本木雅弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年3月
もとき まさひろ
本木 雅弘
本木 雅弘
本名 内田 雅弘(うちだ まさひろ)
旧姓:本木
生年月日 (1965-12-21) 1965年12月21日(55歳)
出生地 埼玉県桶川市(旧・北足立郡桶川町)
国籍 日本の旗 日本
身長 174 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画など
活動期間 1981年 - 現在
活動内容 1982年:シブがき隊としてデビュー
1988年:シブがき隊解散、俳優に転身
配偶者 内田也哉子1995年 - 現在)
著名な家族 内田伽羅(長女)
UTA(長男)玄兎(次男)
事務所 メンズアート
主な作品
テレビドラマ
恋のパラダイス
最高の片想い
徳川慶喜
幸福の王子
87%
坂の上の雲
運命の人
麒麟がくる
映画
ファンシイダンス
遊びの時間は終らない
シコふんじゃった。
ラストソング
RAMPO
トキワ荘の青春
中国の鳥人
双生児
スパイ・ゾルゲ
巌流島 GANRYUJIMA
夜の上海
おくりびと
永い言い訳
備考
シブがき隊のメンバー
テンプレートを表示

本木 雅弘(もとき まさひろ、1965年〈昭和40年〉12月21日 - )は日本俳優司会者・元歌手。本名・内田 雅弘(うちだ まさひろ)。旧姓・本木。愛称は「モックン」「すばる」。埼玉県桶川市(旧・北足立郡桶川町)出身。

ジャニーズ事務所所属の3人組アイドル「シブがき隊」のメンバー。所属芸能事務所ジャニーズ事務所 → 個人事務所「メンズアート」。

人物・来歴[編集]

1965年、埼玉県桶川市に誕生。実家は15代続く農家。兄と弟の3人兄弟の次男。父が農業高校時代の卒業文集を眺めていてたまたま目に留まった名(雅弘)を命名した。

1981年TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。他に薬丸裕英布川敏和三田寛子も、このドラマでデビューしている。

1982年、アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として、布川敏和(フックン)・薬丸裕英(ヤックン)とともに、シングル『NAI・NAI 16』で歌手デビューし、たのきんトリオに続く三人組のトップアイドルに。同期に、小泉今日子堀ちえみ松本伊代三田寛子中森明菜石川秀美新田純一

浦和学院高等学校1年在学中の途中から明治大学付属中野高等学校定時制に編入するが、2年の途中で中退した。

1988年シブがき隊を“解隊”後、俳優活動を開始。翌年、『ファンシイダンス』で役に合わせて坊主頭で挑み、映画初出演ながらシブがき隊のイメージを覆す演技を見せた。俳優として本格的に活動し、映画『シコふんじゃった。』、大河ドラマ徳川慶喜』など主演した作品がヒットする。

1991年篠山紀信撮影によるヘアヌード写真集『white room』を出版する。また1992年、ソロとして初出場した第43回NHK紅白歌合戦(曲は井上陽水カバー東へ西へ」)で、コンドームを首からぶら下げた衣装や臀部を見せるパフォーマンスをサプライズで行い、物議を醸した。しかし、この演出はエイズ(後天性免疫不全症候群)撲滅のメッセージが込められていたという[2]

1995年内田也哉子と結婚。本木が海外の映画賞を取材する番組に、内田が通訳として同行していて知り合い、彼女が17歳の時にプロポーズした。婿養子[3]となり、1997年に長男・雅樂(うた)、1999年に長女・伽羅(きゃら)、2010年に次男・玄兎(げんと)の3児を儲けた。長女の内田伽羅は『奇跡』などの映画に子役として出演しているほかモデルとして活動し[4]、また長男の内田雅樂はカリフォルニア州の大学に在学しながら身長190cmの長身を活かしてUTA名義で2018年パリ・コレクションにてモデルデビュー[5]義父ロックミュージシャン内田裕也義母女優樹木希林岳父による主催の「ニューイヤーロックフェスティバル」には、直接・間接的に毎年協力してきた。

企画を自ら持ち込み、主役も務めた『おくりびと』が2009年アカデミー賞外国語映画賞を受賞している。アカデミー賞のレッドカーペットではインタビューに英語で答えた。この映画での活躍等により、2009年3月20日には埼玉県民栄誉章を受章している。

2012年よりロンドン在住[6]

エピソード[編集]

シブガキ隊解散後に出演した『4時ですよーだ』では、共演者である東野幸治から様々な仕打ちを受けたという[7]。ただし、本木も同番組の放送作家高須光聖を打ち合わせで無視するという行為をしていたが、後にその件については高須本人に直接謝罪したという[8]

シブがき隊解散に伴いジャニーズ事務所を退所以降、ジャニーズ事務所所属タレントとの映画やドラマ等での共演は、ほぼ無いに等しい状態である。近年は、映画『おくりびと』にてアカデミー賞を受賞した際に、TBS系列のテレビ番組『はなまるマーケット』にて、司会の薬丸とのインタビューに答えた時と、草彅剛とサントリー「伊右衛門」のCMにて共演をした程度である。共にジャニーズ事務所を退所した同志での共演となり、ジャニーズ事務所に在籍しているタレントとの共演は、ほぼ無い。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル カップリング 規格 規格品番
徳間ジャパン / ジャパンレコーズ
1st 1991年6月1日 真夏の夜にタンゴ ジレンマつばめがえし 8cmCD TKDA-30320
2nd 1992年5月22日 東へ西へ I'M STANDING BY MYSELF 8cmCD TKDA-30537
3rd 1992年7月25日 最後に涙はみたくない NA-NA-NA 8cmCD TKDA-30644
4th 1993年8月25日 時の神話 ELECTRIC KISS 8cmCD TKDA-70149
東芝EMI / EASTWORLD
5th 1996年1月17日 グルグル GUITAR POP 8cmCD TODT-3661
6th 1997年7月24日 夏の雪 未来の影 8cmCD TODT-5005

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
E.R.C PUBLIC RED
1st 1990年6月25日 LIZARD -dream after nightmare- CD PR-0003
徳間ジャパン / ジャパンレコーズ
2nd 1991年2月25日 WATER DRAGON CD TKCA-30255
3rd 1992年7月25日 D+F+M〜東へ西へ CD TKCA-30592
東芝EMI / EASTWORLD
4th 1996年2月21日 月の窓 CD TOCT-9351
5th 1997年8月8日 イカルスの恋人〜rambling boat〜 CD TOCT-9916

デュエット・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
東芝EMI / EASTWORLD
本木雅弘 & 岸田今日子 1999年4月16日 泣かないで〜小さな旅人へ CD TOCT-22007

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
徳間ジャパン / ジャパンレコーズ
1st 1994年1月25日 BEST 14 TRACKS CD TKCA-70252
2nd 2004年11月25日 ゴールデン☆ベスト 本木雅弘 CD TKCA-72786

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ 収録作品
真夏の夜にタンゴ ANB系、全国7局ネット『君といつまでも』エンディングテーマ シングル「真夏の夜にタンゴ
東へ西へ 三共リゲイン』CMソング シングル「東へ西へ
JIPUNGO ON MY MIND 大塚ベバレジJAVA TEA』CMソング アルバム『LIZARD -dream after nightmare-
最後に涙はみたくない 日本テレビ系ドラマ『ニュースなあいつ』主題歌 シングル「最後に涙はみたくない
ELECTRIC KISS パナソニック アルカリ乾電池TV-CMソング シングル「時の神話
グルグル ツーカーセルラー東京CMイメージソング シングル「グルグル
泣かないで NHKみんなのうた1999年4月5月使用曲 デュエット・アルバム『泣かないで〜小さな旅人へ』

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

劇場アニメ[編集]

司会[編集]

バラエティ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1992年(平成4年)/第43回 東へ西へ 06/28 荻野目洋子

CM[編集]

他、多数

受賞歴[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本木雅弘”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ 夢の紅白 2014~名歌手たちの名勝負・名対決~”. 2016年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  3. ^ 妻・也哉子は一人娘で兄弟がいないため、義母・樹木希林に「内田家を残したいから婿養子になって欲しい」と頼まれたため、内田家の婿養子となる。
  4. ^ 樹木希林「無理やり」初共演 孫・内田伽羅と映画で”. MSN産経ニュース (2011年5月6日). 2012年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月20日閲覧。
  5. ^ “本木雅弘の長男UTA、パリコレでモデルデビュー”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806270000081.html 2018年9月18日閲覧。 
  6. ^ 本木雅弘 全身がんの姑・樹木希林と離れ、英国移住のわけ” (日本語). NEWSポストセブン. 2020年5月17日閲覧。
  7. ^ 本木雅弘 27年前に東野幸治から受けた仕打ち 「人間のおぞましさを見た」,デイリースポーツ,2016年10月16日
  8. ^ [1]
  9. ^ *番組エピソード 大河ドラマ『徳川慶喜』 NHKアーカイブス
  10. ^ 《2020年大河ドラマ》“美濃編” の出演者を発表!大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる”. NHK. 2019年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  11. ^ ハイビジョンドラマ 日輪の翼 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  12. ^ 番組エピソード 文豪の世界への誘い 〜大作家の作品のドラマ化〜 -NHKアーカイブス
  13. ^ 本木雅弘主演で志賀直哉原作『流行感冒』ドラマ化 安藤サクラ、仲野太賀、古川琴音ら共演”. Real Sound. blueprint (2021年1月15日). 2021年1月15日閲覧。
  14. ^ 日本のいちばん長い日”. 日曜洋画劇場. 2016年8月27日閲覧。
  15. ^ 本木雅弘「永い言い訳」で西川美和監督と初タッグ、共演は深津絵里&竹原ピストル”. 映画ナタリー (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  16. ^ 〈アカデミー賞×アカデミー賞〉の奇跡のコラボ実現!! 本木雅弘さんが初の実写洋画吹き替えに挑戦!”. 映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」オフィシャルサイト. 2013年1月7日閲覧。
  17. ^ 本木雅弘“備える”大切さ訴える、「Yahoo! JAPANアプリ」新CMで。”. ナリナリドットコム (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  18. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 
  19. ^ SixTONES&Snow Man・星野源・EXIT・田中みな実ら今年“もっとも輝いたヒーロー”に決定〈GQ MEN OF THE YEAR 2020〉”. モデルプレス (2020年11月23日). 2020年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]