川端 (福岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川端(かわばた)とは福岡県福岡市博多区博多川右岸にある地名福岡市地下鉄空港線中洲川端駅が出来たため、川端一帯を漠然と指す地名となった。行政区名では、上川端町下川端町(共に住居表示実施済)がある。

上川端町[編集]

冷泉公園の戦災記念碑

上川端町は、国体道路国道202号)と明治通りに挟まれた区画。1966年昭和41年)の町名町界整理までは、上新川端町、川口町、片土居町、中土居町、上土居町、大乗寺前町(以上土居流)、下新川端町(大黒流)、今熊町(櫛田流)、社家町(岡流)であった。川端通商店街があり賑わう。商店やオフィスが多く、冷泉公園北側には専門学校もあり、公園の昼時はサラリーマンや学生が利用する姿が見られる。

主な施設[編集]

  • 櫛田神社
  • 旧冷泉小学校 - 博多小学校に統合され、現在は小学校としては使用されていない。
    • 冷泉公民館 - 冷泉小敷地内
  • 冷泉公園 - 福岡大空襲犠牲者の追悼碑が建つ。
  • 川端通商店街 - 400メートルに100店舗ほどが並ぶ。
    • ふくぎん博多ビル
    • はせがわビル(福岡本社、福岡本店、はかたはせがわミュージアム)
  • 資格の大原福岡校
  • 冷泉閣ホテル川端店
  • リノベーションミュージアム冷泉荘

下川端町[編集]

下川端町は、明治通りと昭和通りに挟まれた区画。町名町界改変までは、川端町、下新川端町、麹屋町(近年山笠では麹屋番という呼称を使用)、掛町(以上大黒流)、行町、片土居町、下土居町(以上土居流)であった。

かつて下川端町には下川端商店街・寿通商店街があり昭和30年代から40年代には博多の商業の中心として繁栄した。福岡銀行西日本相互銀行の本店も川端地区に存在した。平成11年下川端地区再開発事業によって博多リバレインが建設され、以前の面影は失われた。博多リバレイン敷地内の博多川沿いに鏡天満宮がある。

主な施設[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

  • 中牟田喜久雄(貸家業) - 住所が麹屋町[1]
  • 中牟田喜兵衛(呉服商) - 岩田屋専務取締役[1]。共栄土地建物取締役[1]。住所が麹屋町[1]
  • 中牟田久兵衛(毛綿麻織物商) - 福岡県多額納税者[1]。岩田屋取締役[1]。住所が麹屋町[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第13版下』ナ83頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版下』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]