林志玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リン チーリン
林 志玲
Lumchileng.jpg
2009年11月、香港
プロフィール
生年月日 1974年11月29日
現年齢 39歳
出身地 台湾の旗 台湾台北
血液型 O型
公称サイズ(2010年-2011年時点)
身長 / 体重 174 cm / 52 kg
BMI 17.2
スリーサイズ 86 - 61 - 91 cm
靴のサイズ 26 cm
活動
デビュー 2002年
ジャンル ファッション
他の活動 女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

林 志玲(リン・チーリン、1974年11月29日 - )[1]は、台湾モデル女優[2]174センチメートル[3]52キログラム[4]86-61-91[5]O型[6]日本ではエイベックス・マネジメントと所属契約[7]。“台湾一有名なモデル”[8]と言われ、その動向や言動は常に台湾メディアの注目の的とされてきた。

台湾において2003年頃から“第一美女(ナンバーワン美女)”として人気が急上昇し、以来、数多の広告媒体への露出や、各種司会テレビコマーシャル映画、さらには親善大使の活動などを継続し、いつしか“台湾第一名模(台湾のナンバーワンモデル)”の呼び名を持つに至る[9]

やがてアジア全域を舞台としての活動が活発化[10]。途切れることなく舞い込む映画の仕事をはじめ、各種広告媒体やミュージカル、日本のテレビドラマへの露出などを通しての国際的な活動の展開を見せてきた[11]

来歴[編集]

台湾台北市に出生[12]カナダへ留学しトロント大学西洋美術史経済学学士号を取得、さらに日本への短期留学経験も持った[13]。モデル業の始動は1997年頃のことで、しばらく兼業で活動したのち、本格的な転身を行い2002年に専業デビュー[14]。そしてエステサロンテレビコマーシャル出演(2004年)を機に大ブレイクを迎えるに至る[15]。時に30歳[16]。以後台湾メディアを連日賑わす人気モデルとなった[17]

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

日本関連[編集]

2005年の4月に日本の大手芸能プロダクションオスカープロモーションと契約[18]。先立つ2004年から2006年度まで3年連続で「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の“台湾親善大使”の役を担っていた[19]

ヴォーグ』のイベントにて、2009年

2009年に初の日本向け写真集『林志玲ビジュアル ファンブック』を学習研究社から発売[20]。さらに日本の住宅商品「casa cube(カーサ・キューブ)」のテレビコマーシャルに出演。同年11月からの放映となったもので、日本における初のテレビコマーシャル出演であった[21]

続けて2010年のテレビドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』で木村拓哉の相手役を演じ、これを皮切りにテレビコマーシャルや雑誌など様々な媒体への露出を通して日本でも広く知られるようになった[22]

2010年にはエイチ・アイ・エスによる新発足の旅行ブランド「QUALITA(クオリタ)」のイメージキャラクター[23]。翌2011年にはコーセーコスメポートのヘアケアブランド「サロンスタイル」からのミューズ起用があった[24]。さらに女性向けファッション雑誌Grazia』の専属モデル(表紙モデル[25])に起用されたほか、2012年から明治「アミノコラーゲン」[26]や同「ホロホローネショコラ」[27]のテレビコマーシャルに出演するなどしている。

中国関連[編集]

ジョン・ウー監督作品『レッドクリフ』のヒロインにあたる小喬役を演じることが決定し、 2007年3月から中国河北省で撮影開始。100億円近くの巨額を掛けて製作されたこの映画は、台湾や中国などで翌2008年7月からの公開となった。

2006年、中国上海

2009年には中台合作映画『刺陵』でジェイ・チョウと共演[28]。以後、スン・ホンレイリー・リーチュンらとの共演による『決戦刹馬鎮』(2010年)[29]チェン・クンとの共演による『幸福額度』(2011年)[30]アンディ・ラウとの共演による『富春山居図』(2012年)[31]、と、各種中国映画香港映画への出演を重ねていった。

日本のテレビドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年)が『101次求婚』として中国で映画化されるに至った2012年には、これへの主演が決定、かつての原作版にて浅野温子の演じたヒロイン役を担うこととなった[32]。さらに40歳を目前にしての中国の下着メーカー「都市麗人」からのイメージキャラクター起用もあり、30代最後の下着イメージキャラクター活動として話題とされるなどしている[33]

2013年には主演映画にあたる日中合作映画『スイートハート・チョコレート』が中国で公開[34]。俳優の池内博之との同時主演であったこの映画が大韓民国の「光州国際映画祭」最高賞にあたる審査員大賞を獲得するなどしている[35]

人気[編集]

“台湾第一名模”(台湾のナンバーワンモデル)としてのその人気はかねてより絶大なもので、2000年代を通して台湾芸能界を瞬く間に上り詰めていったその様は、当地の学者らをして“林志玲現象”と言わしめたほどのものであった[9]カナダ日本への留学経験や、モデル転身前の芸術学校(華岡芸術学校[36])における講師の経歴などから台湾モデル界きっての才媛と言われ、その知的で優雅なイメージが人気の原動力となってもきた[37]。各種台湾メディアの調査企画で、サラリーマンの選ぶ『バレンタインを一緒に過ごしたい芸能人』ランキング女性部門1位(2006年)[38]、『セクシー女優ベスト50』ランキングアジア部門1位(2006年)[39]、『一緒に住みたい芸能人』ランキング1位(2009年)[40]、『台湾トップ美女』ランキング1位(2009年)[41]、『10大美乳女王』ランキング1位(2009年)[42]、『美容整形でなりたい顔』ランキング1位(2010年)[43]同性愛者の選ぶ『欲しい卵子』ランキング1位(2010年)[44]、『セクシー美女100選』ランキング4年連続1位(2007年・2008年・2009年・2010年)[45]、『美胸(美しい胸)』ランキング1位(2011年)[46]美容整形外科医の選ぶ『バランスのとれた美しい顔』ランキング1位(2011年)[47]中華人民共和国でも“台湾トップ美女”として絶大な人気を獲得[48]。米経済誌『フォーブス』中国版が年収やメディア露出回数などから総合評価した『中国著名人ランキング』(2013年)にてファン・ビンビン(1位)、ジェイ・チョウ(2位)、アンディ・ラウ(3位)、ジャッキー・チェン(4位)、チャン・ツィイー(5位)、イーソン・チャン(6位)、ヤン・ミー(7位)、ホァン・シャオミン(8位)、ジョリン・ツァイ(9位)に次ぐ10位[49]日本でも映画『レッドクリフ』(2008年・2009年)への出演[50]と『月の恋人〜Moon Lovers〜』(2010年)への出演を経て知名度が急上昇[51]。女性週刊誌『an・an』の企画“東洋美人”人気投票(2012年)で1位に入選するなどしている[52]

収入[編集]

台湾メディアの発表による2007年度「芸能界の長者番付リスト」のモデル部門で1位へ。その収入は6000万台湾ドル(約2億円)と見積もられた[53]。ある香港メディアの独自調査(2009年)によれば、その出演料は中国のジェニファー・ドゥ、ならびに香港のゲイリ・ライや中国のリン・ホンを凌ぎ、中国・香港・台湾のモデルで首位[54]。2010年発表の台湾のモデル年収番付においては、広告収入だけで1億2000万台湾ドル(約3億6000万円)超、そこに日本でのドラマ出演料などをあわせた1億6000万台湾ドル(約4億8000万円)超の見積もり総収入額で、2004年から7年連続の首位を記録[55]。2011年にも2億台湾ドル(約5億2000万円)の見積もり収入で首位の座を保持している[56]。同年には私財を投じて慈善基金を設立[57]。自ら会長に就任したうえで、かねてより取り組んでいた児童福祉の活動を本格化させる運びとなった[58]

騒動[編集]

国立台湾科技大学にて、2008年

落馬事故[編集]

2005年7月8日、中国大連でCM撮影中に落馬。結果、肋骨6本を折る重傷を負うに至る[59]。全治2ヶ月の診断を受けて入院[60]。それから半年間にわたって休業に入る結果となった[61]。この入院休業期にはマスメディアによる報道が過熱し、「彼氏が花束を持って駆けつけた」「整形した胸が破裂」などの憶測報道が乱舞、結果、所属事務所の代表者が報道自粛を求める声明を発する事態ともなった[62]。中国における知名度を一気に上昇させるきっかけとなった事件でもあった[63]

諸批判等[編集]

かねてより母の呉慈美が陳水扁の支援団体にあたる「水噹噹婦人後援会」の会長を務めており、さらに台大病院入院中に陳水扁夫人の見舞いを受けたことなどで、中国大陸のネットユーザーから民進党支持派と見做され、結果、“林志玲ボイコット、台湾独立派壊滅”をスローガンとした署名運動や、自身がキャンペーンガールとなった商品に対する不買運動が起こった。これが一部のマスコミにより大々的に報道され、さらに不買運動が拡がる結果を招いた。

テレビ番組「日本再発現II」にて童怡禎(ドリス・ドン)とともに箱根を取材。新宿駅小田急ロマンスカー先頭部を背景に、箱根登山鉄道の制帽をかぶって広報用スチール写真を撮影した。これが報道されたところ、中国大陸のネットユーザーから「日本軍の制帽をかぶった売国奴」とあらぬ非難を受け、自身がキャンペーンガールを担っていた商品に対する不買運動が起きた。

台湾のラッパーMC Hot Dogのアルバム内に、自身のものまねや、“対我来説、林志玲 算什麼 (つーかよー、林志玲?だからなんなの?みてえな)”などと自身を揶揄する歌詞を含む楽曲がある。この楽曲が作られた当時の台湾は、自身にまつわる些細な言動や出来事でも連日ニュースとなり、自身を起用した広告もそこかしこに見られるという状況にあり、そうしたことから、こうした批判については一種の有名税ととる動きもあった。

私生活[編集]

報道の伝えるところによれば、台湾の男性アイドルグループ・F4ジェリー・イェンはかつての恋人にあたる[64]。このことが公に明らかとなったのは、ともに写ったバスローブ姿の写真が流出した2005年のことであった[65]。いつしか破局[66]

2000年に日本へ短期留学(3ヶ月間)し東京渋谷の語学学校で日本語を学習[67]台湾語標準中国語英語広東語、および日本語を解する[68]NHK「英語でしゃべらナイト」出演時にNHKアナウンサーとのインタビューにて流暢な英語と簡単な日本語を披露したほか、2010年にはテレビドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』や民放番組のインタビューでほぼ日本語での応対を披露している。

両親ともに台南出身者。今も祖母が台南市に住んでいる。

主な出演[編集]

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

CM[編集]

台湾
日本

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

その他[編集]

著書[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『林志玲さんの「ビジット・ジャパン・キャンペーン台湾親善大使」への任命について』 2004年11月15日 国土交通省総合政策局観光地域振興課
  2. ^ 『「皆さんの団結力に感心」 台湾の人気女優・林志玲 本紙インタビューに応える=東京』 2011年9月7日 大紀元
  3. ^ 『【華流】リン・チーリン未修正写真が流出、美脚は作りもの!?』 2010年6月10日 サーチナ
  4. ^ 『華流人物図鑑>女性タレント>林志玲( リン・チーリン)』 2011年8月9日 レコードチャイナ
  5. ^ 『<新春特集・お直しなし!華流ナチュラルビューティーTOP10-10>台湾最高の美女―リン・チーリン』 2011年1月5日 レコードチャイナ
  6. ^ 『林志玲』 2008年5月26日 中国国際放送局
  7. ^ 『林志玲』 Yahoo!カテゴリ
  8. ^ 『「台湾一有名なモデル」林志玲―台北市』 2007年1月15日 レコードチャイナ
  9. ^ a b 『リン・チーリンを語る~学者たちは「林志玲現象」と呼ぶ』 2010年5月24日 サーチナ
  10. ^ 『リン・チーリン、CMで歌声を披露』 2012年3月30日 朝日新聞デジタル
  11. ^ 『Lin Chi-Ling avoids talk on rumoured love interest』 2011年9月22日 MSNシンガポール (英語)
  12. ^ 『「ビジット・ジャパン・キャンペーン台湾親善大使」の国土交通大臣表敬訪問について』 2004年11月22日 国土交通省総合政策局観光地域振興課
  13. ^ 『<チャイニーズ・ビューティ>トップモデルから映画女優に、台湾女子が憧れるリン・チーリン』 2007年3月22日 レコードチャイナ
  14. ^ 『「台湾最高の美女」リン・チーリンが日本製アダルト作品に?ジャケ写無断使用の可能性濃厚―中国』 2009年8月21日 エキサイトニュースレコードチャイナ
  15. ^ 『30代遅咲きリン・チーリンの「覚悟」、絶頂期の引退や電撃結婚も?―台湾』 2010年9月7日 レコードチャイナ
  16. ^ 『30歳で「バスト発育」の謎、トップ美女リン・チーリンは元三流モデル―台湾』 2009年2月13日 レコードチャイナ
  17. ^ 『F4日本デビュー/言承旭と林志玲の噂は?』 2005年4月5日 サーチナ
  18. ^ 『林志玲:日本デビュー宣言!オスカープロと契約』 2005年4月14日 サーチナ
  19. ^ 『林志玲(リン・チーリン)が日本で舞台デビュー』 2011年7月20日 中国国際放送局
  20. ^ 『台湾最高の美女が来日!「レッドクリフ」のリン・チーリン、日本初写真集を発売』 2009年4月3日 レコードチャイナ
  21. ^ 『リン・チーリン、ドレス姿で日本CMに初出演。16日から』 2009年11月16日 日テレNEWS24
  22. ^ 『中国映画版「101回目のプロポーズ」主演に林志玲と黄渤』 2012年3月27日 MSN産経ニュース
  23. ^ 『HISが新旅行ブランド』 2010年5月17日 MSN産経ニュース
  24. ^ 『"理想的な地肌美人" 「サロンスタイル」の新ミューズに リン・チーリンさん』 2011年7月25日 マイナビニュース
  25. ^ 『女優リン・チーリンが世界遺産の街、イタリア・ヴィチェンツァへ』(1/18) 2011年11月1日 X BRANDGrazia
  26. ^ 『リン・チーリン、純白ドレスで輝く美ボディ披露』 2012年3月29日 モデルプレス
  27. ^ 『リン・チーリン、甘い笑顔で日本のチョコCMに出演=台湾メディア』 2012年8月25日 サーチナ
  28. ^ 『周傑倫と林志玲の初の共演映画のポスターが公開』 2009年9月21日 チャイナネット
  29. ^ 『【華流】リン・チーリン、最新映画で“猟奇的なブス”を好演』 2010年5月17日 サーチナ
  30. ^ 『「リン・チーリンは柔剛兼備、内面からも美しさを放つ人」・・・チェン・クンが秋波?』 2011年10月28日 InsightChina
  31. ^ 『劉徳華×林志玲最新作「富春山居図」、今年11月公開へ!』 2012年8月24日 新華網
  32. ^ 『中国版『101回目のプロポーズ』のヒロインがリン・チーリンに決定!』 2012年2月14日 オリコンスタイル
  33. ^ 『リン・チーリンが30代最後の下着イメキャラ、CM話題の女性スターたち―台湾』 2012年4月8日 エキサイトニュースレコードチャイナ
  34. ^ 『チーリン主演映画が中国で公開、メッセージ届けた久石譲』 2013年11月15日卯 サーチナ
  35. ^ 『池内博之:リン・チーリンのW主演映画が光州国際映画祭で最高賞』 2013年9月6日 まんたんウェブ
  36. ^ 『林志玲老師教台步 華岡藝校畢演哭成淚人兒』 2010年5月17日 NOWnews 今日新聞網 (中国語)
  37. ^ 『「台湾最高の美女」リン・チーリンが日本製アダルト作品に?ジャケ写無断使用の可能性濃厚―中国』 2009年8月21日 レコードチャイナ
  38. ^ 『バレンタイン一緒に過ごしたい芸能人に金城武&林志玲』 2006年2月14日 サーチナ
  39. ^ 『<横顔>天は二物を与えた?才色兼備、文句なしの「台湾第一美女」―リン・チーリン』 2007年12月18日 レコードチャイナ
  40. ^ 『<リン・チーリン>「一緒に住みたい芸能人」に輝く』 2009年6月9日 サーチナ
  41. ^ 『<台湾美女ランキング>1位リン・チーリン、2位ソニア・スイ、ともにモデル―台湾』 2009年10月12日 レコードチャイナ
  42. ^ 『<09年末特集・台湾最新版!10大南国美乳女王9>美貌・収入・人気すべてトップの女王―リン・チーリン』 2009年12月31日 レコードチャイナ
  43. ^ 『美容整形「なりたい顔」リン・チーリンが1位!ビビアン・スーも健闘―台湾』 2010年10月13日 レコードチャイナ
  44. ^ 『同性愛者の「欲しい卵子」トップはリン・チーリン、アーメイに小Sも―台湾』 2010年12月14日 レコードチャイナ
  45. ^ 『「月の恋人」リン・チーリンが4連覇!男性誌「美女100人ランキング」―台湾』 2010年6月7日 レコードチャイナ および 『<リン・チーリン>祝!「セクシー美女100選」V3』 2009年6月3日 サーチナ (『セクシー美女100選』)
  46. ^ 『台湾メディア調査、リン・チーリン“美胸”No.1に選ばれる』 2011年2月10日 サーチナ
  47. ^ 『美容整形医師の「パーフェクト顔」はリン・チーリン、ビビアンも人気―台湾』 2011年4月14日 レコードチャイナ
  48. ^ 『「絶世の美女」リン・チーリン登場に警察出動、市民殺到で大パニックに―遼寧省瀋陽市』 2009年11月9日 レコードチャイナ
  49. ^ 『フォーブス中国著名人ランキング、ファン・ビンビンが1位』 2013年4月30日 サーチナ
  50. ^ 『『レッドクリフ』の美人女優が月9に初出演 ~台湾出身モデル、リン・チーリンを直撃!(1/7)』 2010年5月10日 日経トレンディネット
  51. ^ 『「月の恋人」リン・チーリンがCM女王に君臨!日本で舞台デビューも?―台湾』 2010年9月2日 レコードチャイナ
  52. ^ 『チーリンにアイビー、チュンニン…日本が認めた美女=台湾メディア』 2012年7月22日 エキサイトニュースサーチナ
  53. ^ 『ジェイ・チョウ「台湾歌手長者番付」でダントツ1位』 2007年12月10日 サーチナ
  54. ^ 『【華流】香港メディアが調査、モデル出演料No.1はチーリン』 2009年4月8日 サーチナ
  55. ^ 『【華流】台湾モデル年収ランキング、7年連続でチーリンがトップ』 2010年12月10日 サーチナ
  56. ^ 『リン・チーリン、年収が5億円超え! トップの座をキープ』 2011年12月17日 サーチナ
  57. ^ 『リン・チーリンがチャリティー基金会を設立、カレンダー発売で貢献―台湾』 2011年11月12日 レコードチャイナ
  58. ^ 『【華流】リン・チーリン、子どもたちのためにチャリティー基金設立』 2011年11月13日 サーチナ
  59. ^ 『林志玲:病状悪化?元凶とされた某モデル「もうイヤ!」』 2005年7月28日 サーチナ
  60. ^ 『林志玲:CM撮影で落馬、肋骨6本骨折で2カ月療養』 2005年7月13日 サーチナ
  61. ^ 『整形疑惑のリン・チーリンは“ろう人形”顔に?過去写真と比較で不自然さも―香港』 2012年7月26日 レコードチャイナ
  62. ^ 『林志玲:「整形胸破裂」等、過熱する報道に非難も』 2005年7月18日 サーチナ
  63. ^ 『トニー・レオンの妻にふさわしく!美人モデルは日々努力中―中国』 2007年5月10日 レコードチャイナ
  64. ^ 『元恋人F4ジェリーの涙にリン・チーリン感動?いまはメル友関係に―台湾』 2010年12月24日 レコードチャイナ
  65. ^ 『元カレのF4ジェリーと密会&入籍も!?リン・チーリン、うわさが心配…―中国』 2012年7月29日 レコードチャイナ
  66. ^ 『F4ジェリーがリン・チーリンとの「愛の巣」売却、騒音でご近所トラブルも―台湾』 2010年1月14日 レコードチャイナ
  67. ^ アジア一の美女リン・チーリン、流暢な日本語で初写真集PR!”. 映画.com (2009年4月6日). 2013年10月4日閲覧。
  68. ^ 『リン・チーリン』 (PDF) 公開時期不詳 ロンジン
  69. ^ 『「ビキニも欠かせません」』 2010年5月17日 MSN産経ニュース
  70. ^ キムタクの「月の恋人」リン・チーリンが超セクシー!太ももと肩を大胆に露出で夏の旅をアピール!”. シネマトゥデイ (2010年5月17日). 2013年10月3日閲覧。
  71. ^ 『妖艶リン・チーリン 輝く髪と地肌をアピール ヘアケア製品CMに』 2011年7月21日 朝日新聞
  72. ^ 『リン-チーリン、アミコラ新CMでアカペラ披露!』 2012年4月1日 マイナビニュース
  73. ^ 『明治、新感覚の洋菓子ショコラ「ホロホローネショコラ」を発売』 2012年8月21日 BIGLOBE Kirei Style ニュース
  74. ^ 絶世の美女リン・チーリンが誘惑する!上目使いでさあどうぞ!…に負けては絶対命取り!”. シネマトゥデイ (2009年3月26日). 2013年10月4日閲覧。
  75. ^ 『101回目のプロポーズ』リメイク映画が日本公開!主演は人気女優リン・チーリン。”. ぴあ映画生活. 2013年10月3日閲覧。
  76. ^ “SMAP 新曲PVでチーリンと共演”. DAYLY SPORTS ONLINE. (2009年8月23日). オリジナル2009年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090826193141/http://www.daily.co.jp/gossip/2009/08/23/0002263391.shtml 2013年10月3日閲覧。 
  77. ^ 江芷稜 (2009年9月4日). “ジョセフ・チェン リン・チーリンとダンスの猛特訓”. ライブ台湾. 2013年10月3日閲覧。
  78. ^ リン・チーリン、EXILE・ATSUSHI「我願意」MVに出演”. サーチナ (2011年12月22日). 2013年10月3日閲覧。
  79. ^ 金田知子 (2010年5月11日). “リン・チーリン『月の恋人』&スマスマに登場…近年にはないプロモーション?”. サーチナ. 2013年10月3日閲覧。
  80. ^ 竹中直人、リン・チーリンの魅力にデレデレ「かわいくて最高」”. ORICON STYLE (2011年7月11日). 2013年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]