橋本淳 (作詞家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本 淳
はしもと じゅん
出生名 与田 凖介 (よだ じゅんすけ)
生誕 (1939-07-08) 1939年7月8日(78歳)
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市牛込区
学歴 青山学院大学卒業
ジャンル 歌謡曲全般
職業 作詞家
活動期間 1966年 - 現在
共同作業者 井上忠夫
すぎやまこういち
筒美京平
中村泰士

橋本 淳(はしもと じゅん、1939年7月8日 - )は、日本の作詞家である[1][2]。本名は与田 凖介(よだ じゅんすけ)、詩人児童文学者与田凖一(1905年 - 1997年[3])は実父である[1][2]。すでに2,000曲を超える楽曲を発表し、『ブルー・シャトウ』、『ブルー・ライト・ヨコハマ』、『亜麻色の髪の乙女』のほかグループ・サウンズ(GS)の作詞を多く手がけ、オリコンチャート解析において「GS関連で最も売れた作詞家」としても知られる[1]日本音楽著作権協会全信託作家[4]

来歴・人物[編集]

1939年(昭和14年)7月8日、東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれる。第二次世界大戦中の幼少期は、父の出身地である福岡県に疎開したが、戦後、父が東京都北多摩郡三鷹町(現在の三鷹市)に復帰するとともに、東京都内で育つ。小説家になるべく、10代のころから、父によって一流作家のもとに預けられていたという[2]

筒美京平とは、青山学院高等部時代からの先輩後輩の間柄で、青山学院大学時代には、同じジャズバンドで筒美はピアノ、橋本はウッドベースを弾いていた。同学在学中から作詞を独学で学び、当時フジテレビジョン社員で作曲家すぎやまこういちに見いだされる[2]。すぎやまとの出会いは、1961年(昭和36年)、大学4年生のときに同級生に勧められ、その兄の友人であるというすぎやまと青島幸男に会ってみた、というのが最初であった[2]。すぎやまは初対面で自作の楽曲に歌詞をつけろと言い、それに応えたのが最初であったという[2]。やがて橋本は当時、同学在籍していたが、そのまますぎやまに弟子入りし、テレビ番組ザ・ヒットパレード』(1959年 - 1970年)や『おとなの漫画』(1959年 - 1964年)の手伝いを開始した[2]。半年後には、ジャッキー吉川とブルーコメッツと橋本に対し、すぎやまが「オリジナルの日本のポップスを」と発注し、番組で放送するための新曲をつくらせた[2]。1962年(昭和37年)3月の同学卒業後もそのまますぎやまのもとで番組に関わったが、その流れのなかで生まれたのが、1966年(昭和41年)3月10日に発売されたジャッキー吉川とブルーコメッツ『青い瞳』(作曲井上忠夫)であったという[2]。シングルレコードとして発売された最初の作品は、その4か月前である1965年(昭和40年)11月にキングレコードからリリースされたボニージャックス『ボンド小唄』(作・編曲すぎやまこういち)であるといい[1]、公式なデビュー作は同年12月10日発売の紀本ヨシオ『だから泣かないで』のB面曲『涙のギター』(作・編曲すぎやまこういち)であるとされる[1]。1967年(昭和42年)3月15日に発売された『ブルー・シャトウ』(作曲井上忠夫)は、150万枚を売り上げ、同年末には第9回日本レコード大賞を受賞した[5]

学校時代の後輩の筒美とは、藤浩一(現在の子門真人)と望月浩の競作『黄色いレモン』で初めて作家としてコンビを組んだ[6]。同作の作曲者のクレジットは「すぎやまこういち」であるが、当時、筒美は日本グラモフォン(現在のユニバーサルミュージック)社員であったためである[7]。当初、望月浩の楽曲として開発が行われたが、すぎやまの弟子である藤のレコードのほうが先に発売された[6]。藤版が1966年8月15日、望月版が同年9月5日の発売である。同作は、同年中に、泉健二リトル・パティらのシングルB面でもカヴァーされた。筒美とは、1968年(昭和43年)12月25日に発売されたいしだあゆみ『ブルー・ライト・ヨコハマ』でコンビを組み、同作も150万枚を売り上げ、翌年末の第11回日本レコード大賞で筒美が作曲賞を受賞した。筒美との楽曲は1997年(平成9年)の時点で550曲を数え、同コンビでの最大のヒットは、いしだあゆみ『ブルー・ライト・ヨコハマ』である[8]

グループ・サウンズの作品に於ける作詞で脚光を浴び、以降、1970年代1980年代にかけては歌謡曲でも数多くのヒット作を生んだ。

競馬好きで知られ、競馬界にもコネを持っていた。1990年(平成2年)、JRA系列の競馬場内におけるミニFM局に纏わる利権問題への関与が発覚[9]、これ以降は表舞台に出る機会が少なくなったが、現在も作詞家として創作活動を続けている。MISIAを発掘したことで知られる音楽プロデューサー、ユニバーソウルスタジオ代表の与田春生は橋本の子息であり[10][11]、橋本は「作品を提供したいアーティスト」として歌ネットの問いに「MISIA」と回答している[1]。「あまり売れなかったが、私の好きなこの歌」としては、筒美と組んだ西田佐知子くれないホテル』(1969年4月5日発売)を挙げる[1]。弟子に中村容子がいる。

亜麻色の髪の乙女』は、2003年(平成15年)5月21日、2004年(平成16年)5月19日にそれぞれ発表された第21回および第22回JASRAC賞では、いずれも銅賞を2年連続で受賞した[12][13]。2011年(平成23年)12月30日、第53回日本レコード大賞で功労賞を青山和子(1946年 - )、永六輔(1933年 - )、寺内タケシ(1939年 - )、畠山みどり(1939年 - )とともに受賞した[14]日本作詩家協会には加盟していない[15]

日本のジャズ・サクソフォーン奏者である橋本淳(1902年 - 1987年)とは無関係である[16]

主な作品[編集]

歌唱者名の五十音順による基本的にシングル表題曲の一覧である[4]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行以降[編集]

  • 前川清
    • よろこびの予感(作曲筒美京平、編曲若草恵、2004年12月16日発売)
  • 美樹克彦
    • 貴女がえらんだ僕だから(作・編曲筒美京平、1969年12月20日発売)
  • 水木一郎
    • 栄光の彼方へ(作・編曲渡辺宙明、1977年発表) - テレビアニメ『野球狂の詩』エンディング用主題歌
    • 北の狼南の虎(作曲中村泰士、編曲京建輔、1977年発表) - テレビアニメ『野球狂の詩』挿入歌
  • ミッツ・マングローブ
    • メロン娘とオレンジ娘(作曲平尾昌晃、編曲船山基紀、2012年4月18日発売)
    • 柔らかい口づけ(作曲平尾昌晃、編曲船山基紀、同上・カップリング曲)
  • 宮崎美子
    • 黒髪メイド・イン・Love(作曲筒美京平、編曲戸塚修、1982年12月11日発売)
  • 森進一
  • 森尾由美
    • トモダチの関係(作曲筒美京平、編曲萩田光雄、1984年4月5日発売)
    • ASIAチックDoll(作曲筒美京平、編曲萩田光雄、1984年7月18日発売)
    • カガミに御用心(作・編曲馬飼野康二、1985年3月21日発売)
    • MISS MISS GOOD-BYE(作曲芳野藤丸、編曲瀬尾一三、1986年10月21日発売) - 『恋は着替えられない』B面
  • レオ・ビーツ
    • 霧の中のマリアンヌ(作・編曲すぎやまこういち、1967年11月10日発売)
    • 貴族の恋(作・編曲すぎやまこういち、1968年3月10日発売)
    • あなたの影(作・編曲すぎやまこういち、同上・B面)
  • 和田アキ子
    • 孤独(作・編曲筒美京平、1972年9月25日発売)
  • ザ・ワンダース
    • 霧と恋(作・編曲すぎやまこういち、1967年10月1日発売)
    • 赤い花びら(作・編曲筒美京平、1968年3月発売)

親族・家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 言葉の達人 第29回「橋本淳」さん歌ネット、2015年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 橋本淳氏インタビュージャッキー吉川とブルーコメッツ公式ウェブサイト、2001年11月20日付、2015年8月20日閲覧。
  3. ^ 与田凖一コトバンク、2015年8月20日閲覧。
  4. ^ a b 作品データベース検索サービス検索結果、日本音楽著作権協会、2015年8月24日閲覧。
  5. ^ 過去の『レコード大賞』受賞者一覧TBSテレビ、2015年8月20日閲覧。
  6. ^ a b ソニー[1997], p.45.
  7. ^ [1998], p.16-17.
  8. ^ ソニー[1997], p..
  9. ^ 「中央競馬会課長が収賄 放送業者の選定に便宜 場内用のFMなど 230万円を受け取る」「業者は作詞家 ブルーライト・ヨコハマ」 朝日新聞 1990年7月5日付け夕刊(東京最終版23面)
    「中央競馬会課長ら逮捕 ミニFMで贈収賄 発注に便宜、現金230万円」「業者の2人 作詞家『橋本淳』も」 日本経済新聞 1990年7月5日付け夕刊(東京最終版17面)
    このほか、1990年7月5日付けの毎日新聞夕刊(東京最終版1面トップ)、同日付け読売新聞夕刊(東京最終版15面)にも同じ旨の記事あり。
  10. ^ Vocal Workshop、ユニバーソウルスタジオ、2015年8月24日閲覧。
  11. ^ 音楽ビジネスとテレビ新・週刊フジテレビ批評フジテレビジョン、2014年7月26日付、2015年8月24日閲覧。
  12. ^ 2003年JASRAC賞 「千と千尋の神隠しBGM」が金賞を受賞日本音楽著作権協会、2015年8月24日閲覧。
  13. ^ 2004年JASRAC賞「世界に一つだけの花」が金賞を受賞、日本音楽著作権協会、2015年8月24日閲覧。
  14. ^ 第53回日本レコード大賞各賞スポーツニッポン、2015年8月24日閲覧。
  15. ^ は行日本作詩家協会、2015年8月24日閲覧。
  16. ^ 橋本淳、コトバンク、2015年8月20日閲覧。

参考文献[編集]