原由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原由子
基本情報
出生名 原由子
出生 1956年12月11日(57歳)
血液型 B型
学歴 青山学院大学卒業
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
職業 キーボーディスト
シンガーソングライター
担当楽器 キーボードギターコーラスボーカル
活動期間 サザンオールスターズとして
1978年 -
ソロ
1981年 - 1983年
1987年 - 1991年
1997年
2002年
2007年
2009年 - 2013年
レーベル ビクタータイシタ
事務所 アミューズ
共同作業者 サザンオールスターズ
公式サイト sas-fan.net
STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!

エルトン・ジョン
ビリー・ジョエル
ラリー・カールトン
レオン・ラッセル
エリック・クラプトン
ジョン・レノン

原 由子(はら ゆうこ、1956年12月11日 - )は、日本ミュージシャンキーボーディスト歌手シンガーソングライターであり、サザンオールスターズのメンバー。本名、桑田 由子(くわた ゆうこ)旧姓、愛称は、原坊(ハラボー)。夫はサザンオールスターズリーダーである桑田佳祐で、桑田との間に2男あり。なお、桑田からは、お母さんお母ちゃんゆうこりんと呼ばれることがある。

来歴[編集]

神奈川県横浜市内の横浜市立本町小学校吉田中学校を卒業後、高校入学と同時にフェリス女学院高等学校に編入、卒業。青山学院大学文学部英米文学科卒業。

フェリス在学中に、友人とフォークデュオ「ジェロニモ」を組んでボーカルギター担当で活動する。大学入学後もジェロニモは続けていた。ジェロニモの名前の由来は、「男らしくて力強い名前」であり、また原は「ジェロニモを結成してから、私の高校生活は明るいものになっていった」[1]と当時を述懐している。

大学入学後、桑田佳祐関口和之らが所属していたサークル『BETTER DAYS』に入り、桑田らのバンドにもピアノの技術を買われて参加する。原が桑田に抱いた第一印象は「なんとなくいじめっ子ぽかった」「こんなにわかりやすい人と結婚するとは、夢にも思わなかった」[2]とのこと。しかし、桑田がクリームディープパープルを歌うのに聞き惚れた[3]。一方、桑田は、原がピアノでエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」を演奏する腕前に心底驚いた[4][5]

1979年、桑田が原に「ずっと一緒にいよう!」と告白して、その数日後に原に電話口から聴かせた曲が「いとしのエリー」であった[6]

在学中にサザンオールスターズとして「勝手にシンドバッド」でデビュー。キーボードの他、『私はピアノ』『そんなヒロシに騙されて』『鎌倉物語』などではリードボーカルも務めている。初期を除き、サザンのアルバムでは1曲ずつ原がボーカルを取るのが通例となっている。近年は、シングルのカップリング曲でもボーカルを担当。

ピアノは幼少時から習い、洋楽は兄の影響もありエルトン・ジョンビリー・ジョエルレオン・ラッセルエリック・クラプトン他、ブルースを特に好んで聴いていた。ピアノもブルースやサザン・ロックを意識した泥臭いプレイを信条としており、原自身「ピアノを弾く時は男のつもりで弾いている」と語っており、桑田も「時々オッサンがピアノ弾いてるように錯覚する」と語っている。

コブシを効かせた美空ひばりを彷彿とさせる昭和歌謡グループ・サウンズ風の歌い回しから、ポップス調の曲での柔和な歌唱まで幅広く聴かせる。サザンでの活動がメインのため一歩引いた印象があるものの、その歌声は松任谷由実竹内まりやなどと共にニューミュージック界を代表する女性ボーカリストの1人として挙げられる。

公で披露することは少ないが、アコースティック・ギターの演奏にも長けており、特にスリーフィンガー・ピッキングアルペジオについては桑田が「俺より上手い」と語っている。 ギターを弾くことが少ない理由として、原は「指先の硬さが変わってしまうのでピアノとギターを両立させるのが難しい」と語っているが、サザンのライブ(1995年『Hotal California』の「チャコの海岸物語」など)や単独のイベント出演などで何度か演奏したこともある。2009年5月18日放送の「桑田佳祐の音楽寅さん」では、テレビでは珍しくギターを演奏し、そのテクニックを披露した。

ソロ作品も数年置きのペースでリリースしており、『恋は、御多忙申し上げます』『あじさいのうた』『花咲く旅路』など、多くのヒット曲を残している。ソロ作品のリリースに合わせ、単独でCM音楽番組への出演もしている。1991年には、「第42回NHK紅白歌合戦」への単独出場を果たした。ソロでは、サザンではあまり見せない「女性らしさ」や「可愛らしさ」を前面に押し出した曲がメインである。

サザンのメンバーは皆そうであるが、コメディアン的な才能もあり、萩原健太は、「サザンの勝手にナイト」の原について評価し、桑田と「原由子コメディアン転向説」について語っていた[7]

ソロ名義でのライブは、1981年の学園祭ツアーと1991年のホールツアーの2回のみと少ないものの、1997年AAAでの谷村有美との共演、1998年2003年BEGINのライブへのゲスト出演、1999年大阪城ホールで行われた、母親達へ送るイベント『MOTHER`S LOVE』への出演など、ゲストとしてイベントへ単独出演し、ソロ曲を披露している。

実家の家業として、横浜関内駅前の天ぷら屋「天吉(てんきち)」を営んでいることでも有名で、数多くのファンが訪れている。サザンの初期の楽曲「今宵あなたに」の中でこの店のことが歌われている。しかしながら原自身は、エビ天を食べるとじんま疹が出るらしい(桑田は、2008年のライブ『真夏の大感謝祭』のメンバー紹介の際に、『エビのたたり』と発言している)。

桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では年1回、新年1回目の放送にゲスト出演するのが恒例となっている。2人揃ったトークが公で聴くことが出来る数少ない機会で、放送ではおしどり夫婦ならではの飾らない、ほのぼのしたトークが魅力である。

2007年8月8日に発売の竹内まりやの新曲「チャンスの前髪」にゲストボーカルとして参加、さらに11月7日には風味堂とのスペシャルユニット「ハラフウミ(原由子×風味堂)」として新曲「夢を誓った木の下で」を共作した。同時に映画『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』日本語主題歌として制作された「大好き!ハッピーエンド」も収録されている。原がコラボレートシングルを発売するのは「みんないい子」以来10年ぶりで、サザン系列以外のバンドとの共演は初となった。

2009年4月3日から朝日新聞夕刊にて隔週金曜日にコラム「あじわい夕日新聞」を連載しているが、2010年8月9日付けで桑田の食道がんの治療のサポートに専念するため一時休載。桑田の復帰後の2011年1月から再開し、2013年3月に最終回を迎えた。

ライブやレコーディングでの主な使用機材としては、コルグ社製のキーボードを使う事が多いが、特にエンドースメント契約をしている事もなく、他社製のキーボードを使用する事もある。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番
1st 1981年4月21日 I Love Youはひとりごと EP VIHX-1537
2nd 1981年7月21日 うさぎの唄 EP VIHX-1546
3rd 1982年3月21日 誕生日の夜 EP VIHX-1567
4th 1983年8月21日 恋は、ご多忙申し上げます EP VIHX-1614
5th 1983年11月5日 横浜Lady Blues EP VIHX-1621
6th 1987年8月21日 あじさいのうた EP VIHX-1720 
7th 1988年4月21日 ガール (GIRL) EP VIHX-1735
8cmCD VDRS-1024
8th 1989年4月26日 かいじゅうのうた EP KV-3089
8cmCD VDRS-1127
9th 1989年5月21日 ためいきのベルが鳴るとき EP VIHX-1772
8cmCD VDRS-1142
10th 1991年3月27日 ハートせつなく 8cmCD VIDL-30145
11th 1991年5月29日 じんじん 8cmCD VIDL-30146
12th 1991年11月1日 負けるな女の子! 8cmCD VIDL-30147
13th 1997年11月27日 涙の天使に微笑みを 8cmCD VIDL-30163
14th 2009年8月19日 夢をアリガトウ 12cmCD VIZL-360 (初回版)
VICL-36550 (通常版)

その他[編集]

  タイトル 規格 規格品番
1990年9月21日 愛して愛して愛しちゃったのよ[注 1] 8cmCD VIDL-33
1997年10月29日 みんないい子[注 2] EP VIJL-60005
12cmCD VICL-35020
2007年11月7日 夢を誓った木の下で[注 3] 12cmCD VICL-36370

再発盤[編集]

1993年7月21日 1st〜6th 8cmCD化再発 (VIDL-156〜161)
1998年2月25日 1st〜12th・『愛して愛して愛しちゃったのよ』再発 (VIDL-30135〜30147)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番
1st 1981年4月21日 はらゆうこが語るひととき LP VIH-28034
2nd 1983年11月21日 Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd. LP VIH-28149
CD VDR-5
3rd 1991年6月1日 MOTHER CD (2枚組) VICL-40019〜40020

その他[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番
ベストアルバム 1998年2月25日 Loving You CD VICL-60178
カヴァーアルバム 2002年3月13日 東京タムレ CD VICL-60846
ベストアルバム 2010年6月23日 ハラッド CD+冊子
CD
VIZL-390/VICL-63570/1
VICL-63570/1

再発盤[編集]

1986年6月26日 1st CD化再発 (VDR-1229)
1991年5月21日 1st、2nd再発 (VICL-5058、5059)
1998年2月25日 1st〜3rd再発 (VICL-60164〜60167)

その他の楽曲[編集]

楽曲提供[編集]

黒い鳥」 作詞・作曲:原由子/編曲:加藤和彦
「夢見るSeason」 作詞・作曲:原由子/編曲:松井忠重
「GOOD NIGHT」 作詞:伊藤つかさ/作曲:原由子/編曲:青木望
「青いエナジー」 作詞・作曲・プロデュース:原由子/編曲:斎藤誠
「Kiss Me Please」 作詞:原由子/作曲・編曲:奥慶一
「さよなら」 作詞:斉藤由貴/作曲:原由子/編曲:武部聡志
あなたに会いたい」 作詞・作曲:原由子/編曲:武部聡志
少女時代」 作詞・作曲:原由子/編曲:武部聡志
「WORDS OF LOVE」 作詞・作曲:原由子/編曲:本山晴一郎
風のプリズム」 作詞・作曲:原由子/編曲:藤井丈司
アリガト!」 作詞・作曲:原由子/編曲:藤井丈司
  • 横浜市立横浜吉田中学校校歌

ライブ・コンサートツアー[編集]

形態 タイトル 公演規模・会場
1981年 単発コンサート ひなまつりコンサート 「飲めばライブコンサート」
1991年 コンサートツアー JR東海ぷらっとスペシャル
原由子ソロコンサート 「花咲く旅路」
2010年 単発コンサート 原 由子スペシャル「はらばん」鎌倉ライブ

出演[編集]

原単独での出演のみ。グループでの出演はサザンオールスターズを参照のこと。

ラジオ[編集]

CM[編集]

ドラマ[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 眠れぬ夜の小さなお話(角川書店、1991年)
    • 1992年4月にはアミューズビデオによりアニメビデオ化され、同年7月までに4万本以上を販売した[8]
  • てのなかのちきゅう(ONE WORLD)(佑学社、1992年)
  • ともだちでいようね(小学館、1993年)
  • 娘心にブルースを(ソニーマガジンズ、1998年)
  • あじわい夕日新聞 〜夢をアリガトウ〜(朝日新聞出版、2013年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「原由子 & 稲村オーケストラ」名義。
  2. ^ 香取慎吾 & 原由子」名義。
  3. ^ 「ハラフウミ(原由子×風味堂)」名義。
  4. ^ 通常はこのコーナーのみでゲストを呼ぶことはないが、「どこから聴いても超豪華スペシャル!!」の企画で「超豪華」なゲストとして出演した。

出典[編集]

  1. ^ 原由子 『娘心にブルースを』 ソニー・マガジンズ1998年10月5日、73頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  2. ^ 原由子 『娘心にブルースを』 ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、86頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  3. ^ 原由子 『娘心にブルースを』 ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、95頁。ISBN 978-4-78-971284-2
  4. ^ 原由子 『娘心にブルースを』 ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、96頁。ISBN 978-4-06-971284-2
  5. ^ 桑田佳祐 『ロックの子―桑田佳祐インタビュー』 講談社1985年2月、83頁。ISBN 978-4-06-201717-6
  6. ^ 原由子 『娘心にブルースを』 ソニー・マガジンズ、1998年10月5日、160頁。ISBN 978-4-06-971284-2
  7. ^ 桑田佳祐 『ロックの子―桑田佳祐インタビュー』 講談社、1985年2月、101頁。ISBN 978-4-06-201717-6
  8. ^ 「当たり呼び込めメディア最前線 アミューズビデオT――母親層取り込む」(『日経流通新聞』1992年7月14日付、5面)

外部リンク[編集]