園まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
園まり
別名 薗部毬子
生誕 (1944-04-12) 1944年4月12日(75歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
ジャンル 歌謡曲和製ポップス
職業 歌手女優
担当楽器
活動期間 1962年 - 1994年
2001年 -
事務所 キタガワサウンズ
公式サイト 園まり オフィシャルサイト

園 まり(その まり、1944年4月12日 - )は、日本の歌手女優。本名は、薗部毬子(そのべ まりこ)。

略歴[ソースを編集]

神奈川県横浜市出身。1954年10歳で安西愛子に師事しコーラスグループ“杉の子子ども会”を経て、キング児童合唱団へ入団。1956年、本名の薗部毬子名義で、キングレコードから「つゆの玉ころり」で童謡歌手としてデビュー。同時に岸恵子、有馬稲子と共にミシンの広告モデルとしても活動。

元々はクラシックの歌手を目指していたが、1960年11月NET『あなたをスターに』で優勝。1961年4月渡辺プロダクションに入社。1962年5月「鍛冶屋のルンバ」でレコードデビュー。7月フジテレビレッツゴー三人娘』で中尾ミエ伊東ゆかりと『スパーク3人娘』を結成。『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などに出演。

洋楽の日本語カバー「マッシュ・ポテト・タイム」「太陽はひとりぼっち」「女王蜂」「花はどこへ行った」がヒット。1964年「何も云わないで」がNHK”きょうのうた”で放送され、歌謡曲の初ヒットとなる。その後「逢いたくて逢いたくて」「夢は夜ひらく」「何んでもないわ」「愛は惜しみなく」 等のヒットも記録し、園まり節と呼ばれる[誰によって?]歌唱法でヒット。また、「夢は夜ひらく」は藤圭子歌唱によるバージョンも存在する。これら3作は同名タイトルで日活で映画化された。『NHK紅白歌合戦』には1963年から1968年まで6回連続出場(1963年の「キューティ・パイ・メドレー」と1964年の「夢みる想い」は、中尾・伊東と三人娘で歌唱)。

1966年 - 1967年マルベル堂ブロマイド売り上げ女性歌手第1位。

その後、ディナーショーや女優としてのドラマ出演などで活動。1990年代に一時[いつ?]、芸能界を退いていたが、芸能活動を再開[いつ?]2006年に25年ぶりのシングル「2人はパートナー」(原曲:ペ・ヨンジュン主演・韓国ドラマ「初恋」挿入歌)を発売。「逢いたくて逢いたくて」は2007年、映画『歌謡曲だよ、人生は』の第9話(主演:妻夫木聡)の歌に起用された。

2009年3月4日放送、テレビ朝日『徹子の部屋』で、初期の乳がんだったことを告白[出典無効]。2007年に発見したが、翌2008年1月に手術して克服し、早期発見の大切さを訴えた[いつ?]

2010年4月「アクティブシニア2010」園まりふれあいコンサートin名古屋ドーム、6月「大人の文化祭2010」園まりふれあいコンサート in 長野エムウェーヴなどのシニア向けコンサートに出演。

2011年(2011年6月・7月NHK「ユアソング」)「もう一度逢いたくて」発売。

現在[いつ?]はコンサート、人生体験を交えた「語りでつづるライブ」、3人娘コンサートなどさまざまな音楽活動の傍らで、老人ホームなどでのボランティア活動にも取り組んでいる。

特記事項[ソースを編集]

  • 東京の小学校時代、放送部に所属、評判の名アナウンサーだった。
  • 全盛期[いつ?]日劇で開催された『園まりショー』では、ザ・ドリフターズ布施明が前座をつとめていた。
  • 遠藤周作が、著書『足のむくまま気のむくまま」』(文春文庫 1986年)で、園まりファンを公表。
  • おっとりと初々しい雰囲気が人気の一因であったが、作家の小林信彦が放送台本も手掛けていた時代、売り出し中の彼女から、自分が芸能界に向いていないのではないかと相談を持ち掛けられた思い出を後年のエッセイに記している。
  • 2003年文藝春秋で発表された小説「忌中」(車谷長吉・著)の中に、復活直後の様子が取り上げられている(のちに文庫化)。
  • ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」を日本語詞でカバー。レコーディングはされていないが、ステージソングでは欠かせない1曲に。訳詞は大塚彩子に依頼。2011年11月16日に発売された、ベン・E・キングのアルバム「Dear Japan,」に収録された日本語版「スタンド・バイ・ミー」には、園まりヴァージョンの訳詞が採用されている。

音楽[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

  • 鍛冶屋のルンバ/ベルリンの街角で(1962年5月10日、DJ-1232)
  • 恋する悲しさ/私のハートに賭けないで(1962年7月20日、DJ-1235)
  • マッシュポテトタイム/愛の白夜(1962年7月20日、DJ-1248)
  • 太陽はひとりぼっち/家へ帰ろう(1962年9月10日、DJ-1262)
  • グッドバイ・ジョー/約束して(1963年2月10日、DJ-1309)
  • 燃える太陽/可愛いばらの少女(1963年4月1日、DJ-1332)
  • 赤い風車/月夜の渚(1963年8月、DJ-1362) 初めてのオリジナル作品
  • 女王蜂/禁じられた恋の島(1963年8月1日、DJ-1380)- 1963年・第14回NHK紅白歌合戦歌唱曲:三人娘による「キューティ・パイ・メドレー」の1曲として披露
  • プリンセスではないけれど/涙のバースデイ・パーティ(1963年8月20日、DJ-1393)
  • 夢の散歩道/ヴィーナスの竪琴(1964年1月、DJ-1419)
  • 聞いちゃった!歌っちゃった!泣いちゃった!/明日に太陽を(1964年1月10日、DJ-1431)
  • ひなげしの花咲けば/銀座のキューピット(1964年5月、DJ-1447)
  • 花はどこへ行った/ほゝにかかる涙(1964年5月10日、SDR-1008)
  • ガラスの花園/帰らぬ初恋(1964年8月、SDR-1012)
  • 何も云わないで/雨はいじわる(1964年10月、SDR-1028)- A面:NHKきょうのうた,B面:TBS-TV「ポップソング」より
  • 夜明けの星のように/ごめんねママ(1964年12月、SDR-1045)
  • あなたとなら/冷たい星の下(1965年3月、SDR-1066)
  • この喜びの日に/さよなら(1965年5月5日、SDR-1101)
  • 忘れっこなしよ/幸せなの(1965年7月5日、SDR-1118)
  • あれがお父さまよ/涙のスクリーン(1965年8月5日、SDR-1130)
  • 逢いたくて逢いたくて/あんたなんか(1966年1月5日、SDR-1163)- ザ・ピーナッツの「手編みの靴下」の焼き直し、1965年・第16回NHK紅白歌合戦歌唱曲
  • ふるさとの唄/砂に埋もれた恋(1966年3月5日、SDR-1176)
  • やさしい雨/何んでもないわ(1966年5月5日、SDR-1191)
  • 夢は夜ひらく/一人で踊るブルース(1966年9月5日、SDR-1210)- 1966年・第17回NHK紅白歌合戦歌唱曲
  • 帰りたくないの/散りゆく花(1967年1月5日、SDR-1249)
  • つれてって/夜があるかぎり(1967年4月5日、SDR-1270)- B面はロス・インディオスが参加
  • 愛は惜しみなく/誓ってほしい(1967年8月15日、SDR-1291)- A面は週間ヤングレディ連載・川内康範原作「愛は惜しみなく」より、1967年・第18回NHK紅白歌合戦歌唱曲
  • 愛情/嘘でもうれしい(1967年12月15日、SDR-1318)
  • 好きなの 好きなの/あなたの愛がほしい(1968年3月5日、SDR-1330)
  • あなたのとりこ/横をむかないで(1968年4月25日、SDR-1342)
  • 泣きぬれて/ひとりにしないで(1968年9月5日、SDR-1381)- 見開きジャケット、1968年・第19回NHK紅白歌合戦歌唱曲
  • おもいきり泣かせて/淋しかったの(1969年2月5日、SDR-1409)
  • このままでいいの/不思議ね(1969年6月5日、SDR-1433)
  • 捨て煙草/私をかき奏らして(1969年10月5日、DR-1468)
  • 気にかかる/これが愛なのね(1969年11月5日、DR-1476)
  • くちづけ/吹きだまり(1970年3月1日、DR-1501)
  • 私を責めないで/浮気なおさけ(1970年6月10日、DR-1524)
  • 未練/恋怨歌(1970年10月10日、DR-1570)
  • 最後の一時間/悪い女になりそう(1971年4月1日、DR-1600)
  • 私が何をしたのでしょう/女の流れ(1971年12月、DR-1632)
  • 旅情/あなたの背中に(1972年6月、DR-1693)(デビュー10周年記念盤)
  • 恋する女のブルース/その気になるまで待って(1973年2月、DR-1743)
  • 幸せになってね/恋のお話(1973年8月、DR-1789)- オリジナルは1972年3月発売の松平直樹とブルーロマン盤、1974年7月「私祈ってます」のタイトルで発売された敏いとうとハッピー&ブルー盤がヒット、2008年1月には瀬口侑希がカバー
  • お帰りなさい/おんな流れ唄(1974年1月、DR-1823)
  • 面影のワルツ/翼の下で(1974年6月、DR-1872)
  • 夜の指定席/本牧たそがれ(1974年8月、DR-1962)
  • たそがれためいき曲り角/横浜あたり(1976年6月、DR-6011)
  • 夢は夜ひらく逢いたくて逢いたくて(1976年12月1日、DRQ-6908)- ベスト・ヒット・シリーズ
  • 舞酔坂/夜は気分で(1978年2月25日、ワーナー・パイオニア(エレクトラ・レーベル)、L-200E)
  • 流されて/出来ごころ(1978年8月25日、ワーナー・パイオニア(エレクトラ・レーベル)、L-236E)
  • 蛾/万華鏡(1979年4月25日、SMS、SM06-17)
  • 大阪の女/かりそめ二人(1980年9月1日、ポリドール、7DX-1008)
  • さかだち/夢は夢のままで(1981年10月21日、ポリドール、7DX-1130)
  • アマンII(2003年10月)- with菅原洋一
  • 2人はパートナー(2006年4月)- 原曲:ペ・ヨンジュン主演韓国ドラマ『初恋』挿入歌
  • もう一度逢いたくて 2011年(2011年6月)- 7月NHK「ユアソング」

アルバム[ソースを編集]

  • まりちゃんのヒット・アルバム(1963年9月1日、LPJ-137)(25cm・モノラル)⇒CD化済み
  • まりちゃんの夢のアルバム(1964年8月、LPJM-8)(30cm・モノラル)
  • 何も云わないで(1965年3月、SLJM-1141)(30cm・ステレオ)
  • 逢いたくて逢いたくて(園まりヒット曲集)(1966年3月5日、SLJM-1254)
  • 園まり ふるさとを唄う(1966年4月5日、SLJM-1261)
  • 夢は夜ひらく(まりちゃんのヒット・アルバム)(1966年11月5日、SLJM-1309)
  • まりちゃんのさのさ(1966年12月5日、SLJM-1322)
  • 愛は惜しみなく(園まり ゴールデン・ヒット・アルバム)(1967年12月5日、SMR-3007)(30cm・ステレオ)
  • まりちゃんとあなたの夜(1968年4月5日、SMR-3013) 唄とナレーション
  • 泣きぬれて(園まりゴールデン・ヒット・アルバム)(1968年11月5日、SMR-3024)
  • 園まり・歌謡大全集(1969年4月5日、SMR-9021/23)- 3LP
  • 恋のささやき(1969年7月5日、SMR-3048)-「ブルー・ライト・ヨコハマ」,「霧にむせぶ夜 (曲)」,「今は幸せかい」等のカバー曲を多数収録
  • 恋の宴は果てしなく(1969年12月25日、MR-3082)
  • まり・ミエ・ゆかりの大作戦(1970年5月、AL-3041)(アポロン音楽工業の8トラック・テープ)1970年3月9日 三人娘共演ライブ盤 ⇒CD済
  • むせび泣く夜(1970年12月1日、MR-3146)
  • 愛をあなたに(1971年6月1日、MR-8051/52)- 2LPのベスト盤
  • 愛をあなたに(1974年6月21日、MR-9134/35)- MR-8051/52の再発
  • 園まりCD・BOX(2003年3月)5枚組CD-BOX ①②③まりのシングル・コレクション ④まりちゃん「歌謡ヒットを唄う」 ⑤まりちゃんのア・ラ・カ・ル・ト
  • ハイハイ3人娘〜花の同窓会「まり・ミエ・ゆかり」(2004年6月)
  • ミエ・まり・ゆかり 3人娘CD-BOX(2005年6月)6枚組CD-BOX ①中尾ミエ ベスト・コレクション ②園まり ベスト・コレクション ③伊東ゆかり ベスト・コレクション ④3人娘ライヴ・トラックス ⑤3人娘ア・ラ・カルト ⑥3人娘シネマ・トラックス
  • 新たなる飛翔(たびだち)(2006年4月)
  • 今、甦るウエスタン・カーニバル ロカビリー三人男&3人娘 スペシャル・コンサート2005(2006年4月)
  • 園まりデラックス 〜まりちゃんとデート〜(2007年4月)3枚組CD ①カヴァーポップス ②オリジナル歌謡ヒッツ ③「まりちゃんとデート園まりギターヒット集」+「まりちゃんとあなたの夜」

関連アルバム[ソースを編集]

  • まりちゃんとデート(園まり、ギター・ヒット曲集)(1967年8月5日、SLJM-1362)- 構成:水木かおる,編曲:川上義彦,語り:園まり,ギター:伊部晴美,演奏:ポリドール・オーケストラ

コンパクト[ソースを編集]

  • 逢いたくて逢いたくて(逢いたくて逢いたくて/あんたなんか/この喜びの子に/忘れっこなしよ)(1966年6月5日、SKR-1001)
  • 何も云わないで(何も云わないで/あなたとなら/あれがお父さまよ/涙のスクリーン)(1966年6月5日、SKR-1008)
  • 何んでもないわ(やさしい雨/ふるさとの唄/何んでもないわ/砂に埋もれた恋)(1966年9月5日、SKR-1017)
  • 夢は夜ひらく(夢は夜ひらく/一人で踊るブルース/海よ私を抱きしめて/愛しているのに)(1966年11月5日、SKR-1018)
  • 南国の夜(南国の夜/月の夜は/小さな竹の橋/別れの磯千鳥)(1967年5月1日、SKR-1024)- ハワイアン
  • 帰りたくないの(帰りたくないの/散りゆく花/忘れたいと思うの/それでも好きなの)(1967年5月5日、SKR-1023)
  • 愛は惜しみなく(愛は惜しみなく/誓って欲しい/夜があるかぎり/つれてって)(1967年11月5日、SKR-1028)
  • あなたのとりこ(あなたのとりこ/横をむかないで/好きなの好きなの/あなたの愛が欲しい)(1968年7月5日、SKR-1031)
  • おもいきり泣かせて(おもいきり泣かせて/淋しかったの/ひとりにしないで/泣きぬれて)(1969年4月5日、SKR-1035)
  • 気にかかる(気にかかる/これが愛なのね/捨て煙草/わたしをかき奏らして)(1970年1月15日、KR-1040)
  • 私を責めないで(私を責めないで/浮気なおさけ/くちづけ/吹きだまり)(1970年8月1日、KR-1046)
  • 園まり ビッグ・ヒット4(たそがれためいき曲り角/逢いたくて逢いたくて/夢は夜ひらく/何も云わないで)(1976年11月21日、KRS-3008)

参加作品[ソースを編集]

  • あんたなんか - 小松政夫のシングル「おやじの名字で生きてます」に収録[1]

主な出演[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

バラエティー番組[ソースを編集]

他多数

CM[ソースを編集]

  • 日清 めん八珍 1980年
  • ハウス食品 六甲のおいしい水 1993年
  • 福正宗 1994年
  • アサヒ緑健インフォマーシャル 2013年

連載[ソースを編集]

  • ケアノート 父の介護体験談 読売新聞 2007年5月10日 - 6月14日
  • 一病息災 自身の乳がん体験 読売新聞夕刊 2009年8月6日 - 8月27日
  • 自伝 夕刊フジ 2011年10月4日 - 10月21日

NHK紅白歌合戦出場歴[ソースを編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1963年(昭和38年)/第14回 1 キューティ・パイ・メドレー 24/25 植木等 中尾ミエ伊東ゆかりと出演。トリ前
1964年(昭和39年)/第15回 2 夢みる想い 03/25 芦野宏 中尾ミエ、伊東ゆかりと出演。
1965年(昭和40年)/第16回 3 逢いたくて逢いたくて 07/25 山田太郎
1966年(昭和41年)/第17回 4 夢は夜ひらく 14/25 舟木一夫(1)
1967年(昭和42年)/第18回 5 愛は惜しみなく 02/23 水原弘
1968年(昭和43年)/第19回 6 ひとりにしないで 16/23 舟木一夫(2)
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

参考文献[ソースを編集]

中村 深海/著『永遠の東宝映画俳優』園まりインタビュー くまがい書房、2014年

園を演じた人物[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]