アン・ホイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アン・ホイ
許 鞍華
許 鞍華
ブロードウェイシネマテークで質問に答えるアン・ホイ
生年月日 (1947-05-23) 1947年5月23日(70歳)
出生地 中国遼寧省鞍山市
国籍 香港
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1979年 -

アン・ホイ許 鞍華、Ann Hui、拼音: Xǔ Ānhuá1947年5月23日 - )は、香港の映画監督、脚本家映画プロデューサーである。

来歴[編集]

中国遼寧省鞍山市で生まれ、5歳の時に香港に移住。香港大学で英語と文学を学んだ後、ロンドンの映画学校で2年学ぶ。香港に戻り、映画監督キン・フーのアシスタントとなる。その後TVBと契約、テレビドラマやドキュメンタリー作品を手がける。

2008年、第19回福岡アジア文化賞大賞を女性で初めて受賞[1]。2009年の第22回東京国際映画祭では「アン・ホイNow & Then」として天水圍2部作とテレビ作品7本が上映された。

人物[編集]

  • 中国人の父と日本人の母(大分県出身)を持つ。10代の頃、母が日本人であることを知り、当時の反日教育の影響もあって反感を持ったが、徐々に和解していった。代表作の『客途秋恨』は20代後半に母の故郷に2人で旅した経験から生まれたものである。2008年9月現在、香港で母と2人暮らし[1]
  • 1970年代のベトナム難民などを題材にした社会派作品も知られているが、映画で何かを主張したり、問題提起を行うことは不得意で、それが原因で悩んだこともあるという。しかし、「人間性の追究」という自分らしさが出せる分野に気づいてからその悩みは解消された[1]
アン・ホイ
Avenue of Stars Ann Hui.JPG
香港星影街道にあるアン・ホイの手形
プロフィール
出生: (1947-05-23) 1947年5月23日(70歳)
出身地: 中華民国
職業: 映画監督
各種表記
繁体字 许鞍华
簡体字 許鞍華
拼音 Xǔ Ānhuá
発音転記: シュー・アンファ
英語名 Ann Hui
テンプレートを表示

主な監督作品[編集]

受賞歴[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2008年9月22日号「熊本日日新聞」のインタビュー記事『人』より
  2. ^ [1] 第4回沖縄国際映画祭受賞作品
  3. ^ [2] 「第4回沖縄国際映画祭」香港映画『Tao Jie』がゴールデンシーサー賞・海人賞をW受賞! (2012年4月4日 東京ウォーカー)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]