえと』がカバーアルバムとして初のオリコン1位を獲得[6]

1979年、西城秀樹ヴィレッジ・ピープルの「Y.M.C.A.」を「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」としてカバーし、大ヒット。洋楽のカバー曲として初めて日本歌謡大賞を受賞した。これを切っ掛けとして1980年代に欧米のディスコ・ミュージックに日本語詞を付けるカバー曲が流行した。中でも荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」は1986年から流行し、所収のアルバム『NON-STOPPER』は1987年度のオリコンアルバム売上年間1位を記録、2010年代にもリバイバルで再注目された。

1980年代に一世を風靡した大映ドラマの主題歌には、洋楽のカバーが多数起用され、麻倉未稀の「What a feeling 〜フラッシュダンス」・「ヒーロー」、MIEの「NEVER」、椎名恵の「今夜はANGEL」・「愛は眠らない」などヒットを量産した。

1984年、イタリアのガゼボの名曲をカバーした「雨音はショパンの調べ」(小林麻美)がヒットし、3週連続オリコン1位となった。

1988年、薬師丸ひろ子中島みゆきの「時代」をカバーし、ヒット[7]。続いて1989年、斉藤由貴井上陽水の「夢の中へ」を、森高千里南沙織の「17才」をカバーしそれぞれ大ヒット[7][8]。これをきっかけとして当時の若手歌手が過去のヒット曲をカバーすることが流行した[7][8]

1980年代末〜1990年代前半には、欧米のアーティストがJ-POPの楽曲をカバーしたいわゆる「逆カバー」がブームになった[9][10]。ブームのきっかけは1989年レイ・チャールズサザンオールスターズの「いとしのエリー」を「Ellie My Love」としてカバーしヒットしたことだとも[11]、1990年に発売されたA.S.A.P.松任谷由実の楽曲をカバーしたアルバム『GRADUATION』がヒットしたことだとも言われる[10]

1994年、中森明菜がカバーアルバム『歌姫』を発売、30万枚のヒット。2002年と2004年には続編も発表され、累計で100万枚を売り上げる[12]

1997年頃から、往年の大スターの曲を聴いて育った世代のミュージシャンたちが、オリジナルを自身のアレンジで吹き込み直し、そのスターに捧げるという意味でのカバーバージョン集「トリビュート・アルバム」が増える[13]

森山良子による1998年初出の楽曲『涙そうそう』(作曲:BEGIN)は、BEGIN自身によるシングル化を経て、夏川りみによる2001年のカバーに火がつき、JASRAC賞(著作権分配額を表彰する)で2004年度の銀賞となるなど、国民的に著名な楽曲となった。

2000年代初頭の日本の音楽業界では、CD不況の影響を受けてCDが売れないため、レコードを多く買っていた団塊の世代を狙った形での過去のヒット曲のカバーが非常に増えた。2000年代初頭の日本の音楽業界におけるカバーブームのきっかけとなったとされるのは、2001年に発売された井上陽水のカバーアルバム『UNITED COVER』である[5][14][15]。同年には坂本九の「明日があるさ」をウルフルズRe:Japanらがカバーしてヒットさせた[15]。2002年にはヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」を島谷ひとみがカバーしてヒットさせ、また様々なアーティストがカバーアルバムを発表[15]。さらにはテレビ東京で『カヴァーしようよ!』が放送された[15]

2005年9月に発売された、徳永英明が女性アーティストの曲をカバーしたアルバム『VOCALIST』は、日本ゴールドディスク大賞『企画アルバム・オブ・ザ・イヤー』を受賞。『VOCALIST 2』『VOCALIST 3』『VOCALIST 4』も含めて大ヒットした。

2005年秋から翌年にかけ、映画『NANA-ナナ-』の劇中歌として大ヒットした伊藤由奈の『ENDLESS STORY』は、元々1993年のアメリカ映画「Indecent Proposal」(邦題:幸福の条件)の劇中歌“If I'm Not in Love With You”であったが、1998年のジョディ・ワトリーや1999年のフェイス・ヒルらによって相次いでカバーされていた楽曲である。

2000年代後半には、J-POPの楽曲をボサノヴァレゲエ風のソフトアレンジでカバーしたアルバムが多く発売される。代表的なアーティストとしてSOTTE BOSSEがある[16]

2006年、アリスターが日本向け企画アルバムとして発売した『Guilty Pleasures』がヒットし、欧米アーティストがJ-POPの楽曲をカバーした作品が再び注目されるようになる[17]。2008年11月元MR. BIGヴォーカリスト、エリック・マーティンによる日本の女性ヴォーカルの曲をカバーしたアルバム『MR.VOCALIST』が話題になる[18]

2010年には男性デュオコブクロが40万枚限定で『ALL COVERS BEST』を発売し、オリコンチャートの初動売り上げで29.1万枚を記録。同チャートにてカバーアルバム史上最高の初動売り上げとなった。

2013年、クリス・ハートがJ-POPの楽曲をカバーしたアルバム『Heart Song』を発売。続編を含めると、累計で100万枚を超える出荷枚数を記録している[19]

2018年、イタリアのジョー・イエローが1992年にリリース発売した「U.S.A.」を、DA PUMPが、シングルカバー曲として発売。「いいねポーズ」や「ヒゲダンス」など真似しやすい振り付けを取り入れたMVの再生回数は1億回を突破する[20]など、大ヒットした。共に1980年代ユーロビートの再来を彷彿とさせた。

2020年、松原みきの「真夜中のドア〜Stay With Me」(1979年初出)が、インドネシアの歌手でYouTuberであるRainychによりカバーされた事が要因の1つとなって、同楽曲の人気に火が付き、41年の時を経て世界各国のサブスクリプションで上位にランクイン、また日本のシティポップの世界的なブームの火付け役ともなった。

2021年3月22日、天月-あまつき-MONGOL800の「小さな恋のうた」をカバーした動画が、カバー曲の動画(歌ってみた動画)として日本人初の1億回再生を突破したと発表された[21][22][23]

日本発祥の楽曲の外国語カバー[編集]

1980年代には千昌夫の「北国の春」、谷村新司の「」、喜納昌吉の「花〜すべての人の心に花を〜」が中華圏・東南アジア全域でヒットし、多くの歌手にカバーされた。 1990年代以降には、日本発のドラマコンテンツ、またアニメなどが運び手となり、多くの日本発祥楽曲がカバーされるようになった。

その他、アジア各国では日本アニメが国民的に浸透しており、アニメ主題歌は現地語バージョンが作られる場合もあり、浸透度は極めて高い。

欧米では、坂本九の「上を向いて歩こう」は本家版が全米1位となった1963年から時を経て、カバーしたテイスト・オブ・ハニー版も1981年にビルボード3位に入ったほか、欧州・南米でもカバーされ世界的スタンダードナンバーとなっている。また、YMOの「ビハインド・ザ・マスク」はマイケル・ジャクソン、のちにエリック・クラプトンによってカバーされた稀有な例である。


主な年間チャート上位曲(日本)[編集]

オリコンシングルランキング[編集]

曲名 歌手名 原曲歌手名 チャート
黒ネコのタンゴ 皆川おさむ ヴィンチェンツァ・パストレッリ 1969年度5位
1970年度1位
ドリフのズンドコ節 ザ・ドリフターズ 田端義夫 1970年度2位
圭子の夢は夜ひらく 藤圭子 園まり 1970年度3位
京都の恋 渚ゆう子 ザ・ベンチャーズ 1970年度10位
知床旅情 加藤登紀子 森繁久彌 1971年度2位
また逢う日まで 尾崎紀世彦 ズー・ニー・ヴー 1971年度3位
別れの朝 ペドロ&カプリシャス ウド・ユルゲンス 1972年度8位
22才の別れ かぐや姫 1975年度7位
岸壁の母 二葉百合子 菊池章子 1976年度5位
フィーリング ハイ・ファイ・セット モーリス・アルバート 1977年度10位
Mr.サマータイム サーカス ミッシェル・フュガンフランス語版 1978年度8位
YOUNG MAN (Y.M.C.A.) 西城秀樹 ヴィレッジ・ピープル 1979年度7位
みちづれ 牧村三枝子 渡哲也 1979年度9位
別れても好きな人 ロス・インディオス & シルヴィア 松平ケメ子 1980年度8位
哀愁でいと 田原俊彦 レイフ・ギャレット 1980年度10位
矢切の渡し 細川たかし ちあきなおみ 1983年度2位
CHA-CHA-CHA 石井明美 フィンツィ・コンティーニ 1986年度1位
愛が止まらない 〜Turn it into love〜 Wink カイリー・ミノーグ 1989年度5位
涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜 Wink ムーラン・ルージュ英語版 1989年度10位
全部だきしめて KinKi Kids 吉田拓郎LOVE2 ALL STARS 1998年度10位
大きな古時計 平井堅 2002年度7位
Jupiter 平原綾香 2004年度3位
ロコローション ORANGE RANGE リトル・エヴァ 2004年度7位
Mickey Gorie with Jasmin & Joann レイシー
トニー・バジル
2004年度10位
千の風になって 秋川雅史 新井満 2007年度1位

RIAJ有料音楽配信チャート[編集]

曲名 歌手名 原曲歌手名 チャート
Lifetime Respect -女編- RSP 三木道三 2007年度7位(着うたフル)[25]
また君に恋してる 坂本冬美 ビリー・バンバン 2010年度6位(着うたフル)[26]

Billboard Japan Hot 100[編集]

曲名 歌手名 原曲歌手名 チャート
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 松たか子 イディナ・メンゼル 2014年度7位[27]
U.S.A. DA PUMP ジョー・イエロー 2018年度2位[28]
2019年度9位[29]

チャートの説明はBillboard Japan Hot 100を参照。

フル配信ミリオン認定作品(日本レコード協会)[編集]

曲名 歌手名 原曲歌手名 認定月
また君に恋してる 坂本冬美 ビリー・バンバン 2014年1月
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜 松たか子 イディナ・メンゼル 2014年6月
アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士 DJ OZMA ボニーM
DJ DOC
2014年12月
銀河鉄道999 EXILE feat.VERBALm-flo ゴダイゴ 2017年3月

脚注[編集]

  1. ^ 例として、2023年に日本語詞の楽曲として史上初めてRIAAのゴールド認定を受けた米津玄師の『KICK BACK』は、詞曲の一部にモーニング娘。の『そうだ! We're ALIVE』をサンプリング引用している。
  2. ^ LPレコード『懐かしのメロデー 日本歌謡史 第5集 昭和11年』(国際情報社)付属ライナーノーツ、18頁。(同ページの著者は森一也
  3. ^ 北朝鮮では、鉄道唱歌もカバーされているが、こちらは"反日革命歌"となっている。https://www.youtube.com/watch?v=Usi-YZH5gWw
  4. ^ 読売新聞』1960年11月7日付夕刊、5頁。
  5. ^ a b 戦後60年に去来したブームたち 音楽のブーム、月刊基礎知識 2005年2月号、自由国民社
  6. ^ 徳永英明、カバー作で15年10ヶ月ぶりの1位獲得! ニュース-ORICON STYLE
  7. ^ a b c 「井上陽水、南沙織の『リメーク曲』がモテるわけ」『週刊ポスト』1989年6月30日号、65-66頁。
  8. ^ a b 「ザ・トレンド 歌謡界のリバイバルブーム」『近代中小企業』1989年9月号、13頁。NDLJP:2653866/7
  9. ^ 朝日新聞』1991年8月10日付夕刊、12頁。
  10. ^ a b 飯塚恆雄『ニッポンのうた漂流記 ロカビリーから美空ひばりまで』2004年、河出書房新社、229-230頁。ISBN 4-309-01659-6
  11. ^ 「日本の音楽洋才で サザン、ユーミンに英語版」『日経流通新聞』1990年6月14日付、27頁。
  12. ^ デビュー30周年を目前に…。記録以上に記憶に残る“歌姫・中森明菜”の衝撃!!、文化通信.com、2010年10月28日。(2010/12/28閲覧)
  13. ^ “トリビュート・アルバムー古い音源への興味高まる(ヒット直送便)”. 日本経済新聞 (東京: 日本経済新聞社): p. 31. (1997年8月16日) 
  14. ^ 街にあふれるカバー曲/懐かしい歌、若者には新鮮東奥日報、2002年7月27日。
  15. ^ a b c d カバーブーム|時事用語事典、情報・知識&オピニオン imidas - 2021年8月12日閲覧。
  16. ^ J-POPのカバーで脅威の70万枚ヒット! 「Sotte Bosse」の人気のワケは?、日経トレンディネット、2007年12月3日。
  17. ^ J・ポップに新たな命 欧米の人気歌手がカバー読売新聞、2009年1月30日。
  18. ^ “邦楽カバー・マーケット”を大きく拡大 エリック・マーティンのヒットオリコン、2009年3月3日(元記事は『ORICON BiZ』2009年3月2日号)。
  19. ^ クリス・ハート、5年ぶりのオリジナルアルバム『COMPLEX』7月14日リリース 9月からは発売を記念した全国ホールツアーもスタートぴあ、2021年5月7日。
  20. ^ DA PUMP「U.S.A.」YouTube再生数1億回を突破、Billboard Japan、2018年10月27日。
  21. ^ 天月-あまつき-の「歌ってみた」動画、日本初1億回再生突破 活動の“原動力”であるファンに感謝、ORICON NEWS、2021年3月22日。
  22. ^ 天月の「小さな恋のうた」、カバー曲として日本人初の再生1億回スポーツ報知、2021年3月22日。
  23. ^ 天月「小さな恋のうた」カバー動画で日本人初の再生1億回!発表5年で大台到達スポーツニッポン、2021年3月22日。
  24. ^ その他、台湾でも北京語カバーとして『風中的承諾』(リンダ・リー)が知られている。
  25. ^ 2007年有料音楽配信チャート(通称:レコ協チャート)(「着うたフル(R)」)、日本レコード協会、2008年3月21日。
  26. ^ レコード協会調べ 2009年12月16日~2010年12月14日「着うたフル(R)」 2010年有料音楽配信「年間チャート」(通称:レコ協チャート)、日本レコード協会、2010年12月20日。
  27. ^ Billboard Japan Hot 100 Year End 2014、Billborad JAPAN - 2019年3月31日閲覧。
  28. ^ Billboard Japan Hot 100 Year End 2018、Billborad JAPAN - 2019年3月31日閲覧。
  29. ^ Billboard Japan Hot 100 Year End 2019、Billborad JAPAN - 2020年6月25日閲覧。

関連項目[編集]