ブルー・ライト・ヨコハマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルー・ライト・ヨコハマ
いしだあゆみシングル
B面 明日より永遠に(オリジナル盤)
あなたならどうする(1991年盤)
リリース 1968年12月25日
LL-10081-J(17cmEP)
1991年7月21日
CODA-8885(8cmCD)
ジャンル 歌謡曲アイドル歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 橋本淳(作詞)
筒美京平(作曲)
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1969年度年間3位(オリコン)
いしだあゆみ シングル 年表
ふたりだけの城
(1968年)
ブルー・ライト・ヨコハマ
(1968年)
涙の中を歩いてる
(1969年)
いしだあゆみ 年表
羽衣天女
1985年
いしだあゆみ、渡哲也
わかれ道
1986年
ブルー・ライト・ヨコハマ/
あなたならどうする

1991年
-
テンプレートを表示

ブルー・ライト・ヨコハマ」は、1968年12月25日にリリースされたいしだあゆみの26作目のシングル

解説[編集]

横浜のご当地ソングの代表的な楽曲であり、横浜市が開港150周年を記念して「ご当地ソング」のアンケートを取ったところ、2位の童謡「赤い靴」を大きく引き離し、「ブルー・ライト・ヨコハマ」が1位となった[1]

いしだあゆみの代表曲の一つであり、累計売上は150万枚を超える売り上げを記録するミリオンセラーとなった[2]。いしだにとって自身初のオリコン週間1位を獲得し、1969年の年間チャートにも第3位にランクインし、「“歌手”いしだあゆみ」のイメージを確立した。また、いしだあゆみは本楽曲で1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。紅白では、他にも1973年第24回1993年第44回で歌われている。

本楽曲の作曲を手がけた筒美京平にとっても、自身が手掛けた楽曲で初のオリコン週間1位を獲得する出世曲となった。また、筒美は本楽曲で第11回日本レコード大賞・作曲賞を受賞した。

作詞者の橋本淳によると本楽曲のイメージは港の見える丘公園(横浜市中区山手)から見える横浜と川崎の工業地帯の夜景と、自身がかつてブルー・コメッツと共に降り立ったフランスカンヌの夜景の美しさを重ね合わせたものであるとのこと[3]

1969年4月5日放送の『ゴールデンナイトショー』(NET)では、いしだが司会の田宮二郎と本楽曲をデュエットしている。

当時朝日新聞に連載されていた4コマ漫画サザエさん』(1969年5月14日分)の中でも、サザエが駅の窓口で横浜行きの切符を買う時つい「ブルーライトよこはま 1枚」と言ってしまい、赤面するマンガがある[4]

1970年代末まで、日本の音楽が禁止されていた軍事政権下のソウル釜山および韓国内で知られたほぼ唯一の歌謡曲であり、「韓国人が最もよく知る日本の歌」とも紹介されている[5]カラオケが輸入されてからもクラブなどでは、この歌ばかりが歌われていたという。また、朴正煕大統領も日本から本楽曲のカセットテープを持ち帰って、宴会で歌ったという[5]。韓国の音楽グループ、BIGBANGなどのK-POPアーティストキム・ヒョンソクは表題曲がK-POP音楽に影響を与えたことを証言している[6]

1990年頃、横浜市に本社を置くコンビニエンスストア、「スリーエフ」のCMソングに使われたことがある。

TBS系列特撮テレビ映画怪奇大作戦』第26話「ゆきおんな」の劇中で、本楽曲が流れる場面がある。

なお、1991年7月21日には8cmCDシングルとしてリリースされた。 ただしカップリング(B面)は同じくいしだのヒット曲「あなたならどうする」に変更され、両A面シングルとなっている。

2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』に際してNHKが行ったアンケート「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で、本楽曲が紅組65位にランクインした。

横浜港開港150周年を控えた2008年12月より、京急横浜駅で表題曲が接近メロディーとして使用されている[7]

収録曲[編集]

※オリジナル盤は両曲とも、作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平

  • オリジナル盤
  1. ブルー・ライト・ヨコハマ
  2. 明日より永遠に
  • 8cmCDシングル(スーパー・セレクト・シリーズ『ブルー・ライト・ヨコハマ/あなたならどうする』)
  1. ブルー・ライト・ヨコハマ
  2. ブルー・ライト・ヨコハマ(オリジナル・カラオケ)
  3. あなたならどうする
  4. あなたならどうする(オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

  • ロス・アンヘリトス(1969年、アルバム『決定盤!!歌による日本歌謡史ポップ&ポップス(昭和36年~44年)』収録)。
  • 三田明(1969年、アルバム『雲にのりたい』収録)。
  • サンドラ・アレキサンドラ(1970年、アルバム『サンドラと12人の侍たち』収録)。
  • ちあきなおみ(1970年、アルバム『愛は傷つきやすく~ちあきなおみ ヒットポップスを歌う』収録)。
  • 西田佐知子1971年、アルバム『ダブル・デラックス・アルバム』収録)。
  • 欧陽菲菲1972年、アルバム『欧陽菲菲 イン・ベラミ』収録)。
  • 伊東ゆかり(1972年、8トラに収録(1998年、アルバム『びっくり!お宝名曲集』に再録)。
  • 麻丘めぐみ1973年、アルバム『めぐみの休日』収録)。
  • 研ナオコ(1973年、アルバム『女ごころ』収録)。
  • 方怡珍(ファン・イーツン)(1973年、アルバム『夢のアルバム』収録)。
  • 小野由紀子1974年、アルバム『由紀子の河内音頭』収録)。
  • 内山田洋とクール・ファイブ1975年、アルバム『昭和の歌謡50年史』収録)。
  • 浅野ゆう子1976年、シングル『セクシー・バスストップ』収録)。
  • 平山三紀(1976年、アルバム『ひとふし〜筒美京平メモリアル・アルバム』収録)。
  • 近藤真彦1982年、アルバム『BANZAI』収録)。
  • 秋山絵美(1988年、シングル『ビューティフル・ヨコハマ』収録)。
  • マルシア1989年、アルバム『黄昏に抱かれて』収録)。
  • 種ともこ1991年、シングルおよびアルバム『KISS OF LIFE』収録)。
  • Mi-Ke(1991年、アルバム『懐かしのブルーライトヨコハマヨコスカ』収録)。
このアルバムには本楽曲を意識して制作された「ブルーライト ヨコスカ」も収録されている。
横浜高速鉄道みなとみらい線が開業した2004年2月に上原多香子が本楽曲をカバーした。これはNHK連続テレビ小説てるてる家族』でいしだあゆみをモデルとする岩田夏子役を上原自身が演じたことがきっかけである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 街の灯りがとてもきれいね♪ 横浜ご当地ソング堂々1位 (朝日新聞、2008年5月29日)
  2. ^ AERA』1990年3月27日号。
  3. ^ 昭和歌謡の不朽の名曲『ブルーライトヨコハマ』で「灯りがとてもきれい」と歌われた街はどこだったのか気になります。作詞をした橋本淳先生に直に聞いていただけないでしょうか(はまれぽ.com)
  4. ^ (サザエさんをさがして)ブルー・ライト・ヨコハマ朝日新聞、2013年6月15日
  5. ^ a b 『禁じられた歌 朝鮮半島音楽百年史』(田月仙中公新書ラクレ
  6. ^ 『K-POP 遙かなる記憶』(田月仙著 小学館
  7. ^ 京急「駅メロ」に、EXILE、ゆず、ゴジラ ニュース-ORICON STYLE-”. 2013年10月2日閲覧。
  8. ^ 『昭和名曲メドレー』内の一曲 。