林丹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林丹
Lin Dan.jpg
基本情報
生年月日 (1983-10-14) 1983年10月14日(33歳)
性別 男性
国籍 中華人民共和国の旗 中国
選手情報
利き腕
種目 男子シングルス
主な戦績
世界ランク(最高) 1位
 
獲得メダル
男子 バドミントン
オリンピック
2008 北京 男子シングルス
2012 ロンドン 男子シングルス
世界選手権
2013 広州 男子シングルス
2011 ロンドン 男子シングルス
2009 ハイデラバード 男子シングルス
2007 クアラルンプール 男子シングルス
2006 マドリード 男子シングルス
2005 アナハイム 男子シングルス
アジア大会
2010 広州 男子団体
2010 広州 男子シングルス
2006 ドーハ 男子団体
2006 ドーハ 男子シングルス
2002 釜山 男子団体

林丹(りん たん、リン・ダン、Lin Dan、 1983年10月14日)は、中国の男子バドミントン選手。身長178cm。北京・ロンドン両オリンピック男子シングルス金メダリスト。妻は北京オリンピック女子シングルス銀メダリストの謝杏芳

経歴[編集]

林丹

1983年に福建省上杭に生まれる。6歳の時に地元のスポーツ学校に入学。9歳の時に福建省のスポーツ学校に編入。その後、12歳の時に人民解放軍所属のバドミントンチーム八一隊に入隊。その後、着実に実力を伸ばし、18歳の時に中国代表に選出される。

ジュニア時代は、10代から既に世界ランキング1桁と早くから頭角を表していた同い年の鮑春来に次ぐ2番手の選手だったが、トップ選手の登竜門と言われるアジアジュニア選手権で優勝し、世界ランキングも急上昇。中国代表としての地位を確かなものにする。その後間も無く世界ランキング1位となり、2004年の中国国内の熾烈な五輪代表争いをトップで抜け、当然アテネオリンピックでは金メダル獲得を期待された。しかし本番でまさかの1回戦敗退という屈辱を味わう。しかし、その後のトーナメントでは本来の実力を発揮し、2007年まで世界ランキング1位をキープした。

北京オリンピックでは、全試合をストレートで勝ち、決勝戦でマレーシアリー・チョンウェイを21-12、21-8の大差で下して金メダルを獲得した。この優勝によって、バドミントンがオリンピック正式競技となって以来続いてきた、「男子シングルスの第1シードは決勝に進めない、前年の世界選手権で優勝した選手は翌年の五輪で優勝できない」という2つの神話を一度に破った。

2010年の広州アジア大会では、決勝でリー・チョンウェイを破り、個人戦の金メダルを獲得。団体戦でも金メダルを獲得。

世界選手権においては、2006年・2007年・2009年で三連覇を果たし(五輪開催年に世界選手権は開催されない。)、2011年にも優勝している。2011年の決勝戦でのリー・チョンウェイとの試合はバドミントンの歴史に残る試合だという評価がなされるほどの熱戦であった。

2011年のヨネックスオープンジャパン開催時に、ロンドンオリンピック後の予定について尋ねられ、「引退はしないが、出場する大会の数を減らすだろう」と答えている。

2012年ロンドンオリンピックでは決勝でリー・チョンウェイを15-21、21-10、21-19とフルセットの末に下して男子シングルス初のオリンピック連覇を達成。

ロンドンオリンピック後にはほとんど国際大会に出場せず、世界ランキングが100位前後まで落ちたが、主催者推薦枠で出場した2013年の世界選手権で5度目の優勝を達成[1]。その後の去就が注目されていたが、2016年に開催予定のリオデジャネイロオリンピックまで現役を続行する意思を表明した[2]

2016年リオデジャネイロオリンピックでは準決勝でリー・チョンウェイに21-15、11-21、20-22とフルセットの末に敗れた。3位決定戦でもデンマークのビクター・アクセルセンに21-15、10-21、17-21で敗れ4位に終わった。

脚注[編集]

  1. ^ BWF World Championships 2013
  2. ^ スポーツCHINA

外部リンク[編集]