皆川おさむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みながわおさむ
皆川おさむ
本名 皆川おさむ
生年月日 (1963-01-22) 1963年1月22日(57歳)
出生地 東京
国籍 日本
職業 ひばり児童合唱団代表[1]
歌手
子役
活動期間 1969年-
著名な家族 皆川和子 伯母
主な作品
黒ネコのタンゴ
テンプレートを表示

皆川 おさむ(みながわ おさむ、1963年1月22日 - )は元子役童謡歌手である。2014年からひばり児童合唱団代表を務めている。

ひばり児童合唱団の創立者・皆川和子は伯母。

来歴[編集]

3歳からひばり児童合唱団に所属し[2]、同じく3歳のとき『ヤン坊マー坊天気予報』の「火星編」のCMソングをレコーディングする[3]。6歳のとき、「黒ネコのタンゴ」でレコードデビュー[2]声変わり後はドラムに転向[4]洗足学園音楽大学で打楽器を専攻した。その後はグラフィックデザイナーを経て[5]、2014年、皆川和子の死去と共にひばり児童合唱団の代表に就任[6]

1990年代以後の歌手活動としては、1999年3月22日に「だんご3兄弟」のカバーを吹き込み、4月7日にシングルCDとして発売した[5]。当初、皆川は現役の歌手でないことを理由に一旦断ったが、レコード会社側の説得により承諾した[5]2008年にはアニメ『ケロロ軍曹』のエンディングテーマ「ケロ猫のタンゴ」を発売した[7]

カーマニアとしても有名。

出演経歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

A面 B面 発売年月日 レーベル 規格品番 備考
黒ネコのタンゴ ニッキ・ニャッキ
置鮎礼子
1969年10月5日 フィリップス FS-1092
サッちゃん ちびっこカウボーイ
(置鮎礼子との共演)
1970年4月 フィリップス FS-1116
黒ネコのタンゴ サッちゃん 1970年 フィリップス FX-2030
「いけません」のおばけ おとなになるべし 1970年 フィリップス FS-1147
ミャゴラ猫の初恋 ピエロのトランペット 1970年 フィリップス FS-1178
ぼくが鳥になったら
(ひばり児童合唱団との共演)
ひとりで遠い道を 1971年 グループ鳥 TPS-1005 映画『ぼくのなかの夜と朝』主題歌
空とぶじゅうたん ワルはつらいよ 1973年 キング BS-1677
リバーソング
ダークダックス
海賊ごっこ
(ひばり児童合唱団との共演)
1973年 キング BS-1748 映画『トム・ソーヤーの冒険英語版』主題歌(日本語版)
作詞・作曲:シャーマン兄弟、訳詞:岩谷時子
チャージマン研
(ひばり児童合唱団)
研とキャロンの歌
(ひばり児童合唱団との共演)
1974年4月 キング TV(H)-16 アニメ『チャージマン研!』挿入曲
黒ネコのタンゴ だんご3兄弟 1999年4月7日 マーキュリー PHDL-90701 黒ネコのタンゴは1969年当時の音源のリマスター
だんご3兄弟は新録
ケロ猫のタンゴ
(ひばり児童合唱団との共演)
ポポイ・ザ・ケロンマン
(ケロロ小隊)
2008年1月23日 フライングドッグ VTCL-35017 「黒ネコのタンゴ」のパロディソング・アンサーソング
アニメ『ケロロ軍曹』11代目エンディングテーマ

アルバム[編集]

タイトル 発売年月日 レーベル 規格品番 備考
黒ネコのタンゴ/おさむと礼子 1970年4月25日 フィリップス FS-8096 「皆川おさむ・置鮎礼子」名義

その他[編集]

書籍[編集]

  • 太陽がくれた歌声 - ひばり児童合唱団物語・皆川和子の生涯(主婦と生活社、2015年8月、ISBN 9784391147384) 
    • 伯母の思い出を綴った著書。

脚注[編集]

  1. ^ ございさつ”. ひばり児童合唱団. 2019年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 目黒・洗足の「ひばり児童合唱団」が76周年、目黒経済新聞、2018年12月28日。
  3. ^ 『昭和40年男』Vol.59(2020年2月号)(クレタパブリッシング)、98頁。
  4. ^ 『産経新聞』1999年4月3日付東京夕刊、1999年4月10日付大阪夕刊
  5. ^ a b c 皆川おさむ「だんご3兄弟」を歌うSANSPO.COM、1999年3月22日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  6. ^ 『昭和40年男』Vol.59(2020年2月号)、101頁。
  7. ^ TVアニメ『ケロロ軍曹』の新EDテーマは、皆川おさむとひばり児童合唱団の「ケロ猫のタンゴ」!、CDJournal ニュース、2007/12/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)。

外部リンク[編集]