胡歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
胡歌(2016年)

胡歌フー・ゴー、ピンイン:Hu Ge、1982年9月20日 - )は、中国上海市生まれの中国人俳優で歌手[1]

2005年上海戯劇学院卒。数多くのドラマを出演し、代表作は『仙剣奇侠伝』シリーズ(2005、2009)、『偽装者』(2015)、『琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜』(2015)がある。2005年に出演した『仙剣奇侠伝』シリーズで一気にブレイクして人気俳優になったが、『仙剣奇侠伝』はゲームをベースに作られたドラマのため、その時期の主のファン層は中高学生に限られていた。2006年に重大な交通事故を経験し、右目と右顔に100針以上を縫う大怪我を負った。当時撮影中のドラマ『射鵰英雄伝〈新版〉』がこの事故のため、撮影を一年間止められた。2010年から多様な役を挑戦し、ドラマに限らず舞台も多く主演した。2015年放送の『偽装者』『琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜』の大ブレイクのおかげで、俳優としての実力が広く認められ、ファン層も全世代に広がるようになった。2016年から仕事を控え、久しぶりに自分自身としての生活を過ごせるようになった。2018年に初めて映画を主演することを果たした。

人物[2][編集]

1982年9月20日に中国上海市徐匯区に生まれ、父は労働者(工人)で、母は病気のために早年退職し、裕福な家庭ではなかった。母は胡が6歳の時に乳がんと診断され、30年ぐらいの闘病生活を続いた末、2019年に亡くなった[3]。一人っ子である。

幼少期は性格が内面的であった。両親は胡が将来社会に溶け込めないことを心配し、児童劇団などを胡に勧めた。何度も落選したこともあったが、1989年、胡が上海テレビ局小熒星芸術団に選ばれた。それは胡にとって初めての舞台だった。

中学校や高校時代の胡が学校や区の行事を多く参加し、同時に上海テレビ局と東方放送局(上海の地元の放送局)で少年番組の司会者をしていた(1999年まで)。また、同時期、胡がCMのモデルにも起用され始めた。

CMの撮影中徐々にCMのアイデアや撮影に興味を持つようになり、将来CM業界で働きたいと考えるようになる。この志を知る友達の勧めで中央戯劇学院を受験し、監督学部全国2位(1位は推薦入学生)で合格した。同時に上海戯劇学院の演技部(中国語:表演系)を全国3位の成績で合格した。同時の胡がすでに上海のCM業界にある程度の知名度があったので、上海に残るなら学費や生活費の心配がないが、北京における中央戯劇学院に行けば経済的な負担が重くなるため、地元の上海戯劇学院に進学した。

俳優デビュー[編集]

2002年、大学在学中だった胡は友人からメディア会社の唐人影視を薦められ、ドラマの吹き替えを務めた後、会社と契約した[4]。上海戯劇学院を卒業した頃に時代物のTVシリーズに出演し、中国や台湾で一躍アイドルスターとなった。2005年に主演した『仙剣奇侠伝』は同名の武侠PCゲームを基としたドラマで、この李逍遥の役と他のTVドラマ主演によって彼はいくつかの舞台芸術賞を受賞した。

交通事故[編集]

2006年8月29日晩、撮影現場から上海に帰る途中、滬(上海)杭(杭州)高速公路嘉興段に交通事故が起こった[5]。同乗の助手は死去し、胡自身は重傷を負って一命をとりとめたが、2日間全身麻酔の手術がされた。その後、香港や韓国で治療していた。一年後復帰した。

復活と挑戦(舞台)[編集]

2008年、事故のため中断していたTVドラマ『射鵰英雄伝』の撮影を終え、『仙剣奇侠伝3』、ジャッキー・チェンがプロデュースした『THE MYTH 神話』に出演し、復活を印象づけた。顔の傷痕は、胡歌を人気アイドル俳優から演技派俳優へと転換させる動機となり、2010年以降は二枚目主役を避けて演じ、役者としての多様性を模索するようになった。映画『バタフライ・ラヴァーズ』では敵役を選び、賴聲川(スタン・ライ)監督の舞台『如夢之夢』では五月病の「患者No. 5」役を演じて1年間舞台に出演した。この演技で第2回北京ダニー国際舞台芸術賞の「最優秀俳優賞」を受賞した。2012年の『軒轅劍』では準主役とプロデューサーを兼務した。

再ブレイク[編集]

2015年、スパイ小説「諜戦上海灘」が原作のTVドラマ『偽装者』に主演した後、この作品を監督したリー・シュエとコン・シェンが共同監督した『琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜』に胡歌は梅長蘇役で主演、話が進むにつれドラマが話題となり作品は大ヒットとなった。『琅琊榜』放送後、胡歌が助演した『風中の縁』の再放送が始まったため、2015年は胡歌フィーバーとなった。『琅琊榜』は同年のメディア映像賞を総なめし、胡歌は国内TVシリーズの最優秀主演男優賞、ゴールデンイーグル賞やマグノリア賞、Iqiyi TV and Movie Awardsの俳優賞など多数受賞[6]した。同年、福岡で開催された第10回アジアドラマカンファレンス in Kyushuで『風中の縁』の演技により特別貢献賞を受賞した[7]

活動休止[編集]

2016年よりテレビ出演を控え、2017年3月に渡米後、7月までAAUで語学を学び、その後ニューヨーク大学で映画について学んだ。人気絶頂時にキャリアを停めるのは「演技をより深めるため、別の人生を体験すること」だと彼はインタビューで答えている[8]。しかし出発前に情報が洩れたため国内メディアや在米ファンの間で大騒動となり、願ったような平静な日常を得られぬまま1年の滞在を終えて帰国した[9]

変容と挑戦(映画)[編集]

帰国後は現在に至るまでメイン活動の場を映画に移した。胡歌はジャッキー・チェン作品にたびたび出演していたが、近年は岩井俊二監督の映画『チイファの手紙』やディアオ・イーナン監督の『鵞鳥湖の夜』など、個性的な監督作品の中でこれまでとは違う役柄に挑戦し、俳優としての新境地をみせた。2019年、COVID-19のパンデミックにより主演映画「驯鹿」の撮影が1年中断され、完成したシーンの多くが再撮影となった。2020年、ウォン・カーウァイが監督した時代劇「繁花」に主演しテレビドラマに戻ることを発表した。

チャリティ[編集]

2009年10月、彼は自著「幸福的拾荒者」からのすべての使用料と彼自身の報酬を慈善団体であるオペレーションナーサリーに寄付し、事故で亡くなった彼の助手で親友だった張冕さんの名で雲南省威信県四漢村に希望小学校を寄贈した。胡歌とファンは現在もこの小学校に寄付を続けている。この他、四川省のグリーンリバーNGOの生態環境保護プロジェクトや、長江の源流の環境保護活動などの他の慈善活動にも定期的に関わっている。2016年に上海の観光大使、Visit Britainの中国親善大使に任命された。

作品[編集]

ドラマ[編集]

  • 蒲公英(2004)
  • 聊齋志異(2004)
  • 仙剣奇侠伝(2005)
  • 天外飛仙(2005)
  • 楊家将伝記 兄弟たちの乱世(2006)- 原題「少年楊家將」
  • 別愛我(2006)
  • 射鵰英雄伝〈新版〉(2008)- 原題「射鵰英雄傳」
  • 仙剣奇侠伝3(2009)
  • THE MYTH 神話(2010)
  • 苦咖啡(2010)
  • 香格里拉(2011)
  • 無懈可擊之高手如林(2011)
  • 摩登新人類(2011)
  • 軒轅劍之天之痕(2012)
  • 刷新3+7(2012-2013)
  • 愛情公寓4(2014)- カメオ出演
  • 生活后示録(2014)
  • 風中の縁(2014)- 原題「風中奇縁」
  • 四十九日・祭(2014)
  • 偽装者(2015)
  • 琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜(2015)
  • 大好時光(2016)
  • 旋風十一人(2016)
  • 猎场(2017)
  • 外科風云(2017)- カメオ出演
  • 繁花(2021)
  • 完美伴侶(2021)- カメオ出演

映画[編集]

吹き替え[編集]

  • 宝莲灯(1999)
  • 少年岳飛傳奇(2011)
  • 大鬧天宮3D(2012)
  • 麥兜噹噹伴我心(2012)
  • 龍之谷:破曉奇兵(2014)
  • 言靈童話(2017)
  • 但是还有书籍(2019)

音楽[10][編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

舞台[編集]

  • 我為歌狂(2002)
  • 探長來訪(2005)
  • 如夢之夢(2000初演、以降2020を除き2021まで毎年再演)
  • 永遠的尹雪艷(2000)

書籍[11][編集]

この本は自動車事故の後に書かれた、治療中の胡歌の精神的な旅を綴った内容で、2007年6月にJieli Publishing Houseから出版された。交通事故で人生とキャリアが砕かれ、その欠片を拾う行為に似た回復の過程で多くの人の世話になったことから書名を「幸福的拾荒者(幸せな塵拾い)」と名付けた。「序文」「日常の不幸」「冕さんの記憶」「過去を探る」「柳暗花明」「友達、鏡」の6部構成で、 胡歌自身の手記や友人たちが彼に宛てたメッセージなどを収録している。この本の収益はすべてチャリティ活動に寄付される。(チャリティ項目を参照)

写真展[編集]

  • 雲南撮影ツアーのドキュメンタリービデオ展(2016)- 北京798芸術区
  • 《家園》上海城市影像展(2016)- ロンドン
  • 《家園》上海城市影像展(2016)- 上海
  • 胡歌線上作品展(2016)- ソニーチャイナ公式サイト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Sina Visitor System”. passport.weibo.com. 2021年4月13日閲覧。
  2. ^ 從李逍遙到梅長蘇,從明星到演員,看家庭教育對胡歌成功的重要影響” (中国語). 2021年4月12日閲覧。
  3. ^ 胡歌媽媽去世追悼会上月月底挙行 生前最後照片曝光”. new.qq.com. 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ 新偶像:胡歌承认恋情 胡歌车祸前后 胡歌与女朋友 - 娱乐 - 国际在线”. news.cri.cn. 2021年4月17日閲覧。
  5. ^ 腾讯娱乐频道_胡歌发生车祸 助手身亡”. ent.qq.com. 2020年6月22日閲覧。
  6. ^ 上海電視劇(テレビドラマ)制播年会―フー・ゴー(胡歌)&ウォレス・フォ(霍建華)W受賞|Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア” (日本語). Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア. 2021年4月12日閲覧。
  7. ^ 【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あり!|Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア” (日本語). Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア. 2021年4月13日閲覧。
  8. ^ 留学从来不是件容易的事儿,胡歌:留学一年,很失败” (英語). 简书. 2021年4月13日閲覧。
  9. ^ 深度分析:胡歌去留学为何成“笑话”?” (英語). www.sohu.com. 2021年4月12日閲覧。
  10. ^ Sina Visitor System”. passport.weibo.com. 2021年4月13日閲覧。
  11. ^ “幸福的拾荒者” (中国語). 维基百科,自由的百科全书. (2018-02-20). https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E7%9A%84%E6%8B%BE%E8%8D%92%E8%80%85&oldid=48380352. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、胡歌に関するカテゴリがあります。