亜麻色の髪の乙女 (ヴィレッジ・シンガーズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亜麻色の髪の乙女
ヴィレッジ・シンガーズシングル
B面 瞳をとじて(オリジナル)
バラ色の雲(セルフカバー版)
リリース
ジャンル グループ・サウンズ
レーベル CBS/日本コロムビア
(オリジナル)
テイチクエンタテインメント
(セルフカバー版)
作詞・作曲 橋本淳すぎやまこういち
チャート最高順位
ヴィレッジ・シンガーズ シングル 年表
好きだから
1967年
亜麻色の髪の乙女
1968年
虹の中のレモン
(1968年)
ヴィレッジ・シンガーズ 年表
ここより永遠に
1971年
亜麻色の髪の乙女/バラ色の雲
2003年
-
テンプレートを表示

亜麻色の髪の乙女」(あまいろのかみのおとめ、原題:風吹く丘で)は、ヴィレッジ・シンガーズ1968年2月25日日本コロムビアから発売した5枚目のシングル、およびその収録曲である。2002年発売の島谷ひとみによるカバー版でも知られる。

解説[編集]

収録曲[編集]

CBSコロムビア(日本コロムビア)によるオリジナル盤
  1. 亜麻色の髪の乙女 (ON THE WINDY HILL)
  2. 瞳をとじて (WORLD FOR TWO)
CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)による1978年再リリース盤(両A面シングル『バラ色の雲/亜麻色の髪の乙女』)
  1. バラ色の雲
  2. 亜麻色の髪の乙女
    • 作詞:橋本淳 / 作曲・編曲:すぎやまこういち
テイチクエンタテインメントによる2003年セルフカバー盤(両A面セルフカバーシングル『亜麻色の髪の乙女/バラ色の雲』)
  1. 亜麻色の髪の乙女
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:すぎやまこういち / 編曲:ヴィレッジ・シンガーズ
  2. バラ色の雲
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:筒美京平 / 編曲:ヴィレッジ・シンガーズ

青山ミチによるオリジナルシングル[編集]

風吹く丘で
青山ミチシングル
初出アルバム『ゴールデン☆ベスト』
B面 銀のイニシアル
リリース
録音 1966年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール/日本グラモフォン
作詞・作曲 橋本淳、すぎやまこういち
青山ミチ シングル 年表
ワン・ナイト・ワン・キス
1966年
風吹く丘で
1966年
情熱の波止場
1966年
テンプレートを表示

風吹く丘で」(かぜふくおかで)は、青山ミチの25枚目のシングル。1966年11月日本グラモフォンポリドールレーベル、現:ユニバーサル ミュージック)よりリリースされた。

解説[編集]

  • ヴィレッジ・シンガーズのバージョンがオリジナルと思われがちであるが、原曲はこちらのバージョンであり、原題も「風吹く丘で」である。
  • 発売直後に諸般の事情により店頭から回収され、そのまま出荷停止となった。

収録曲[編集]

  1. 風吹く丘で
  2. 銀のイニシアル

島谷ひとみによるカバーシングル[編集]

亜麻色の髪の乙女
島谷ひとみシングル
初出アルバム『シャンティ
B面 明日と今日のあいだ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 橋本淳すぎやまこういち
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2002年度年間22位(オリコン)
  • 登場回数38回(オリコン)
島谷ひとみ シングル 年表
シャンティ
2002年
亜麻色の髪の乙女
(2002年)
亜麻色マキシ
(2002年)
テンプレートを表示

島谷ひとみの7枚目のシングルとして発売された。 2002年5月9日avex trax(現:エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ avex traxレーベル)よりリリースされた(CCCD)。

解説[編集]

  • 島谷が2002年春に出演した花王エッセンシャル ダメージケア』CMソングとして有名になる。当初CD化の予定はなかったが[6]、反響が大きかったため急遽音源制作に踏み切ったという。
  • オリコンチャート最高位4位を記録し、30万枚以上を売り上げた自身最大のヒット作である。また、この曲のヒットで2002年の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、2005年にも出場してcrossover versionを披露した。
  • オリコンのカラオケチャートで当時の新記録となる18週連続1位を記録した。
  • さまざまなリミックス、リアレンジバージョンがあり、アルバム『シャンティ』に『HIRO KURETANI REMIX』が、8thシングル「亜麻色マキシ」に『フルウクレレバージョン』、ミニアルバム『Poinsettia〜亜麻色ウィンターメモリーズ〜』に『ウィンター・アカペラ・ヴァージョン』、カバーアルバム『男歌〜cover song collection〜』(CD only版)に『男歌 version』が収録されている。なお、2005年の『NHK紅白歌合戦』で披露された『crossover version』はCD化されていない。
  • 2002年11月30日アナログ盤(LP)が発売された。

収録曲[編集]

CD
  1. 亜麻色の髪の乙女
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:すぎやまこういち / 編曲:大槻"KALTA"英宣 / ストリングスアレンジ:のりっぺ
    花王エッセンシャルダメージケアシャンプーCMソング
  2. 明日と今日のあいだ
  3. 亜麻色の髪の乙女 (Instrumental)
  4. 明日と今日のあいだ (Instrumental)
アナログ盤

side A

  1. 亜麻色の髪の乙女 (HIRO KURETANI REMIX)
  2. 亜麻色の髪の乙女 (Original)

side AA

  1. Single Hits Non-stop Mega Mix 〜Trans Mission Mega Mix〜

その他のカバー[編集]

エピソード[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 熱狂GS図鑑 黒沢進著 徳間書店 1986年1月刊 34頁。
  2. ^ ヴィレッジ・シンガーズ版シングル盤ライナーノーツに記述あり。
  3. ^ 正確には発車メロディーではなく、運転士に信号の開通を知らせるメロディーであり、列車発車後も信号が赤になるまで流れる。
  4. ^ 2003年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2003年。
  5. ^ 2004年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2004年。
  6. ^ 『weekly oricon』第24巻第26号、オリコン、2002年7月15日、33ページ。
  7. ^ 「♪亜麻色の~」熱唱サギ男は“常習犯”ヴィレッジ・シンガーズのボーカル偽りカラオケ審査謝礼詐取

外部リンク[編集]