第23回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第23回NHK紅白歌合戦
Tokyo Takarazuka Theater in Taisho and Pre-war Showa eras.JPG
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1972年12月31日(NHK紅白歌合戦第23回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第23回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1972年12月31日
放送時間 1972年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第23回NHK紅白歌合戦』(だい23かいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1972年12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算23回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

出演者[編集]

司会者など[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
天地真理(初) ひとりじゃないの 森進一(5) 放浪船
和田アキ子(3) 孤独 フォーリーブス(3) 夏のふれあい
朱里エイコ(初) 北国行きで 堺正章(2) 運がよければいいことあるさ
渚ゆう子(2) 風の日のバラード にしきのあきら(3) 嵐の夜
奥村チヨ(3) 終着駅 鶴岡雅義と東京ロマンチカ(5) くちづけ
由紀さおり(4) 故郷 石橋正次(初) 夜明けの停車場
佐良直美(6) オー・シャンゼリゼ 村田英雄(12) ここで一番
山本リンダ(2) どうにもとまらない 尾崎紀世彦(2) ゴッドファーザー~愛のテーマ
いしだあゆみ(4) 生まれかわれるものならば 青い三角定規(初) 太陽がくれた季節
南沙織(2) 純潔 野口五郎(初) めぐり逢う青春
ザ・ピーナッツ(14) さよならは突然に ビリー・バンバン(初) さよならをするために
本田路津子(2) 耳をすましてごらん 西郷輝彦(9) 愛したいなら今
森山良子(3) 美しい星 菅原洋一(6) 知りたくないの
藤圭子(3) 京都から博多まで 美川憲一(5) 銀座・おんな・雨
欧陽菲菲(初) 恋の追跡(ラブ・チェイス) 上條恒彦(初) 出発の歌-失われた時を求めて-
小柳ルミ子(2) 瀬戸の花嫁 三波春夫(15) あゝ松の廊下
平田隆夫とセルスターズ(初) ハチのムサシは死んだのさ 水原弘(9) お嫁に行くんだね
島倉千代子(16) すみだ川 フランク永井(16) 君恋し
都はるみ(8) おんなの海峡 橋幸夫(13) 子連れ狼
ちあきなおみ(3) 喝采 沢田研二(初) 許されない愛
青江三奈(6) 日本列島・みなと町 五木ひろし(2) 待っている女
水前寺清子(8) 昭和放浪記 布施明(6) マイ・ウェイ
美空ひばり(17) ある女の詩 北島三郎(10) 冬の宿

選考を巡って[編集]

演奏[編集]

演奏ゲスト[編集]

審査員[編集]

その他ゲスト[編集]

当日のステージ・エピソード[編集]

後日譚[編集]

  • 翌年の第24回からは、同年落成のNHKホールに会場を移しており、東京宝塚劇場での開催は今回が最後となった。
  • 美空ひばりは、実弟・かとう哲也が暴力団に関わっていた廉で逮捕されたことがもとでアンケート支持が低下しており(この年も、辞退する可能性があったという)、翌年は落選、正規の歌手としてはこの回が最後の出演となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出産に伴う産休中。

出典[編集]

  1. ^ a b 合田, p. 110.

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月15日ISBN 978-4-11-880178-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


引用エラー: 「脚注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="脚注"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません