ヒデとロザンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒデとロザンナ
出身地 日本の旗 日本 東京都ヒデ
イタリアの旗 イタリア ヴェネト州
スキオロザンナ
死没 東京都 1990年6月17日ヒデ
存命中ロザンナ
ジャンル 歌謡曲 ボサノヴァ
職業 歌手
活動期間 1968年 - 1990年
レーベル 日本コロムビア
1968年-1975年
ワーナー・パイオニア
リプリーズレーベル
1976年-1989年
メンバー 出門英ヒデ
ロザンナ・ザンボンロザンナ

ヒデとロザンナは、日本の歌手、のちに結婚して夫婦デュオとなった。

メンバー[編集]

概略[編集]

  • 水木英二としてのソロ時代~ボサノヴァ・デュオ「ユキとヒデ」を経た出門英が、1968年イタリア出身の少女ロザンナ・ザンボンと「ヒデとロザンナ」を結成。デビュー曲のB面だった『愛の奇跡』に火がつき大ヒット、一躍売れっ子歌手の仲間入りを果たす。
  • 1970年に発売された『愛は傷つきやすく』が初のオリコンシングルチャート1位を獲得。売上枚数も『愛の奇跡』を上回る大ヒットとなり、その年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。以降も『ふたりの関係』、『望むものはすべて』、『追想』などヒット曲を生む。

エピソード[編集]

本土復帰前の沖縄県で放送されていたテレビ番組にヒデとロザンナがゲスト出演した際、アシスタントとして出演していた少女の写真をマネージャーが持ち帰った。その写真がCBS・ソニーの関係者の目に留まり、歌手デビューするきっかけとなった。その少女が、のちの南沙織である[1]

紅白歌合戦には白組エントリーとなった。   

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

コロムビア時代[編集]

1. 愛の奇跡 (1968.10.15, P-42) A面 *発売当初はB面。ヒットの兆しをきっかけにジャケットを替えA面扱いとなる。

作詞:中村小太郎/作曲:田辺信一
  • 何にも言えないの B面
作詞:中村小太郎/作曲:城二三八

2. 粋なうわさ (1969.4.15, P-58) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • 愛のひととき B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

3. ローマの奇跡 (1969.8.25, P-74) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • 真夜中のボサ・ノバ B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

4. 笑ってごらん子供のように (1970.1.25, P-83)A面

作詞:佐藤由紀/作曲:出門英
  • 初めて人を恋した頃の B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

5. 愛は傷つきやすく (1970.5.25, P-93) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • 涙をうばって B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

6. ふたりの関係 (1970.9.10, P-100) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • 素晴しい雲 B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

7. 抱擁 (1971.1.25, P-110) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • 運命の星 B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

8. 愛情物語 (1971.4.25, P-119) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • ほかの誰よりも B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

9. 望むものはすべて (1971.9.10, P-138) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • 雨に濡れたままで B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

10. 愛の架け橋 (1972.1.10, P-156) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • 女が愛を知る時 B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

11. トマトの家 (1972.4.10, P-168) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • 涙の贈物 B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

12. 雨のめぐり逢い (1972.8.10, P-178) A面

作詞:橋本淳/作曲:三原綱木
  • 涙のシンフォニー B面
作詞:橋本淳/作曲:三原綱木

13. 卒業 (1973.1.10, P-209) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • 北野クラブ B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

14. 愛に支えられて (1973.5.10, P-222) A面

作詞:橋本淳/作曲:中村泰士
  • 軽蔑 B面
作詞:橋本淳/作曲:中村泰士

15. 草原の花嫁 (1973.9.10, P-305) A面

作詞:阿久悠/作曲:中村泰士
  • もう忘れない B面
作詞:阿久悠/作曲:中村泰士

16. 愛の肖像 (1974.3.10, P-332) A面

作詞:橋本淳/作曲:筒美京平
  • あれから君は B面
作詞:橋本淳/作曲:筒美京平

17. 恋愛狂時代 (1974.9.1, P-367) A面

作詞:なかにし礼/作曲:都倉俊一
  • あなたが悩む時 B面
作詞:なかにし礼/作曲:都倉俊一

18. 今からでも遅くない (1975年4月発売予定→発売中止) A面

作詞:なかにし礼/作曲:都倉俊一
  • 別れてひと月 B面
作詞:なかにし礼/作曲:都倉俊一

以上、全17枚(1枚は発売中止)。

コロムビア時代 コンパクト[編集]

1. スター・ミニデラックス 粋なうわさ  (ASS-457) *粋なうわさ/愛のひととき/愛の奇跡/何にも言えないの

2. スター・デラックス ふたりの関係  *ふたりの関係/愛は傷つきやすく/素晴らしい雲/涙をうばって

ワーナー時代[編集]

18. 愛にふりむいて (1976.12.10, L-56) A面

作詞:橋本淳/作曲:出門英
  • 心のラブ・ソングを B面
作詞:橋本淳/作曲:出門英

19. わんぱくパック (1977) A面

20. さらば愛の季節 (1977.4, L-75) A面 *1981年にサーカスがカバー(シングル L-1552W)

作詞:橋本淳/作曲:東海林修
  • 思い出に鍵をかけて B面
作詞:中村小太郎/作曲:出門英

21. 真夜中の子守歌 (1977.6.10, L-89) A面 *フジテレビドラマ『ご存知 女ねずみ小僧主題歌[2]

作詞:山川啓介/作曲:橋場清/編曲:馬飼野康二
  • 屋根の上のふたり B面
作詞:山川啓介/作曲:橋場清

22. 追想 (1977.9.25, L-168) A面 *毎日放送ドラマ『分水嶺』主題歌

作詞:松任谷由実/作曲:出門英
  • 心を許して B面
作詞:松任谷由実/作曲:出門英

23. あなたとともに (1978.6., L-228R) A面

作詞:松任谷由実/作曲:出門英
  • 愛の嵐 B面
作詞:橋本淳/作曲:出門英

24. ロンリーウーマン (1979.3.) A面

  • 今さよならしたら B面

25. 気をつけなさい <Be Careful> (1979.10., DVR-2) A面

  • 愛のハーモニー B面

26. とまどい坂 (1980.8.25, DVR-5) A面 *フジTV『母系家族』主題歌

  • 情愛 B面

27. ボクは金魚のチビタレメ (1981年, DVR-1501) A面 *ヒデとロザンナ+かずきくん名義

  • 地球はマンマ B面

28. お天気いいですか!! (1983年, DVR-1503) A面 *グリコCMイメージソング 

  • 恋のメイク・アップ・フィーリング B面 *出門英ソロ名義

29. 愛はいつまでも (1989.7.10, LRS-2027, プロモカット) A面 *近鉄ホームCMソング 

  • 愛の奇跡 '89 B面

  他

ワーナー時代 コンパクト[編集]

1. DELUX 4 DELUX ヒデとロザンナ (L-3053R) 真夜中の子守歌/愛にふりむいて/さらば愛の季節/想い出のジャック&ベティ

ソロ&アザーワークス シングル[編集]

1. 東京ロマンチックガイ (1962.12) A面 *水木英二名義でのデビューシングル。東芝

2. 思い出を消して行こう (1963.6) A面 *水木英二名義でのシングル。東芝

3. 白い波 (1967.8) A面 *ユキとヒデ名義。ポリドール

4. スノー・ドルフィン・サンバ (1968) A面 *ユキとヒデ名義。ポリドール

5. いつの日か人に語ろう (1975.11., L-1285R) A面 *出門英ソロ名義、フジTV系ドラマ『痛快!河内山宗俊』挿入歌

  • 夜のどこかで B面

6. きみこそ旅人 (1979.11., DVD-3) A面 *出門英ソロ名義、TBSドラマ『おだいじに』主題歌

  • 母なる河 B面

7. 愛という出逢い (1980.5., DVR-4) A面 *出門英ソロ名義、TBSドラマ『おだいじに』主題歌

  • きみこそ旅人 B面 *TBSドラマ『おだいじに』主題歌

8. 黄色い花 (1982.2., DVR-1502) A面 *出門英ソロ名義

  • 花でもあれば B面

9. 野風増 (1984.11., DVR-1504) A面 *出門英ソロ名義

  • 男のポケット B面

10. 黄昏に愛をこめて (1988.8.25, 07L7-4009) A面 *出門英ソロ名義

  • 野風増 B面

8cm CDシングル[編集]

1. 黄昏に愛をこめて/野風増 *出門英ソロ名義、EP同発

2. 愛はいつまでも/愛の奇跡 '89 (1989/7/10, 09L3-4097) *近鉄ホームCMソング

3. BIRDIES NIGHT/25000回のキッス (1990/3/25、WPDL-1504) *出門英ソロ名義

4. 愛の奇跡/愛は傷つきやすく (1991/07/21、CODA-8884)

5. Love Always(1991年) *ロザンナ・ソロ名義。TVドラマ「ヒデとロザンナ物語 愛の奇跡」エンディングテーマ

6. 愛の奇跡 *タカラ「昭和おもひで歌謡」おまけ8cmCD復刻シングル

アルバム[編集]

コロムビア時代[編集]

コロムビア時代 オリジナルアルバム[編集]

1. イタリーの休日 <HOLIDAY IN ITALY> (1969.11.25, JDX-32)

2. デュエット/ヒデとロザンナの世界 <DUET! DUET! DUET!> (1971.11.10, JDX-57)

3. 愛の伝説 (1972.06.25, JDX-75)

4. 旅の宿 <BEST SELECTIONS OF HIDE & ROSSANNA> (1970.12.25, JDX-46)

コロムビア時代 ベスト・編集アルバム[編集]

1. コロムビア・ジャンボケット・シリーズ ふたりの関係 <LOVELY QUARREL> (1970.12.25, JDX-46) *新録曲「愛のお話」「港の女」含む。豪華美麗三面見開きジャケット

2. ベスト・アルバム・シリーズ ヒデとロザンナ (1973.6., JDX-7202)

3. スター・ダブル・デラックス・シリーズ ヒデとロザンナをあなたに

4. ベスト・アルバム あの頃…シリーズ (1983年)

コロムビア時代 企画アルバム[編集]

1. 粋なうわさ <A PRETTY RUMOR>/橋本淳・筒美京平ゴールデン・アルバム (1969.7.10, JPS-5182) *新録曲「涙いろの恋」(奥村チヨのカバー)


ワーナー時代 オリジナルアルバム[編集]

1. 追想 (1975年, L-10094R)

2. WALKING AGAIN (1977年, L-10066R)

3. 愛のハーモニー (1979年, DVR-11001)


CDアルバム(コロムビア・ワーナー共通)[編集]

1. CDアンコール・シリーズ ヒデとロザンナ・ベスト・ヒット/HIDE & ROSSANNA BEST HITS (1986/1/1, 32C31-7779)

2. 愛はいつまでも (1989/5/25, 29L2-74)

3. 愛の軌跡~ヒデとロザンナ・ベスト・コレクション (1990/10/25, WPCL-192)

4. アンコール!!ヒット・グラフィティ ヒデとロザンナ (1991/6/21, COCA-7636)

5. CD文庫1800/定番COLLECTION ヒデとロザンナ ベスト・セレクション (1993/9/21, COCA-11043)

6. 追想 (1994/10/25、WPC6-8073、ワーナー)

7. 決定版 ヒデとロザンナ① (2000年, GES-12056) *廉価版

8. コロムビア音得盤 ヒデとロザンナ (2003/01/01、COCA-70373)

9. しんぐるこれくしょん (2003/7/23, COCP-32257/8)

10. 究極のベスト (2005/7/27, WPCL-70529)

11. ドーナツ盤メモリー ヒデとロザンナ (2006/06/28、COCA-71099)

12. 昭和アーカイブス イタリーの休日 (2007/4/18, COCA-71130)

13. ゴールデン☆ベスト (2008/8/20, COCP-35126)

14. スーパー・ベスト・コレクション (2009年, WQCQ-179) *廉価版

15. ゴールデン☆ベスト (2012/7/18, COCP-37468/9)

出演[編集]

TV[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1970年(昭和45年)/第21回 愛は傷つきやすく 11/24 トワ・エ・モワ
1971年(昭和46年)/第22回 2 望むものはすべて 14/25 雪村いづみ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南沙織の歌手デビュー30周年記念メモリアル特別企画CD-BOXCYNTHIA ANTHOLOGY』(2000/6/7発売、SRCL-4801〜6)封入ブックレット内のバイオグラフィ参照。
  2. ^ 「真夜中の子守歌」は、『浮世絵 女ねずみ小僧』の主題歌「急げ風のように」(平田隆夫とセルスターズの歌唱で1972年に発売)と同メロディ(歌詞違い・アレンジ違い)である。

外部リンク[編集]