王菲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王菲
フェイ・ウォン
Faye Wong.jpg
フェイ・ウォン(2011年)
基本情報
中国語 王菲
漢語拼音 Wáng Fēi
粤拼 Wong4 Fei1
出身地 北京
生誕 (1969-08-08) 1969年8月8日(47歳)
中華人民共和国の旗 中国北京
国籍 中華人民共和国の旗 中国 (香港)
別名 夏林 (Xià Lín)
王靖雯
英語名 Shirley Wong
Faye Wong
職業 歌手女優
ジャンル C-POPロック
レーベル Cinepoly (1989-1997)
EMI (1997-2001)
ソニーBMG (2003-)
活動期間 1989年 – 2005年
2010年 -
配偶者 竇唯 (1996 – 1999)
李亜鵬 (2005 – 2013)
子供 2人
影響者 テレサ・テンコクトー・ツインズ
王菲
各種表記
繁体字 王菲
簡体字 王菲
拼音 Wáng Fēi
注音符号 ㄨㄤˊㄈㄟ
発音転記: ワンフェイ
ラテン字 Wong④ Fei①
英語名 Faye Wong
テンプレートを表示

王 菲フェイ・ウォン1969年8月8日 - )は、中国出身の香港の歌手俳優

経歴[編集]

1969年8月8日、北京生まれ。生まれた当時は母の姓を取り「夏林(拼音: Xià Lín, シィア・リン)」と名づけられたが、14歳のとき、父の姓を取り「王菲」と改名。高校で歌を始め、北京で数本のカセットテープを発売した。

高校を卒業後香港へ移住。当初は海外へ留学するための経由地として香港へ移住したが、新しくやって来た移民は1年間香港から出国することが出来ない制度があったため、留学を断念し歌を習い始める。その歌の先生に勧められ、シネポリー・レコードのオーディションを受け、合格。1989年王靖雯Shirley Wong(シャーリー・ウォン))の名で歌手デビューを果たす。当時のキャッチフレーズは“北京からやってきた女の子”。3枚のアルバムを発表したが、大きなヒットもなく、香港の音楽業界のシステムに馴染めなかった彼女は、1991年から1992年までの約半年間アメリカ合衆国に留学する。

シネポリー・レコードとの契約が1枚残っていた彼女は、1992年香港に戻り、アルバム 『Coming Home』を制作、発表。この時、英語名を本名に近いFaye Wongと改名。『Coming Home』の収録曲 「容易受傷的女人」(邦題:「傷つきやすい女」、中島みゆきが作詞・作曲をし、ちあきなおみに提供した「ルージュ」のカヴァー)は爆発的ヒットを記録、その年の香港の音楽賞を総なめにした。1994年には初めて母語である北京語のアルバム 『迷』(邦題:恋のパズル)を発表。台湾東南アジアへの進出を果たした。同年に中文名を本名の王菲にし、それ以降本名で活動している。

主な活動拠点は香港で、ギネスブックにも「広東語のアルバム累計売り上げ」で世界一と認定されている[1]。中国語圏のみならずアジア圏を代表する歌手の一人ともいわれ、愛與痛的邊緣など大ヒット曲にも恵まれ、香港では第二のテレサ・テンとも呼ばれる。

日本ではプレイステーションゲームソフトファイナルファンタジーVIII』の主題歌「Eyes On Me」や、関西方面でJ-PHONE(現SoftBank)のキャラクターを務めた事、フジテレビ系のテレビドラマウソコイ』に主演し主題歌「Separate Ways」を歌ったことでも知られる。特に「Eyes On Me」は50万枚の売り上げを記録し、オリコン総合シングルチャート最高位9位(洋楽チャートでは19週連続1位)を記録。第14回日本ゴールドディスク大賞では洋楽部門のソング・オブ・ザ・イヤーを、第41回日本レコード大賞ではアジア音楽賞を受賞した。また1999年3月には、日本国外を拠点としている中国人アーティストとしては初めて日本武道館でコンサートを行った(大陸中国人以外としては、当時イギリス統治下香港出身のアグネス・チャンが1978年に行っているのが初)。

私生活では、1996年中国のロックバンド「黒豹」の元ボーカル、ドウ・ウェイ(竇唯)と結婚し、長女の竇靖童(ドウ・ジントン)[2]をもうけたが、1999年に離婚。その後香港の俳優で歌手、11歳年下のニコラス・ツェー(謝霆鋒)と交際していたが2003年末に破局[3]2005年に中国の俳優、リー・ヤーポン(李亞鵬)と再婚した。

リー・ヤーポンと再婚した後は仕事をセーブしていたが2010年に復帰。2006年5月に出産した次女の李嫣(リー・イエン)が重度の口唇裂であったことを公表、同じ障害に苦しむ貧しい子供たちの為の『嫣然天使基金』を(当時の)夫と共に立ち上げ、話題になった。2013年9月にリー・ヤーポンとの離婚を発表。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

Cinepoly Records[編集]

  • 1989年『王靖雯』 - 日本盤未発売
  • 1990年『Everything』 - 日本盤未発売
  • 1990年『You're the Only One』 - 日本盤未発売
  • 1992年『Coming Home』
  • 1993年『悔やまぬ心で(原題:執迷不悔)』
  • 1993年『十万回のなぜ(十萬個為什麼)』
  • 1994年『恋のパズル(迷)』
  • 1994年『夢遊(胡思亂想)』
  • 1994年『天空』
  • 1994年『背影(討好自己)』
  • 1995年『マイ・フェイヴァリット(菲靡靡之音)』 - テレサ・テンのトリビュート・アルバム
  • 1995年『Di-Dar』
  • 1996年『アンサイティー(浮躁)』 - 『胡思亂想』にカバー曲を収録したのが縁で、イギリスロックバンドコクトー・ツインズから2曲プロデュースを受けている(「分裂」と「掃興」)。

EMI Records[編集]

  • 1997年『フェイ・ウォン(王菲)』- 収録曲「人間」は中島みゆきが提供した楽曲(作詞は林夕)。中島も後に自身のアルバム『わたしの子供になりなさい』で「清流」とタイトルを変え、そして日本語詞を自ら書きセルフカバーしている。また「娯樂場」はコクトー・ツインズが提供した楽曲である(作詞は林夕)。
  • 1998年『チャン・ヨウ〜歌あそび〜(唱遊)』
  • 1999年『ラヴァーズ・アンド・ストレンジャーズ(只愛陌生人)』
  • 2000年『フェイブル(寓言)』
  • 2001年『光の翼(王菲)』

Sony Records[編集]

  • 2003年『將愛』 - 日本盤未発売

ミニアルバム[編集]

  • 1993年『如風 Autumn Version』 - 日本盤未発売
  • 1994年『Faye Disc』 - 日本盤未発売
  • 1995年『一人分飾兩角』 - 日本盤未発売
  • 1997年『玩具』 - 日本盤未発売
  • 1997年『自便』 - 日本盤未発売

ライブアルバム[編集]

  • 1995年『フェイ・ウォン・ライヴ・イン・コンサート(王菲最精彩的演唱會)』 - 1994年12月22日から1995年1月8日に開催したコンサートを収録(Cinepoly Records)
  • 1999年『フェイ・ウォン香港シーニック・ツアー(唱遊大世界王菲香港演唱會)』 - 1998年から1999年の年越しコンサートを収録(EMI Records)
  • 2004年『菲比尋常LIVE!』 - 2003年のクリスマスコンサートを収録(Sony Records、日本盤未発売)

シングル[編集]

  • 1994年10月26日『夢遊』(ポリドール)
  • 1995年06月25日『夢中人』(ポリドール)
  • 1999年02月24日『Eyes On Me』(東芝EMI)
  • 2001年07月25日『Separate Ways』(東芝EMI)

ベストアルバム[編集]

  • 1997年『菲賣品』(ニュートーラス)
  • 1998年『ダブルベスト 王菲89>97’32精選』(ニュートーラス)
  • 1999年『ザ・ベスト・オブ・ベスト』(ポリドール)
  • 1999年『バラード・コレクション』(ポリドール)
  • 2001年『夢中人〜グレイテスト・ヒッツ』(ユニバーサル)
  • 2002年『ザ・モスト・フェイヴァリット・フェイ~グレイテスト・ヒッツ』(東芝EMI)

リミックスアルバム[編集]

  • 1999年『パーティ・ミックス』(ポリドール)

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 1991年『BEYOND 日記之莫欺少年窮』(日本未公開)
  • 1994年『恋する惑星』(原題:重慶森林) - 彼女はこの作品でストックホルム国際映画祭・最優秀主演女優賞を受賞。全米公開もされた。劇中歌 '夢中人'(クランベリーズ「ドリームズ」のカバー)がスマッシュヒット。
  • 2000年『恋戦。OKINAWA Rendez-vous』(原題:戀戰沖縄)
  • 2002年『天下無雙』(日本未公開)
  • 2004年『2046』(原題:2046)
  • 2004年『大城小事』(日本未公開)

TVドラマ[編集]

  • 1993年『壹號皇庭2』
  • 1993年『原振侠』
  • 1994年『千歳情人』
  • 2001年『ウソコイ』(日本ドラマ、中井貴一と共演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ギネスワールドレコーズ2002』イアン・カステロ=コルテス(編)、田中孝顕(日本語版監修)、騎虎書房、2002年、156頁。ISBN 4-87771-511-8
  2. ^ 美しく成長したフェイ・ウォンの15歳長女、母譲りのスタイル...:レコードチャイナ
  3. ^ 王菲と李亜鵬 2003年から2013年までを振り返る (2)--人民網日本語版--人民日報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]