京都の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京都の恋」(きょうとのこい)は、ザ・ベンチャーズが日本で発表したシングル。渚ゆう子がカバーし、シングルとして発売した。

ザ・ベンチャーズ盤[編集]

京都の恋
ザ・ベンチャーズシングル
初出アルバム『ゴールデン・ポップス』
B面 この道を歩こう
リリース
規格 シングルレコード
録音 1969年12月[1]
ジャンル インストゥルメンタル
レーベル 東芝音楽工業(LIBERTY)
作詞・作曲 作曲: ザ・ベンチャーズ
チャート最高順位
ザ・ベンチャーズ シングル 年表
夏の日の恋
1969年
京都の恋
1970年
白鳥の湖ロック
(1970年)
テンプレートを表示

ザ・ベンチャーズが日本で発売したシングル。1970年2月25日発売。A面曲・B面曲共にLP『ゴールデン・ポップス』(LIBERTY LP-8879)からのシングルカット。オリジナルシングル(LIBERTY LR-2445)のジャケットには「万博記念盤」と表記されている。

ザ・ベンチャーズのインストゥルメンタル曲で同1970年開催の日本万国博覧会を記念して製作された。日本での英語題は"Kyoto Doll"、米題は"EXPO'70"。オリジナルレコーディングに於いては主旋律の演奏にエレキ・シタール(彼らのコンサートも同様)が使われている。

収録曲[編集]

  1. 京都の恋 (KYOTO DOLL)
  2. この道を歩こう (ON A NARROW STREET)

渚ゆう子盤[編集]

京都の恋
渚ゆう子シングル
A面 京都の恋
B面 宮崎の二人
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 作詞: 林春生
作曲: ザ・ベンチャーズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1970年度年間10位(オリコン)
  • 1971年度年間27位(オリコン)
  • 渚ゆう子 シングル 年表
    とげのないバラ(1970年)京都の恋
    1970年
    京都慕情
    (1970年)
    テンプレートを表示

    1970年5月25日渚ゆう子がカバーし、シングルとして発売した。発売元は東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)。

    オリコンのシングルチャートで8週連続1位を獲得。渚自身初の85万枚を超える最大のヒット曲となった。

    収録曲[編集]

    1. 京都の恋
    2. 宮崎の二人

    その他のカバー[編集]

    • 1991年、Mi-Ke(アルバム『懐かしのブルーライトヨコハマヨコスカ』)
    • 1994年、香西かおり(アルバム『綴織百景 VOL.4 旅』)

    関連作品[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ ベンチャーズのシングル「京都の恋」ジャケット裏面の津久井洋による解説より。

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]