ワイス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武田薬品工業 > ワイス (企業)

ワイス(Wyeth, NYSEWYE)は、かつて存在したアメリカ合衆国日本の大手医薬品メーカーであった。

会社概要[編集]

  • 本社はアメリカ合衆国ニュージャージー州に置いていた。
  • 2002年(平成14年)にアメリカン・ホーム・プロダクツ(American Home Products, AHP)から社名を変更したが、社名の由来は1860年フィラデルフィアに薬局を開業した創業者のワイス兄弟(John and Frank Wyeth)からきていた。
  • 2009年(平成21年)1月、ファイザーがワイスを約680億ドルで買収することを発表、同年10月に買収手続きを完了したと発表した。
  • 日本法人は2010年6月1日に合併して現在の「ファイザー株式会社」となっている。

日本法人[編集]

  • 医療用医薬品部門の日本法人として「ワイス株式会社」があったが、本社東京都品川区に置いていた。
  • 戦後初の医薬品合弁会社である旧:日本レダリー株式会社(1953年設立、武田薬品工業とアメリカン・サイアナミッド・カンパニーとの折半)と、旧:日本ワイス株式会社(1957年設立)が1998年(平成10年)12月1日に合併して発足した(AHPがアメリカン・サイアナミッドを買収したため)。
  • 合併当時の旧:日本ワイスレダリー株式会社の出資比率は米ワイス社が8割に対して武田薬品工業は2割となっていたが、2007年(平成19年)4月に米ワイス社の100%完全子会社となった。
  • 主に日本向けの医療用医薬品の製造販売を手がけていた。また、旧:日本ワイスは粉ミルクの製造販売でも知られてきたが、1999年(平成11年)に粉乳部門をアドバンテッジ パートナーズに売却した。
  • 同部門はアイクレオへと社名変更を行い、2001年(平成13年)以降は江崎グリコの子会社となっている。
  • これとは別に一般用医薬品部門として、「ホワイトホールジャパンコーポレーション株式会社」(旧称:アメリカンドラッグコーポレーション)があったが、2001年(平成13年)に小林製薬に買収されている。

日本法人沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)12月 - 武田薬品工業より戦後初の子会社「日本レダリー株式会社」が会社設立される。
  • 1957年(昭和32年) - 「日本ワイス株式会社」が会社設立される。
  • 1998年(平成10年)12月1日 - 旧:日本レダリーと旧:日本ワイスが合併し、「日本ワイスレダリー株式会社」に商号変更。
  • 2001年(平成13年) - ホワイトホールジャパンコーポレーションを小林製薬に売却する。
  • 2002年(平成14年) - 旧:日本ワイスレダリーのヘルスケア製品(大衆薬)を、武田薬品工業(タケダ)へ移管。
  • 2003年(平成15年)12月1日 - 社名を「日本ワイスレダリー株式会社」から、「ワイス株式会社」へ名称変更。
  • 2010年(平成22年)6月1日 - ファイザーと合併し、新生「ファイザー株式会社」になる。

製品情報[編集]

一般用医薬品[編集]

  • ロバッククリーム
  • ロバック軟膏
  • ロバックSクリーム
  • ロバックS軟膏
  • ロバックHi
  • アペイン軟膏
  • アペインローション
  • レダマイシン軟膏 <医療用医薬品>
  • ストレスカップ
  • ミネラ(カルシウム剤)
  • プレタナール
  • 新プレタナール

事業所一覧[編集]

  • 本社
    • 〒104-0031 - 東京都中央区京橋一丁目10番3号(服部ビル 1953年設立-2007年)
    • 〒141-0032 - 東京都品川区大崎一丁目2番2号(2007年移転-2010年解散)
  • 志木事業所

支店[編集]

営業所[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]