岡崎友紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかざき ゆき
岡崎 友紀
本名 岡崎 友紀子
生年月日 1953年7月31日(62歳)
出生地 日本の旗 東京都台東区浅草
(出生地は千代田区神田
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1963年 - 現在
配偶者 盛田英夫(1978年 - 1981年)
岩倉健二(1986年 - 2005年)
主な作品
テレビドラマ
おくさまは18歳』(1970年)

岡崎 友紀(おかざき ゆき、本名:岡崎 友紀子、1953年7月31日 - )は日本の女優歌手東京都台東区浅草出身(出生地は千代田区神田)。

経歴[編集]

日本大学藝術学部中退。

幼少のころよりバレエを習い、小学生時代には東宝芸能学校・児童科でレッスンを受ける。

最初は、子役として舞台テレビに出演し始め、「王様と私」「屋根の上のバイオリン弾き」等のブロードウェーミュージカルの日本初演に起用される。

1968年にはNHK大阪製作の少年少女向け連続ドラマ「あねいもうと」に妹「とし子」役で一年間主演し(姉役は西尾三枝子)、全国的な知名度を得、翌1969年にはさらに活躍の場を広げ、多くのドラマバラエティ番組に進出。1970年3月には歌手デビューを果たした。とりわけ1970年9月よりTBS系で放送された、高校教師と女生徒との秘密の結婚による騒動を描き大ヒットした学園ラブコメディおくさまは18歳」(最高視聴率33.1%)でキュートコメディエンヌとしての魅力が開花し、1970年代前半から中盤にかけて国民アイドルとして人気を博した。

当時人気のバロメータだったブロマイドの売り上げが46ヶ月連続首位(マルベル堂発表)を記録、また日本においてアイドルの概念が今日のように「身近で可愛い芸能人」を意味するようになったのも、1970年代の始まりから人気が出た同学年の吉沢京子と岡崎の時代からであるとされる[1]

「おくさまは18歳」の大ヒットにより、「なんたって18歳!」「ママはライバル」等一連の「岡崎友紀18歳シリーズ(ライトコメディシリーズ)」が製作され、人気シリーズとしてテレビドラマの歴史に一時代を画した。

さらに作詞の才にも恵まれ、18歳シリーズの主題歌を始め多くの曲を「岡崎友紀」または「おくさまは18歳」の役名「高木飛鳥」のペンネームで作詞している。

1978年ソニー共同創業者盛田昭夫の長男盛田英夫と結婚するが、1981年に離婚。1986年にミュージシャンの岩倉健二と再婚したが、2005年に再び離婚した。

1991年には倒産したタレント養成所の生徒を引き受け、劇団「NEWS」を結成し、2000年にかけて若手俳優の指導育成に当たる。自ら脚本演出振り付けを手掛けた定期公演の舞台は、環境問題をテーマにしたメッセージ性の強い大胆な内容で、毎日新聞読売新聞等の社会面で取り上げられ話題を呼んだ。また、劇団「NEWS」の音楽を担当していたのは、現i-noshotta堀田陽一)である。

その後もタレント・舞台女優として精力的に活動している。また「岡崎友狸(ゆうり)」の雅号を持つ書道師範でもあり、環境保護活動にも積極的に取り組んでいる。現在「エルザ自然保護会」副会長、「地球こどもクラブ」理事、「日本パンダ保護協会」評議員などの重役も担う

アイドル時代は熱烈な「スヌーピー」ファンとしても知られ、「あねいもうと」で共演した桂三枝(現・六代目桂文枝)にプレゼントされたスヌーピーの縫いぐるみを肌身離さず持ち歩いていた。最近の趣味は写真・ホエールウオッチングプロ野球観戦等。また昔から大の動物好き、旅行好きである。

2010年7月に行われた第22回参議院議員通常選挙民主党から非拘束名簿式比例代表制タレント議員候補として出馬したが落選した。

出演[編集]

舞台[編集]

他多数。

テレビドラマ[編集]

他多数。

バラエティ番組・音楽番組・教養番組[編集]

映画[編集]

  • 1970年 日活「女もつらいわ」
  • 1971年 東宝「おくさまは18才 新婚教室」 - 主演
  • 1972年 松竹「初笑い びっくり武士道」
  • 1976年 東宝「おしゃれ大作戦」

シングル[編集]

シングル作品一覧
  発売日 タイトル B面 オリコン最高位
1 1970年3月5日 しあわせの涙 天使の祈り
35
2 1970年7月5日 花びらの涙 海辺の町
54
3 1970年11月5日 おくさまは18才 小さなお城
-
4 1970年12月7日 鳩時計は唄わない 恋は知らない
92
5 1971年6月5日 雲と渚と青い海 恋愛ごっこ
83
6 1971年10月5日 天使はこうして生まれるの 絵はがき
99
7 1971年11月5日 なんたって18歳! バスに乗って
-
8 1972年4月25日 ファースト・ラブ 青春の日
100
9 1972年5月25日 黄色い船 恋愛時代
84
10 1972年10月5日 私は忘れない 年頃かしら
21
11 1972年11月20日 ママはライバル ふれあい
-
12 1973年3月20日 さよならなんて云わないで 春の目覚め
48
13 1973年7月20日 白い船で行きたいな 恋のなぞなぞ
32
14 1973年10月20日 風に乗って 恋しているから
-
15 1973年12月25日 恋するふたり 今は泣かない
45
16 1974年6月5日 打ちあけられない 涙と仲良しの私
-
17 1974年11月5日 愛々時代 海岸通りの喫茶店
67
18 1975年3月5日 北上川 ディスク・ジョッキー
66
19 1976年4月20日 グッドラック・アンド・グッドバイ ハートを食べて
-
20 1977年3月5日 恋のマリオネット 雨の誘惑
-
21 1977年7月20日 ハートは薔薇色 ポケット一杯の愛を
-
22 1978年2月5日 ダンシング・レディ フィーリング・ラブ
-
23 1980年6月25日 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー ジャマイカン・アンフェアー
18
24 1980年11月10日 メランコリー・キャフェ ウォッカ&ツイスト
99
25 1981年 ラブ・ストーリー You Make Me Happy
-
26 1981年 S-O-O-N Evening Glow
-
27 2002年7月17日 NEVER ALONE
-

アルバム[編集]

  • 花びらの涙(TP-7450)(1970年10月5日)紙ジャケットCD化(2003年11月27日)、「雲と渚と青い海」とカップリングでCD化 (2013年11月13日)
  • 雲と渚と青い海(TP-8092)(1971年6月1日)CD化(2005年4月20日)、「花びらの涙」とカップリングでCD化 (2013年11月13日)
  • 友紀の青春 ニューフォークを歌う(1971年12月1日)
  • 岡崎友紀/アルバム4(TP-8185)(1972年6月1日)
  • 岡崎友紀/アルバム5(TP-8227)(1973年2月5日)
  • 岡崎友紀/アルバム6(TP-8251)(1973年5月20日)
  • 岡崎友紀/アルバム7(TP-9105)(1973年12月25日)
  • 海岸通りの喫茶店(TP-72023)(1974年12月20日)
  • ライブ! 岡崎友紀マイ・コンサート(1975年3月5日)
  • 私の好きな歌(1975年10月5日)
  • 明日のスケッチ(1976年5月3日発売)
  • ミスター・ラブ 岡崎友紀スー・シフリンを唄う(1977年5月5日発売)
  • ダンシング・レディ(1978年8月5日)
  • Do You Remember Me(1980年11月28日)CD化(1994年5月25日)紙ジャケットSHM-CD(2013年5月29日)
  • So Many Freinds(1981年)CD化(2004年12月15日)
  • Feel At Ease(2002年8月15日)

ベスト・アルバム[編集]

  • ゴールデンディスクNo.1(1972年11月)
  • ゴールデンディスクNo.2(1973年)
  • ゴールデンディスク'75(1974年11月)
  • 岡崎友紀全曲集(1976年9月)
  • なんてったってアイドルポップ~しあわせの涙~(1993年)
  • TWIN BEST(1997年3月19日)
  • エッセンシャル・ベスト(2007年8月22日)
  • 岡崎友紀 ベスト30(2001年8月22日)
  • ゴールデン☆ベスト(2002年11月20日)
  • なんたって18歳 岡崎友紀TVテーマ・コレクション(2014年1月29日)

著作[編集]

  • 「明日のスケッチ」(近代映画社)1973年、(集英社文庫)1977年
  • 「続・明日のスケッチ」(近代映画社)1975年、(集英社文庫)1978年
  • 写真集「ホエールソング―アラスカにザトウクジラの愛が泳ぐ」(新風舎)2003年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]