ヴィッキー・チャオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィッキー・チャオ
趙薇
Zhaoweiredcarpet.jpg
基本情報
繁体字 趙薇
簡体字 赵薇
漢語拼音 Zhào Wēi
出身地 中華人民共和国の旗 中国
生誕 1976年3月12日(40歳)
中華人民共和国の旗 中国安徽省蕪湖市
別名 小燕子(シャオイェンツー)
英語名 Vicki Zhao
職業 女優歌手
ジャンル C-POP
レーベル MBOX
活動期間 1993 –
配偶者 黄有龍
趙薇
各種表記
繁体字 趙薇
簡体字 赵薇
拼音 Zhào Wēi
発音: チャオ・ウェイ
広東語発音: チウ・メイ
日本語読み: ちょう・び
英文 Zhao Wei
テンプレートを表示

ヴィッキー・チャオ趙薇1976年3月12日 - )は、中国安徽省出身の女優歌手映画監督北京電影学院卒業。身長166cm。愛称は『還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜』のときに演じた役名から「小燕子」(シャオイェンツー)と呼ばれている。

中国では章子怡(チャン・ツィイー)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)の3人を加え、四小名旦(四大若手女優)として知られる。演技派の売れっ子女優として知られる一方で。[1]

経歴[編集]

  • 1994年 -芜湖師範学校三年生の時、黄蜀琴監督、コン・リー主演の映画『画魂 愛、いつまでも』に無名役を演じた。同年卒業後、中国第三世代の監督の謝晋が開催された上海謝晋スター芸術学校に入り、一期の生徒になった。
  • 1995年 -同年、謝晋監督の『女児谷』にヒロイン役で出演、TVドラマ『姉妹たち北京に挑む』にヒロイン役でテレビデビュー。
  • 1996年 - 全国1位の成績で北京電影学院演技科本科に入学。[2]
  • 1998年 - 名作家瓊瑤によるTVドラマ『還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜』にヒロインの小燕子を演じた。第一回目の放送の平均視聴率は45%を超え、中国の視聴率統計以来の最高記録を破り、全アジアでも大人気。このドラマで第17回中国ドラマ金鷹賞の最優秀主演女優賞を受賞。[3]
  • 1999年 - 第2部の『還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜』の平均視聴率は50%を超えた。同年、歌手としても大活躍、瓊瑤は彼女一人だけのために「可人レコード」を作った。EMIにより発行したアルバム『Swallow』、『Magic of Love』は2枚とも売上が百万枚を突破した。
  • 2000年 - 中国中央テレビ春節聯歓晩会の司会を担当。
  • 2001年 - CCTV製のTVドラマ『情深深雨濛濛』は当年度の視聴率トップ1になり、AVEXにより3枚目のアルバム『ラストの別れ』を発行。チャウ・シンチー(周星馳)監督作品『少林サッカー』に阿梅役を出演、興行収入は香港の最高記録を破った。12月3日、雑誌『時装』2001年第9期号で着用した黒色のワンピースに旭日旗に酷似した模様が入っており、問題となる。ヴィッキーのマネージャーはインタビューに「ヴィッキーは雑誌側の要求に答えて撮影しただけ」と答えている[4]。この問題は『軍旗裝事件』と呼ばれ、ちょうど小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝が問題になっていた時期と重なって、中国全土からバッシングを受ける。いくつかのメディアがヴィッキーが謝罪しない限りはヴィッキーに関するテレビや映画の情報は報道しないという、"締め出し"を行うと宣言。[5]事態を重く見た、ヴィッキーは後日、『歴史認識の浅さと悲惨な歴史に対する鈍感さを痛感し、知らないうちに多くの人々を傷つけてしまったことを深く反省しています。』といった内容の謝罪文を発表した。なお、写真を掲載した『時装』の企画部長は仕事を辞める意向を示した。[6]
  • 2002年 -ジェフ・ラウ(劉鎮偉)監督、ウォン・カーウァイ(王家衛)監制の『天下無双』、第39回台灣映画金馬賞、第47回亜太影展の最優秀助演女優賞にノミネートされた。同年、第7回中国映画華表賞受賞式の司会を担当。
  • 2003年 - 『マイ・ドリーム・ガール』、『緑茶』、『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』(中井貴一共演)、『デスパレート 愛されてた記憶』4本の映画が上映。
  • 2004年 - 仕事上のパートナーの女性に暴行を加えるよう指示したという中国で報道されたが、ヴィッキー側は事件への関与を否定した[7]。翌年にも暴行事件疑惑が浮上しているが、こちらも否定している。[8]維京レコードと契約し、発行した4枚目のアルバム『飘』は数多くの音楽賞を受賞。
  • 2005年 - フォ・ジェンチイ監督の『初恋の想い出』での演技は高評を得た。第8回上海国際映画祭、第11回中国映画華表賞、第8回長春映画祭の最優秀女優賞を受賞。同年、CCTV製のTVドラマ『京華煙雲』は当年度の視聴率トップ1になり、中国ドラマ飛天賞の最優秀女優賞にノミネートされた。5枚目のアルバム『ダブル』の売上は中国年度レコード売上ランキング3位になり、MTVアジア大賞受賞。
  • 2006年 - 北京電影学院監督科の大学院生として入学。香港ニューウェーブ監督アン・ホイとの2度目の合作『おばさんのポストモダン生活』は第43回台灣映画金馬賞、第27回香港電影金像奨の最優秀助演女優賞にのノミネートされた。米ピープル誌の「世界で最も美しい100人」に選ばれた。監督業に興味を示し、2006年から北京電影学院の研究課程で撮影技術を学んでいた。しかし、2008年度分の授業料2万5000元(約36万円)を滞納していると学校側から通告され、問題となった。[9] 後日、ヴィッキーは授業料を支払い「支払い方法が複雑で放置していた。新聞を見た家族が慌てて電話をしてきたので、手続きを急ぎました」と釈明した[10]
  • 2007年 -本木雅弘と共演した『夜の上海』は日中国交正常化三十周年の記念作品になった。MBOXレコードと契約し、6枚目のアルバム『天使のスーツケース』を発行するとともに、そのタイトル曲のMV監督を担当。Music Radioランキング最優秀レコードと音楽風雲榜の最優秀女性歌手を受賞。
  • 2008年 -ジョン・ウー(呉宇森)監督の『レッドクリフ』は『タイタニック』が長年保った興行収入の記録を破り、全アジアで強い反響を引き起こした。ヴィッキーは2部に孫尚香役を演じ、第28回と29回香港電影金像奨の最優秀助演女優賞にノミネートされた。同年、『画皮 あやかしの恋』に良妻役を出演、その突破した演技力は一致の称賛を得た。春燕賞の最優秀女優賞を受賞、第27回中国電影金雞賞と第3回アジア・フィルム・アワードの最優秀女優賞にノミネートされた。同年、中国の実業家黄有龍とシンガポールで結婚手続を行った。
  • 2009年 -伝説人物『ムーラン』を主演、「人民日報」から「完璧に古詩から映画に」の称賛を得た。第29回香港電影金像奨最優秀女優賞にノミネートされ、第30回大眾電影百花獎、上海映画批評家大賞、長春映画祭の最優秀女優賞を受賞。デジタル形で7枚目のアルバム『私たちは皆大監督』を発行。2009年、中国電影表演芸術学会が主催する第12回金鳳凰奨の授賞式が開催され、これと並行して同学会の理事選出会議が行われた。新しい副会長として王奎栄(ワン・クイロン)とともに選ばれ、組織の重要職に初めて選出されたことに感激もひとしおだったという。中国電影表演芸術学会は1985年に広州で設立され、国家広電総局が管理する全国的組織。会員は映画俳優によって構成され、現在は唐国強(タン・グオチャン)が会長を務める[11]。学会設立以来最も若い副会長、として話題になった[12]
  • 2010年 - 4月11日にシンガポールで女児を出産した。[13]、それ以前にシンガポールの実業家・黄有龍と結婚していたことが明らかとなった[14]。6月に第13回上海国際映画祭のコンペティション部門の審査員として復帰。[15]年末にかつてフランス王ルイ16世に属したボルドーロングの夢陇ワイン園を購入。
  • 2011年 - 中国金鶏百花映画祭のアンバサダーに就任。
  • 2012年 - 『妖魔伝 レザレクション』に靖姫を出演、興行収入は中国最高記録を破った。99点(満点100点)の1位の成績で北京電影学院監督科から卒業、修士学位を得た。[16]フランスの百年歴史を持つワイン学会に騎士勲章を授与された。
  • 2013年 - 監督処女作の『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』の興行収入は7.26億元を超え、中国興行収入の最高記録を持つ女性監督になり、監督としての才能は認められた。第29回中国電影金雞獎、第22回上海映画批評家大賞の最優秀新人監督賞を受賞。第32回大眾電影百花獎の最優秀監督賞を受賞。第33回香港電影金像奨の最優秀両岸華語映画を受賞。
  • 2014年 - ピーター・チャン監督の『最愛の子』は第71回ヴェネツィア国際映画祭に封切り上映し、ヴィッキーの演出は国際メディアから高評を得た。「ハリウッド・リポーター」はさらにヴィッキーを「中国のジュリエット・ビノシュ」と褒めた。第34回香港電影金像奨、第22回香港電影評論學會大獎の最優秀主演女優賞を受賞。
  • 2015年 - TVドラマ『TIGER MOM』を主演。6月、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに手形を残った。初めてこの栄耀を受ける中国女優になる。
  • 2016年 -ジョニー・トー監督の『ホワイト・バレット』に医者役を出演、9月に第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門の審査員になった。[17]第2部の監督作「ほかの愛がない」を撮る。
2015年6月3日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに手形を残った。初めてこの栄耀を受ける中国女優になる。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • (姐姐妹妹闖北京 1996年)
  • (大魔方 1996年)
  • 還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜(還珠格格 1998年)
  • (康熙微服私訪記桂圓記 1998年)
  • (還珠格格 第二部 1999年)
  • (老房有喜 1998年)
  • (侠女闖天関 2000年)
  • (情深深雨濛濛 2001年)
  • (京华烟云 2004~2005年)
  • (车神 2005年)
  • (谢谢你曾经爱过我 2006年)
  • (一个女人的史诗 2009年)
  • (TIGER MOM 2015年)

CM[編集]

  • Samsung Galaxy Note 3(2013年-2014年)
  • ジャガー・ルクルト(2012年至今)
  • Artini(2010年至今)
  • Mary Chia(2010年至今)
  • Aussino(2010年至今)
  • Kinohimitsu木の秘密(2010年至今)
  • カネボウ Kanebo(2009年-2010年)
  • 瑪花纖體 Marie France Bodyline(2002-2003、2008年)
  • 資生堂 Shiseido(2003-2004年)
  • Red Earth(2000-2002年)
  • Amoi(2000-2001年)
  • キヤノン Canon(1999-2000年)

監督作品[編集]

受賞歴・記録[編集]

映画&ドラマ[編集]

年份 結果 賞の名 部門 受賞作品
1999年 受賞 第17回中国ドラマ金鷹賞 最優秀主演女優賞[18] 還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜
2001年 受賞 第1回大眾ドラマ雙十佳藝術家 十佳演員 『情深深雨濛濛』
2002年 ノミネート 第39回台灣映画金馬賞 最優秀助演女優賞 『天下無雙』
ノミネート 第2回華語傳媒大賞 最優秀主演女優賞 『少林サッカー』
2004年 受賞 第11回北京大学生映画祭 最も大学生に歓迎された女優賞[19] ヘブン・アンド・アース 天地英雄
ノミネート 最優秀女優賞 ヘブン・アンド・アース 天地英雄
受賞 第5回華語電影傳媒大賞 最も歓迎された女優賞 緑茶』『デスパレート 愛されてた記憶
ノミネート 最優秀主演女優賞 『デスパレート 愛されてた記憶』
ノミネート 第27回大眾映画百花獎 最優秀主演女優賞 『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』
2005年 受賞 第8回上海国際映画祭 最優秀女優賞[20] 初恋の想い出
受賞 第10回中国映画表演芸術学会金金鳳凰賞 女優賞 『デスパレート 愛されてた記憶』
受賞 第11回中国映画華表賞 最優秀女優賞[21] 『初恋の想い出』
2006年 受賞 第8回長春映画祭 最優秀主演女優賞[18] 『初恋の想い出』
受賞 第2回中国ドラマ風雲盛典 最も歓迎された女優賞[22] 『京華煙雲』
ノミネート 最優秀主演女優賞 『京華煙雲』
ノミネート 第43回台灣映画金馬賞 最優秀助演女優賞 おばさんのポストモダン生活
2007年 受賞 第14回北京大学生映画祭 最も大学生に歓迎された女優賞 夜の上海』『おばさんのポストモダン生活』
受賞 第10回上海国際映画祭 傳媒賞-最受關注女優賞 『夜の上海』
ノミネート 第26回中国ドラマ飛天賞 最優秀女優賞 『京華煙雲』
2008年 ノミネート 第27回香港電影金像奨 最優秀助演女優賞 『おばさんのポストモダン生活』
ノミネート 第7回華語電影傳媒大賞 最優秀助演女優賞 『おばさんのポストモダン生活』
2009年 ノミネート 第28回香港電影金像奨 最優秀助演女優賞 レッドクリフ PartI
ノミネート 第3回アジア・フィルム・アワード 最優秀主演女優賞 画皮 あやかしの恋
ノミネート 第27回中国電影金雞賞 最優秀主演女優賞 『画皮 あやかしの恋』
受賞 第2回ベトナムDAN映画大賞 最も歓迎された中華女優賞 『画皮 あやかしの恋』
受賞 第12回中国映画表演芸術学会金金鳳凰賞 特別賞 『夜の上海』『画皮 あやかしの恋』『レッドクリフ PartI』
2010年 ノミネート 第29回香港電影金像奨 最優秀主演女優賞 ムーラン
ノミネート 最優秀助演女優賞 レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-
受賞 第3回ベトナムDAN映画大賞 最も歓迎された中華女優賞 『ムーラン』
受賞 第17回北京大学生映画祭 最も大学生に歓迎された女優賞 処刑剣 14BLADES
受賞 第19回上海映画批評家大賞 最優秀女優賞 『ムーラン』『処刑剣 14BLADES』
受賞 第10回長春映画祭 最優秀主演女優賞 『ムーラン』
受賞 第30回大眾電影百花獎 最優秀主演女優賞 『ムーラン』
受賞 第16回北京文聯春燕賞映画部門 最優秀主演女優賞 『画皮 あやかしの恋』
2011年 受賞 第4回中国農民映画祭 最も農民に歓迎された女優賞 『処刑剣 14BLADES』
2012年 受賞 第8回廣州大学生映画祭 最も大学生に歓迎された女優賞 『妖魔伝 レザレクション』
受賞 最受大學生歡迎角色 靖公主(『妖魔伝 レザレクション』)
2013年 受賞 第6回ベトナムDAN映画大賞 最も歓迎された中華女優賞 『妖魔伝 レザレクション』
受賞 第22回上海映画批評家大賞 最優秀新人監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
受賞 第29回中国電影金雞獎 最優秀新人監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
受賞 第9回中美映画祭 最優秀監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
ノミネート 第50回台灣電影金馬獎 最優秀新人監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
2014年 ノミネート 第5回中国映画監督組合賞 最優監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
ノミネート 最優秀新人監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
受賞 第32回大眾電影百花獎 最優秀監督賞 『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』
受賞 第10回中美映画祭 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
ノミネート 第51回台灣電影金馬獎 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
2015年 受賞 第21回香港電影評論學會大獎 最優秀女優賞 『最愛の子』
ノミネート 第9回アジア・フィルム・アワード 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
受賞 第34回香港電影金像奨 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
受賞 第22回北京大学生映画祭 最優秀女優賞 『最愛の子』
ノミネート 第30回中国電影金雞獎 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
受賞 第15回華語電影傳媒大賞 最優秀主演女優賞 『最愛の子』
ノミネート 第13回四川TVフェスティバル 最優秀主演女優賞 『TIGER MOM』
ノミネート 第20回アジア・テレビジョン・アワード 最優秀主演女優賞 『TIGER MOM』
2016年 ノミネート 第22回上海TVフェスティバル 最優秀主演女優賞 『TIGER MOM』
ノミネート 第33回大眾電影百花獎 最優秀主演女優賞 『最愛の子』

歌手[編集]

2006年
  • 第12回全球華語音楽榜中榜 中国大陸で最も人気のある女性歌手賞[23]
2007年
  • MTV超級盛典 最も風格ある歌手賞(中国部門)[24]
2008年
  • 音楽風雲榜 女性歌手賞(中国本土部門)[25]

その他[編集]

2004年
  • 中国ピエール・カルダン賞 流行人物特別賞[26]
2007年
  • 中国で最も売れた10人の顔 第3位[27]
  • 大陸明星公衆形象排行榜 好印象№1[28]
2008年
  • 米雑誌「フォーブス」アジア版 中国で最も有名な著名人7位[29]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エルオンライン (2008年12月1日). “「ディオール」の豪華パーティに世界のセレブが集結! ヴィッキー・チャオ”. 2008年12月4日閲覧。
  2. ^ 成绩单大检查 赵薇论文拿高分 半岛晨报 2008年4月29日
  3. ^ Yahoo!Japan (2007年9月3日). “ビューティーファイル 09.ヴィッキー・チャオさん”. 2007年9月3日閲覧。
  4. ^ サーチナ (2001年12月5日). “趙薇、「日本軍旗スタイル」の写真で物議”. 2008年12月4日閲覧。
  5. ^ サーチナ (2001年12月10日). “趙薇:「日本軍旗スタイル」でマスコミ締め出し”. 2008年12月4日閲覧。
  6. ^ サーチナ (2001年12月12日). “趙薇、「日本軍旗スタイル」事件で謝罪”. 2008年12月4日閲覧。
  7. ^ サーチナ (2004年7月30日). “趙薇:暴行を指示?バー経営の意見対立が原因か”. 2008年12月4日閲覧。
  8. ^ サーチナ (2005年8月5日). “趙薇めぐる暴行疑惑、マネージャーが全面否定”. 2008年12月4日閲覧。
  9. ^ 東亜通信社 (2008年11月5日). “中国人気女優ヴィッキー・チャオが授業料滞納”. 2008年12月4日閲覧。
  10. ^ サーチナ (2008年11月9日). “授業料滞納ヴィッキー・チャオ、手続きが複雑で放置”. 2008年12月4日閲覧。
  11. ^ 日中通信社 (2009年8月11日). “ヴィッキー・チャオ、電影表演芸術学会の副会長に”. 2009年8月11日閲覧。
  12. ^ サーチナ (2009年8月26日). “【華流】ヴィッキー・チャオが芸術学会副会長に、既婚報道は否定”. 2009年8月26日閲覧。
  13. ^ レコードチャイナ (2010年4月15日). “父親は富豪男性?「レッドクリフ」美女ヴィッキー・チャオ、女児を出産”. 2012年7月26日閲覧。
  14. ^ レコードチャイナ (2010年12月30日). “極秘出産、スピード復帰、離婚危機に揺れたヴィッキー・チャオ”. 2012年7月26日閲覧。
  15. ^ 网易娱乐 (2010年5月27日). “上海国际电影节评委名单出炉 吴宇森赵薇在列”. 2016年8月9日閲覧。
  16. ^ 赵薇宣布研究生毕业 论文答辩获最高分心情雀跃 成都商报 2012年06月16日
  17. ^ Record China (2016年7月25日). “女優ヴィッキー・チャオ、第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペ部門審査員に―中国”. 2016年8月4日閲覧。
  18. ^ a b Yahoo!Japan (2007年9月3日). “Yahoo!Beauty ビューティーファイル 09.ヴィッキー・チャオさん”. 2007年9月3日閲覧。
  19. ^ サーチナ (2004年5月18日). “趙微:「最も大学生に歓迎された女優賞」受賞”. 2008年12月4日閲覧。
  20. ^ サーチナ (2005年6月20日). “上海映画祭:趙薇が『情人結』で最優秀女優賞”. 2008年12月4日閲覧。
  21. ^ サーチナ (2006年8月29日). “華表奨:注目された優秀女優賞は章子怡と趙薇に”. 2008年12月4日閲覧。
  22. ^ サーチナ (2006年6月8日). “中国ドラマ大賞で「人気俳優賞」に趙薇、何潤東”. 2008年12月4日閲覧。
  23. ^ サーチナ (2006年1月13日). “ジェイ:「最も人気のある男性歌手」など5つの栄冠を手に”. 2008年12月4日閲覧。
  24. ^ レコードチャイナ (2007年11月24日). “「MTV超級盛典」授賞式開催、プレゼンターにパリス・ヒルトンが登場! - 上海市”. 2008年12月5日閲覧。
  25. ^ サーチナ (2008年4月9日). “「音楽風雲榜」女性賞はヴィッキー&フィッシュに”. 2008年12月4日閲覧。
  26. ^ サーチナ (2004年10月29日). “趙薇:「時の人」選出で「流行人物特別賞」授賞”. 2008年12月4日閲覧。
  27. ^ レコードチャイナ (2007年10月25日). “「2007年中国で最も売れた10人の顔」―3位ヴィッキー・チャオ”. 2008年12月4日閲覧。
  28. ^ レコードチャイナ (2007年11月15日). “<横顔>国民的ドラマで一躍有名に、好感度№1女優 - ヴィッキー・チャオ”. 2008年12月4日閲覧。
  29. ^ レコードチャイナ (2004年10月29日). “トップはNBAのあの人!最新版「中国の著名人TOP25」ランキング - 米誌”. 2008年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]