ウー・イーファン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウー・イーファン
File:Kris Wu at the Hallyu Star Street on March 2014 02.jpg
2014年3月12日韓流スター通りにて
基本情報
繁体字
簡体字
漢語拼音 wú yì fán
注音符号 ㄨˊ ㄧˋ ㄈㄢˊ
粤拼 ng4 jik6 faan4
イェール式
ローマ字
ngh yihk fàahn
閩南語白話字 ngô yit fàm
ベトナム語 Ngô Diệc Phàm
出身地 カナダの旗バンクーバー
生誕 (1990-11-06) 1990年11月6日(28歳)
中華人民共和国の旗 中国広東省広州市
国籍 カナダの旗 カナダ
別名
  • クリス・ウー
  • クリス
ローマ字 Wu Yifan
英語名 Kris Wu
職業
ジャンル C-POP
レーベル
  • 楽視音楽
  • 太合音楽集団
事務所
活動期間 2012年4月8日 (2012-04-08) - 現在
公式サイト 呉亦凡工作室(簡体字中国語)
愛称 凡凡 (ファンファン)
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(中国語)が含まれています詳細

ウー・イーファン呉亦凡[2]Wú Yìfán1990年11月6日[3])は、中国の男性歌手、俳優。中国系カナダ人で[4]韓国の男性アイドルグループEXOの旧メンバー[5]。EXOでの芸名はクリス: 크리스: Kris)で[6]、ラップを担当しEXO-Mのリーダーを務め[3]、架空設定能力は飛行[7]、背番号は「00」だった[8]。EXO離脱後はウー・イーファンもしくはクリス・ウー(英: Kris Wu)名義で活動している[9][10]。出生地は中国広東省広州市カナダ国籍[11]。血液型はO型、身長187cmで家族構成は母[6]。中国の個人事務所は呉亦凡工作室[12]、アメリカでのタレント・エージェントCreative Artists Agency[13]。韓国の芸能事務所SMエンターテインメント(以下SM)との専属契約有効期間はルハン同様2022年まで[1]。中国のレーベルは楽視音楽、太合音楽集団[14][15]

人物[編集]

韓国語、英語、北京語広東語を話すことができる[16]。趣味と特技は服のリメイク、作詞作曲、バスケットボール[6]、デビュー以前の夢はバスケットボールの選手だった[17]。中国で発表した楽曲では歌唱とともに作詞、作曲、プロデュースにも参加している[18]。性格は外柔内剛、好きな食べ物は韓牛、好きな音楽はヒップホップとエレクトリック、好きな映画は『インセプション』、ニックネームは凡凡 (ファンファン)、座右の銘は “Normally insane”[6]。2013年のインタビューで自身の身長について「プロフィール上では187cmだが実際は186.6cm」と答え、四次元な性格と記事に書かれた[6]。中国のミュージシャンで元SM練習生の宋秉洋 (ソン・ビョンヤン)とは親友の間柄にある[18]。中国のSNSなどで小鮮肉(より若い世代の新しく健康的なスター)のうちの一人とされており[19]上海マダム・タッソー館ホームページでも「“小鮮肉”呉亦凡」と紹介されている[20]

来歴[編集]

1990年11月6日に中国広東省広州市で生まれ、10歳のときにカナダのバンクーバーに移住した[11]。2007年にカナダで行われたSMグローバルオーディションに合格、SMの練習生として4年を過ごした[4]。2012年2月16日、21歳のときに新人グループEXOのメンバーとして予告映像を通じ初公開(この時点ではKとMどちらのメンバーであるかは非公表だった)[16]、同年4月8日にEXO-Mのメンバーとして正式デビューした[5]。2014年5月15日、SMに対する専属契約効力の不存在確認訴訟をソウル中央地方法院に提起した[21]。6月24日に中国の女優兼映画監督徐静蕾が新作映画『有一個地方只有我們知道』の予告画像を自身のWeiboに投稿、EXO離脱後初めて姿を披露しウー・イーファンとしての活動再開を知らせるきっかけとなった[2]。12月1日に蝋人形制作開始が報じられ、上海マダム・タッソー館で90年代生まれのスターとして初の展示が決まった[22]。2016年7月21日に呉亦凡工作室が「SMとの契約紛争が正式に終結した」との声明を出し、韓国と日本を除く地域でのマネジメント業務委託をSMから受けたと発表した[1]。SM側も報道資料を通じて裁判所の調整勧告決定による合意到達を報告、クリス (ウー・イーファン) とルハンの専属契約は元契約通り2022年まで有効に存続し、両者はSMに対して売上の分配を行うと公表した[1]。2017年にハリウッド映画に初出演した[23]

受賞歴[編集]

  • 2014年
  • 2015年
    • 第3回ロンドン国際華語映画祭 - 最優秀新人男優賞[11]
  • 2016年
    • 東京・中国映画週間ゴールド・クレイン賞授賞式 - 最優秀俳優賞[25][26]
    • 第10回音楽盛典 - 中国最高人気男性歌手賞・今年の歌トップ10賞[27]

作品[編集]

シングル[編集]

  • Bad Girl』2015年11月6日 - 作詞、共同作曲[28]
  • JULY』2016年11月6日 - 共同作詞[29]
  • 6』2017年7月25日 - 共同作詞[30]

ソロOST[編集]

  • 時間煮雨』2014年7月17日 - 映画『小時代3:刺金時代』エンディング曲[31]
  • 有一個地方』2014年11月6日 - 映画『有一個地方只有我們知道』主題歌(ソン・ビョンヤン作曲、共同作詞)[18]
  • 『All of Me』2015年2月 - 映画『有一個地方只有我們知道』OST(ジョン・レジェンドの曲をカバー)[10]
  • Juice』2016年3月 - 映画『トリプルX:再起動』OST[32]
  • 従此以後』2016年8月 - 映画『夏有喬木、雅望天堂』主題歌(共同作詞)[33]
  • 『刀剣如夢』2016年9月 - ゲーム『剣侠世界手遊』主題歌(周華健の曲をカバー、共同編曲)[34]

合作曲[編集]

  • 乖乖』クリス・ウー & 譚晶 - 2016年12月(映画『西遊・伏妖篇』主題歌、編曲、共同改編詞)[35]
  • Deserve』Kris Wu ft. Travis Scott - 2017年10月12日[36]

コンサート[編集]

出演[編集]

映画[編集]

主演は役名を太字で表記

番組[編集]

レギュラー出演は番組名を太字で表記

  • 湖南衛視『快楽大本営』- 2015年3月21日[44]
  • 浙江衛星『挑戦者連盟1』- 2015年9月~12月[11]
  • 浙江衛視『跨年晩会』- 2015年[45]
  • 浙江衛星『挑戦者連盟2』- 2016年[11]
  • 湖南衛視『跨年演唱会』- 2016年[46]

広告[編集]

その他[編集]

  • マダム・タッソー蝋人形展示 - 上海杜莎夫人蝋像館(2015年7月~)[48]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d EXO元メンバークリス&ルハン、SMとの訴訟が終結…日本と韓国を除く芸能活動が自由に(全文)”. Kstyle (2016年7月22日). 2017年10月10日閲覧。
  2. ^ a b クリス、活動再開公式化…EXO脱退後初めての姿公開”. Innolife (2014年6月24日). 2017年10月10日閲覧。
  3. ^ a b spotlight EXO│크리스, 찬열's story” (韓国語). ize (2013年9月25日). 2017年10月10日閲覧。
  4. ^ a b SM "당혹스럽다, 엑소 활동 잘 이루어지도록 최선 다하겠다"” (韓国語). ノーカット芸能 (2014年5月15日). 2017年10月8日閲覧。
  5. ^ a b PROFILE EXO(エクソ)OFFICIAL WEBSITE”. S.M.ENTERTAINMENT JAPAN. 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e 더★프로필 엑소(EXO) 크리스, '으르렁' 부르는 훈남 비주얼” (韓国語). The Star (2013年8月27日). 2017年10月10日閲覧。
  7. ^ 본격 엑소까기① ‘엑소(EXO)’가 뭐예요? 먹는 건가요?” (韓国語). moneys (2014年8月26日). 2017年9月14日閲覧。
  8. ^ (韓国語) SBS [2013가요대전 - 엑소(Exo) '으르렁(Growl)']. SBS.. (2013年12月29日). https://www.youtube.com/watch?v=hpsdVh_Gdck 2017年10月25日閲覧。 
  9. ^ Kris Wu - YouTube” (中国語、英語). Kris Wu. 2017年10月9日閲覧。
  10. ^ a b 呉亦凡(クリス・ウー)”. 中華網china.com (2016年9月22日). 2017年10月10日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 吴亦凡的哥哥是谁? 李嘉恒和吴亦凡是什么关系?” (中国語). 搜狐公司 (2015年11月29日). 2017年10月10日閲覧。
  12. ^ Mr_吴亦凡工作室” (中国語). 吴亦凡工作室. 2017年10月10日閲覧。
  13. ^ Kris Wu - CAA Music and Comedy Touring” (英語). Creative Artists Agency. 2017年10月10日閲覧。
  14. ^ Kris Wu on Apple Music” (英語). Apple Inc.. 2017年10月11日閲覧。
  15. ^ インドでの大量解雇が報道される中、中国テック大手のLeEco(楽視)が22億米ドルを資金調達【報道】”. THE BRIDGE (2017年4月10日). 2017年10月11日閲覧。
  16. ^ a b EXO-K, EXO-M 멤버 크리스, 훈훈한 비주얼 '눈길'” (韓国語). SBS (2012年2月16日). 2017年10月10日閲覧。
  17. ^ spotlight EXO│③ “대한민국 오천만 명이 EXO를 다 알아보는 게 목표”” (韓国語). ize (2013年9月25日). 2017年10月10日閲覧。
  18. ^ a b c EXO クリス、元SM練習生とタッグ!作詞家に変身し映画OSTを制作”. Kstyle (2014年11月6日). 2017年10月10日閲覧。
  19. ^ a b イケメン新時代『有一個地方只有我們知道』”. 人民中国インターネット版 (2014年2月15日). 2017年10月9日閲覧。
  20. ^ 上海杜莎夫人蜡像馆” (中国語). 上海杜莎夫人蜡像馆. 2017年10月9日閲覧。
  21. ^ SMの株価が5.82%下落…EXO クリスの専属契約無効申請の影響か”. Kstyle (2015年11月10日). 2017年10月10日閲覧。
  22. ^ EXOを離れたクリス、上海のマダム・タッソー博物館に蝋人形を展示“90年代生まれの中国スター初””. Kstyle (2014年12月1日). 2017年10月11日閲覧。
  23. ^ ハリウッド初出演のクリス・ウー、「トリプルX」の魅力とヴィン・ディーゼルとの秘話語る”. Record China (2017年7月12日). 2017年10月10日閲覧。
  24. ^ 年度新人:吴亦凡” (中国語). 时尚先生Esquire (2014年12月17日). 2017年10月11日閲覧。
  25. ^ 【2016東京・中国映画週間】クリス(ウーイーファン)吴亦凡 来日レポート”. ADC News (2016年10月28日). 2017年10月11日閲覧。
  26. ^ 2016東京・中国映画週間公式サイト”. 日中映画祭実行委員会. 2017年10月11日閲覧。
  27. ^ 吴亦凡凭借歌曲《July》 获最受欢迎和十大金曲奖” (中国語). 中国青年网 (2016年12月4日). 2017年10月11日閲覧。
  28. ^ EXO元中国人メンバーの近況報告――クリス(呉亦凡)篇”. SPO Entertainment Inc. (2016年1月20日). 2017年10月10日閲覧。
  29. ^ a b 吳亦凡生日會新歌首唱 樂視音樂進一步推動上游產業鏈垂直整合” (中国語). 每日頭條 (2016年11月8日). 2017年10月11日閲覧。
  30. ^ 吴亦凡突袭曝新EP《6》海报 收录曲7月25日上线” (中国語). 新浪娱乐 (2017年7月20日). 2017年10月11日閲覧。
  31. ^ 《小时代3》吴亦凡演唱片尾曲 揭其成名路海量私照盘点” (中国語). 人民网 (2014年7月21日). 2017年10月11日閲覧。
  32. ^ EXO元メンバークリス、映画「トリプルX:再起動」アクション大作に初出演!特別映像到着”. Kstyle (2017年1月31日). 2017年10月11日閲覧。
  33. ^ 《夏有乔木》曝吴亦凡版主题曲MV《从此以后》听夏木深情告白” (中国語). 北京动艺时光网络科技有限公司 (2016年7月26日). 2017年10月11日閲覧。
  34. ^ (影音)吳亦凡首次古裝亮相 仙氣噴發翻唱《刀劍如夢》” (中国語). 自由時報 (2016年9月15日). 2017年10月18日閲覧。
  35. ^ 《西游伏妖篇》发布会 周星驰赞吴亦凡演技好”. 中国网·东海资讯 (2016年12月21日). 2017年10月11日閲覧。
  36. ^ Kris collaborating with Travis Scott for new track "Deserve"” (英語). allkpop (2017年10月10日). 2017年10月10日閲覧。
  37. ^ 吳亦凡演星爺《美人魚2》” (中国語). 蘋果日報 (2017年3月23日). 2017年10月11日閲覧。
  38. ^ 吳亦凡飾演《爵跡》裡面的銀塵,絕望的暗夜甜美的無邪,大蠍子好” (中国語). 歡享網 (2016年8月18日). 2017年10月11日閲覧。
  39. ^ 「最高ヒット」更新なるか?チャウ・シンチー監督「西遊・伏妖篇」、ジャッキー・チェンとガチ対決!―中国”. Record China (2017年1月28日). 2017年10月11日閲覧。
  40. ^ xXx: Return of Xander Cage (2017) - IMDb” (英語). IMDb. 2017年10月10日閲覧。
  41. ^ Valerian and the City of a Thousand Planets (2017) - IMDb” (英語). IMDb. 2017年10月10日閲覧。
  42. ^ 梁朝偉主演《歐洲攻略》羅馬熱拍 吳亦凡再續銀髮造型唐嫣職業范兒 預計2017年上映” (中国語). 歡享網 (2017年9月16日). 2017年10月11日閲覧。
  43. ^ 韓流EXO出身クリス、ウォン・カーウァイ監督の最新作「繁花」に出演決定―中国メディア”. Record China (2017年4月19日). 2017年10月11日閲覧。
  44. ^ 《快乐大本营》20150321期: 吴亦凡PK“名捕三少” 宫斗直逼《甄嬛传》Happy Camp: Battle Between Kris Wu and William【湖南卫视官方版1080P】” (中国語). 湖南卫视芒果TV官方频道 China HunanTV Official Channel (2015年3月21日). 2017年10月13日閲覧。
  45. ^ 《奔跑吧2015》浙江卫视跨年晚会吴亦凡《时间煮雨》《有一个地方》 【浙江卫视官方高清】” (中国語). 中国浙江卫视官方频道 Zhejiang TV Official Channel - 欢迎订阅 - (2015年12月20日). 2017年10月12日閲覧。
  46. ^ 吴亦凡《bad girl》白发自带美颜 帅气唱跳霸屏— 2016湖南卫视跨年演唱会精彩看点” (中国語). 湖南卫视芒果TV官方频道 China HunanTV Official Channel (2016年1月4日). 2017年10月12日閲覧。
  47. ^ 華人タレントで初の快挙!韓流EXO出身のクリス、バーバリーのイメージモデルに―中国”. Record China (2016年10月14日). 2017年10月11日閲覧。
  48. ^ 吴亦凡蜡像揭幕首位90后入驻上海杜莎夫人蜡像馆” (中国語). 时尚COSMO (2015年7月25日). 2017年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]