君だけに愛を (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
君だけに愛を
ザ・タイガースシングル
初出アルバム『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている
B面 落葉の物語
リリース
ジャンル グループ・サウンズ
時間
レーベル 日本グラモフォンポリドール
作詞・作曲 橋本淳(作詞)
すぎやまこういち(作曲)
チャート最高順位
ザ・タイガース シングル 年表
モナリザの微笑
1967年
君だけに愛を
1968年
銀河のロマンス/花の首飾り
(1968年)
テンプレートを表示

君だけに愛を」(きみだけにあいを)は、日本の音楽グループであるザ・タイガースの4枚目のシングルである。1968年1月5日に日本グラモフォンより発売された。

解説[編集]

ザ・タイガース代表曲のひとつであるとともにグループ・サウンズブームを印象付けた楽曲でもある。 オリコン調べによる累計売上は39.7万枚であるが[1]、公称では100万枚を超えるセールスを記録したとされる[2]

テイチクエンタテインメントから2007年3月21日に発売されたCDアルバム「GSフォーエヴァー100」の解説欄には「ミリオンセラーを記録し、オリコン・チャート第2位まで上る大ヒットとなった」とある。

リードボーカルの沢田研二(ジュリー)がサビの部分で客席のファンに向かい「君だけに〜」と指を指すポーズは“黄金の人差し指”の異名で呼ばれ、コンサートでは失神者が続出したという[2]。この曲以降、特にアイドル系グループ・サウンズではこの「指差し」が恒例のパフォーマンスとなった[要出典]。映画「ザ・タイガース 華やかなる招待」に収録された[3]

作曲したすぎやまこういちの手によってオーケストラアレンジされ、すぎやまのコンサートでのレパートリーの一つになっている。2008年には自身のヒット曲をオーケストラアレンジしたアルバムを発売し、同曲はそのアルバムの表題曲となった。

収録曲[編集]

  1. 君だけに愛を (Love only for you)(3分11秒)
  2. 落葉の物語 (The story of the falling leaves)(2分44秒)
    • 作詞:橋本淳 作曲・編曲:すぎやまこういち

カバー[編集]

君だけに愛を
落葉の物語

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オリコン・リサーチ『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968-2010』2012年、ISBN 978-4-8713-1088-8
  2. ^ a b 岸部一徳、ジュリーに“変身”「君だけに愛を」熱唱&振付再現 ― スポニチ Sponichi Annex
  3. ^ 森本太郎の演奏力は発展途上で映画と乖離するシングル盤のリード・ギターは寺内タケシなどが代行したという説が流れた。2001年、ザ・タイガースのアルバム「ヒューマン・ルネッサンス」をアウト・キャストと水谷淳がサポートした証言から水谷が指導か代行で関与した可能性が高いとされる。
  4. ^ 当時は和モノとしてのGSの再評価が今ほど進んでおらず、後に10年早いカバーと言われた[要出典]