レイブ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイブ

レイブ: rave)とは、ダンス音楽を一晩中流す大規模な音楽イベントやパーティーの事である。毎週決まった場所で行われるクラブイベント等とは異なり、屋外や特別な会場で行われる、一回限り(もしくは年一回など)のイベントであり、また規模も通常のクラブより大きい事が殆どである。レイブの語源は、イギリス・ロンドンジャマイカ系移民の俗語で「自分に嘘をついて無理矢理盛り上がる会合」を意味している。

歴史[編集]

現在見られるようなレイブが生まれたのは、1980年代後半の英国である。それまで若年層の夜間の娯楽は屋内を舞台とすることが多かったが、アシッド・ハウステクノという当時の最新音楽の流入と、エクスタシーなどの多幸系ドラッグの流行により、大きくその志向が変化した。レイブの原型は、当時の若者たちがそれまでのナイトクラブやディスコになかったまったく新しいパーティー経験と音楽を求め、ウェアハウス(倉庫)や郊外の廃屋や農場などを利用してフリー・パーティー(無料の宴)を自らの手で開いたものである。

こうした「レイブ」の開催や集客は既存メディアや音楽業界に頼らず口コミだけで行われたが、やがて毎週末には辺鄙な場所にあるレイブ会場にレイブァー(レイバー)と呼ばれる参加者たちが集まるようになってくる。レイブは、それまでに無かった音楽性やそのフリー・パーティーの享楽性と連帯感などにより多くの若者を惹きつけ、巨大なムーブメントへと爆発的に成長した。この動きはしばらく遅れて世界各国に波及する。

クリミナル・ジャスティス法[編集]

しかし、その大きな要素の一つであったドラッグの広範囲な使用や社会不安の原因となるといった観点から、政府や警察はレイブを危険視し、強力に取り締まることとなる。また、レイブが巨大化して参加者が増えるにつれ、商業目的として多額の参加料を徴収するレイブが出現し、巨額の利益を上げるようになっていく。やがて、ブームの沈静化とレイブを取り締まる法案は提出された。それが「クリミナル・ジャスティス・ビル」であり、当初は法案として提出され、のちに法制化されたイギリスの法律[1]である。これはジョン・メージャー内閣の内相マイケル・ハワードによって立案され、第5部において「反復するビート」[2]に対する規制を定めた。この法案に対しては、約10万人の大規模な反対デモも実施された。やがて、レイブカルチャーの象徴である巨大な野外での違法レイブはその数を減らし、それに代わって警察の認可下にて巨大な会場で有名なDJ(ディスクジョッキー)やダンス系のバンドを集めて行われる、合法的なレイブが主体となっていった。また、非商業・音楽志向のレイブのDJやクラバーは、その活動場所をクラブへ移していくこととなる。

しかしながら規模は小さくなったものの、アンダーグラウンドのフリー・パーティーやウェアハウス・パーティーも未だに世界各国で開催され続けており、クラブ音楽の重要な側面として存在している。また、1990年代終盤からのトランス音楽の流行に伴い、再び一部の地域でレイブが盛んになってきているほか、ドイツのベルリンのように市当局が観光振興のために多くのスポンサーから協力を得て、商業的ながらも無料の巨大なレイブ「ラブパレード」を開催しているような例もある。こうした体制に取り込まれる動きや商業目的のレイブには、かつての非商業的でDIY精神に溢れていた無政府主義的なレイブを知る人間からは批判も多い。

現在において、レイブ・パーティーの定義はその国や人によって多様である。いわゆる違法のフリーパーティーやウェアハウス・パーティーのみをレイブと呼ぶ者もいれば、WIREワイアーのような大規模なコンサート形式のものを含めてレイブと呼ぶ者もいる。

レイブの音楽[編集]

初期のレイブの音楽は、アシッド・ハウスと呼ばれる音楽や、シカゴ・ハウス、テクノなどが主であった。当初はアメリカのそれまで知られていなかったこうした音楽(「テクノ」はレイブでヒットしていたデトロイトの新しい音楽を英国のメディアが命名した音楽ジャンルである)を輸入してDJ達がプレイしていたが、やがて英国や欧州からもその影響の下にオリジナルな音楽を作成するアーティストが多数現れた。代表的なものとしてレイブ・アンセムとなったシングル「チャーリー」などで知られるプロディジー、「GO」のモービーなどがいる(その後レイブ・ブームが去った後、この両者ともその音楽スタイルを完全に変えて世界的な大スターとなる)。

近年では大規模なレイブでは音楽のジャンルとしてはトランスハードハウスガバなどが主流ではあるが、欧州を中心にハウスやテクノをメインとしたレイブも存在している。

レイブのファッション[編集]

イギリスでの当初のレイブでは、それまでのドレスアップして赴くナイトクラブやディスコと異なり、ドレスダウンしたカジュアルな服装が中心となった。このドレスダウンの流れは現在のテクノやハウスのクラブのファッションにも引き継がれている。

レイブの種類[編集]

フリー・パーティー[編集]

もっとも原型のレイブに近い。人里離れた場所などでDJやサウンド・システムを設置してゲリラ的に行われるもので、口コミやチラシやインターネットなどによって集客を行う。屋内で行われる場合、ウェアハウス・パーティーなどとも呼ばれる。音楽の種類はその国により様々であるが、日本においてはトランス音楽などが主流である。開催費用については無料か、もしくは必要経費を参加者からカンパしてもらう形式となっている。法律に抵触するかに関係なく、当局によって中止を命じられることがしばしばあるため、開催当日までは場所を伏せておくなどの手法が用いられることもある。また、都市の公園などで合法的に小規模なものが開かれることもあるが、こうした形式のものはレイブとは呼ばれないことが多い。

ダンス・フェスティバル[編集]

田舎や郊外の野外などで合法的に行われる、商業的で大規模なダンス音楽を中心としたフェスティバル。国や人によってはこれをレイブの範疇に入れないところもある。有名なものは海外ではバーニングマンDance Valley Festivalダンス・ヴァレイ・フェスティヴァルCreamfieldsクリームフィールズHomelandsホームランズが、日本では Mt.FUJI FESTIVALマウント・フジ・フェスティヴァルメタモルフォーゼ、渚音楽祭などがある。警察や開催地当局の許可の下、プロのプロモーターの会社が開催するものがほとんどとなっている。入場料は高額であるが、有名なDJやバンドが多数プレイすることが多い。また、合法的に行われ、多数の警察官やセキュリティも会場内に滞在している。数日間にわたって開催されるものが多く、参加者はキャンプをして過ごすこととなる。従来から英国などで盛んであったグラストンベリー・フェスティバルなどのロックを中心とした、野外フェスティバルの流れと一体化したものとも言える。また、ロックを中心とした野外フェスティバルでも会場の一部をこうしたダンス音楽中心のものとするケースが多い。

商業レイブ[編集]

上記のレイブ・フェスティバルと類似しているが、都市内の大会場で有名なスターDJを集めて一晩限りで行われるもの。そのために参加が容易であり、初心者向けである。英国やドイツなどの欧州で盛んであり、日本ではWIREMETAMORPHOSESOLSTICE MUSIC FESTIVALS.O.S festival、The Gathering、エレクトラグライドRAINBOW2000、アルカディアなどが有名である。

麻薬汚染[編集]

最近ではレイブパーティーで薬物汚染が深刻になっており、社会問題化している。

2008年、群馬県で催された複数のレイブパーティーで大麻所持で多くの逮捕者を出した。また、同年6月に行われた同じレイブパーティーの参加者1人がその翌日に会場近くで倒れて3日後に死亡し、体内から薬物が検出された[3]

2009年2月には日本の山梨県鳴沢村で行われたレイブパーティーの参加者6人[4]が、同年8月には日本の滋賀県高島市朽木地区でも参加者6人[5]が麻薬所持容疑でそれぞれ逮捕されている。

警察もこういった状況を把握しており、レイブパーティーの出席者を対象にした検問を行うケースも見受けられる。

脚注[編集]

  1. ^ : Criminal Justice and Public Order Act 1994
  2. ^ : repetitive beats
  3. ^ 「レイブ」死亡女性から薬物検出 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
  4. ^ 「レイブ」で大麻吸引、山梨県臨時職員を懲戒免職(インターネットアーカイブ2009年2月22日分キャッシュ)
  5. ^ 「レイブ」に向かう6人、大麻所持容疑で逮捕(インターネットアーカイブ2009年8月31日分キャッシュ)

関連項目[編集]