ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニー・ミュージックエンタテインメント
Sony Music Entertainment
種類 ジェネラル・パートナーシップ
市場情報 非上場
略称 Sony Music
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
設立 1888年(コロムビア・フォノグラフとして)
業種 音楽ソフトの企画・制作・製造・販売など
代表者 ダグ・モリス(CEO
純利益 39億ドル(2008年)
主要株主 ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ(100%)
外部リンク sonymusic.com
特記事項:現法人は、2004年8月、ソニーBMG・ミュージックエンタテインメントとして設立。旧ソニー・ミュージックエンタテインメントはソニー・ミュージックホールディングスに改称(2008年12月)して、現法人の直接の親会社となっている。
テンプレートを表示

ソニー・ミュージックエンタテインメントSony Music Entertainment)は、アメリカ合衆国ニューヨークに本社を置く音楽事業会社。

概要[編集]

2004年、ソニーベルテルスマングループの合弁( パートナーシップ)によりソニーBMG・ミュージックエンタテインメント(Sony BMG Music Entertainment)として発足。ソニーグループのSony Music Entertainment(旧CBSレコード)とベルテルスマングループのBMGの音楽事業を当社の下に統合した。2008年、ソニーがベルテルスマンの持分を取得して完全子会社化し、社名をソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment)とする。

ユニバーサル ミュージック グループワーナー・ミュージックと共に、いわゆる音楽事業会社の"ビッグスリー"の一つである。

沿革[編集]

CBSレコード[編集]

BMG[編集]

ソニーBMG[編集]

  • 2004年8月1日、ソニーとベルテルスマングループの合弁(双方の折半出資)によりソニーBMG・ミュージックエンタテインメント(Sony BMG Music Entertainment)を設立。ソニー・ミュージックエンタテインメント(旧CBSレコード)とBMGの事業を当社の下に統合した。
  • 2005年10月、発売したCDにrootkitが存在することが発覚。 ソニーBMG製CD XCP問題を参照。
  • 2007年11月、ソニーBMG従業員が環境移行ツールIDEAL Migrationのオンラインサポートを同ソフトウェアの開発元であるPointdevにリクエストしたところ、同ソフトウェアが不正なライセンスキーにより使用されていることが発覚。翌年1月に海賊版ソフトウェアの使用・ライセンス違反により30万ユーロの訴訟を起こされる[2][3]
  • 2008年8月、ソニーとベルテルスマンは、ソニーがベルテルスマンの持分(50%)を取得することに合意したと発表。
  • 2008年10月に、ソニーの米国法人であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ(SCA)によるベルテルスマン持分の取得が完了。ソニーBMGはソニーの完全子会社(SCA等を介する間接所有)となった。同時に、ソニーBMGから日本のSMEJにBMG JAPAN全株式の譲渡が行われ、BMG JAPANはSMEJの完全子会社となった。また、それに際して販売元もVEからSMEJに変更された。
  • 2008年12月に、保護者の承諾を得ずに3万人の児童に関する情報を収集した問題で、連邦取引委員会に100万ドルを支払うことに同意した。

ソニー・ミュージック[編集]

  • 2009年1月1日、社名をソニー・ミュージックエンタテインメント (Sony Music Entertainment)に変更した。
  • 2009年10月、日本のソニー・ミュージックエンタテインメントがBMG JAPANを吸収合併。

レーベル[編集]

経営者[編集]

NBCのCOOだったアンドリュー・ラック (Andrew Lack) は、2003年に旧ソニー・ミュージックエンタテインメントのCEOに就任した。その後合併に伴い、ソニーBMGの初代CEOに就任した。

2017年4月、元ソニーCEOのハワード・ストリンガーの実弟ロブ・ストリンガー英語版が就任した[4]

事件・問題[編集]

ソニーBMG・ミュージックエンターテインメント(当時)の音楽CDにスパイウェアが仕込まれていた問題[5]

関連項目[編集]

ソニーBMGの1960年代から1980年代にかけての旧譜のライセンスを取得し、再発売している(ソニーは子会社レーベルレガシーからも旧譜を再発売している)。

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]