小林麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし あさみ
小林 麻美
本名 田邊 稔子(たなべ としこ)
(旧姓:小林)
生年月日 1953年11月29日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都大田区
職業 女優・元歌手・元モデル
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1970年 - 1991年2016年 -
活動内容 1970年:ライオンCMに出演しデビュー
1971年:ドラマ『美人はいかが?』で女優デビュー
1972年:「初恋のメロディー」で歌手デビュー
1977年資生堂を中心にモデルとして活動
1980年:映画『野獣死すべし
1981年:映画『真夜中の招待状』
1984年:「雨音はショパンの調べ -I Like Chopin-」で歌手としてヒットを放つ
配偶者 田邊昭知1991年 - )
著名な家族 一子あり

小林 麻美(こばやし あさみ、1953年11月29日 - )は、日本の元歌手女優モデル。本名、田邉 稔子(たなべ としこ)。旧姓、小林

東京都大田区大森出身[1]普連土学園中学校・高等学校卒業[1]。夫は田辺エージェンシー社長の田邊昭知

来歴・人物[ソースを編集]

生家は大森新地近くにあり、父親は国鉄信号機などを設計する技術者、母は美容師で共働きであった[1]。7歳違いの姉がいる[1]。15歳の時、骨髄炎から急性肝炎を併発して1年間入院療養をする[1]。高校一年の時、少女雑誌のモデルにスカウトされ、2、3回その仕事をこなした後、1970年ライオン歯磨きのコマーシャルガールに選ばれる[1]。しかしこの時、テレビコマーシャルの撮影でスキーを行った時に複雑骨折してしまい、長期休業[2]。小林をあてにしてのれん分けまでしたその事務所は、1ヶ月で消滅してしまう[注 1]

1972年、18歳の時、東芝レコードから「初恋のメロディー」で歌手デビュー[1]。同期に麻丘めぐみ五十嵐じゅん[1]。「初恋のメロディー」はオリコン18位を記録したが、当時のアイドルに多く求められた、明るく無邪気に笑顔を見せる天真爛漫さとは対極にあるような、殆ど笑顔を見せずにうつむき加減、猫背で気だるそうに歌う小林の姿は異質にも映り、暗い印象を持たれた。1976年までに年に1枚程度のシングルをリリースするが売り上げは伸びず、アイドル歌手としては不向きとみた事務所の方針で歌手活動は自然消滅となる[1]

小林の名が浸透したのは1970年代後半、資生堂パルコなどのCMに起用されてから。特に1977年のパルコCM「淫靡と退廃」で、細い体や暗さが受け入れられた[1]

その後に所属した主な芸能事務所は、田辺エージェンシー

1984年に8年ぶりに歌手として「雨音はショパンの調べ」をリリース。大ヒットしたが、当時歌番組で歌ったことは一度も無かった。但し小林本人はラジオ番組で「私自身は全く断ってないのよ。テレビで歌いたかったのに」と主張したことがある[要出典]

公称167cmと長身で華奢と言えるほど細い身体、ゆるくウェーブのかかったワンレングスの長い髪、溌剌と話さず物静かで寡黙、陰のある表情が印象的で、そのアンニュイな雰囲気が都会的と言われて人気を得た[1]。 都会的でファッショナブルな女優という認知であったため、『真夜中の招待状』ではタイトルシーンを含めて計27回、一分の隙もないコーディネートで登場している[4]

1991年、所属していた事務所の社長の田邊昭知と結婚、家庭に入るため芸能活動から引退したが、2016年7月20日発売のファッション誌「Kunel」9月号(マガジンハウス)の表紙を突如飾り、同誌で新連載「伝説のおしゃれミューズ」をスタートさせる事となり、25年ぶりに復帰することとなった[5]

年表[ソースを編集]

ディスコグラフィ[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

  1. 初恋のメロディー(1972年8月5日)/EP:TP-2703
    作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平
    c/w: 海辺の白い家
  2. 落葉のメロディー(1972年12月20日)/EP:TP-2788
    作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平
    c/w: 女の子は淋しくても
  3. 恋のレッスン(1973年4月20日)/EP:TP-2840
    作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平
    c/w: さよならのブルース
  4. ある事情(1974年10月5日)/EP:TP-20060
    作詞:安井かずみ/作曲:筒美京平/編曲:萩田光雄
    c/w: あなたのネクタイ
  5. アパートの鍵(1975年2月20日)/EP:TP-20100
    作詞:安井かずみ/作曲・編曲:筒美京平
    c/w: 遅すぎた言い訳
  6. 私のかなしみ(1975年7月5日)/EP:TP-20147
    作詞:安井かずみ/作曲・編曲:筒美京平
    c/w: 白いシャツきて
  7. 夢のあとさき(1976年2月20日)/EP:TP-20216
    作詞:なかにし礼/作曲:田山雅充/編曲:林哲司
    c/w: 雪どけ模様
  8. 雨音はショパンの調べ(1984年4月21日)/EP:07SH-1489
    作詞・作曲:Gazebo, P.L. Giombini/日本語詞:松任谷由実/編曲:新川博
    c/w: Lolita Go Home
  9. 哀しみのスパイ(1984年8月25日)/EP:07SH-1542
    作詞:松任谷由実/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志
    c/w: TRANSIT
  10. 雨音はショパンの調べ [long version](1984年11月21日)/LP:12AH-1818
    作詞・作曲:Gazebo, P.L.Giombini/日本語詞:松任谷由実/編曲:武部聡志, 新川博
    c/w: 哀しみのスパイ [long version]
  11. シフォンの囁き(1985年5月22日)/EP:07SH-1630
    作詞・作曲:Christian Holl/日本語詞:松任谷由実/編曲:松任谷正隆
    c/w: 幻の魚たち
  12. 移りゆく心 [single version](1987年3月5日)/EP:07SH-1883
    作詞・作曲:松任谷由実/編曲:後藤次利
    c/w: 愛のプロフェッサー
  13. I MISS YOU(1987年6月21日)/EP:07SH-1953
    作詞・作曲:松任谷由実/編曲:後藤次利
    c/w: ルームサービス

オリジナル・アルバム[ソースを編集]

  1. 落葉のメロディー(1973年2月20日)/LP:TP-8233/CD:TOCT-25232/CT:ZA-1257
    落葉のメロディー/恋のレッスン/恋はそよ風/あふれる愛に/チョット・マッテ・クダサイ/女の子は淋しくても/初恋のメロディー/夢見るシャンソン人形/可愛いベイビー/砂に消えた涙/さよならのブルース/海辺の白い家
  2. 20才の愛(1974年12月1日)/LP:TP-72015/CD:TOCT-26621
    ある事情/ぶどう色の経験/あなたは恋の旅人/夢でいいから/イヴの横顔/あなたのネクタイ/メドレー(初恋のメロディー〜落葉のメロディー〜恋のレッスン)/あなたのことでいっぱい/雨だれ/小さな旅/青春が終る日
  3. パステル色の愛(1975年7月20日)/LP:TP-72081
    私のかなしみ/アパートの鍵/トランプ占い/新生活/白いシャツきて/遅すぎた言い訳/おぼろ月/別れの予感/海の音/愛の情景/都わすれの花/南風のひと
  4. CRYPTOGRAPH〜愛の暗号(1984年8月25日)/LP:28AH-1760/CD:35DH-148/CT:28KH-1543
    月影のパラノイア/微熱/TYPHOON/グランプリの夏/TRANSIT/Sugar Shuffle/恋なんてかんたん/アネモネ/雨音はショパンの調べ/Lolita Go Home
  5. ANTHURIUM〜媚薬(1985年7月1日)/LP:28AH-1881/CD:32DH-249
    幻惑/幻の魚たち/LOVE SUGAR/砂に消えたカサノバ/ひき潮/金色のライオン/腕の中のサハラ/夏の嵐/水晶の朝/シフォンの囁き
  6. GREY(1987年3月21日)/LP:28AH-2156/CD:32DH-632
    EROTIQUE/愛のプロフェッサー/移りゆく心 [album version]/夜の響きを聞いている/昼の三日月/I MISS YOU/飯倉グラフィティー/ルームサービス/遠くからHAPPY BIRTHDAY/GREY

ベスト・アルバム[ソースを編集]

  1. GOLDEN BEST(1984年12月)/LP:TP-90312
  2. CD BEST(1985年3月30日)/CD:CA32-1116
  3. BEST COLLECTION(1986年4月21日)/CD:30DH-412
  4. BEST COLLECTION(1992年8月26日)/CD:TOCT-6655
  5. GOLDEN J-POP THE BEST(1998年11月21日)/CD:SRCL-4413
  6. DREAM PRICE 1000 雨音はショパンの調べ(2001年10月11日)/CD:MHCL-10
  7. GOLDEN☆BEST 小林麻美(2002年11月20日)/CD:TOCT-10874
  8. NEW BEST 1500(2005年8月24日)/CD:TOCT-11033
  9. Essential Best(2007年8月22日)/CD:MHCL-1151

映像作品[ソースを編集]

  • CRYPTOGRAPH〜愛の暗号(1984年10月21日)/Beta:78QM-3008/VHS:78ZM-3008/LD:68LM-28/VHD:68VM-28
    哀しみのスパイ/TRANSIT/恋なんてかんたん/Sugar Shuffle/アネモネ/グランプリの夏/月影のパラノイア/雨音はショパンの調べ/TYPHOON/哀しみのスパイ(Reprise)

出演[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

  • 美人はいかが? (1971年10月24日 - 1972年4月16日、TBS
  • だから大好き!(第6話) (1972年、日本テレビ
  • 光る海 (1972年10月2日 - 1973年3月26日、フジテレビ
  • マチャアキの森の石松(第15話) (1976年、NET
  • 明治の群像 海に火輪を (1976年2月26日、NHK総合) - おさわ 役
  • 鳴門秘帖 (1977年5月6日 - 1978年3月17日、NHK総合)
  • 淋しいのはお前だけじゃない(第7話) (1982年、TBS)
  • 花祭 (1982年6月9日 - 10月6日、フジテレビ)
  • 太陽にほえろ! 第524話「ラガーのラブレター」(1982年、NTV) - 寺西涼子
    • 当ドラマのDVDBOXには当エピソードは収録されていない。ただし過去にCS放送で放送履歴あり。
  • 峠の群像(第37, 38話) (1982年9月19、26日、NHK総合)
    • 現在一般公開されているのは総集編のみで、小林の出演シーンは総集編からカットされているため、このシーンの映像を視聴することはできない。
  • ストレイ・シープ (1983年3月27日、TBS)
  • どっきり天馬先生〜めだかの兄弟は大きくなったら何になる?〜 (1983年6月6日、フジテレビ)
  • 奪われた遺書 (1983年9月3日、TBS)
  • 胸さわぐ苺たち (1983年10月13日 - 1984年1月12日、TBS)
  • 大奥(第45・46話) (1984年、関西テレビ) - おすみ 役
  • 宮本武蔵(第29 - 45話) (1984年11月7日 - 1985年3月13日、NHK総合) - お光 役
  • 安寿子の靴 (1984年10月13日、NHK総合)
  • ザ・ディ その日〜1995年・日本(1985年11月4日、NHK総合)
  • 匂いガラス (1986年11月8日、NHK総合)
  • ダックスフントのワープ (1989年11月11日、NHK総合)

バラエティー[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

コマーシャル[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

  1. ブルーグレイの夜明け(1976年、ペップ出版)
  2. あの頃、ショパン(1984年6月4日、文化出版局)
  3. CRYPTOGRAPH〜愛の暗号(1984年10月21日、CBSソニー出版
  4. 私生活 - PRIVE(1985年6月、小学館
  5. ラ・ローズ・ノワール(1987年8月25日、河出書房新社
  6. 34(サーティフォー)(1988年6月25日、河出書房新社)
  7. 愛、あなたにとどけ(1989年12月10日、PARCO出版局)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ この事務所には、所属俳優として荒木しげる畠山麦、畠山のマネージャーとしてすがやみつるがいた[3]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 週刊朝日』1982年10月8日号、54-58頁(本人のインタビューも含む記事)。
  2. ^ すがやみつる (2008年9月7日). “『仮面ライダー青春譜』第58回”. すがやみつる オフィシャルブログ. 2013年8月11日閲覧。
  3. ^ すがやみつる (2008年9月4日). “『仮面ライダー青春譜』第55回”. すがやみつる オフィシャルブログ. 2013年8月11日閲覧。
  4. ^ サンデー毎日』1982年5月2日号21頁
  5. ^ “小林麻美25年ぶり復帰 ファッション誌表紙飾る”. 日刊スポーツ. (2016年7月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1681250.html 2016年7月20日閲覧。 
  6. ^ 小林麻美 (2006年11月). いい歯トーク. インタビュアー:田口文彦. ラポルト歯科.. http://www.lapodc.com/DSN02.html 2013年8月11日閲覧。