原由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原 由子
出生名 原 由子
生誕 (1956-12-11) 1956年12月11日(64歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
学歴 青山学院大学卒業
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間
レーベル
事務所
共同作業者
公式サイト SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

原 由子(はら ゆうこ、1956年12月11日 - )は、日本の女性ミュージシャンシンガーソングライター[1][2]サザンオールスターズメンバーで、キーボードボーカルを担当[3]。本名:桑田 由子(くわた ゆうこ)。旧姓:神奈川県横浜市出身[3]。所属事務所はアミューズ[4]。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント[5]、所属レーベルタイシタレーベル[5]青山学院大学卒業。愛称は、原坊(ハラボー)[3]

夫はサザンオールスターズのバンドマスターを務める桑田佳祐[6]

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市内の横浜市立本町小学校吉田中学校を卒業後、高校の入学と同時にフェリス女学院高等学校に編入、卒業した。青山学院大学文学部英米文学科に進学し、卒業した。

フェリス在学中に、友人とフォークデュオ「ジェロニモ」を組んでボーカルギターの担当で活動した。大学入学後もジェロニモは続けていた。ジェロニモの名前の由来は、「男らしくて力強い名前」であり、原は「ジェロニモを結成してから、私の高校生活は明るいものになっていった」[7]と当時を述懐している。

大学入学後、桑田佳祐関口和之らが所属していたサークル『BETTER DAYS』に入り、桑田らのバンドピアノの技術を買われて参加した。原が桑田に抱いた第一印象は「なんとなくいじめっ子ぽかった」「こんなにわかりやすい人と結婚するとは、夢にも思わなかった」[8]だという。しかし、桑田がクリームディープパープルを歌うのに聞き惚れた[9]。一方、桑田は、原がピアノでエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」を演奏する腕前に心底驚いた[10][11]

1979年、桑田が原に「ずっと一緒にいよう!」と告白して、その数日後に電話口から原に「いとしのエリー」を聴かせた[12]

在学中にサザンオールスターズとして「勝手にシンドバッド」でデビューした。キーボードのほか、『私はピアノ』『そんなヒロシに騙されて』『鎌倉物語』などではリードボーカルを務めている。初期を除き、サザンのアルバムでは1曲ずつ原がボーカルを取るのが通例となっている。近年は、シングルのカップリング曲でもボーカルを担当している。サザンとしてデビューする前は自分の声に自信がなかったという。理由は小学生の頃に父に買ってもらった小さなテープレコーダーで「ウルトラセブンの歌」を歌って吹き込んだところ、原が言うにはその声が「変な声」だったからである。普段自分の頭を通して聴いている声と外に出ているのは違うと教えてもらって愕然としたという[13]

I Love Youはひとりごと』でソロデビュー[14]。しかし、歌詞の内容が過激と受け取られ放送禁止になってしまい、対抗してゲリラ・ライブを行うも、警察まで駆けつける騒動となった[14]

ソロ作品も数年置きのペースでリリースしており、『恋は、御多忙申し上げます』『あじさいのうた』『花咲く旅路』など、多くのヒット曲を残している。ソロ作品のリリースに合わせ、単独でCM音楽番組への出演もしている。1991年には、「第42回NHK紅白歌合戦」への単独出場を果たした。アニメ『YAWARA!』で少女らしさを前面に押し出した楽曲『負けるな女の子!』と『少女時代』が起用されるなど、少女が主人公のアニメ作品の主題歌を担当することもある。近年では2012年公開のアニメ映画『ももへの手紙』の主題歌『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』を担当した。

原を含めサザンのメンバーは全員、コメディアンの才能も高く評価されており、萩原健太は「サザンの勝手にナイト」の原について評価し、桑田と「原由子コメディアン転向説」について語った[15]

2013年のライブ『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』で「マンピーのG★SPOT」を演奏した際、過激な神輿を登場させたパフォーマンスに「いいのかな~?」と懸念を陰ながら示す[16]、2014年のライブ『ひつじだよ! 全員集合!』で桑田が同年秋に授与された紫綬褒章を披露することに対して「大丈夫?」と心配するなど[17]、常識的な姿勢であることを桑田や野沢秀行が証言している。なお、原は桑田の一部の楽曲やパフォーマンスが物議を醸したりすることに対して「『そんな時は一緒に怒られましょうね』という気持ちです(笑)」とコメントしている[18]。また、2014年のライブで起きた騒動の影響で炎上や曲解を怖れ「詞を書くときは気をつけなければ」と思うようになり、桑田に対して「変な曲解されませんように」と祈るようになったことや、騒動への謝罪の内容が正確に伝わるように伝えることの難しさを角田光代との対談で明かしている[19]

亀田誠治は、原の存在がサザンの楽曲のエロティックな表現の品格を上げていると評価している[20]。また、桑田夫妻と交流がある竹内まりやは、桑田を”ライブでいつもふざけて、バカばっかりやってる[注 1]”としたうえで「サザンオールスターズの主体はやっぱり原坊だと確信した」と評している[22]。桑田はミュージシャンとしても一人の女性としても原には頭が上がらないとし、度々敬意と感謝の言葉を述べている[23][24]

ソロ名義でのライブは、1981年の学園祭ツアーと1991年のホールツアーの2回のみであるが、1997年のAAAでの谷村有美との共演、1998年と2003年のBEGINのライブへのゲスト出演、1999年に大阪城ホールで行われた、母親達へ送るイベント『MOTHER'S LOVE』への出演など、ゲストとしてイベントへ単独出演し、ソロ曲を披露している。

実家の家業として、横浜・関内駅前の天ぷら屋「天吉(てんきち)」を営んでいることでも有名で、数多くのファンが訪れている。サザンの初期の楽曲「今宵あなたに」の中でこの店のことが歌われている。しかしながら原自身は、エビ天を食べるとじんま疹が出るらしい(桑田は、2008年のライブ『真夏の大感謝祭』のメンバー紹介の際に、『エビのたたり』と発言している)。

桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では年1回、新年1回目の放送にゲスト出演するのが恒例となっている。

2007年8月8日に発売の竹内まりやの新曲「チャンスの前髪」にゲストボーカルとして参加、さらに11月7日には風味堂とのスペシャルユニット「ハラフウミ(原由子×風味堂)」として新曲「夢を誓った木の下で」を共作した。同時に映画『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』日本語主題歌として制作された「大好き!ハッピーエンド」も収録されている。原がコラボレートシングルを発売するのは「みんないい子」以来10年ぶりで、サザン系列以外のバンドとは初の共演となった。

2009年4月3日から朝日新聞夕刊にて隔週金曜日にコラム「あじわい夕日新聞」を連載しているが、2010年8月9日付けで桑田の食道がんの治療のサポートに専念するため一時休載。桑田の復帰後の2011年1月から再開し、2013年3月に最終回を迎えた。

プライベートではピラティスなどの運動を行っている[25]

好きな歴史上の人物として坂本龍馬を挙げており、産休中に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけ[26]。また、京都を旅行した際に龍馬ゆかりの地を訪れた際の写真を、アミューズの後輩でNHK大河ドラマ龍馬伝』の主演を務めた福山雅治に送った事もある[4]

憧れの女優として吉永小百合を挙げており、『今晩は 吉永小百合です』(TBSラジオ)2010年4月4日・12日放送分にゲスト出演し、共演を果たしている。この回の収録にあたり吉永は後述する原の著書『娘心にブルースを』を読み予備知識を持ったうえで番組を進行した[27]

落語ファンである桑田の影響もあり、夫婦そろって3代目 桂春蝶のファンになったことを述べている[28]。ちなみに、春蝶は「涙の天使に微笑みを」を好きな曲として挙げている[29]

ボウリングファンの桑田の影響で2016年からボウリングを本格的に開始した。かつては100点だったスコアも近年は上昇傾向にある[25][30][31]

2016年12月12日にソロ名義および「ハラフウミ(原由子×風味堂)」名義の楽曲延べ136曲のダウンロード配信が開始された[32]

2019年12月20日にサザンも含めて自身の楽曲全てがサブスクリプション型サービスでのストリーミング配信が解禁された[33]

音楽性[編集]

ピアノは幼少時から習い、洋楽は兄の影響もありエルトン・ジョンビリー・ジョエルレオン・ラッセルエリック・クラプトンのほか、特にブルースを好んで聴いていた。ピアノもブルースやサザン・ロックを意識した泥臭いプレイを信条としており、原自身「ピアノを弾く時は男のつもりで弾いている」と語っており、桑田も「時々オッサンがピアノ弾いてるように錯覚する」と語っている。公で披露することは少ないが、アコースティック・ギターの演奏にも長けており、特にスリーフィンガー・ピッキングアルペジオについては桑田が「俺より上手い」と語っている。 ギターを弾くことが少ない理由として、原は「指先の硬さが変わってしまうのでピアノとギターを両立させるのが難しい」と語っている。しかし、サザンのライブ(1995年『Hotal California』の「チャコの海岸物語」など)や単独のイベント出演などで何度か演奏したことがある。2009年5月18日放送の「桑田佳祐の音楽寅さん」では、テレビでは珍しくギターを演奏し、そのテクニックを披露した。

作曲をする事よりも、アレンジを考えたり、コーラスやカウンターのメロディーをつける事を好んでいるといい、自身が作曲をするのは、タイアップ先からのオファーや桑田からの助言があってからであるという[34]

桑田はミュージシャンとしての原を「楽器のラインを書く才能がすごくある」「弦の鳴り方や歌に対しての楽器の乗せ方がすごく上手い」と評価している。また、桑田自身が「原にミュージシャンとしてここだけは負ける」と思うこととして、「もしかしたら、本気で曲を作らせたら負けるんじゃないかな」と語っており、理由は、桑田本人が絶えずステレオタイプ的な作風であり、作曲のツールのひとつにバンドという形態が必要であるのに対し、原はそういったところがなく、決してパロディー的な感覚で作らないからであるという[35]

ライブやレコーディングでは、主にコルグ社製のキーボードを使う。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 作品名 規格 規格品番 順位 収録アルバム
1st 1981年4月21日 I Love Youはひとりごと EP VIHX-1537 35位 はらゆうこが語るひととき
2nd 1981年7月21日 うさぎの唄 VIHX-1546 63位
3rd 1982年3月21日 誕生日の夜 VIHX-1567 81位 アルバム未収録
4th 1983年8月21日 恋は、ご多忙申し上げます VIHX-1614 5位 Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd.
5th 1983年11月5日 横浜 Lady Blues VIHX-1621 44位
6th 1987年8月21日 あじさいのうた VIHX-1720 22位 MOTHER
7th 1988年4月21日 ガール (GIRL) VIHX-1735 17位 Loving You
8cmCD VDRS-1024
8th 1989年4月26日 かいじゅうのうた EP KV-3089 90位 MOTHER
8cmCD VDRS-1127
9th 1989年5月21日 ためいきのベルが鳴るとき EP VIHX-1772 35位
8cmCD VDRS-1142
10th 1990年9月21日 愛して愛して愛しちゃったのよ[注 2] VIDL-33 49位
11th 1991年3月27日 ハートせつなく VIDL-30145 16位
12th 1991年5月29日 じんじん VIDL-30146 24位
13th 1991年11月1日 負けるな女の子! VIDL-30147 16位 アルバム未収録
14th 1997年11月27日 涙の天使に微笑みを VIDL-30163 16位 Loving You
15th 2009年8月19日 夢をアリガトウ 12cmCD VIZL-360 (初回版) 5位 ハラッド
VICL-36550 (通常版)

再発盤[編集]

1993年7月21日 1st〜6th 8cmCD化再発 (VIDL-156〜161)
1998年2月25日 1st〜13th再発 (VIDL-30135〜30147)

コラボレーション・シングル[編集]

  タイトル 規格 規格品番 順位 収録アルバム
1997年10月29日 みんないい子[注 3] EP VIJL-60005 13位 アルバム未収録
12cmCD VICL-35020
2007年11月7日 夢を誓った木の下で[注 4] VICL-36370 26位 ハラッド

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 順位
1st 1981年4月21日 はらゆうこが語るひととき LP VIH-28034 6位
2nd 1983年11月21日 Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd. VIH-28149 4位
CD VDR-5
3rd 1991年6月1日 MOTHER CD (2枚組) VICL-40019〜40020 4位

その他[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 順位
ベストアルバム 1998年2月25日 Loving You CD VICL-60178 3位
カヴァーアルバム 2002年3月13日 東京タムレ VICL-60846 4位
ベストアルバム 2010年6月23日 ハラッド CD+冊子
CD
VIZL-390/VICL-63570/1
VICL-63570/1
3位

再発盤[編集]

1986年6月26日 1st CD化再発 (VDR-1229)
1991年5月21日 1st、2nd再発 (VICL-5058、5059)
1998年2月25日 1st〜3rd再発 (VICL-60164〜60167)

配信リリース[編集]

楽曲提供[編集]

黒い鳥」 作詞・作曲:原由子/編曲:加藤和彦
「夢見るSeason」 作詞・作曲:原由子/編曲:松井忠重
「GOOD NIGHT」 作詞:伊藤つかさ/作曲:原由子/編曲:青木望
「青いエナジー」 作詞・作曲・プロデュース:原由子/編曲:斎藤誠
「Kiss Me Please」 作詞:原由子/作曲・編曲:奥慶一
「さよなら」 作詞:斉藤由貴/作曲:原由子/編曲:武部聡志
あなたに会いたい」 作詞・作曲:原由子/編曲:武部聡志
少女時代」 作詞・作曲:原由子/編曲:武部聡志
「WORDS OF LOVE」 作詞・作曲:原由子/編曲:本山晴一郎
風のプリズム」 作詞・作曲:原由子/編曲:藤井丈司
アリガト!」 作詞・作曲:原由子/編曲:藤井丈司
「約束のこの瞬間(とき)に」 作詞・作曲:原由子/編曲:曽我淳一[36]
「私の彼はヘビースモーカー」作詞:原由子/作曲・編曲:新田一郎

ライブ・コンサートツアー[編集]

形態 タイトル 公演規模・会場
1981年 単発コンサート ひなまつりコンサート 「飲めばライブコンサート」
1991年 コンサートツアー JR東海ぷらっとスペシャル
原由子ソロコンサート 「花咲く旅路」
2010年 単発コンサート 原 由子スペシャル「はらばん」鎌倉ライブ

出演[編集]

※すべて個人での出演によるもの。グループでの出演などはサザンオールスターズ#出演の節を参照。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1991年(平成3年)/第42回 花咲く旅路 14/28 X JAPAN
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、その一方で竹内は桑田の人柄を「とても純粋な人」とも評しており、エロティックな発言やジョークなどについても「照れ隠し」と認識している旨も述べている[21]
  2. ^ 「原由子 & 稲村オーケストラ」名義。
  3. ^ 香取慎吾 & 原由子」名義。
  4. ^ 「ハラフウミ(原由子×風味堂)」名義。

出典[編集]

  1. ^ 原由子のプロフィール | ORICON NEWS オリコン 2021年3月23日閲覧。
  2. ^ SONGS NHK 2021年3月23日閲覧。
  3. ^ a b c プロフィール 原由子 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2020年7月29日閲覧。
  4. ^ a b 原 由子が福山“龍馬”にプレゼントしたものBARKS
  5. ^ a b 映画『ももへの手紙』完成披露試写会で語られた家族愛と手紙のエピソード週刊アスキー 2012年4月11日配信 2021年3月25日閲覧
  6. ^ 桑田佳祐のプロフィール | ORICON NEWS オリコン 2016年1月8日更新, 2021年3月4日閲覧
  7. ^ 原由子『娘心にブルースを』ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、73頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  8. ^ 原由子『娘心にブルースを』ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、86頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  9. ^ 原由子『娘心にブルースを』ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、95頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  10. ^ 原由子『娘心にブルースを』ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、96頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  11. ^ 桑田佳祐『ロックの子―桑田佳祐インタビュー』講談社、1985年2月、83頁。ISBN 978-4-06-201717-6
  12. ^ 原由子『娘心にブルースを』ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、160頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  13. ^ 原由子『あじわい夕日新聞〜夢をアリガトウ〜』P72 - 73、朝日新聞出版、2013年
  14. ^ a b サザンオールスターズ公式データブック 1978-2019 p23 リットーミュージック・ムック
  15. ^ 桑田佳祐『ロックの子―桑田佳祐インタビュー』講談社、1985年2月、101頁。ISBN 978-4-06-201717-6
  16. ^ おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-」完全生産限定盤封入ボーナスディスク『Document Film -サザンオールスターズとおいしい葡萄の旅- & 旅のMC集』で野沢秀行が証言。
  17. ^ サザン桑田 ラジオ謝罪【ほぼ全文】 デイリースポーツ, 2015年1月18日
  18. ^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] p36より。
  19. ^ 文藝春秋 2018年10月号 P169 - 170より。
  20. ^ 愛しのサザン、人気の秘密 おしえます!~その3:エロ~J-WAVE
  21. ^ TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」2007年8月11日放送分
  22. ^ 【エンタがビタミン♪】竹内まりやが見抜く!サザンの主役は原由子だった。2008年9月9日 ライブドアニュース
  23. ^ がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p33 - 36より。
  24. ^ 週刊文春 2021年3月25日号 P127
  25. ^ a b Sports Graphic Number PLUS 桑田佳祐編集長就任!ボウリング場でカッコつけて」 文藝春秋、p26より。
  26. ^ 原由子『あじわい夕日新聞〜夢をアリガトウ〜』P56 - 57、朝日新聞出版、2013年
  27. ^ 原由子『あじわい夕日新聞〜夢をアリガトウ〜』P68 - 69、朝日新聞出版、2013年
  28. ^ 原由子『あじわい夕日新聞〜夢をアリガトウ〜』P186 - 187、朝日新聞出版、2013年
  29. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 涙の天使に微笑みを… 2014年10月14日ライブドアブログ
  30. ^ KUWATA CUP 2020 公式 @KUWATA_CUP2019年10月31日配信, 2020年11月14日閲覧
  31. ^ サザンオールスターズ official @sasfannet2019年1月17日配信, 2020年11月14日閲覧
  32. ^ 原由子、ソロ曲136曲が一挙配信開始 BARKS 2016年12月12日配信 2021年1月26日閲覧
  33. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  34. ^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] P28〜29より。
  35. ^ 「ハラッド」特設サイト 桑田佳祐が“原 由子”を語るひととき
  36. ^ Disco|平原綾香 Official Website
  37. ^ 「当たり呼び込めメディア最前線 アミューズビデオT――母親層取り込む」(『日経流通新聞』1992年7月14日付、5面)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウェブサイト
Twitter・Facebook